縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

小室引退表明にエハラマサヒロ「雑誌がまた一人の天才を殺しました」…“文春砲”批判が集まる

2018-01-19 16:48:18 | 芸能・スポーツ
小室引退表明にエハラマサヒロ「雑誌がまた一人の天才を殺しました」…“文春砲”批判が集まる



2018年1月19日 15時3分

スポーツ報知

 18日発売の「週刊文春」で看護師との不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が19日、都内で会見を開き、芸能界引退を表明した。お笑いタレントのエハラマサヒロ(35)は同日、自身のツイッターで「雑誌がまた一人の天才を殺しました」と“文春砲”を批判し、反響を呼んでいる。

 エハラは「小室哲哉さん引退て…税金で生活してるんじゃないし一生モノ作りしてくれた方がみんな有り難いのに…もう不倫報道ええやろ。誰にも迷惑かけてない事は放っておきなさいよ!!雑誌がまた一人の天才を殺しました」とツイート。

 続けて「文春も仕事やと思うよ。報道もいろんな情報くれるからいつもありがたいですよ。でも犯罪でも無いみんなが知らなくていい事晒して、みんなに最高の娯楽を生んでくれる人をストップさせてしまうのは俺は嫌なんよ。頼むからやめよ!」ともつぶやいた。

 この投稿に対し、フォロワーからは「マジで同感です」「不倫しなければいい話」「しなくていい報道もあると思う」など賛否両論が寄せられている。

 また、ネット上でも「週刊文春はこれで満足か!」「私達の小室哲哉を返せ!」「わたしから小室さんの音楽を奪わないで!」など報道を批判するコメントが集まっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小室哲哉、不倫関係を否定「男性としての能力がなく」 心の支えに

2018-01-19 16:44:24 | 芸能・スポーツ
小室哲哉、不倫関係を否定「男性としての能力がなく」 心の支えに



2018年1月19日 14時45分

デイリースポーツ

 週刊誌の「週刊文春」に不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が19日、都内で会見を開き、引退すると発表した。また、報じられたAさんとの男女関係は否定した。「普通の男性としての能力というのがなくて…精神的なものを支えてもらったということです」と説明した。

 体調については陰性となったものの約2年前にC型肝炎を患い、さらに昨年に左耳の耳鳴りを発症。耳については会見中も起き続けている状態で、音楽制作に支障をきたしていると説明した。

 自宅での往診を受けたが「体調不良で来ていただいていて、女性としてきていただいたことは1度もない。精神的なこと、医療のサポート、それから僕が体調不良で非常にお恥ずかしい話なんですが男性としての女性を呼び込みたいという欲求とはかけ離れていまして」と説明。「男女の関係というものはまったく考えてないです。ありません」と断言した。

 Aさんの自宅を小室が訪問したことには、他の医師やAさんのスケジュール上、自分が動かざるをえなかったからだとした。妻のKEIKOがくも膜下出血を患った2011年以降、「夫婦ということで大人の女性とのコミュニケーション、会話のやりとりが日に日にできなくなってきて」と通常とは違った夫婦の関係になる中で、精神的な不安、また体調不良の影響もあり、点滴などの治療時に「普通の雑談とか会話を女性とする機会がほぼない状態が何年も続いていたので、いろいろお話をしてしまったり、メンタルケアというのがきれいな言い方ですが、言ってみれば雑談を付き合ってもらったり」することで、心の支えになってもらっていたことは認めた。

 肉体関係については、「普通の男性としての能力というのがなくて…精神的なものを支えてもらったということです」と否定した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Deep Purple - Live at Montreux (HD)

2018-01-19 15:07:35 | ディープパープル
Deep Purple - Live at Montreux (HD)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【中日】松坂の入団、23日にも決定!森監督「顔を見ればいいよ」

2018-01-19 11:26:19 | 芸能・スポーツ
【中日】松坂の入団、3日にも決定!森監督「顔を見ればいいよ


2018年1月19日 6時1分

スポーツ報知

 「中日・松坂」が23日に誕生することが決定的になった。

 中日は18日、前ソフトバンクの松坂大輔投手(37)の入団テストを23日午後2時から、ナゴヤ球場に隣接する屋内練習場で実施すると発表した。球団首脳立ち会いのもとで行われるが、報道陣には公開されない。

 即日合格が発表された場合、ただちに入団会見も行われる。森監督は「投げられなきゃ来ないだろ。(合否の判断?)顔を見ればいいよ」と冗談めかしながら、既に獲得が内定していることを示唆した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムーミンの舞台、正答の根拠は「日本の書籍」

2018-01-19 11:23:15 | ニュースまとめ・総合
ムーミンの舞台、正答の根拠は「日本の書籍」


2018年1月19日 8時54分

読売新聞

 大学入試センター試験の地理Bで出題されたアニメ「ムーミン」に関する問題で、大学入試センターは18日、ムーミンの舞台をフィンランドとした根拠について、「日本の書籍に原作者のコメントとして『フィンランドにあるムーミン谷』との記述が見られる」と読売新聞に回答した。

 書籍は1994年発行の「ムーミン谷への旅」(講談社)。同書には一方で、「ムーミン谷は、スウェーデンの祖父が住むしあわせな谷と、フィンランドの島々とがいっしょになって(中略)できたものです」との原作者コメントも掲載されている。

 センター試験では、フィンランドを舞台にしたアニメとしてムーミンが正答とされたが、「ムーミン谷は架空の場所では」などと疑問の声が上がっていた。センターは「設問として支障はなかった」としている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴミ屋敷問題は1軒解決するのに3~10年…行政任せはもはや限界!?

2018-01-19 11:21:23 | ニュースまとめ・総合
ゴミ屋敷問題は1軒解決するのに3~10年…行政任せはもはや限界!?


2018年1月19日 8時42分

日刊SPA!

うつにも似た症状で無気力になり、社会生活を放棄してしまう自虐うつ。あえて不健康や不摂生な生活を送ってしまい、最期には孤独死へと突き進むという。その中でも、最近特に問題視されているのがゴミ屋敷問題だ。全国の自治体がその対策のために奮闘しているが、厳しい現状があるようで……。

◆ゴミ屋敷問題を行政が解決するのはもはや限界!?

 全国の自治体でゴミ屋敷対策のための条例制定が相次いでいるが「行政事務や司法だけでは、問題解決には至らない」と話すのは、荒川区議として区内のゴミ屋敷問題に10年以上にわたって取り組んできた小坂英二氏だ。

「荒川区でも9年前に『良好な生活環境を確保するための条例』が制定され、私有地内に累積されたゴミも是正命令できるようになり、罰金や行政代執行ができるようにしました。それも大切な手段ですが、強制的にゴミを撤去するだけでは、再びゴミ屋敷化してしまう可能性が高い」

 ゴミ屋敷住人は自虐うつなどの精神的な問題を抱えているケースがほとんど。そのため、臨床心理士などが面会し、医学・心理的アプローチが不可欠だという。

「1軒解決するのに3~10年かかります。皮肉な話ですが、問題解決した数少ない事例も、住人の転居や死亡など。ゴミ屋敷対策には費用もかかるうえ、何より大きなマンパワーが必要になる。抜本的解決がなければ、不経済な状況がさらに悪化するわけです」

 ゴミ屋敷住人の責任を追及するのでなく、コミュニティ全体の問題として共有する姿勢が大切なのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金正恩氏を告発へ 被害者家族ら 日本人拉致

2018-01-19 11:18:36 | ニュースまとめ・総合

金正恩氏を告発へ 被害者家族ら 日本人拉致

1/19(金) 9:01配信

産経新聞

 北朝鮮による日本人拉致は、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による「人道に対する犯罪」だとして、拉致被害者や、拉致の可能性が排除できない「特定失踪者」の家族らがオランダ・ハーグの国際刑事裁判所(ICC)に、金氏の責任追及や処罰に向けた捜査などに着手するよう申し立てることが18日、分かった。日本人拉致に絡むICCへの申し立ては初。拉致問題解決に向けた外交交渉が膠着(こうちゃく)状態に陥る中、国際司法当局に働きかけることで問題解決をアピールする狙いがある。

 家族らは23日に渡航しICCの検察官らに申立書を提出。要請に加わった増元るみ子さん(64)=拉致当時(24)=の弟、照明さん(62)も同行する。申立書には、北朝鮮による拉致は個人の自由を奪う「強制失踪」で、ICCが規定する人道への罪にあたると明記する。

 日本政府が警察当局の調べから17人を被害者認定している現状などを詳細に説明した上で、認定には至っていないものの、北朝鮮による拉致が疑われる特定失踪者も捜査や調査の俎上に載せ、拉致の全容解明を目指す考えだ。日弁連が人権救済を申し立てた被害者も含め、500人超をリスト化した資料も添付する。

 金氏は拉致の実行責任者ではないとしたが、事実を知りながら被害者を解放せず、安否を隠蔽する「事後的共犯」だと指摘。長年の深刻な被害を「文民への継続した攻撃」と訴える。

 国連人権理事会の調査委員会は2014年、拉致を含む北朝鮮による人権侵害を人道への罪と断定。1950年以降、国家政策として大規模な拉致が実行され、子供を含めた20万人以上が北朝鮮に連れ去られるなど、強制失踪の被害に遭ったおそれがあると指摘している。

 北朝鮮を脱出した拉致被害者や脱北者らの証言などによると、拉致被害国は日本だけでなく、韓国、レバノン、ルーマニアなど少なくとも12カ国に及ぶとみられ、北朝鮮の人権状況を調べる国連特別報告者や国連人権理事会はこれまでに、ICCによる捜査・訴追を提言してきた。ICCの規定では検察官が該当する犯罪を把握すれば、自らの判断で捜査に着手できる。

 特定失踪者家族会の大沢昭一会長は「深刻な実態を国際社会に投げかける意味は大きい」とし、特定失踪者問題調査会の荒木和博代表も「『最高尊厳』の金正恩氏への責任追及は北朝鮮に極めて強いプレッシャーを与える」と話している。

 国際刑事裁判所(ICC) 国際法に基づき人道に対する罪や戦争などの重大犯罪に関与した個人を訴追・処罰する国際機関で、各国から選出された裁判官と検察官らで構成される。国連採択で2002年に発効したICC規定により設置。犯罪は原則、各国の刑事司法制度に基づき捜査・訴追するが、容疑者の国籍や犯罪が起きた地域の関係国に責任追及の能力や意思がない場合、ICCの補完的管轄権が認められる。日本は07年に正式加盟した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしの日本語ソフト「一太郎」健在 官公庁の「排除」の動きに「頑張れ」コール

2018-01-19 11:14:47 | 珍事件・事故・その他・コラム
懐かしの日本語ソフト「一太郎」健在 官公庁の「排除」の動きに「頑張れ」コール


2018年1月18日 18時35分

J-CASTニュース


1980~90年代に日本中を席巻した日本語ワープロソフト「一太郎」(いちたろう)。とっくになくなったと思った人も少なくないのではないか――。

ところがどっこい、官公庁という意外な場所でしっかり活躍していた。その役所のひとつが「一太郎」をやめて「ワード」に統一しようという動きを見せたことから、ネットユーザーの間で「頑張れ!一太郎コール」が起こっている。
「一太郎!! お前、農林水産省で生きていたのか」

きっかけは、時事通信が2018年1月13日付で報じた「文書作成、ワードに統一 農水省、効率化で働き方改革」との記事。それによると、農林水産省は現行、文章作成ソフトをジャストシステムの「一太郎」とマイクロソフトの「ワード」を併用してきたが、ワードに統一する方針を決めたという。

これまでは一太郎の使用頻度が高かったが、一太郎の操作経験がない若手が増加。「ワードに統一して」という強い要望があった。ワードだとスマートフォンで閲覧しやすく、外出先でも仕事ができるため、業務の効率化と残業代の削減につながるとしている。

この記事には、ネットユーザーから、

「いつの時代の話だ。20年前に終わった話だろ」
「Officeの導入なんて働き方改革と言わない」

というツッコミとともに、

「一太郎!! お前、農林水産省で生きていたのか!!」
「大学生の時、MSを買うカネがなくて一太郎を使っていた」
「今の高校生は知らないだろうが、細かい操作は一太郎のほうが上なので、使い慣れると楽なんだが」

などと、懐かしむ声が相次いだ。

一太郎は、ジャストシステムが1985年から販売している日本語ワープロソフト。1980~90年代にはトップシェアを誇ったが、ウィンドウズの普及とともにワードを使う人が増え、シェアは減った。

しかし、公文書によく見られる多くの罫線で仕切ったフォームを作成する時に適しているため、官公庁ではまだ使うところがあるようだ。あるネットユーザーは、

「文部科学省は長らく一太郎の牙城だったが、外部の先生方に文書を頼むとワードなので、いちいち変換しなくてはならない。最近、本省もワードでの提出を認めるようになった」

と明かしている。

官公庁が、一太郎からワードに切り替える動きに対しても、

「日本企業の日本語による文書作成ソフトを捨てて外国企業のソフトだけになったら、働き方改革ではなく売国改革だ。誤字脱字が増えて公文書がさらに乱れる」
「国産品奨励で全省庁がワードをやめて、一太郎にしようよ」
「かつて国産OSトロンが見捨てられたように、一太郎も見捨てられる運命のようですね」

といった批判的な声も寄せられている。
一太郎は、本づくりが好きな人向けに進化し続けていた

ところが、こうした心配の声にもかかわらず、一太郎は健在だった。ジャストシステムでは、2018年2月9日に最新バージョンの「一太郎2018年プレミアム」を販売するため、現在予約受け付け中なのだ。

J‐CASTニュース編集部は1月18日、ジャストシステムの担当者を取材。今回の農林水産省の「ワードに統一」の報道については、個別のユーザーの件には答えられないとのことだったが、担当者は「一太郎は、日本語を扱う非常に多くの人に使われ続けています」と語り、「2018年プレミアム」に搭載される新機能について、こう強調した。

「文章を書いたり、本を出したりすることが好きな人向けに、入稿した文章を編集して出力する機能の向上に力を入れました。家庭のプリンターで『折り本』や『つづら折り』を作ることができます。たとえば、女子会で旅行に行く時などに、画像を貼りつけたガイド本を簡単に編集することができます」

最近は、自分が書いた文章を電子書籍にして、インターネットで販売する人が増えている。書いた作品をA4版2ページの形にキレイに編集。アイコンタクトの画像に変換してネット上に公開できる。また、文章を書く時に重宝する辞書「広辞苑第七版」も付けた。

さらに、担当者はこう続ける。

「文字のフォントも2017年と違って新しく『イワタ書体』を採用しました。文芸作品や広告コピーによく使われる書体で、新海誠さんが『小説 君の名は。』で使っていた文字と同じです」

一太郎は進化を続けているようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滑走路外れたトルコ旅客機、クレーン2基で引き揚げ成功

2018-01-19 11:12:23 | ニュースまとめ・総合
滑走路外れたトルコ旅客機、クレーン2基で引き揚げ成功



2018年1月19日 10時49分

AFPBB News

【AFP=時事】トルコ北部トラブゾン(Trabzon)空港で着陸直後に滑走路を外れ、海へ転落する寸前に土手で停止していたトルコの格安航空会社(LCC)ペガサス航空(Pegasus Airlines)の旅客機が18日、クレーン2基を使って滑走路に引き揚げられた。

 このボーイング(Boeing)737-800型機は13日夜、首都アンカラからトラブゾン空港に飛来して着陸したところ滑走路を外れて土手に落下し、黒海(Black Sea)の海面までわずか数メートルの位置で停止。その後4日間放置されていた。

 トルコの航空当局は同機の引き揚げ作業に当たり、トラブゾン空港を離着陸する全便の運航を止めた。同空港に着陸予定だった便は近隣にあり同じく黒海に面したオルドゥ・ギレスン(Ordu-Giresun)空港に目的地を変更した。

 半国営のアナトリア(Anadolu)通信によると、引き揚げ作業はアンカラとトルコ北部の黒海沿岸の都市サムスン(Samsun)から調達したクレーン2基を使って行われた。

 機体は主翼の部分と機首の部分にワイヤーが巻き付けられ、機首が下を向き、尾翼が宙に浮いた状態で細心の注意を払って2時間かけてクレーンで引き揚げられ、その後水平状態に戻された。総作業時間は11時間に及んだ。引き揚げ作業による機体の損傷はなかった。

 地元の人たちは空港外周のフェンス前や海上のボートからこの珍しい引き揚げ作業を見物した。

 同機は残存燃料を空にしてから格納庫に移されることになっている。そこでようやく乗客の手荷物や預け入れ荷物などが取り出されることになる。

 乗客162人乗員6人は全員無事に避難した。目撃者らは事故当時、死傷者が一人も出ず、同機が海に突っ込まなかったのは奇跡だと話していた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「もっともっと」のタケモトピアノって何やってる会社?18年間同じテレビCM

2018-01-19 11:10:15 | ニュースまとめ・総合
「もっともっと」のタケモトピアノって何やってる会社?18年間同じテレビCM



2018年1月18日 15時28分

J-CASTテレビウォッチ

タケモトピアノのテレビCMは「もっともっとタケモット」のバック曲とセクシーなコスチュームの女性ダンサー、コメディアンの財津一郎の「ピアノ売ってちょおだい」のキャッチコピーで実に印象的だが、そもそも何をやっている会社なのか。「ビビット」が「ちょっと気になる調査団」コーナーで、大阪・堺市の会社を訪ねた。

登場したのは竹本功一会長。「ご家庭からピアノを譲ってもらって、海外へ100%輸出している会社です」と説明する。家庭などに眠っている中古ピアノを買い取り、修理して輸出しているのだ。「月に2000台以上になります」(竹本会長)というから凄い。

工場を覗いてみると、全国から集められた中古ピアノが10フロアに5000台もあった。多くが汚れや傷があり、鍵盤が欠けていたり音が出なかったりするものもある。これをプロの職人が修理して、演奏できるようにするのだ。オーストラリア、ドイツなど62か国に輸出されている。
会長が財津一郎の大ファン

CMは2パターンあって、18年間同じものを流しているが、財津一郎を起用したのは竹本会長が大のファンだったからだという。1度聴いたら耳から離れないバック曲を作詞したのは、当時、広告会社に勤めていて、現在はタケモトピアノの広報担当の北川勝利さんだ。「ホテルのロビーのソファでボーッとしてたら、急に歌詞が下りてきたんです。『もっともっとタケモット』って・・・。アッ、これでいけると思いましたよ」

新しいパターンを作る予定はないのか。「いや、いや。むしろ、18年目にして認知度が上がっているんですよ。好感度でも1位になりました。変える必要などありません」 竹本会長はきっぱり言い切った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加