縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

最近カレがおかしい…浮気よりも疑うべきな「男の鬱病」サイン8つ

2014-12-31 07:48:12 | 男性向き記事・コラム
最近カレがおかしい…浮気よりも疑うべきな「男の鬱病」サイン8つ

2014年12月30日 12時0分

Menjoy!

最近、彼の様子に変わったことはありませんでしたか? 誰しもがかかりうる鬱病。先行きのわからない経済や、過酷な労働条件……。多くの男性は、社会的なプレッシャーを抱え込んでいるものです。

そこで今回は、米国の医療ネットメディア『Health』に寄せられた臨床心理学士の見解をもとにした記事を参考に、鬱病にかかった男性の特徴をあげていきましょう。



■1:すぐ「疲れた」という

鬱病になりかかっている人は、感情や肉体の顕著な変化を感じているものです。アラバマ大学の臨床心理学士であるクラポー先生によると、鬱病にかかるはじめると、男性は女性よりも“疲れ”を感じ、口に出すことが多くなると言及しています。



■2:睡眠時間の過多もしくは過小

不眠症(インソムニア)や、朝早く起きすぎてしまう、または寝すぎてしまう等の睡眠問題は鬱病の典型的なサインです。

また就寝中に、何度も起きては寝ての繰り返しをする男性も要注意です。



■3:腹痛や腰痛

ニューヨーク大学のサスマン教授によれば、腹痛や消化不良または腰痛をうったえる男性には、本人は気づいていないことが多いが、鬱病を発生している可能性がおおいにあるそうです。鬱病患者の多くには、身体的な問題や病気が併発するとか……。

やはり心と体は一つなのでしょう……。



■4:やたらと短気

何事もネガティブにとらえてしまうため、イライラを隠しきることが出来ません。



■5:集中力の欠如

仕事や会話の最中も、ネガティブな思考が頭の中を交差するので、集中することが難しくなります。何をしても上の空の彼はもしかしたら……?



■6:お酒やタバコの過剰摂取

お酒やタバコの摂取の本義とは“紛らわし”です。たしなむ程度なら健康的かもしれませんが、過剰摂取はストレスの根源を“忘れる”ため……。

男性には、その傾向が特に強く表れるそうです。



■7:夜の営みに大影響

鬱病が、性的欲求の減少やEDの原因になることは周知の事実ですよね。「最近彼が求めてこないけれど、私に何か問題が!?」とパニくる前に、彼のストレス過多を心配してあげてみましょう。



■8:普段よりも優柔不断

何をするのにも“自信喪失”な精神状態なので、決断力に著しい影響が出ます。普段から優柔不断な彼なら、元々の性格である可能性もありますが、今まで普通に決断が出来ていた彼を“最近優柔不断だな……”と感じるようになったら要注意です。



というわけで、アメリカの臨床心理学士達の見解をもとに、上記に項目を挙げていきましたが、最近の彼は大丈夫ですか?

もしかしたらと思ったら、優しく見守ってあげ、深刻な場合は、経験者や専門医に相談してみるのもよいでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国ソウルの地下鉄で犯罪が頻発、性犯罪の通報件数が最多

2014-12-31 07:47:09 | 憎むべき性犯罪
韓国ソウルの地下鉄で犯罪が頻発、性犯罪の通報件数が最多

2014年12月30日 18時49分

新華ニュース


韓国メディアの報道によると、この3年間の犯罪通報のうち、性犯罪の割合が最も高いことが韓国ソウル地方警察庁地下鉄警察隊のデータから分かった。

ソウル地方警察庁地下鉄警察隊は30日、2011年1月-2014年9月の犯罪通報件数は6759件。2011年の通報件数は1881件、2012年は1448件、2013年は1858件、2014年は1572件だったと発表した。

性犯罪の通報件数が最も多く、ついで窃盗、暴力など。2号線の通報件数は2492件と最も多く、ついで1号線の1324件と4号線の876件だった。

性犯罪の発生件数が最も多い駅はソウル駅、新道林(シンドリム)駅、舎堂(サダン)駅だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米国 警察局長がヌード写真撮影を条件に、18歳女性に取引を提案

2014-12-30 17:09:25 | 憎むべき性犯罪
米国 警察局長がヌード写真撮影を条件に、18歳女性に取引を提案

2014年12月30日 14時4分

新華ニュース

米紙「ニューヨーク・デーリー・ニューズ」の28日付報道によると、アメリカのニューハンプシャー州の警察局で警察局長が、ヌード写真の撮影を条件に、未成年女性犯人と処罰を取り消す取引を提案したというスキャンダルが流れた。

アメリカの「国家最低飲酒年齢法案」の規定によると、21歳未満の公の場所での飲酒は禁止している。2013年に18歳だったJanelle Westfallは道路で飲酒し、警察に拘束された。

Janelle Westfallが明らかにしたところによると、拘束されて4日目に警察局長デイビッドがヌード写真を撮影させてくれれば処罰を取り消すことができると彼女に示唆した。デイビッドはまたJanelle Westfallのために嘘の身元情報を作り、2年間何の処罰をも受けないように保証すると示した。この実現しなかった取引はJanelle Westfallの心と体を大きく傷つけた。

今回のスキャンダルはデイビッドの27年間の警察の職歴に大きな汚点をつけ、デイビッドは免職となり、Janelle Westfallに7万ドルの賠償金を支払うことになった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

別れた途端にリベンジマネー!? 取り立て男子の特徴!

2014-12-29 08:10:48 | 女性向き記事・コラム

別れた途端にリベンジマネー!? 取り立て男子の特徴!

LAURIER(ローリエ) 2014年12月28日 12時00分

ライター情報:エルメス


不況のせいでしょうか。ここのところ、女性と別れるとお金を取り立ててくる男性が増えているな、と筆者、戦々恐々としています。これ、借金してるとかなら分かりますけど、デート費用やプレゼント代まで請求してくるから本当に怖いもんです。
筆者の友人が、ある男性に猛アプローチをされたあげく告白されたのですが、それをお断りしたところその後、彼からこんな連絡が。
「君に費やした金額を返金してほしい。レストラン代、もろもろ含めて20万を口座に振り込んで」あまりにも人間として小さいその発言に筆者はびっくりしました。デート代に20万って水増し請求にもほどがある。新手の詐欺か!(笑)といいたくなるほど。
別の友人は、婚約していた彼と同棲する際、家賃や初期費用は彼が持つというはなしだったのにも関わらず、別れた途端にそれらを請求されただなんて悲しい逸話が。
こんな話を聞くと、男って本当にみみっちいなと思います。こんな男性に引っかからないためにも、別れた途端に取り立て屋になる男性の特徴を良く覚えておきましょう。

心が狭い短気なカレ


小さなことで怒っるような短気な人は金にもうるさい人が多いです。また他人のためにお金を使うこと自体メリットが無いと思っている人なんですね。あなたに使った金額を頭に入れているかも? 筆者は短気な男はケチが多いと思っています。短気な元カレのデートコースはいつも「チェーン店の激安居酒屋」でしたから。

持ってる物がぼろぼろになるまで使う

家具や、財布などボロボロになるまで使っていませんか? 洋服もしかり。ニットがよれよれだったりすすけていたり。この手のタイプは節約したがりのケチなのでお金を出来る限り使いたくない人のはず。


付き合った当初から高価な物をプレゼントしたり、高級レストランに行きたがる

女をゲットするためにお金をかけるタイプの男です。この手のタイプは付き合った当初は良いのですが、別れたり、振ったりした途端に請求してくる人です。女を手に入れるためのツールとしてお金をじゃんじゃん使いますが、もしもそれが失敗に終わった場合、投資して損した分を取り返したくて躍起になるのです。


華やかの仕事をしている人が多い


これは完全に統計なのですが、マスコミ関係の職業についている男性は、この手のタイプが圧倒的に多いという結果が。何の因果かしりませんが、普段から出費の多い彼らに取って「女にかけるお金」は回収したい債権なのかも知れません。

金の切れ目が縁の切れ目とはよくいいますが、かつての好きな人や、いいなと思っていた人がお金を請求してくるとなんだか冷めますよね。素敵な思い出までダークサイドに落ちてしまいます。というかあとからそんなお金、払いたくないですしね。悲しい思いをしないためにくれぐれもみなさまお気をつけ下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香る花弁?

2014-12-29 07:14:20 | 男子向き面白動画(18禁あり)
香る花弁?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちゃんすー? Part2

2014-12-28 10:09:05 | 男子向き面白動画(18禁あり)
ちゃんすー? Part2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香る花弁?

2014-12-28 10:08:04 | 男子向き面白動画(18禁あり)
香る花弁?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性がうざいと思う、男性のLINEやメールTOP5

2014-12-27 07:32:42 | 男性向き記事・コラム
女性がうざいと思う、男性のLINEやメールTOP5

web R25 12月25日(木)7時1分配信



 せっかくの好印象が、LINEの内容で台無しになることも。こんなうざい連絡はしないように、気を付けて!

飲み会が増える年末、新しく知り合った女の子に連絡する機会も多いはず。しかし、内容いかんでは、以降の発展が望めなくなることも…。女性から不評のメッセージとは? “返事をくれない彼氏を追い込む”がコンセプトの人気LINEスタンプ「もっと私にかまってよ!」の作者・森もり子さんにお話を伺った。

「男性の連絡には『関係を深めたい』『好感度を上げたい』というような目的意識、もっと嫌な言い方をすれば下心を感じるケースが多い気がします。それが透けて見えると、女子からすればうざいでしょうね」

確かに…。とはいえ、うざがられている本人は、何が問題なのかわからないもの。そこで、森さんにも選択肢を挙げていただき、「女性がうざいと思う男性からのLINEやメール」について、20~30代の女性138名にアンケートを実施した(協力/ファストアスク)。

<女性がうんざりする男性のLINE・メールTOP5>

■第1位 「疑問文の連発」 40.6%

「何してる?」「テレビ見てたの?」「面白い?」など、ひたすら会話を続けようとするのは女性に大不評。「返信していないのに一方的に送ってくる」(26歳)「少しでもレスが遅いとプレッシャーをかけてくる」(31歳)といった男性は、とりわけタチが悪いと思われている。

■第2位 「どうでもいい報告」 38.4%

「お茶してた」「今帰ってる」「漫画面白い」といった日々の報告も定番の“やらかし”。とりわけ、気軽に送りやすいLINEで多発しているようだ。

■第3位 「重いテンションの長文メッセージ」 27.5%

食事やデートなど、ちょっとしたことに長々とお礼を送るのもうざがられる模様。逆に、何かしでかしてしまった時、しつこく謝罪を送るのもNGだ。「本気で謝るつもりならLINE以外の方法があると思う」(29歳)と、至極もっともなご意見も。

■第4位 「痴話げんかに巻き込まれそうな内容」 26.1%

意外と票を集めたのがこちら。「女友だちとのやりとりを画面ショットで送ってくる。興味がないし、私との会話も誰かに見せられていそうでドン引き」(28歳)「『彼女とケンカした~飲み行こうよ! 慰めて!』とLINEが来てイラッ。仲良くもなかったのでブロックした」(25歳)など、嫌悪感あらわなコメントが目立った。同様に、彼女の愚痴を言うのも嫌がられる。

■第5位 文章が細切れの読みにくいメッセージ/男子ならではの「面白い」感覚の押しつけ 15.9%

「で」「明日」「どうする?」というように、LINEでよく見る短文の連発。「一言ずつ着信するため、都度スマホが振動するのでうざい」(28歳)と厳しい声が多かった。また、男性しか読まないような漫画や、ちょっと気持ち悪い系のスタンプも評判が悪い。

「仲良くなりたいならなおさら、男性はもっと『会話を楽しむこと』に重点をおくとよいのでは?」と、森さん。気軽にやりとりできるからこそ、内容の善し悪しが重要視されるLINEやメール。うざがられることのないよう、肝に銘じておきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多くの女性が、SNSの投稿・シェアで“自己演出”……「シェアされる記事」の特徴は?

2014-12-27 07:28:01 | 女性向き記事・コラム

多くの女性が、SNSの投稿・シェアで“自己演出”……「シェアされる記事」の特徴は?

RBB TODAY 12月26日(金)12時0分配信


SNSにおいて自分を“よく見せたい”と思うことはあるか

 トレンド総研は18日、「SNSでの自己演出」に関する意識・実態調査の結果を発表した。調査期間は11月17日~20日で、ふだんSNSを利用している20~30代の女性500名から回答を得た。

■女性たちが演出したい“SNS上の自分”とは?

 まず、「SNSの具体的な活用状況」について聞いてみると、71%が「毎日閲覧もしくは投稿している」、14%が「週に4~5日程度は閲覧もしくは投稿している」と、約9割が、ほぼ毎日SNSの閲覧・投稿を行っていた。また「ふだんの生活とSNS上の自分では、キャラクターに違いはありますか?」と聞くと、26%が「違いがある」と回答。「SNSにおいて自分を“よく見せたい”と思うことはあるか」と聞くと、さらに多く半数の50%が「ある」と回答している。

 その理由については、「おしゃれでセンスがよい人というイメージに見せたい」「見栄を張りたい」といった回答に加え、「SNS上では、知的に見えるような演出をしている」「理想の自分を演じている」など、“自己演出”をしているという意見が多く寄せられた。なかには「Facebookでは順調に人生を送っているように見せて、Twitterはおもしろい人に見せる」など、SNSによって自己演出方法を変えているという人もいた。

 「SNSに投稿する際に、自分がどう見られるかを意識しているか」を聞くと、過半数となる58%が「意識している」と回答。こうした意識は、ニュース記事やコラムなどの“シェア”にも及んでおり、35%が「シェアをする際にも自分がどう見られるかを意識している」と回答している。

 実際、自己演出したい方向性と合致していない話題の場合、「おもしろいニュース記事やコラムだと思っても、SNS上でシェアしない」という人が88%にも及んでいる。理由としては、「ふだんクールな感じで 見られるので、感動系はシェアしにくい」「恋愛系の記事で実は興味があっても、詮索されるのが恥ずかしい」「政治に興味があるが、仲間内ではそういう話題を出せる雰囲気ではないので」といった意見があがっている。逆に、他の人がシェアしている話題を見た場合、48%が「他人がSNSでシェアしていたニュース記事などによって、好感度が下がったことがある」と回答している。

■専門家が語る、SNSシェアに見る女性心理

 この調査結果について、マーケティングライターの牛窪恵氏は、「もともと、女性は男性より“シーン”によって自分を演じ分ける傾向が強くあります」と、その背景を指摘。「今は、SNSに写真を投稿する際、自分撮りの写真をアプリで“盛る(加工する)”ことが主流になっていて、瞬時に“変身”できる時代。今回の調査でも、20~30代女性の約4人に1人が『ふだんの生活とSNS上の自分では、キャラクターに違いがある』と自覚していますが、こうした『自己演出』は、すっかり習慣化し、定着していると言えます」と分析している。

 また、現20~30代は「自己演出」に楽しさを見出す反面、物心がついてからずっと右肩下がりの時代を生きている、「素」の自分に自信を持ちにくい世代だとしたうえで、「およそ半数以上の女性が『自分がどう見られているかを意識』していて、『自分をよく見せたい』と感じているのも、 主にそのためでしょう」と紐解いている。

 また、女性ユーザーから高い記事シェア率を誇る女性向けキュレーションメディア「by.S( バイエス/旧SELECTY)」の山崎ひとみ編集長は、女性にシェアされる記事の傾向について、「女性たちの84%と大多数は、『SNSでシェアするニュース記事などによって自己演出が可能』だと感じていることから、自分のブランディングに活かせる記事やコラムであれば、進んでシェアしたいと考えるはずです」と分析。

 一方で、「親しい人たちだけには“素”の自分を分かってほしい、評価してほしい」という思いから、「私、本当はこんな情報をおもしろがる人間なの」「(親しい人たちであれば)共感してくれるよね?」といった、「素」の自分や共感をアピールしたいという欲求が垣間見える、と指摘している。自ら言葉を選び文章を考える投稿に比べると、シェアはハードルが比較的低いことが、その背景にあるようだ。

 実際に「by.S」でシェアされやすい記事の傾向としては、“恋が生まれる記事”=「友人や恋人といっしょに遊びに行くことができるイベント情報など」が、人気だという。また、タイムリーな時事ネタや、いわゆる“バイラルコンテンツ”と呼ばれるような、誰もが感動したり、心が揺さぶられたりする記事も、同じようにシェアされることが多いとのこと。女性だからといって、時事ネタには興味がない、社会問題には触れない、ということはないという。by.Sでは、読者・ユーザー像を的確に分析してニーズに合致した記事を配信していくことが、「結果的にシェアというアクションにつながる」としている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盗撮「2000回やった」 県警、巡査長を懲戒免職

2014-12-27 06:49:50 | 憎むべき性犯罪

盗撮「2000回やった」 県警、巡査長を懲戒免職

北日本新聞 12月26日(金)0時42分配信

 県警は25日、女子高校生のスカート内を動画撮影機能付きスマートフォンで撮影したなどとして、県迷惑防止条例違反(卑わいな言動、盗撮)の罪で略式起訴された高木竜太郎富山西署地域課巡査長(25)を懲戒免職処分とした。県警監察官室によると、高木巡査長は大学時代から同様の行為を繰り返し、これまでに「おおむね2千回盗撮した」と供述しているという。

 監察官室によると、巡査長が所持していた2台のスマートフォンには盗撮したとみられる動画約40ファイルが保存されていた。富山市内の実家にあったパソコンの復元データからも盗撮したとみられる約1100ファイルが見つかったという。ただ、被害者が特定できないことなどから立件はできなかった。盗撮データのインターネットへの流出は確認されなかったという。

 巡査長は大学時代にインターネットサイトを見て盗撮に興味を持ち、2010年から盗撮行為を始め、県警に採用された後も続けていた。「欲望に勝てず、やめることができなかった」と話しているという。岩元警務部長は「被害者やご家族、県民に深くお詫びする」とコメントを出した。

 県警は同日、県内各署の副署長らを招集した緊急会議を県警本部で開き、警務部長が綱紀粛正や部下のきめ細やかな身上把握に努めるよう指示した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加