縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

『アゴラ』が蓮舫氏に公開質問状 徹底追及「証拠示し説明を」 “二重国籍”問題

2016-09-30 16:58:55 | ニュースまとめ・総合

『アゴラ』が蓮舫氏に公開質問状 徹底追及「証拠示し説明を」 “二重国籍”問題

夕刊フジ 9月30日(金)16時56分配信


 民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題で、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」が29日、蓮舫氏あてに公開質問状を提出した。国民にウソをついていた国籍問題について、野党第一党の党首として口頭ではなく、公文書などの証拠を示して説明を求めるものだ。蓮舫氏は「ごまかし」なく、国民に真実を提示できるのか。

 注目の質問状は、アゴラ編集部が29日夕、蓮舫氏のツイッターに送付するとともに、ネット上で公開した。夕刊フジでも同問題を徹底追及した、徳島文理大学の八幡和郎教授が問題提起を続けてきたサイトだ。

 国会議員の法令順守が問われる蓮舫氏の「二重国籍」問題を明らかにするため、アゴラは(1)(1985年に日本国籍を取得しているが)日本国籍を選択した日付の戸籍関係書類(2)9月6日に東京の台北駐日経済文化代表処に出した台湾旅券を含むすべての書類(3)9月23日に台湾の当局から受け取った国籍喪失証明書-の開示を求めている。

 質問状を出した理由として、「現状では、国籍選択をされたのか、本当に『二重国籍』状態は解消されたのか、蓮舫氏の一方的な説明に過ぎない」「もし、蓮舫氏が疑惑を追及する立場だったら、舌鋒鋭く『なぜ、証拠書類を出さない』と迫っていたはず」と記している。

 この問題については、日本維新の会が、国会議員や国家公務員の「二重国籍」を禁止する法案(いわゆる『蓮舫法案』)を、今回の臨時国会に提出している。民進党の同法案への対応が注目されるなか、この質問状への回答も関心を集めそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小池氏、戦闘宣言 都議厚遇はく奪 地方議員でトップの報酬や特権にメス

2016-09-30 16:57:37 | ニュースまとめ・総合

小池氏、戦闘宣言 都議厚遇はく奪 地方議員でトップの報酬や特権にメス

夕刊フジ 9月30日(金)16時56分配信



 東京都の小池百合子知事が、豊洲新市場(江東区)の問題で、重大決断を迫られている。都民や国民の不信を招いた「盛り土」未実施の全容解明と責任追及とともに、「食の安全」を守り抜き、2020年東京五輪・パラリンピックを成功させるため、専門家による検証と対応の実施が急務なのだ。小池氏は「改革の決意と姿勢」を明らかにするため、知事報酬半減を表明したが、豊洲新市場の問題などを見逃してきた、都議らの特権・厚遇も注目されている。

 「都政は、都民の信頼を失ったと言わざるを得ない。誰が、いつ、どこで、何を決めたのか。何を隠したのか。原因を探求する義務が、私たちにはある」「信頼を回復するには想像を超える時間と努力が必要だ」

 小池氏は28日、就任後初となる都議会定例会の所信表明の冒頭で、豊洲新市場の一連の問題に言及し、こう語った。

 具体的には、豊洲新市場の「安全性の懸念」「巨額かつ不透明な費用の増加」「情報公開の不足」という3つの問題点について、専門家やプロジェクトチームによって早急に検証し、対応を判断・実施する。

 東京五輪への影響も懸念されていたが、小池氏は「東京五輪・パラリンピックの成功に影響させない対応や、市場関係者への配慮も含め、しっかりと判断していく」と言い切った。

 「東京大改革」への決意は相変わらずだ。

 小池氏はその強い姿勢を示すため、知事報酬半減の条例案を提案した。成立すれば約2900万円の年収が約1450万円になる。こうなると、全国の地方議員でトップという都議の報酬(約1700万円)や特権も注目される。

 都議会局によると、都議の年収は1708万175円に上る。約16万人の職員の頂点に立つ都知事の給与よりも、127人いる都議の報酬が高いことになる。

 これ以外にも、本会議や委員会に出席するだけで、1日1万円~1万2000円がもらえる「費用弁償」がある。23区内の都議には1万円、23区外の多摩地域の都議には1万2000円が支給される。年間の費用弁償額は全体で約5000万円にのぼるという。

 「交通費」的な意味合いもあるが、23区で最も東に位置する江戸川区の都営新宿線・篠崎駅から、新宿区の都営大江戸線・都庁前駅まで片道370円。本会議出席だけで1万円とは、理解困難ではないか。

 この「費用弁償」については、長年都議会でも問題となっており、超党派の検討会で協議しているが、いまだに結論は出ていない。共産党都議団などは、交通費の実費支給にする条例案を昨年3月に提出したが、継続審議となっている。

 特権はまだある。

 都議会では、1人あたり月60万円の「政務活動費」が、各会派に支給されているのだ。この政務活動費についても、廃止したり削減したりする積極的な動きは少ない。

 小池氏は先の所信表明で、都議会について以下のように語った。

 「都議会と、知事、職員がなれ合いや根回しで事を丸く収めるのではなく、都民の前で決定過程をつまびらかにする。都民のため議論をぶつけ合う。それが、新しい都政における都議会の姿だ」「都の自己改革とともに、チェック機能を持つべき都議会の意味が問われている」

 つまり、都議や都議会の意識改革・自己改革も求めたのだ。

 注目の所信表明について、都議会各党の評価は分かれた。

 都知事選で激突した最大会派・自民党の高木啓幹事長は「非常に知事の思いが詰まっていた」と評価しながら、都議の意識改革を求める内容については「謙虚に反省し、精進したい」と語る一方、「都議会の議論が密室で見えない形で決められたとは思っていない」と反論した。

 民進党の尾崎大介幹事長は「率直にいってよかった。われわれが訴えてきたことと重なる部分が多い」と語った。

 こうしたなか、東京維新の会代表の柳ケ瀬裕文都議が26日、「議員報酬の削減」を各会派に呼びかけた。

 柳ケ瀬氏は「知事が削減の意思を示した。都議会も改革の姿勢を示すべきだ。私たちは30%の議員報酬削減を提案したい」と語ったが、条例案の提出には11人以上の都議の賛同が必要だ。東京維新の会の都議は柳ケ瀬氏1人で、今のところ、他会派から賛同は得られていない。

 都議会各会派は、どう判断するのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坂口杏里、渋谷の風俗店でも働いていた?値段設定が高すぎて客はつかず

2016-09-30 16:55:18 | 芸能・スポーツ
坂口杏里、AV出演のギャラは3000万円未満か 義父は「ただただ残念」



2016年9月30日 10時40分

デイリー新潮


 2013年に57歳の若さで急逝した坂口良子は、愛娘、坂口杏里(25)の将来を最後まで心配していたという。この度、AVへの出演が決まった杏里の転機は、2014年秋。主演映画「ハニー・フラッパーズ」の出演陣と共に参加したホストクラブグループ主催のイベントで、あるホストと連絡先を交換したことだった。「遺産は3年で使い果たした」(芸能事務所関係者)という彼女の、転落の軌跡を追う。

 ***

 主演映画で杏里が演じたのはキャバクラ嬢だった。そこでヒントを得たか、映画の公開後から六本木のキャバクラで働きはじめた。その当時の同僚が言う。

「1カ月くらい在籍してました。去年、テレビの『有吉反省会』で“2日間働いて、お金というより人生経験”って言ってたけどウソ。事務所に内緒とかで、お客さんに“坂口杏里に似てない?”と聞かれても“違います”と否定していました。激やせしてたから、それで通じたっていうか。接客スタイルはぶっ飛んだキャラ。辞めたあとも時々スポットで入ってましたよ」
遊ぶ金がほしかったのか(出演作パッケージ)

 お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二(40)との交際が話題になったのも同じころだった。杏里の知人が言うには、

「“見てくださいよ、これ、かわいくないですか?”とか言って、自分が小峠に送った“小峠さん”“早く会いたいな”みたいなLINEを見せていた。だから付き合っていたと思うけど、色恋沙汰が報じられてマスコミへの露出を増やしたい、とも語っていましたね」
キャバ嬢として六本木で働いていた時期も

 そこにも打算があったのか。さて身を持ち崩した末に、今年6月ごろ、渋谷の風俗店でも働いていた。

「杏里のホストクラブ通いの仲間のなかには地方の風俗で働いて、金が貯まると東京で遊ぶ、いわゆる“出稼ぎ”をする子が多かったので、風俗への抵抗感は少なかったと思います」

 と同じ知人が言えば、風俗業界関係者は、

「高級デリヘルで“誰もが知る現役芸能人”という触れこみでしたが、1回30万円という値段設定が高すぎ、あまり客はつかなかった」

 だが、実はそれよりだいぶ前から、AV転身への道筋はつけられていたのだ。

■“てっとり早く稼ぐ方法”

 やはり14年10月のこと。

「ロゼガールズフェスティバルというイベントが始まって、大物モデルが出るはずが、蓋を開けてみれば名が知られたタレントは杏里だけ。結果、彼女がMCに抜擢され、杏里はイベントを仕掛けたHという男と関わりを持った。Hは“杏里が手っ取り早く稼ぐ方法を探している”と話していたので、僕はMUTEKIの人間を紹介したんです」

 そう語るのはAV業界関係者。MUTEKIとは10月1日に杏里のAVを発売するメーカーである。

「14年末、“杏里がホスト遊びの借金で首が回らなくなるのは時間の問題”との話でした。そこでHは杏里への口説きを本格化し、AVプロダクション“ティーパワーズ”の関係者に彼女を紹介した。それが去年の夏。その時点では、杏里は芸能事務所アヴィラに所属していたから、すぐにAVは撮れない。杏里に事務所を辞めるように説得するなどして、徐々に外堀を埋めていったのです」(同)

 アヴィラに聞くと、

「契約は3月末に切れていますが、坂口本人の意向で契約を延長しないと決まった。露出が増えはじめた時期なので、もったいないなと思っていました」
■「ただただ残念」

 AVは8月中旬、グアムで撮影されたという。再びAV業界関係者が言う。

「MUTEKIはAV制作に1億3000万円ほど出し、杏里の取り分は2割強、3000万円未満と聞きます。本人の取り分が異例に低い。すでに2本の撮影が終わっていて、1本目は本番なしのカラミのみ、2本目は本番シーンがあるとのこと。少し前に彼女の写真を見ましたけど、やせ方が異常でね。こんな貧相なカラダでは、同じMUTEKIの高橋しょう子や三上悠亜のように、何作にも出演するのは難しい。杏里もMUTEKIに出れば、芸能界でまともにやって行けなくなるとわかっていただろうに、それでも遊ぶ金がほしかったんですかね」

 しかし、杏里自身、8月31日には〈寄り道なんてしないで真っ直ぐ自分の気持ち曲げないでいればよかった〉等々、LINEに前向きに書きながら、翌9月1日には〈ひたすら悲しい気持ちと後悔。毎日毎日いろいろ考えも悪循環だし〉と変化。心は千々に乱れているようだ。

 さて、義父の尾崎健夫氏を直撃すると、

「その件は勘弁してください。(杏里とは)会っていません。連絡も取っていません。(AV出演は)僕には理解がおよばない話でね、ただただ残念という気持ちが大きいですね」

 事実を坂口良子に報告するとしたら、親バカの至りであるにせよ、あまりに残酷だと言わざるをえない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稲田朋美防衛相が涙ぐむ 民進・辻元清美氏に「戦没者追悼式欠席は言行不一致」と追及

2016-09-30 16:51:10 | ニュースまとめ・総合
【衆院予算委】稲田朋美防衛相が涙ぐむ 民進・辻元清美氏に「戦没者追悼式欠席は言行不一致」と追及され…言葉詰まる

前科者の辻本はヤクザか

2016年9月30日 16時13分

産経新聞


 衆院予算委員会で30日、稲田朋美防衛相が民進党の辻元清美氏の追及に涙ぐむ一幕があった。

 辻元氏は、稲田氏が8月中旬に自衛隊部隊の活動視察でアフリカ東部ジブチを訪問していたため、防衛相として8月15日の全国戦没者追悼式に出席しなかったことと、例年行っている靖国神社参拝を見送ったことを問題視した。

 辻元氏は「あなたは『自国のために命をささげた方に感謝の心を表すことのできない国家であっては防衛は成り立ちません』と言っている。言行不一致ではないか」と迫った。

 稲田氏が追悼式欠席について「大変残念だった」と答弁すると、辻元氏はさらに「あなたの『戦争でなくなった方々へ心をささげる』というのは、その程度だったのかと思われかねない」とたたみかけた。

 すると稲田氏は目に涙をためながら「今までの私の発言…、読み上げられた通り」と言葉を詰まらせ、「今回本当に残念なことに出席できなかったが、指摘は指摘として受け止めたい」と答えるのが精いっぱいだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひき逃げ容疑で79歳女逮捕 被害女性は重体 大阪・河内長野

2016-09-30 16:49:56 | ニュースまとめ・総合
ひき逃げ容疑で79歳女逮捕 被害女性は重体 大阪・河内長野



2016年9月30日 15時42分

産経新聞

 乗用車でミニバイクの女性をはねてけがをさせ、そのまま逃走したとして、大阪府警河内長野署は30日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で大阪府河内長野市に住む無職の女(79)を逮捕した。

 「バイクと接触したが、逃げた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は28日午後2時50分ごろ、河内長野市喜多町の国道371号で、乗用車を運転中にミニバイクの同市の女性(64)をはねて転倒させ、何もせず逃走したとしている。女性は頭などを打ち、意識不明の重体。

 現場付近の目撃情報などから女の関与が浮上した。同署が事故原因を調べている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石原都知事時代に移転が急浮上した経緯 謎多き豊洲の疑問

2016-09-30 15:15:42 | ニュースまとめ・総合

石原都知事時代に移転が急浮上した経緯 謎多き豊洲の疑問

デイリー新潮 9月30日(金)12時1分配信


 築地市場の水産仲卸業者の組合である東京魚市場卸協同組合(東卸)が全組合員投票を実施した結果、築地の「再整備賛成」を機関決定したのは1998年12月。しかし、石原慎太郎氏が都知事に就任した99年4月に行われた東卸の理事長選では、再整備派の理事長が敗れて移転派の理事長が誕生し、

「その後、9月に石原氏が築地を視察、“古い、狭い、危ないなあ”と発言し、11月には石原氏の腹心で副知事をしていた浜渦武生氏が豊洲先端部の売買について、地権者の東京ガスと交渉を始めています」

 そう語るのは、『貧困都政』の著者でルポライターの永尾俊彦氏である。

「東京ガスは土地の売却にかなり消極的だった。それに対して都は浜渦氏が中心になって交渉を重ね、01年7月に基本合意に至る。東京ガスが豊洲の土壌汚染の調査結果を公表したのは基本合意の半年前。石原氏は汚染を知っていたにもかかわらず、売却を渋る東京ガスから半ば強引に豊洲の土地を購入したのです」

 永尾氏はこの間の交渉経緯について都に情報公開請求を行ったが、出てきたのはほぼ全ページ真っ黒に塗りつぶされた文書だった。

「土地の売却を渋る東京ガスを説得するため、都はかなり譲歩したはずです。基本合意成立後の価格交渉の際も譲歩しています。通常、土壌が汚染されたような土地を買う場合、価格を割り引くのが当たり前。が、都は、売買価格を算出する際、財産価格審議会に“現在は汚染物質は存在していない”として通常価格で計算させている。なぜこのような経緯になったのか。都は一連の交渉過程を公開すべきです」(同)

 情報公開に熱心な小池知事のこと、真っ先に手をつけてくれるに違いない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小池都知事、豊洲…地下空間問題で責任の所在追求“不可能”示唆

2016-09-30 15:14:13 | ニュースまとめ・総合

小池都知事、豊洲…地下空間問題で責任の所在追求“不可能”示唆

スポーツ報知 9月30日(金)15時1分配信


 小池百合子東京都知事(64)が30日、定例会見を行い、築地市場(中央区)からの移転が予定されている豊洲新市場(江東区)の盛り土問題について、調査結果を報告した。

 9月末までに調査報告を行うと公表していた小池氏。この日は、〈1〉いつ、どの時点で誰が決定して盛り土をしないことになったのか〈2〉なぜ都議会、都民等への説明責任を果たしてこなかったのか―の2点について言及した。

 〈1〉については、盛り土の代わりに地下空間を設ける方針について5段階のプロセスがあったとした。2008~09年にかけて技術会議での議論の中で「モニタリングと作業空間の必要性」が検討されたのが端緒だったという。その後、10年11月に基本設計が起工された際には、地下とは限定されてはいないが、「空間の設計を含む」と記載。11年8月の担当部課長の会議により地下に空間を設置する方針を確認し、初めて「地下空間を設ける」という認識が生まれ、13年の2月に設計が完了した。

 一連の流れについて、小池氏は「地下に空間を作ることは段階的に固まっていったこと」と指摘。「いつ、誰かというのはピンポイントで指し示すことは難しい」とし、責任の所在を明らかにすることが不可能であることを示唆した。

 一方、〈2〉については「一言で言えば、ガバナンスの欠如」と一刀両断。「最初に出した(盛り土をした)予定図をインターネット上にアップするなどした時点で『情報を公開したよね』としてしまい、その後変更がされずに恥ずかしい結果になってしまった」とし、説明責任を果たしていないことを問題とした。

 また、今回の問題から浮かび上がった都政運営上の課題を解決するために、「都庁マネジメント本部」を設置することを発表。毎週金曜に会議を開催し、各部局を越えた意思疎通を図っていくという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【中学生、突き落とし】「釣れてますか」その瞬間、海に…命にかかわる、釣り人

2016-09-30 15:11:03 | ニュースまとめ・総合
【中学生、突き落とし】「釣れてますか」その瞬間、海に…命にかかわる、釣り人ら怒り「いたずらで済まん!本当に腹立たしい


2016年9月30日 12時42分

産経新聞

 「溺れる顔を見て、楽しみたかった」。

 大阪府岸和田市と忠岡町の突堤で、釣り人が相次いで海に突き落とされた事件。大阪府警に補導された男子中学生4人はこう供述した。現場は人気の釣りスポット。周囲の水深は深く、転落すれば命の危険もあるという。「何を考えているのか。いたずらでは済まされない」。釣り客からは怒りの声が上がった。

 「釣れていますか」

 忠岡町新浜の大津川河口付近にある突堤。被害に遭った会社員男性(56)は19日早朝、中学生らにこう釣果を尋ねられた。そして次の瞬間、いきなり眼下の海に落とされたという。

 漁業関係者によると、付近ではこの時期、タチウオやイワシ、クロダイなどが釣れ、幅広い世代が釣り竿を手に訪れる。大阪市北区から来た男性(50)は中学生が補導されたとの一報に「怒りを感じる。本当に腹立たしい」と憤った。釣果を聞かれれば教えてあげるのが釣り人の心情。「ちゃんと答えてあげようという親切心を踏みにじった」

 現場で釣りをしていた堺市南区の城一男さん(75)も「突堤に階段がついていない場所もあり、かなり泳がなければ陸に上がれない危険もある。本当に怖い」と話した。

 忠岡漁港などで釣り船を運航している男性(49)は「事件後、パトカーが現場の警戒に当たっているのをみたが、まさか少年とは」と困惑。「現場の海は深く、ライフジャケットがない状態で転落すれば命の保証はない。今回の被害者は運が良かったとしか言いようがない」と語った。

 岸和田市木材町の突堤では、友人と釣りをしていた中学2年の男子生徒がいきなり突き落とされた。この日突堤を訪れた八尾市の男性会社員(23)は「いたずらにしてはやりすぎだと思っていた。釣り人の中でも話題になっていた事件なので、安心した」と、摘発されたことにほっとした表情を見せた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国海警、検問に抵抗した中国漁船に閃光弾…火災で3人死亡

2016-09-30 11:12:57 | ニュースまとめ・総合
韓国海警、検問に抵抗した中国漁船に閃光弾…火災で3人死亡



2016年9月30日 8時4分

中央日報


韓国側の排他的経済水域(EEZ)で違法操業をしていた中国漁船で火災が発生し、中国人船員3人が死亡した。取り締まりを避けて逃げる中国漁船に乗り込んだ韓国海警が投げた閃光爆音弾が爆発し、漁船から災と煙が上がった。木浦(モクポ)海洋警備安全署(木浦海警)によると、29日午前9時45分ごろ、全羅南道新安郡紅島(ホンド)の南西約70キロの海上で102トン級の中国漁船S号で火災が発生した。

火災の直後、木浦海警所属3009艦は消火砲を使って鎮火に入った。またS号に乗っていた船員17人のうち14人を救助し、3009艦に乗せた。しかし鎮火を終えた海警が船内を調べていたところ、午後12時2分ごろ、中国船員3人(30代1人、50代1人、60代1人)が機関室内の床にうつ伏せになった状態で見つかった。3人の呼吸と脈拍を確認できず海警は直ちに心肺蘇生術を実施したが、午後3時46分ごろ死亡した。3人に特に外傷はなかった。海警は煙で窒息死したとみている。S号に火災が発生した海上は韓国側EEZ。

これに先立ち海警は火災発生前のこの日午前9時20分からマニュアルに基づき3回以上の停船命令を出した後、検問しようとしたが、船員は応じず逃走しようとした。このため海警検索チームはS号に乗り込んだ。船員は検問を避けるために操舵室を閉鎖して抵抗した。海警は強い光と爆音を出す閃光爆音弾3つを操舵室の中に投げた。2発が爆発し、1発は不発だった。その後、操舵室付近で火災が発生した。

長さ128ミリ、周囲45ミリの円筒形の閃光爆音弾は安全ピンを抜いて2,3秒以内に投げると、光・爆音とともに煙が出る。閃光爆音弾は銃などの武器とは違い非殺傷用であり、今回の火災と直接的な関係があるかどうかは調査が必要だと海警は説明した。また、中国漁船取り締まりなどの現場で閃光爆音弾によって船に火災が発生したことはこれまでなかったという。

韓国の領海(12海里)ではないため許可を受けた中国漁船は操業が可能だ。しかし海警が調べた結果、イシモチなどを獲っていたS号は漁業許可自体がなかった。海警の検問では別の船の許可書類を出した。無許可違法操業が確認されれば拿捕され、億ウォン(数千万円)台の担保金を支払うことになるが、これを避けようと逃走を図ったと海警は把握している。救助された中国人船員14人と死亡した船員3人の遺体を乗せた3009艦は30日0時30分ごろ木浦に入港する予定だ。また火災が発生したS号は曳航され、30日午前10時ごろ入港するという。海警の関係者は「閃光爆音弾が中国漁船にあった油などと接触して出火した可能性を排除せず、正確な事故原因を調査する方針」と述べた。

在韓中国大使館側はこの日、木浦海警を訪問し、正確な調査を要請した。これまで韓国の西・南側の海では違法操業をする中国漁船と韓国海警の取り締まりで、海警と中国船員の死亡事故が相次いでいた。

ソウル市立大のイ・チャンウィ教授(海洋法)は「事故を減らすには現在中断している西海(ソヘ、黄海)韓中海洋境界画定談判を速やかに進めなければいけない」とし「その間消極的だった中国が積極的な姿勢を見せる必要がある」と述べた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小池都知事「不安あった」=豊洲市場の基準超ベンゼン

2016-09-30 11:09:28 | ニュースまとめ・総合
小池都知事「不安あった」=豊洲市場の基準超ベンゼン


2016年9月30日 10時1分

時事通信社
 東京都の小池百合子知事は30日、豊洲市場(江東区)の土壌から採取した地下水から環境基準を超える有害物質のベンゼンなどが検出された問題で、「11月7日に急いで移転することに待ったをかけたのは、まさしくそういうことが起こるのではないかという不安があったからだ」と強調した。30日午前、首相官邸で記者団の取材に答えた。

 小池氏は「安全を確認するのが一番重要。なぜそうなったかなどは専門家の意見を聞き、総合的に判断する」と指摘した。同氏は築地市場(中央区)からの移転延期の理由に、豊洲市場での2年間にわたる地下水のモニタリング調査が完了していないことを挙げていた。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加