縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

杉良太郎が批判「名ばかり刑務所ボランティア」有名人は誰?

2017-06-28 12:43:52 | 芸能・スポーツ
杉良太郎が批判「名ばかり刑務所ボランティア」有名人は誰?



2017年6月28日 11時0分

NEWSポストセブン


 被災地慰問や途上国支援といった芸能人の慈善活動については、世間から注目される一方で「売名目的」といった批判もつきまとってきた。しかし、これほど痛烈な批判が、「当事者」から浴びせられたことは過去にない。

 刑務所や少年院の慰問をライフワークとしている杉良太郎(72)が6月12日、2015年から始まった「法務省矯正支援官」の2期目となる委嘱式に出席。杉は「特別矯正監」という肩書きで矯正支援官を指導する立場にあるのだが、1期目に続き委嘱された元AKB48の高橋みなみや石田純一らを激励後、報道陣にこう語った。

「(任期の)2年の中で非常に働いていただいた方と、全く働いていただかなかった方とが分かれましたね。そこで、私たちは働いてくれる方を優先して委嘱させていただきました。2年のうちに1回も(慰問に)行っていただいてないのは論外」

 杉の厳しい言葉は、その場にいない、“2期目に委嘱されなかった人たち”に向けられていたようだ。

 外れたのは、浜崎あゆみと貴乃花親方である。法務省に、「2人は1回も行かなかったのか」と尋ねるとこう回答した。

「浜崎あゆみ様はそうです。貴乃花様はお越しいただいたこともございますが、お仕事のご予定ですとかそういったご事情で今回委嘱は更新しませんでした」(矯正局成人矯正課)

 いったい何がここまで杉を刺激したのか。芸能レポーターの石川敏男氏はこう察する。


「昔の芸能界で慈善活動といえば刑務所の慰問だったが、制約が多い上にテレビや雑誌に取り上げられることがほとんどないから、需要はあってもやる人は少なくなりました。杉さんは15歳から刑務所の慰問を続ける人なので、思うところがあったのでしょう。

 刑務所の慰問に代わって、東日本大震災を機に芸能界で主流となっているのが、被災地でのボランティアや寄付です。表に出さずにやっている芸能人もたくさんいますが、被災地での活動はメディアが飛びつきやすいので、発生直後だけやってきて継続しない人も中にはいます。杉さんはそうした名ばかりボランティアに苦言を呈したのでしょう」

 杉はかねて慈善活動について「売名と言われてもかまわないから継続すべき」と主張してきた。それだけに、継続しない人との間には「すきま風」が吹いたのだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 29連勝!無敗・藤井聡太四... | トップ | 男子高校生か、遮断機くぐり... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。