縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

【集団パニック事件】「子供の幽霊を見た」女子高生14人が悪魔に取り憑かれて卒倒

2014-11-30 17:45:37 | 珍事件・事故・その他・コラム
【集団パニック事件】「子供の幽霊を見た」女子高生14人が悪魔に取り憑かれて卒倒

2014年11月30日 14時0分

DMMニュース


 日本人観光客にも人気のフィリピン・セブ島で、14人の女子高生が悪魔に取り憑かれ、緊急搬送されるという事件が発生して話題となっている。事件が起きたのは11月21日の午後。セブ市のトゥーン女子校内で、一人の女子生徒が“小さな子供”の幽霊を目撃し、パニックになって倒れ込んだ。すると、ほかの生徒達も“子供”を目撃し、相次いで卒倒する事態に発展したのだ。事を重く見た学校側は、午後3時頃には生徒らを悪魔払いを得意とする地元の聖職者、フレデリック・クリエケンビークのもとに搬送。そこで悪魔祓いの儀式が執り行われると、少女たちはなんとか回復したという。

 事件について、セブ市教区の広報官は次のように語っている。

「悪魔憑きや超常的な力が働いているケースでは、ただちに神父のもとに被害者を送ることが重要です。今回も悪魔祓いの経験豊富なフレデリック氏のもとに少女たちを送ったことは賢明な判断でした」

 さらに広報官はこうした事態を防ぐためには、日頃から親が子供たちの行動を監視し、読んでいる本や見ているビデオに特に注意するよう促している。

「本やビデオの影響がある領域に達すると、子どもたちがそれを真似て妙な儀式などを行う場合があります。我々は親の指導なしに、子どもたちがそうした本や映像に触れることは勧めません」(広報官)
集団パニックは日本でも発生している

 一方、広報官はこうした現象が医学的理由に基づくことであることも示唆し、ストレスや心理的プレッシャーなど医学的見地から子どもたちを診察することも提言している。事件後には現場を訪れたセブ市災害管理局の担当官は事件を悪魔によるものではなく、集団ヒステリーであると推測している。

 フィリピンでは数年に一度、こうした超常現象を原因とする集団パニックが発生している。2007年には太平洋戦争の激戦地であったバギオの女子校で、日本兵の亡霊集団を見たという女子高生らが相次いで卒倒し、大きな騒動となった。フィリピンはアジア唯一のキリスト教国として知られるが、その熱狂的信仰の反動として、今回のような事件が起きているとも推測できる。

 しかしそうした現象は、フィリピンのみならず日本でも発生している。2013年6月、兵庫県立上郡高等学校で1人の“霊感が強い”女子生徒がパニックを起こし、女子生徒18人以上が倒れるという事件を覚えてる人も多いのではないだろうか。こうした現象は、世界的にみても決して珍しいものではない。映画エクソシストを例にあげるまでもなく、欧米においても悪魔憑きの被害者は「少女」が多いことから、思春期の不安定な情動を「超常現象」の科学的原因と見る専門家少なくない。

 まだまだ謎の多いこうした集団パニックは、身近に起きる可能性を秘めているということだけは、事実のようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残り物にはワケがある!? 危険な40代独身・欠陥男の見分け方【恋占ニュース】

2014-11-30 15:06:56 | 女性向き記事・コラム
残り物にはワケがある!? 危険な40代独身・欠陥男の見分け方【恋占ニュース】

2014年11月30日 9時0分

cocoloni PROLO

俳優の西島秀俊さんがついに結婚することに!その前は、竹野内豊さんが倉科カナさんとの交際を宣言したし…。
若い頃は40代って相当なオジサンかと思っていましたが、西島さんも竹野内さんも本当にかっこいいですよね。あんな男前なら10うん歳の差なんて気にならないだろうなぁ。

さておき、国勢調査によると40代男性の未婚率は、

・平成2年・・・約10%
 ↓
・平成22年・・・約25%

と、みごとに上昇。
かつて“男は結婚して一人前”なんて言われましたが、共働きが当たり前になり、ひと昔前とは価値観が変わってきているのかもしれません。

そんな経緯もあってか、年の差恋愛は芸能界だけでなく、すっかり身近な話題になりました。
とはいえ、40代男性の未婚者はおよそ4人に1人ということなので依然として少数派。この年代の男性と知り合ったとき、バツなしのまっさらな独身者だと、なぜ?と思う人も多いのではないでしょうか?

「その年で結婚してないなんて、何か重大な欠陥があるの?」
「ハイスペックなのに未婚ってことは遊び人?」

なんてふうに。もし彼といい感じになっても、実はヤバい人なんじゃ?と考え始めたら、夜も眠れなくなってしまいそう。
そこで、周囲の人の声から40代独身男性の未婚理由をリサーチし、「欠陥男」の見分け方を探ってみました。

≪オンオフの切り替えをしない男≫

◆case1:Aさん(金融・41歳)
中年太りなんて言葉とは無縁のスリムな体型、証券会社勤務で年収は1000万円以上のAさん。約1年間付き合って別れた女性(25歳)は、破局の理由についてこう話してくれました。

「仕事の先輩としての憧れからスタートしたのですが、付き合ってみると、モノを出しっぱなしにしたり、休日に遅くまで寝てたりすると軽蔑の目で見られ…。いつも仕事の延長のようで、オフのスイッチが入らず、疲れました」

自分を高めるにはいいかもしれませんが、そればかりでは息が詰まるもの。オン(仕事)の彼は理想的だったけれど、オフ(恋人)に求める“安らぎ”はなかったようです。

≪プライベートではドケチな男≫

◆case2:Bさん(営業・41歳)
法人向けコンサルティング営業をしているBさん。仕事柄、身だしなみには気を配っていて話し上手。好意を持っていた女性(30歳)は、仕事帰りに何度かデートを重ねた後、お付き合いをスタートしました。が、彼氏彼女の関係になり、初めて週末デートをしたときに驚いたそうです。

「スーツ姿しか見たことなかったのですが、私服があまりにチープで。聞けばいわゆるファストファッションで買うらしく、“このデニム、セールで590円だった”などと自慢げ。ケチではなく倹約家なんだ!と自分に言い聞かせてみたのですが、付き合い始める前との落差を考えると…。デートでの食事もファミレスとかラーメン屋さんだし。付き合う前に高いレストランに連れて行ってくれたのは営業の一環というか…“見栄”だったんだなと思いました」

外(営業)ではいい顔をして、中(プライベート)はケチという構図が見え、結婚は無いなと結論付けたそうです。

≪対等な関係を築けない男≫

◆case3:Cさん(広告代理店・43歳)
モデルやタレントの撮影のことなど、華やかな仕事の話を披露してくれるCさん。共通の知人を通じて知り合った女性(28歳)は、自身も同じ業界で働いていたため、アドバイザーとしてのお付き合いから始まったそうです。

「仕事に不慣れなうちは良かったんです。でも5~6年も経験を積めば自分なりのやり方も身に付いてくるし、後輩もできる。それでも、アドバイスする側とされる側という関係はずーっと変わらず、何か意見すれば“お前はまだ若いからな”と。自分の仕事ぶりを自慢したいだけだったのかも…」

年上男性の魅力としてよく挙げられる“包容力”の逆を行くパターン。年の差があるとはいっても、恋愛においては対等な関係だということを忘れないでほしいですよね。自分の話ばかりの男性は要注意です。

ご紹介した3名の体験談は、どれも努力ではなかなか変えられない、本質的な価値観が障害となるケースばかりでした。
人は年を重ねると思考や行動のパターンが凝り固まり、新しいものを受け入れにくくなるそうなので…ある程度は仕方のないことなのかもしれませんが。

ちなみに40代ともなれば、離婚歴がある人が多いのも事実。「一度は誰かに選ばれたという意味ではバツイチのほうが安心」と支持する女性の声も多く耳にします。でもまあ、結局のところそれは他人の評価。最後は自分の目で、相手の男性との相性を見極めたいものですね。

願わくば、みなさまが欠陥男をつかまえませんことを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【書評】教え子への性関係強要を「恋愛」だと思い込む愚かさ

2014-11-30 07:29:17 | 憎むべき性犯罪
【書評】教え子への性関係強要を「恋愛」だと思い込む愚かさ

2014年11月29日 16時0分

NEWSポストセブン


 本書を読んで強く感じるのは、被害を受けた女子生徒の心の傷の深さと同時に、加害者である男性教師の心の弱さ、未熟さ、愚かさである。

 性的ないやがらせ発言から強姦に至るまで、学校で起きる性被害を総称して〈スクールセクハラ〉と呼ぶ。ここ数年、わいせつ行為で停職や懲戒免職に処せられた公立小中高校の教師は年間百数十名から二百名近くで、被害者は教え子が半数だという。

 だが、その数字は氷山の一角に過ぎないようだ。本書も指摘するように、スクールセクハラは密室での出来事ゆえに発覚しにくく、生徒が訴えても教師は否定し、学校は体罰やイジメ以上に隠蔽したがるからだ。

 本書は、男性教師から女子生徒へのスクールセクハラのケースをいくつか詳細にルポしている。被害者とその家族だけでなく、加害者も取材した点が優れている。

 ひとつ目は、妻のいる中年教師が高校生の教え子と性的関係を持ったケース。教師は進路指導の場で生徒に自分の個人的な悩みを打ち明け、ストレス解消のためと称して生徒をカラオケに誘う。そして、内申書の点を握られている弱みや自分が特別扱いされた優越感からつい応じてしまった生徒を車でラブホテルに連れ込み、押し倒す。

 その後は大学進学への影響力をちらつかせ、関係を継続させた。生徒は遠方の大学に進学して教師から逃げたが、自尊心を傷つけられて自己評価が低くなり、摂食障害に悩むなど苦しみ続けた。

 ふたつ目は、妻子ある中年教師が小学校高学年の女子生徒に対し、強引にキスし、ホテルで抱きしめ、服を脱がせるといったわいせつ行為を繰り返したケースだ。母子家庭に育ったがゆえに父親代わりとして思慕してきた生徒の心に付け入ったのである。性の意味を十分に理解していない生徒は恐怖や困惑に陥り、自尊感情を失った。

 いずれも〈特別権力関係〉(生徒を指導するため教師に特別な権力が与えられていること)にあることを利用したケースである。そうでありながら非常に興味深いのは、2人の教師がともに、「生徒に恋愛感情を抱いていた」と話している点だ。

 最初のケースの教師は女子高生に〈ふるさとの母を求めているような気持ちだった〉、ふたつ目のケースの教師は〈大人同士の対等な恋愛のように勘違いしました〉と述べるのである。気味が悪いのは、それらがあながち罪を逃れるための作り話とも思えないことだ。ちなみに、後者の教師は小児性愛者ではないとされている。

 本来、思春期の揺れる心を理解し、過ちを犯さないように導くのが教師の役割だとすれば、2人の振る舞いは卑劣な裏切りである。それに対して著者は、〈強烈な怒りに突き動かされて〉〈取材を続けてきた〉と書く。だが、まるで検事か裁判官のように正義を振りかざして教師を断罪する著者の立ち位置には違和感を覚える。

 むしろ、真実を言い当てていると思ったのは、本書の内容が当初、新聞連載されたときに読者の主婦から寄せられたという次の言葉だ。〈人間の弱さやおろかさを感じます。誰にでもあり得るんだな、と思いました〉。男性教師、あるいは男性一般が自分の心の中に巣食う弱さ、未熟さ、愚かさに自覚的になることが、スクールセクハラ防止にとって必要なのではないだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山紀の川市保健福祉部次長の西坂善行(58)80代女性強姦未遂

2014-11-30 07:16:15 | 憎むべき性犯罪
市職員が強姦未遂容疑、和歌山 80代女性被害

2014年11月29日 20時21分

共同通信

 和歌山県警岩出署は29日、女性を乱暴しようとしたとして強姦未遂の疑いで、同県紀の川市保健福祉部次長の西坂善行容疑者(58)=同市北大井=を逮捕した。

 捜査関係者によると、女性は紀の川市に住む80代の1人暮らし。

 逮捕容疑は10月23日午後9時ごろ、女性宅を訪れ、乱暴しようとした疑い。岩出署によると、西坂容疑者は容疑を認め「酒を飲んでから訪問した」と話している。同署は2人に面識があったかどうか明らかにしていない。女性が10月25日、同署に相談した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関西方面で登場「ヤクザタクシー」モンスター客も返り討ち

2014-11-29 21:13:42 | 珍事件・事故・その他・コラム
関西方面で登場「ヤクザタクシー」モンスター客も返り討ち

2014年11月29日 18時0分

東スポWeb

 タクシーの料金を踏み倒したうえ、運転手を殴ってけがをさせる事件が頻発している。忘年会シーズンになれば、ますます危険な客が増えるだろう。タクシー運転手受難の時代だ。そんな中、関西方面のタクシー業界のごく一部に、危険な客などものともしない、新しい動きが起きている。“ヤクザタクシー”だ。

 関西在住の暴力団関係者は「元ヤクザにとってタクシーの運転手というのは天職だろう。何しろ、親分の運転手をしてたら、『そこUターンや』とか『赤(信号)でも突っ走れ』とか無茶な指示にも、事故を起こすことなく、瞬時に対応できる。警察の交通取り締まりを察知する嗅覚も優れているし、タクシー強盗にも対応できる。タクシー運転手に必要な素養をすべて持ち合わせているといっても過言ではない」と話す。

 暴力団排除条例の全国施行から3年、現役、元を問わず、暴力団に対する一般社会の風当たりが強まっている。そんな状況で、実際に元暴力団員を雇用するタクシー会社が存在するという。

 近年引退した某組織の幹部が、老舗の中堅タクシー会社を買い取り、現在の業態に至ったとの噂もあるが真偽は定かではない。

 元暴力団員だらけのタクシー会社と知ったうえで、頻繁に利用する人物は「急いでいるときは、やはり頼りになる。強引な割り込みも、多少の信号無視も平気でやるからね」と話す。

 しかし、元暴力団となれば、入れ墨や切り傷などなど、見ただけで“ヤーさん”と分かってしまい、客はビビッてしまうのではないだろうか。

「もちろん入れ墨が入っている乗務員は、ワイシャツの袖口まである長袖Tシャツを着ているし、指が欠損していても、最近の義指は精巧だからひと目じゃ分からない。ある乗務員にそれとなく『もしかして前にどこかの組織に…』と聞いたら、『勘弁してください。私にはこの仕事しかないんです』と低姿勢。私ら客にとっても、経歴に触れないのは暗黙のルールです」

 さすがに客相手には紳士。だが、同業他社が相手となると“元ヤクザ”の顔を覗かせることも。

「客待ちの順番を守らずに長距離客をぶん取っていったり、気の弱そうな個人タクシーを見つけてはにらみを利かせて追い出したり。元ヤクザだけに縄張り意識は強い」(別のタクシー会社乗務員)

 ヤクザの“第2の人生”の新スタンダードとなるか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「こんなに愛しているのに」24歳ゲイ同士の嫉妬と愛憎

2014-11-29 14:26:43 | 憎むべき性犯罪
こんなに愛しているのに」24歳ゲイ同士の嫉妬と愛憎…刺して初めて分かった“深い愛”

産経




西日本屈指のゲイタウンとされる大阪・キタの堂山町。ここで知り合った24歳のゲイの2人だったが、愛憎がもつれ合い、1人が包丁を突き立てる結末に。しかし、刺された男性が死の直前に漏らした言葉は「早く逃げて」だった

 「こんなに愛しているのに」。男は悲鳴のように叫びながら、愛する男性に包丁を突きつけた。大阪市淀川区のマンションの一室で10月12日、この部屋に住むアルバイト従業員の男性(24)が殺害され、交際相手の男(24)が逮捕された。2人は約1年前、西日本最大のゲイタウンとも呼ばれる大阪市北区堂山町で出会い、殺害現場となったこの部屋で暮らしていた。当初は仲むつまじかったが、イケメンでモテていた男性に、容疑者の男は次第に嫉妬(しっと)心を募らせていった。そして、男性にある“アルバイト”を非難され、「あなたと付き合ったこと自体が恥」というメールを送られたことで、凶行に及んだ。なぜ自分の気持ちを分かってくれないんだ-。そんな思いから男性を刺した容疑者の男。しかし、自分を刺した男に男性は意外な言葉を投げかけた。「早く逃げた方がいい」。


出会いはゲイバー

 事件の少し前、被害者の男性はバラエティー番組に出演。複数の男性の中から「オネエ」を当てるクイズ形式のコーナーで、彫りの深いワイルドな顔立ちとは対照的なオネエ言葉は出演者らの笑いを誘った。

 番組で男性は自らのことを語っていた。

 北海道出身で学生時代から異性にもてていたこと。交際を迫られることも多かったが女性には興味が持てず、すべての告白を断っていたこと。自分がゲイであることを気付いたのは高校を卒業してからだったこと-。

 知人男性によると、男性は高校卒業後に大阪へ移り住み、キャバクラや同性愛者が集うバーで働いた稼ぎで暮らしていた。最近、両親にゲイであることをカミングアウト。昨年12月に帰省し、大阪での暮らしについて近況報告していたといい、「半年ぐらいのペースで実家には帰りたい」と話していたという。

 

 一方、容疑者の男。関係者によると、高校時代に同級生のことが好きになってしまい、「自分はゲイなのかもしれない」と気付いたという。高校を中退した後、平成21年ごろに大阪市に移ると、最初は串カツ屋でアルバイトをしていたが1年で退職。その後は男性を相手に性的なサービスをする風俗店で働いて生計を立て、最近は店の経営にも携わるようになっていた。

 そんな2人が出会ったのは事件から約1年前。男性が働いていたゲイバーに男が訪れ、意気投合したのだ。そして、大阪市内のマンションで約半年前に同居を始めた。

絡み合う感情

 周囲には、お似合いのカップルに見られていた2人。だが、次第に関係に微妙な狂いが生じていく。

 「気さくで誰からも好かれる性格。イケメンなので、男女問わずにもてていた」(知人男性)という男性は、他のゲイ仲間に告白されることも多かったという。容疑者の男は嫉妬に苦悩するようになり、「浮気した」と男性と口論することもしばしば。別れ話になることもあったという。

 一方、男性の側も、男に対し不信感を芽生えさせていた。男がゲイ向けのビデオに出演したためだ。男は出演料を2人の生活費に充てるつもりだったというが、男性は「何であんなものに出るの」と激しく罵倒したという。

 それでも完全に切れることはなく、くっついたり離れたりを繰り返していた2人。そんな関係の破滅を決定づけたのは、犯行日の10月12日未明に男性が男に送ったメールだった。

 「あなたと付き合ったこと自体が恥」

 何通かメールをやり取りし、言い争いをした末、男性が送ったメッセージ。男の怒りは頂点に達し、殺害を決意したという。

 「早く逃げて…」 刺して気づいた深い愛

 その約2時間後、男は自宅近くの大型量販店に向かい、刃渡り約15センチのステンレス製包丁を購入。マンションに戻り、男性を待った。そして、明け方に男性が帰宅。男は、男性が送った「あなたが~」というメールの意味を厳しく問いただしたが、男性が相手にしなかったことで激高した。

 「こんなに愛しているのに」

 ついに男は、男性につかみかかって転倒させ、馬乗りになって脇腹を包丁で何度も刺したという。

 血まみれの包丁を手に、しばし呆然(ぼうぜん)と立ちすくんでいた男。その男に対し、刺された男性は、絞り出すようにこう言った。

 「早く逃げたほうがいい」

 息も絶え絶えの状態で、なおも自分のことを案じてくれる。男は皮肉にも、愛する人を自分の手にかけた直後に、その深い情愛に気付かされることになった。だが、時すでに遅し。男性の傷は深く、搬送された病院でまもなく死亡が確認された。

 大阪府警淀川署に逮捕された男。取り調べでは犯行を素直に認めており、「(男性が)相手にしてくれない悔しさが憎しみに変わってしまった。とんでもないことをしたと思っている」と自らの過ちを悔いているという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男性宅に侵入、その寝顔・下着見ながら自慰繰り返した27歳男

2014-11-29 14:22:30 | 憎むべき性犯罪
男性宅に侵入、その寝顔・下着見ながら自慰繰り返した27歳男の“落としもの”…好みは40~60代、「憧れの男性教師」の面影追い

産経




27歳の男が好みの男性を尾行し、室内にまで侵入していた団地。男は、高校時代に憧れた男性教諭に似た中高年を求めていたという=神戸市北区

 神戸市北区で一昨年から、男性宅に何者かが侵入する事件が相次いだ。金目のものは盗まれていないが、枕元付近には「液体」が点々とし、ベランダに干していた下着にも「液体」らしきものが付着してパリパリに。被害者は一人暮らしの男性ばかりで、40~60代の中高年だ。犯人は何が狙いなのか。この不可解な事件で、兵庫県警有馬署は昨年11月、住居侵入容疑で27歳の男を逮捕したが、その供述は「好みのタイプを狙った」。忍び込んでは男性の寝顔を見て自慰行為にふけり、現場に痕跡を残していたという。一連の信じがたい犯行は、学生時代の「片思い」が引き金になっていたようだ。

謎の液体を残す犯人

 物音でふと目が覚めると、部屋を出て行く男の後ろ姿が見えた。追いかけたが、逃げられた。寝室に戻ると、枕元近くの布団にべっとりと付着した液体…。

 平成24年10月から昨年8月にかけ、神戸市北区の独居男性宅に何者かが侵入する事件が8件発生した。ある団地やその近隣に被害が集中していた。

 捜査関係者によると、犯行時間帯は深夜から早朝。何も盗まれていないのだが、複数の現場で犯人のものと考えられる遺留物が見つかっていた。体液とみられる液体だ。枕元付近の床や布団に残されていた。

 留守中の部屋だけでなく、住人が寝静まっている間に侵入されるケースもあった。住人が気付くと、刃物のようなものを突き付けたこともあったという。

 別の被害男性はベランダに干していた下着がパリパリになっていた。付着した液体が乾いたとみられる。

  有馬署は24年末に被害届を受理し、男性を狙ったわいせつ目的の犯行とみて捜査を始めた。被害者の似顔絵も作って住民らに配布し、情報収集に努めた。捜査の結果、被害が集中していた地域から、当時付近に住んでいた男が浮上。昨年11月、住居侵入容疑で兵庫県西宮市の無職の男(27)=住居侵入罪などで起訴=を逮捕した。

 男は逮捕当初、「覚えていない」と否認していたが、逃れようのない決定的な物証があった。現場に残されていた体液で、男のDNA型と一致したのだ。

 最初の逮捕容疑は昨年8月、無施錠だったアルバイトの男性(66)宅に未明に侵入したというもの。当時、被害者の男性は眠っていたが、ふと目を覚ますと、男の後ろ姿だけが見えた。男性は泥棒だと思って追いかけたが、姿は確認できなかった。枕元近くの布団には、液体が付着していたという。

 この液体は、男が現場で自慰行為をした後に放置した体液だった。男性の寝顔を見て自慰行為にふけった後、なぜか処理をすることもなく現場に証拠を残していた。

 さらに昨年12月、有馬署は住居侵入と窃盗容疑で再逮捕。再逮捕容疑は平成24年10月、深夜に無職男性(65)宅に侵入し、ベランダに干していた下着1枚を盗み、昨年7月には別の無職男性(45)宅に早朝侵入したとしている。

 いずれの現場にもやはり、男の遺留物が残されていた。男は65歳の男性の下着を見ながら自慰行為をし、その下着に体液を付着させて元通りに戻していた。発見時はパリパリに乾いていた。45歳の男性の件でも、枕元近くに体液が点在していたという。

ターゲットはあこがれの教諭似の男性

 捜査関係者によると、男は「(被害に遭った男性らと)エッチをしたかったが勇気がなかった。エッチをしているところを想像して自慰していた」と供述したという。

 

 見た目はおとなしそうというこの男は有名大学の大学院を出たといい、国家公務員を目指して勉強中だった。「男性」に目覚めたのは高校生のころで、当時の高校の男性教諭に憧れたとされる。今回も「先生に似たがっちりした人を狙った」と供述しているという。

 3年ほど前から風呂をのぞくなどしていたが、次第にエスカレートして家に侵入するようになった。好みの男性を見つけては自宅まで後をつけ、施錠するときの音の有無で、忍び込めるかどうかを確認する念の入れようだった。

 当初は、男性の寝顔を見て自慰するだけだったが、物足りなくなったのか、ついに強気の行動に出た。

 24年12月、家から刃物を持ち出して神戸市内の会社員の男性(52)宅に侵入したのだ。テレビをつけたままうたた寝していた男性が物音に気付き、男と鉢合わせになった。もみ合いになり、男は逃走した。

 この事件については1月14日、住居侵入と暴力行為法違反容疑で再逮捕された。3度目の逮捕だった。

 高校生時代に憧れた男性教諭を忘れられなかったことが犯行の背景にあるとはいえ、自分の欲望のために法を犯すこともいとわなくなった男。被害者にとっては身の毛もよだつような不気味な犯行の数々だ。有馬署は捜査を続け、余罪の裏付けを進めている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セックス拒否で妻殺害51歳男、裁判所に一蹴された「我慢重ねた半生」の“悲惨”

2014-11-29 14:19:03 | 憎むべき性犯罪
セックス拒否で妻殺害51歳男、裁判所に一蹴された「我慢重ねた半生」の“悲惨”

2014.2.13 07:00  産経

男が妻を殺害した事件で、男の勤務先で妻の遺体を捜索する大阪府警の捜査員ら。男は法廷で妻の“言いなり”になっていた苦悩の性生活を赤裸々に語ったが、動機は「セックスの誘いを断られたから」と話した=平成25年5月30日午前、大阪府東大阪市

 夫婦の性生活に不満を抱えた男は、理不尽にも妻=当時(49)=の命を奪う凶行に及んだ。殺人と死体遺棄の罪に問われたトラック運転手の男(51)の裁判員裁判で、大阪地裁は昨年12月、懲役15年(求刑懲役20年)を言い渡した。いかに妻に束縛され、我慢を重ねる生活だったか…。男は性生活をめぐる“苦悩ぶり”を法廷で切々と語ったが、傍聴者にとっては耳を疑う内容ばかり。凶行に及んだ動機を「セックスの誘いを断られた」と真剣な表情で吐露したが、裁判長からは「殺害するほどの事情とはいえない」と一蹴された。


「常に我慢」を決意

 《平成25年5月17日夕方から翌18日未明にかけ、大阪府東大阪市内の自宅で、妻の首を両手で絞めて窒息死させ殺害。同日午前9時45分ごろまでの間に、遺体を勤務先の駐車場まで軽乗用車で運び、埋めた》

 男は初公判で起訴内容を素直に認めると、被告人質問では、妻に振り回されたという生活の詳細を明らかにしていった。

 離婚歴が1度ある男は平成12年ごろ、仕事の配送先で妻と知り合った。結婚前に同棲(どうせい)生活を始めると、妻の要求は徐々にエスカレート。トラックの長距離配送で関東や九州に行った際、妻から「寝られへん。はよ帰ってきて」との電話があり、疲労した体にムチ打って高速道路を飛ばして戻ったことも何度かあった。

 妻の要求に文句も言わずに従う理由について、男は「バツイチで失敗したくなかった。妻と一緒になるには我慢するしかないと思った」と説明。同棲(どうせい)から約1年後の15年末に結婚したとき、男はこう決意した。「自分が我慢すればうまくいく。常に我慢することを心がけた」。

 だが、この決意が男の心を徐々に締め付けていく。



 結婚後は妻の意向でマンション(約3千万円)を購入し、犬を同時に5匹飼った。男は「妻は潔癖症で犬の毛が付くのを嫌がり、面倒は私が見ていた」と供述。リビングに犬のスペースを作り、男は犬の毛が付かないように下着姿で世話をさせられたという。「妻が決めたルールに従うしかなかった」と声を落とした。

セックスが“日課”に

 被告人質問の話題は夜の性生活にも及んだ。

 弁護人「妻には女性特有の病気があったか」

 男「妻は子宮筋腫で生理痛がひどいと言っていた。痛みの解消のためにセックスをしていたが、あれはセックスではない」

 弁護人「どういうこと」

 男「毎日セックスをするよう言われたが、私が射精することは許されない。私も年だから射精してしまうと途中で終わるし、毎日できないから」

 弁護人「どんな気持ち」

 男「気持ちいいわけがない」

 男が一度断った際、妻は「なんで言うこと聞いてくれへんの」と激怒。毎日の“義務”はその後もしばらく続き、1年半ほどで終わった。男は「助かったと思った」と振り返った。

 18年ごろ、マンションから一戸建てに引っ越した。そこでは「アダルトビデオを見た夜はエッチする」というルールができた。ビデオを見ていない夜の場合、男が誘っても妻はきっぱりと断った。

 ほかにもルールがあった。男が下着を脱ぎ、いざ事に及ぼうとすると、潔癖症の妻から「手、洗ってへんやろ」と注意された。「萎えますよね」。男は証言席でうなだれた。

破産、別居、再び同居

 一方で家計は圧迫されていた。検察側の冒頭陳述や男の供述によると、妻の発案で買ったキャンピングカー2台(計約540万円)に加え、以前のマンションと一戸建て(購入金額計約7500万円)のローンも残っていた。男は妻に言われて土日もアルバイトに出たが窮状は好転せず、22年に自己破産するに至った。



 自宅の売却も余儀なくされ、男は妻と別居することにした。だが一人暮らしを数カ月続けたころ、妻から食事の誘いのメールが届き、23年9月ごろから同居生活を再開。2人は事件現場となるマンションに引っ越した。

 正月やゴールデンウイークは、妻がビデオ店で映画のDVDを10~20枚借り、鑑賞する日々が続いた。男は「勘弁してくれと思った。でも、けんかを避けたかったので口には出さなかった」と打ち明けた。

切れた「糸」

 そして事件当日の昨年5月17日も、男は妻と映画のDVDを見てから寝た。だが欲情して目が覚める。隣で寝ている妻を誘ったが、妻は「手も洗っていないし、(アダルト)ビデオも見てないやんか」と拒んだ。

 この一言が引き金となった。「また、そんなこと言ってと思って…。今まで我慢していたけれど、このときは、ずっと張り詰めた糸が切れた」。法廷で声を震わせ、当時を振り返った。

 男は妻の体に馬乗りになり、両手で数分間にわたり首を絞めた。妻の胸に耳をあて、ゴクンと息が止まる音を聞いた。自分のしたことが怖くなった男は犯行の隠蔽を図った。

 翌18日未明に遺体に布団を巻き、破れないよう布団袋を二重にして梱包(こんぽう)。遺体を車で勤務先の駐車場に運び、目撃されないよう警戒しながら穴を掘って埋めた。

 遺体の腐敗により遺棄現場が沈下し発覚するのを防ぐため、セメントをまいて固めた。さらに妻の勤務先に電話し、「鬱病で出社できない」と伝えた。

 不審に思った勤務先の関係者が大阪府警に通報。男は任意の事情聴取を受けた後に逃亡して九州や四国を転々とし、5月28日に徳島県で身柄を確保された。

「ばかだった」と謝罪

 「妻は、これからしたいことがいっぱいあったと思う。その思いを一生忘れずに死ぬまで償いたい。遺族にはつらく悲しい思いをさせ、私はばかでした。すみませんでした」



 妻の遺族も被害者参加制度を利用して出廷していた。男は遺族に謝罪し、泣き崩れた。

 地裁は12月25日の判決公判で、男に懲役15年を言い渡した。

 裁判長は判決理由で「強固な殺意に基づく悪質な犯行」と指弾。情状をめぐる被告側の訴えを「被害者との生活に不満を感じていたにせよ、殺害に及ぶほどの事情とは到底いえず、身勝手だ」と一蹴した。

 男は「死ぬまで償う」との言葉を忘れなかったのか控訴せず、1審判決はそのまま確定した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

路上で「殺すぞ」…1人歩きの女性8人にわいせつ行為

2014-11-29 14:14:23 | 憎むべき性犯罪
路上で「殺すぞ」…1人歩きの女性8人にわいせつ行為 20歳の男追送検

2014年11月29日 9時13分

産経新聞

 深夜や早朝に1人で歩いている女性を狙い、わいせつな行為を繰り返したとして、京都府警は、強制わいせつなどの疑いで、住居不定、無職の男(20)=強姦致傷罪などで公判中=を追送検し、28日、捜査終結を発表した。

 容疑を認めているという。

 府警によると、男は昨年4月~今年3月、京都市左京区の路上で、深夜や早朝に1人で歩いていた当時16~29歳の女性8人に、突然暴行を加え、「殺すぞ」と脅し、わいせつな行為をしたなどとしている。

 逃走に使った車の目撃情報などから男が浮上した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喜寿にしてフォーリン・ラブ!一休さんは悟りを開けなかったって本当?

2014-11-29 07:26:52 | 珍事件・事故・その他・コラム
喜寿にしてフォーリン・ラブ!一休さんは悟りを開けなかったって本当?

2014年11月28日 11時40分

マイナビウーマン


童話でも人気の高い一休さん。屏風(びょうぶ)に描かれたトラを捕まえるなどの「とんち」話で有名だが、これらは後世に作られたフィクションで、本当の一休さんはよい子の見本にはほど遠い人物だった。

悟りを開いたあかしに師から与えられた「印可(いんか)証」を捨ててしまうわ、戒律を破ってこそ人間だ!と詩に謳うわで、破門されなかったのが不思議なほどの破戒(はかい)僧で、77歳のときに50歳も年下の女性と同棲…「生まれ変わっても、また一緒に暮らそう!」と詩をよむなど、悟りとは無縁のお坊さんだったのだ。

■とんちよりも破戒がお好き?

「一休さん」のモデル・一休宗純(そうじゅん)は室町時代の人物で、1394年に生まれと記録されているが、「藤原のなにがしの子」とされるだけで出自ははっきりとしていない。17歳になると詩を学び、その生涯を閉じるまでに多くの作品を残す。

その後は名を宗純(そうじゅん)に改め、20歳のときに皆伝(かいでん)、つまり師から「もう教えることはなにもない」と言い渡された。

順調にエリート街道を歩んでいたが、21歳で人生の大きな転機を迎える。なんと病気で亡くなった師のあとを追い、入水自殺をはかったのだ。幸いにして一命を取り留めるが、これを境に奇怪な行動を繰り返すようになった。

27歳のときに、悟りを開いた証として印可(いんか)証を与えられる。ところが、師匠や兄弟子への反抗心から印可証を捨ててしまったというから、悟りどころの話ではない。それからは狂雲子(きょううんし)と名乗り、詩集・狂雲集(きょううんしゅう)にも、その生きざまがうかがえる詩を数多く残す。

たとえば、

【原文】持戒は驢と為る、破戒は人

【現代語】戒律を守るヤツはロバになる、守らないのが人間らしさだ

【原文】人境、機関、吾れ会せず

【現代語】人や境といった禅の教えを、オレは受け入れる気はない

と、リアル一休さんを絵本にしたら、ちびっ子たちには読ませたくない本に指定されそうなほど、反骨精神あふれるひとだったのだ。

■喜寿にしてフォーリン・ラブ!

破天荒な人生は時間とともにエスカレートし、晩年は酔っ払いのエロジジイと呼ばれてもしかたない状態で過ごす。喜寿と呼ばれる77歳のときに森女(しんにょ)という女性と同棲し、ろくに詩も書かずに過ごしていたのだ。

【原文】十年、愛におぼれて文章を失す~天然に即ち忘る

【現代語】この10年、愛に夢中で文学をおろそかにしていた~自然に忘れていたのだ

このとき森女は30歳前後だというから、半世紀もの「年の差婚」でもあり、禁止されていた結婚ではなかったにせよ「ハレンチなひと」と批判されたに違いない。のちに弟子達が作った年譜にも森女の記載はほとんどなく、消し去りたい経歴だったことを物語っている。

その後マラリアによって他界するが、療養中は後悔や未練に満ちていたようで、悟りとは真逆のウェットな辞世が多い。

【原文】夜深く、雲雨、三生を約す

【現代語】(森女にあて)生まれ変わっても、また愛しあいましょう!

【原文】誰か奏す、還郷、真の一曲

【現代語】(私が亡くなったら)誰か弔いの一曲を演奏してくれるのだろうか…

と、「そろそろ悟りなさい」と言われてもしかたない状態で88年の人生を閉じた。2013年・日本人男性の平均寿命が80.21歳なので、当時なら驚異的な長寿だが、それでも一休さんには物足りなかったようだ。

あわてない、あわてない。一休み。

■まとめ

・一休さんのトンチ話は、江戸時代に作られたフィクション

・27歳で悟りを開き印可証をもらったが、こともなく捨ててしまった…

・77歳のときに、50歳近く年下の女性と同棲

自ら「破戒の沙門、八十年」と記しているように、戒律を守らない破戒(はかい)僧として一生を過ごした。

にじみ出る反骨精神とパンチの効いた皮肉が、権力に屈しない「とんち坊主」の原型と知ったら、ちびっ子たちもびっくりするに違いない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加