縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

バレー部コーチ、男子生徒蹴る 春高常連の栃木・足工大付 県警捜査

2017-11-30 12:27:18 | 体罰と言う名の暴行・傷害・鬱憤晴らし
バレー部コーチ、男子生徒蹴る 春高常連の栃木・足工大付 県警捜査



2017年11月30日 10時0分

産経新聞

 「春高バレー」として行われる全日本バレーボール高校選手権大会の常連校、足利工大付高(栃木県足利市)で、60代の男性コーチが2年生部員の男子生徒(17)を正座させ、上半身を蹴って負傷させていたことが同校への取材で分かった。

 生徒側から相談を受けた栃木県警は傷害容疑を視野に捜査を進めている。

 同校は同大会に過去37回出場。10月の県大会で3年連続優勝を果たし、来年1月の全国大会出場を決めていた。コーチは今年3月に定年を迎えるまで同校教諭だった。以前は監督も務めていた。

 学校関係者によると、コーチは6月下旬、男子生徒が女子マネジャーと交際を始めたことを知り、体育館の教官室で生徒を正座させたまま胸や背中を蹴り、全治約1週間のけがをさせた。部内では男女交際を禁止していた。コーチは学校側の調査に「カッとなってやった」と説明。体罰との認識があったという。

 男子生徒は他にも複数の部員から顔を殴られるなどの暴行を受けたことがあるといい、9月に退部した。

 馬場敏彦教頭は「春高バレーへの出場が決まっている。現時点では出場させたい」と話した。同校は、平成22年まで「春高バレー」として開催していた全国高校バレーボール選抜優勝大会で優勝経験がある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

副担任への不満訴え=自殺中2、他生徒らも-福井

2017-10-20 08:32:28 | 体罰と言う名の暴行・傷害・鬱憤晴らし
副担任への不満訴え=自殺中2、他生徒らも-福井



2017年10月19日 23時48分

時事通信社

 福井県池田町立池田中学校で3月、2年の男子生徒=当時(14)=が男性担任と女性副担任から厳しい叱責を受け続け自殺した問題で、生徒が副担任の指導に対する不満を保護者に訴えていたことが19日、分かった。

 町教育委員会が設けた調査委員会の報告書によると、生徒は「課題未提出について『言い訳するな』と言って話を聞いてくれない」「答えをもらいに行っても、『宿題もしていないのに』と渡してもらえない」などと話していた。報告書は「理詰めで言い分を聞き入れてくれず、苦手な存在であったと思われる」と指摘した。

 報告書によると、町には学習塾がなく、池田中の教諭らは放課後や夏休みに他校より多くの補習を実施。課題の提出にも力を入れ、副担任は特に厳しい態度で臨んでいた。

 副担任は、上司から真面目で指導もしっかりしているとの評価を得ていた。一方、生徒や保護者へのアンケートでは「指導が執拗(しつよう)で弁解を許さず、追い詰めるような感じ」「ネチネチした感じ」など不満の声が多かったという。

 生徒は副担任の指導中、土下座しようとしたり、過呼吸のような症状を訴えたりしており、報告書は「副担任の指導が生徒にとってつらいものだったことは、取り乱した行動から明らか」とした。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

副担任と2人にしない約束、担任破る…中2自殺

2017-10-17 16:03:05 | 体罰と言う名の暴行・傷害・鬱憤晴らし

副担任と2人にしない約束、担任破る…中2自殺


10/17(火) 15:05配信

読売新聞

 福井県池田町の町立池田中学校で今年3月、2年生の男子生徒(当時14歳)が自殺した問題で、叱責(しっせき)を繰り返していた副担任について、担任が「生徒と2人きりにさせないようにする」と、家族に2度約束していたことがわかった。


 しかし、副担任はその後も生徒を叱責しており、第三者調査委員会は「担任は、副担任と話し合うなど問題解決に向けた適切な行動をとらなかった」と批判している。

 調査委の報告書や生徒の家族によると、副担任は生徒が小学校6年のときにも家庭科の講師として指導。生徒はミシンがけの学習で居残りをさせられ、帰宅のバスに乗り遅れたことがあり、家族に「副担任は嫌だ」と話していた。

 生徒は昨年5月、宿題を出せなかったことについて、「副担任が言い訳だとして聞いてくれない」と登校を拒んだ。担任は家庭訪問した際、祖母から「孫が宿題のことを副担任に伝えるときは、そばで見てほしい」と頼まれ、「2人きりにならないように見ていきます」と答えたという。

 しかし、副担任は昨年11月と今年2月、生徒に「やる気がない者は宿題を出さなくていい」などと言い、生徒は土下座しようとしたり、登校しなくなったりした。2月のケースでは、担任が家庭訪問時に母親に対し、「副担任は私がきちんと見ます。2人きりにならないよう注意します」と再び約束。だが、担任は副担任に特段の指導はしなかった。

 調査委は「担任は対応を約束していたが、適切な行動をとらなかった」と指摘。その一方で、副担任とともに厳しい指導や叱責を繰り返し、生徒は逃げ場のない状況に追いつめられたと結論づけている。

 母親は16日、取材に「担任が副担任を監視し、息子をしっかり見てくれていると信じていた。約束を破られた。息子に対し、後悔の念でいっぱい」と涙を流して話した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武井壮が福井・中2自殺の問題で担任教師の心理を推測「鬱積した気持ちを晴らしてる」

2017-10-17 15:33:36 | 体罰と言う名の暴行・傷害・鬱憤晴らし
武井壮が福井・中2自殺の問題で担任教師の心理を推測「鬱積した気持ちを晴らしてる



2017年10月17日 11時55分

トピックニュース


16日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、武井壮が、中学2年生が自殺した問題で、叱責したとされる教師の心理を推測した。

番組では、3月に福井県池田町の中学校で、担任と副担任から繰り返し叱責された2年の男子生徒が自殺したという話題を取り上げた。

コメントを求められた武井は「非常にかわいそうだなと思います」と語り始め、叱責した教師の心理を推測していった。生徒を追い詰めるほど怒鳴ったとき、教師は「心の中で鬱積(うっせき)した気持ちを晴らしてるようなことは絶対感じてた」と思うというのだ。

武井は「本当にこの子のためを思って、本当に誠意だけで怒ってた」というのは、絶対にありえないと断言。さらに「これを『指導が行き過ぎでした。すいません』じゃあ、オレ絶対ダメだと思う」「自分の言葉で人を殺してしまったということを、強く責任を感じてもらいたい」と主張した。

最後に武井は、学校の先生やスポーツの指導者のように、人に教えたり導く立場の人物の意識に言及する。先生自身の中に、「何か曲がった気持ちがあったら、それをちゃんと認識すべき」だと嘆いたのだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福井中2自殺、叱責で過呼吸や土下座も 報告書「逃げ場のない状態に追い詰められていた」

2017-10-16 14:58:02 | 体罰と言う名の暴行・傷害・鬱憤晴らし
福井中2自殺、叱責で過呼吸や土下座も 報告書「逃げ場のない状態に追い詰められていた



2017年10月16日 12時2分

産経新聞

 福井県の池田町立中学校で3月、担任らからの厳しい指導を受け、2年の男子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、叱責を受けていた際に生徒が過呼吸の症状を訴えたり、土下座しようとしたりするなど精神的に追い詰められていたことが分かった。

 町教育委員会が設置した調査委員会の報告書によると、生徒は生徒会の副会長を務めていたが、昨年10月、参画していたマラソン大会の運営で担任から校門前で準備の遅れを怒鳴られ、目撃した生徒は「身震いするくらい怒鳴られていた」と証言したという。

 11月には、宿題を忘れた理由を、生徒が生徒会や部活動としたのを、副担任が注意。「宿題ができないなら、やらなくてもよい」とすると、生徒は「やらせてください」と土下座しようとしたとしている。

 生徒は母親に「僕だけ強く怒られる。どうしたらいいのか分からない」と泣きながら訴えて登校も渋ることもあり、母親が副担任を変更するように要望したこともあったという。

 だが、今年に入っても生徒会活動に関し、担任から「お前やめてもいいよ」と大声で怒られ、自殺前日の3月13日には宿題の提出ができないことを副担任に問われ、過呼吸を起こした。

 過呼吸の際、事情を聞いた担任は自身で解決可能と考え、家庭や校長に報告しなかったという。報告書は「担任、副担任とも生徒の性格や気持ちを理解しないまま大声での叱責や執拗な指導を繰り返し、生徒が逃げ場のない状況に追い詰められた」としている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「窓から飛び降りろ」発言の教諭減給処分 埼玉

2017-10-13 09:33:22 | 体罰と言う名の暴行・傷害・鬱憤晴らし
「窓から飛び降りろ」発言の教諭減給処分 埼玉



2017年10月13日 7時10分

産経新聞

 県教育局は12日、7月に所沢市の市立小学校で担任する男子児童に「窓から飛び降りろ」と発言した男性教諭(44)を同日付で減給1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 男性教諭は4月にも同じ児童に足の裏で蹴るなどの体罰を行った。

 男性教諭は体罰や不適切な発言を認めており、「被害児童や保護者を傷つけ、大変申し訳ない」と話している。

 関係者によれば、男子児童はほかの児童への迷惑行為が多かったという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「子どもが書くものじゃない」 自由研究を突き返した教師に批判の声

2017-08-20 07:32:59 | 体罰と言う名の暴行・傷害・鬱憤晴らし
子どもが書くものじゃない」 自由研究を突き返した教師に批判の声



2017年8月18日 19時7分

grape

夏休みの宿題の定番『自由研究』。みなさんは何をテーマにしましたか。

昆虫について研究してみたり、地域の歴史を掘り下げてみたり…名前に『自由』とついているのですから、何を研究するかは子ども次第。

一方で、過去の経験から「学校側が求める自由研究は、名ばかりだ」として疑問を呈する意見がありました。
苦労しながらまとめた研究なのに…

小学校3年生の時に『覚えやすい麻雀の点数計算法』を自由研究のテーマに設定した初版道(@signbonbon)さん。

苦労しながらもまとめ上げ、提出したところ、予想だにしない反応が返ってきたのでした。

「子どもが書くものではありません」

そういいながら、研究内容に目を通すこともなく、突き返されてしまったというのです。

「賭け麻雀の必勝法ではないのに」と悔しさをにじませつつ、初版道さんはこう続けます。

「それ以来、『自由』研究とは名ばかりの『不自由』研究は大嫌いです」

確かに『自由』という言葉には曖昧な部分が多く、線引きが難しいものではあります。

しかし、「子どもらしくない」という先入観だけで判断し、研究にかけた労力まで否定する姿勢には疑問が残ります。

それは初版道さんのツイートを見た人も同じだったようで、多くの共感の声が寄せられました。
その昔、難しいテーマを自由研究に選んだ私を真っ向から否定せずに受け止めてくれた先生は、凄い人だったのだなーと痛感します。「子どもらしさ」ってなんだろう?イメージの押し付けは、反対に子どもの成長を妨げる。

そもそも自由研究は、昭和22年に「児童各自の興味や能力に応じて個性を伸ばすのに役立つ活動」といった目的で、教科の1つとして創設されたもの。

その後、教科からは廃止されたものの、夏休みの宿題としていまなお存在しています。

どんなテーマであれ「子どもの個性」として尊重し、伸ばせる箇所があれば助言する…それが、学校に求められることなのかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埼玉県所沢市の小学校で、男性教師が小学4年の男子児童に、「今すぐ窓から飛び降りろ」などと3階の教室

2017-07-17 14:13:01 | 体罰と言う名の暴行・傷害・鬱憤晴らし
教師が小4児童に「窓から飛び降りろ」



2017年7月17日 12時22分

日テレNEWS24

 埼玉県所沢市の小学校で、男性教師が小学4年の男子児童に、「今すぐ窓から飛び降りろ」などと3階の教室から飛び降りるよう何度も迫っていたことがわかった。

 所沢市立山口小学校の40代の男性教師は今月12日、鉛筆削りの貸し借りを巡って言い争っていた小学4年の男子児童に、「今すぐ窓から飛び降りろ」「命が惜しいのか。早く飛び降りろ」などと3階の教室から飛び降りるよう何度も迫ったという。

 また、男性教師はさらに「このクラスは34人だったがあすからは33人でやっていこう」などと話したほか、以前、この男子児童の背中を蹴るなどの暴行をしていたという。

 男子児童の母親「腰が痛い背中が痛いって言ってた時期があって」「背中を蹴られたりとか、首をやられたり絞められたりとか」

 男性教師「『窓から飛び降りろ』と死につながることを話しました」

 校長「指導に値しない暴言であり、体罰であると」

 学校側は、「飛び降りろ」といった発言や暴行の事実を認め、謝罪した。今週、保護者会を開く方針。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埼玉の私立高校サッカー部で体罰 コーチが謝罪「サッカーをやめる」

2017-06-16 07:06:22 | 体罰と言う名の暴行・傷害・鬱憤晴らし

埼玉の私立高校サッカー部で体罰 コーチが謝罪「サッカーをやめる」


2017年6月15日 21時20分

AbemaTIMES

 埼玉県の高校で、サッカー部のコーチが男子部員を何度も叩く体罰の様子がネット上に投稿された。コーチは「サッカーをやめる」と謝罪している。

 映像では、サッカー部のコーチが、立たせた1人の生徒の胸を何度も押したり叩いたりしている。この映像は埼玉県の私立武蔵越生高校で撮影され、6月12日、インターネット上に投稿されたもの。学校側が男性コーチに聞き取り調査を行ったところ、コーチは体罰を認めたということだ。

 30代の男性コーチはサッカー部のOBで今年の1月から教えていた。同高校サッカー部の西澤浩一監督は、「非常に生徒に近く熱い(指導をする)。多少言葉はきついところはあったが、こういうことをしてしまったら(コーチとして)残せないだろうと」と会見で語った。

 学校側は13日付でコーチを解雇。男性コーチは「申し訳なかった」などと話しているという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-13 15:05:54 | 体罰と言う名の暴行・傷害・鬱憤晴らし

高校サッカー部コーチが体罰、動画投稿で発覚

6/13(火) 12:02配信

読売新聞

やる気にさせるのが監督の役目じゃね~


 埼玉県越生(おごせ)町の私立武蔵越生高校(大塚英男校長)サッカー部の30歳代の男性外部コーチが、練習中に男子部員の顔を複数回にわたり平手でたたくなどの体罰を加えていたことが分かった。

 同校は13日、コーチを解雇した。

 同校によると、コーチは9日、同校グラウンドで3年生部員の1人に体罰を加えた。部員にけがはなかった。コーチは部員に謝罪したが、体罰後も指導を続けていた。学校の調査に対し、「やる気がないように見えたので体罰を加えてしまったが、行き過ぎた指導だった」と反省しているという。

 ツイッターに体罰の様子を撮影した動画が投稿され、12日夜に学校に問い合わせの電話が殺到して発覚した。


 同校の岩上克巳教頭は「当然許されない行為。学校全体で体罰とみられる行為の撲滅を目指す」と話している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加