JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

それじゃ美術館へ Rhapsody / Nikoaj Hass

2016-05-26 22:22:52 | 聞いてますCDいいと思う


ニコライ・ヘスというデンマークのピアニストは既にベテランということだけれど知らなかった。ちょっと話題になったので気になって買ってきました。Impressions of Vilhelm Hammershøiと言う副題がついて、デンマークの画家ヴィルヘルム・ハンマースホイにインスパイヤーされたアルバムだそうです。ジャケにその画家の作品が同色トーンにアレンジされた「背を向けた若い女性のいる室内」が載っています。



絵画と音楽は時に共鳴しあうような関係になるので、音楽を聴く行為と美術展に行く行為は結構補完関係にある。このアルバムは、はっきりとその作家のイメージが出ていて楽しい。
 


実際の問いって現物を見たわけではないけれどこのような色使い。
この画家の母親を描いた作品はたしかどこかでジャケに使われていたんじゃなかったっけ。



演奏の方は繊細なマリリン・マズールのリズムが効果てきな、そしてあえ強いラインを弾かずに、静かな和音感覚をいかしたちょっと淡い世界を見ているような感覚です。
ヘス自身が語るように好きな音楽家がシベリウスだったりグリークだったりするわけで、その点大変解り易い感じです。
ちょっ不思議な感じで始まる3曲目の“I Hear A Rhapsody”ががこのアルバムのイメージをあらわすし、5曲目からの3曲がハンマースホイのかいがへの曲でここではまるで絵画鑑賞そのままの感覚をうけえる。

これは一寸美術館に行ってくるかな。

Rhapsody / Nikoaj Hass

Nikolaj Hess (p)
Anders Christensen (b)
Mikkel Hess (ds)
Marilyn Mazur (per.,ds)


1. Lay Lady Lay
2. Orken
3. I Hear A Rhapsody
4. African Flower
5. Meadow
6. Marsh
7. Clouds
8. Griegs Birds
9. Swing
10. Throughout
11. Smile

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実は中級向け EMOTIONAL JAZZ SAXOPHONE

2016-05-25 11:32:59 | 聞いてますCDいいと思う


タワレコが監修したアルバムがいくつか出ていて、大変お安くしっかり内容のあるものを楽しむことができる。
もちろんJAZZ初心者(失礼)が一番の対象になるのかもしれませんが、はからんや永くJAZZを聞いている者にも結構重宝なものになっています。
ピアノ・トリオを集めたアルバムではどうでもいい事書きましたが、結構テーブルにのせたり車に積んだりしています。
なにを聞こうかと考えて山ほどのストックから選択するのはやはりかたよるし、選ぶのも面倒な時があるけどこれは選ばないというのが配置されているから、人の得乱あ物をきいている気安さと楽しさがあります。

タワレコには稽古場が近いこともあって月に数度いっているので新しいのをみつけてどうしようかとちょっと考えたけど損はしないかんじなので1,300円払って買ってみました。



ソニー・ロリンズのセント・トーマスに始まってコルトレーンのマイ・フェバリットだから、何をいまさらで躊躇するところはあったものの、デクスター・ゴードンやモンテローゼ、ハーブ・ゲラーやルー・ドナルドソンは持っていないから、結構しっている演奏なんかにはさまれて、これは気楽な時間を過ごせます。

1,300円でこれは、あえて言うならば上級をめざす、中級者の方に推薦です。(抜けを拾うという意味も含めて)

EMOTIONAL JAZZ SAXOPHONE

DISC1:
Sonny Rollins / St Thomas
John Coltrane / My Favorite Things
Charlie Parker / Confirmation
Art Pepper / Besame Mucho
Bud Shank Quartet / Bag of Blues
Johnny Griffin / The Londonderry Air
Lou Donaldson / Candy
Dexter Gordon / Cheese Cake
Sonny Stitt / East Of The Sun (West Of The Moon)
J R Monterose / Violets For Your Furs
Barney Wilen / Hackensack
Zoot Sims / 9:20 Special
Steve Lacy / Day Dream

DISC2:
Charlie Parker / Now's The Time
John Coltrane / Giant Steps
Cannonball Adderley / Waltz For Debby
Mal Waldron(Jackie Mclean) / Left Alone
John Coltrane / I Want To Talk About You
Dexter Gordon / Three O'clock In The Morning
The Dave Brubeck Quartet(Paul Desmond) / Blue Rondo A La Turk
Stanley Turrentine with The 3 Sounds / Since I Fell For You
Lou Donaldson / Blues Walk
Herb Geller / Come Rain or Come Shine
Dick Johnson / Why Was I Born
Johnny Griffin / Hush-A-Bye
Stan Getz / Everything Happens To Me

DISC3:
The Dave Brubeck Quartet(Paul Desmond) / Take Five
Sonny Rollins, John Coltrane / Tenor Madness
Hank Mobley / Remember
Sonny Rollins / You Don't Know What Love Is
Charlie Rouse / Stella by Starlight
Barney Wilen / John's Groove
Art Pepper / You'd Be So Nice To Come Home To
Stan Getz / Split Kick
Thelonious Monk (John Coltrane) / Ruby, My Dear
Tubby Hayes / Like Someone In Love
Sonny Red / Bluesville
Sonny Stitt / I Can't Give You Anything But Love
Sonny Rollins / I Know
J R Monterose / I Remember Clifford












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イン・ア・サイレント・ウェー愛好会  In an Ambient Way / POWERHOUSE

2016-05-23 18:49:31 | 聞いてますCDいいと思う


ショップで手に取るとCD1枚3,500円台とかなり高い。随分高いから買わないと決断することはできるけど欲しい。
マイルスのトリヴュートそれもどうやらイン・ア・サイレント・ウェーのサウンドへのトリヴュートだろう、この曲になるとどうしても欲しくなる。
マーク・アイシャムという、マイルス・オタクの作曲家、トランぺッターもイン・ア・サイレント・ウェー・プロジェクトというのをつくっていたけれど、この曲になるとどうしてもと思ってしまうのは、当時の鮮明な思い出が私も含めて、どうやらみんなにあるのでないでしょうか。
レニー・ホワイトとダリル・ジョーンズはマイルス・バンド経験者だからサウンドつくりは体験積みだし、ルーニーは完全なマイルス・オタクだろうし、ボブ・ベルデンも「Miles from INDIA」と言うアルバムと「ESPANOL」という二つのアルバムを作ってしまうから、こちらもオタクみんなイン・ア・サイレント・ウエーをマイルスみたいに演りたいんだ。

その意味あのアルバムの曲を上手いぐあいに(文句が出ないように)アレンジして上手くしたのはベルデンだけどこの人昨年亡くなっていたのですね。この人のマイルス・トリヴュートもこれが最後になったのでしょう。
曲を一つ一つ書きませんが、特によかったのがフェンダー・ローズのケヴィン・ヘイズ、この人とはあまりつながらなかったけれどフェンダーのおとがとてもあっていてとても良かった。

なにを今更と考える人は外れてもらって、愛好家が楽しむのも良いでしょう。




In an Ambient Way / POWERHOUSE

Bob Belden (ss,fl)
Wallace Roney (tp)
Oz Noy (g)
Kevin Hays (Fender Rhodes)
Daryl Johns (b)
Lenny White (ds)

01. Shhh/Peaceful
02. In a Silent Way
03. It's About That Time
04. Early Minor
05. Mademoiselle Mabry
06. In a Silent Way (outro)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然のダイエット

2016-05-22 21:24:48 | monakaのダイエット日記
個人的なことで皆さんにはほとんど関係ないけれど、10年も続けていると記録の意味もでているおで本日は一寸横道。

病院に一日入院して腸に出来たポリープをとる処置をした。その結果を書いておくことが目的だけれどそれ以外のこと。
2センチに達していたからだいぶ大きくて、処置後出血の可能性があり、行動、飲食に制限がかかった。2週間は遠出はだめ、アルコールだめ、消化の良い物をというので、最初のころは白身の魚ばかり食べていた。ご飯も一箸ごとに良く噛んでなどしながら、整腸剤にヨーグルトなんかがを必ず採っていた。
2週間もそんな生活をつづければ痩せるだろうと、これは副産物の期待です。
実は処置前の連休前半は最後の晩餐なんていって食べ歩いたから入院時にはかったら69.2Kgになっていた。
4年ぐらい前に体重が73Kgを超えてこれはあまりにひどい、ギョェ〜〜となって糖質ダイエッとを始めた。
2012年のことだけれど2011年が669.8kg2010年が68.7Kgだった。
ダイエットをして2012年9月には67kg年末には65Kg台を記録した。
その後食事制限もやめてほとんどきにしなくなったから、まただんだんと体重が増して69Kgを超えてしまったわけで、ここ1週間で痩せたでしょうか。

結果を言えば劇的ではなくて、当たり前と言えばそんな感じでなんとも記事になりづらい。
処置をした日は絶食で、その後の2日ぐらいはほとんど病人食で一番軽くなったのが66.7kg、その体重で行ってくれれば思わぬダイエット効果といえるだろうけれど、だんだんといろいろなものを食べる様になって、ここ3日は天丼食べた、ステーキ食べた、なんと昨日はワインも飲んだで(13日目でした)また体重が増えだした。


術後2週間たって67.4Kg、術前に比較して1.5Kgだから誤差範囲位といえば誤差、しかしこの位置、維持したい。

体重計の電池も入れ替えて測れるようにしたから、しばらく体重測ってみよう。

ところで取ったポリープの病理結果だけれど、病理グループの3良性と判断されるということで一安心。
1から5段階で4からが悪性だそうです。3でも変形度合が高かったそうで、まあ運の良いタイミングを引いたようでした。
この前は時間がかかりすぎたためにきちんと見れなかったし、取らなかった小さいのもあるので、何と11月にはもう一度やりましょうということで日程まで決めてしまいました。

ということで、年内にもう一度ダイエットすることとなるので、67Kg台に持ち込みたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コルトレーンとエレべ  JACK DEJOHNETTE / IN MOVEMENT

2016-05-20 22:35:29 | 聞いてますCDおすすめ



このような題名の記事は世の中にないだろうなと思うとうれしくなります。
コルトレーン違いにはなりますが、ギャリソンの息子がベースを弾いて、ラヴィがテナーを吹くジョン・コルトレーンの1曲目、DNAは否定できない、そそてまとめているのがジャック・デジョネット,なんだか永くJAZZを聞いてきて良かったとおもう一瞬です。
2曲目、プログラミングの音とエレべにのって、ソプラノが実に上手い。お父さんににて練習の人なのかもしれません。



3曲目、ジミー・ギャリソンのファンだったからマシューをデヴューから見ていて実力も認識していたけれどECMデヴューには驚いた。ECMのエレベは現在スワローをはいるけれど、ほかに目立つ人いないと思うから、エレベのサウンドの拡大を期待したい。



4曲目、はソプラノで浮き始めデジョネットがピアノ、“Blue In Green ”のメロディーが心地よい。ここでマイルスまで登場するあたり、やっぱり永く聞いてきて良かった。
5曲目、ネイティブな感じのドラムのリズムとエレベ、ソプラノのメロディがカッコイイ曲はEW&Fの曲。この2曲以外がデジョネットの曲。
6曲目もソプラノの演奏でソプラノ度がたかいけれど、テナーもどちらも上手い。ソプラノの高音域がとても心地いい、この人も今までにECMにいない感じで、これからも続けて欲しいグループの誕生という感じです。
7曲目ソプラノで反復のモーダルな感じ、ラヴィのインプロに合わせてデジョネットドラムスがリードをとっているというデュオはラシッド・アリへのトリヴュート。
8曲目はデジョネットが再びピアノで、ソプラノのバラッド。

と言うことで懐かしいいろんな人を思いながら、それがとても新鮮なサウンドに構築されていて、デジョネットさんにはもうひと頑張りしてもらえそうでうれしくなりました。


JACK DEJOHNETTE / IN MOVEMENT

Jack DeJohnette (ds,p,el-perc)
Ravi Coltrane (ts,ss)
Matthew Garrison (el-b,electronics)


01. Alabama
02. In Movement
03. Two Jimmys
04. Blue In Green
05. Serpentine Fire
06. Lydia
07. Rashied
08. Soulful Ballad
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これからの活躍 METTA / MATT RIDLEY

2016-05-19 17:03:02 | 聞いてますCDおすすめ


めったにしないけれどまるで知らない人たちのアルバムを買うことがある。JAZZの楽しさの一つの新しい発見をしたくなるからで、だからカンが当たるととてもうれしい。



どっかであったことがあるような人たちだけれどまるであっていない。イギリスの人たちで最近イギリスがとても頑張っている表れだろう。リーダーはちょっとマックスみたいなベーシスト。ソプラノ・サックスのワンホーン・カルテット、とても均整のとれたしっかりとリハした安定したアルバムに仕上がっています。
各人がそれぞれがいいいところで技量をみせて、3曲目ではドラムスがいろいろ仕掛けて面白いし、4曲目では美しいピアノのプロローグを聞かせるし、5曲目のアルコも、今の腕のある若者たちという感じです。
もちろんベーシストがリーダーでベース部分が普通より多いのですが、バランスも良い。
6曲目フリーの様に始まってフッと切り替わるあたりの感じもいいし、最後の曲も勢いがあって面白い。

と言うことでこのグループでアメリカに行かせてもデヴューさせたら面白い。


METTA / MATT RIDLEY

Matt Ridley: double bass
Jason Yarde: soprano saxophone
John Turville: piano
George Hart: drums

1 Music To Drive Home To
2 Lachrymose
3 Mental Cases
4 Strange Meeting
5 The Labyrinth
6 Mettã
7 Ebb & Flow
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

報復 ドン・ウインズロウ  青木 創・国弘喜美代 訳

2016-05-18 22:22:19 | 
  

病院に入るので軽く読めるものをいくつか持って行こうとして買った2冊の文庫の内の1冊、600ページ以上あるから、ずいぶん前に退院をしているけどやっと読み終わりました。もう一冊は小文集なのであわてて読む必要はない。

本の紹介で読んで“これは、復讐ではない。正義のための報復だ。”という感じは好みだと思って選びました。ドン・ウインズロウという人ははじめてだけれど、「犬の力」という麻薬カルテルと捜査官との対決の話が評判が良いし、続編の「カルテル」というのが出るそうでこれを読むか決めるのも目的です。

こちらはテロによって愛する妻子を失った元デルタフォースの隊員がテロリストへの報復を行うという話で、考えてみれば単純な話ではあった。
細かいプロット割でこれは読みやすいと読み進むと、戦闘場面がえらくながかったりして、テロリストもそれほど強烈でもない。テロリストが登場するかなりの本をよんでいるけれど、最初のテロを実行できるほど強そうでないのが残念、いかに報復したかの本でした。麻薬カルテルの方が向いているかもしれないけれど、さてどうしたものか。

デヴィッドと言うのが主人公だけどちょっとだけ抜き書き。

 「要はね、世の中には善人と悪人がいて、わたしは自分たちが善人だといまでも信じているの。気取った言い方になったけれど、”あいつらを叩きのめして、デヴィッド”という意味よ」
 「了解」
 「どこまでも信頼しているわ」
 ドノヴァンがディヴにグラスを渡してスコッチを注ぎ、自分のグラスと縁を合わせる。「善人に」ドノヴァンは言う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルバムの編集 Some Other Time: The Lost Session From The Black Forest / Bill Evans

2016-05-17 10:40:35 | 聞いてますCDいいと思う


ビル・エヴァンスの発掘盤が出てしばらくたつけれど、凄いと思うのだけれどどうもそれだけではと記事にするのに時間がかかってしまいました。
発売が予告された段階でこれは買わなければと思うのは永いジャズ・ファンならばかなりの確率だろう。幾つかの発掘盤がでているけれど、いくつかはとてもよかったし、今回も内容を思えばかなりの期待盤ということになるし、それを裏切らないものであったのは確かだろう。

2枚組、あのモントルーの5日後のスタジオ録音と言うことが大半な存在に思える。



もちろん当時のビル・エバンスを聞くということになるので、劇的な違いがあるわけではないので驚いたということにはならない。知らなかったポートレートを発見してうれしくなるというのが感じだろう。

つい最近販売されたパット・メセニーのスタジオ・録音はライブを積み重ねた後の記録でそのクオリティーに驚いたわけだけれど、こちらのトリオはまだそれほど練りあがったトリオ状態でない。エディー・ゴメスがこの2年前からのコンビだけれどデジョネットはモントルーからで、ゴメスのこの後をかんがえればまだ始まりのころの演奏となる。
その意味このスタジオ・録音のすべての曲がリハを繰り返した後のものとおもえない。
実際幾つかの曲で、ゴメスのラインをエバンスが嫌ったのではとおもえるところを感じました。演奏の完成度ばらつきがこの2枚組にあるようにかんじたのが幾度か聞いてきた結果で、それで強烈なファンには怒られるかもしれないけれど、この2枚組の私流聞き方を決めました。

それで聞くと、録音当時こうやってリリースされていれば、かなりの評判というか名盤レベルに達していたのではないかと思う感じになった気がします。
特にどうするというと言うことではありませんが、2枚組から曲を選んでそれを並べて聞くということだけです。

で私のえらんだもの、まずデスク2から1、3、8を並べます。
そのあとデスク1から3,4,5それに7と10曲目を並べます。
そうするとデスク1の素晴らしい流れ、特に4曲目の“I'll Remember April”のとてもバランスのとれた演奏がしっかりとした位置について、短くなってしまうけれどオオッとおもうエバンスのアルバムになるように感じます。

Some Other Time: The Lost Session From The Black Forest / Bill Evans

Bill Evans(p)
Eddie Gometz(b)
Jack Dejohnette(ds

CD1
1.You Go Right To My Head
2.Very Early
3.What Kind Of Fool Am I?
4.I'll Remember April
5.My Funny Valentine
6.Baubles,Bangles and Beads (duo)
7.Turn Out The Stars
8.It Could Happen To You
9.In A Sentimental Mood
10.These Foolish Things
11.Some Other Time

CD2
1.You're Gonna Hear From Me
2.Walking Up
3.Baubles, Bangles and Beads (trio)
4.It's Alright With Me (Incomplete)
5.What Kind Of Fool Am I?
6.How About You
7.On Green Dolphin Street
8.I Wonder Why
9.Lover Man (Oh Where Can You Be?)
10.You're Gonna Hear From Me (Alt Take)

コメント (4)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花も12

2016-05-15 20:51:53 | その他


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月の空高く PAT METHENY THE UNITY(←→)SESSIONS

2016-05-13 21:21:26 | 聞いてますCDおすすめ


JAZZ最中といいながら、このごろかなりJAZZ度が落ちて、食べ歩き日記だったり、お花鑑賞だったり、もしくはお病気日記みたいになってまずいとも思っているから、昨日はかなり頑張ったアルバムにしました。
新しいものだって聞いていますということで、きっと多くの人が取り上げるだろうアルバムの久しぶりに1番を
行くことにしました。

パット・メセニーのユニティ・グループの前のアルバムでは、巷が絶賛のなかちょっと変な記事を書いて、でもなんとなく納得をいただいた。(酢豚考なんてひどい題)
今回のアルバム迷うことなくかったけれど、巷がどうであれこれ絶賛です。

ナイロン弦のソロで始まってとてもいいなと思い、2曲目ポッターのソプラノのソロ、そのバックのサンチェスのドラムスを聞いたら、このアルバム今年の最高域と評価されるだろうと確信しました。
3曲目、メセニーとポッターのフレーズと音を聞くと、5月の空が高く広がっていく時期に聞けて良かったと思う。
4曲目のこのサウンド、その青空を一層キリッと引き締めます。
5曲目、メセニーとポッターの高速デュオは、テクニカルを通り越してユーモラスに聞こえて来るから凄い。
続けざまにアブストラクトなフリーインプロに入るところなどライヴと一緒の演出。ここまで充実した演奏をライブでするようになると一度ライブと同じように記録しておきたくなったのでしょう。それだからライヴと同じ尺でCD2枚組です。
2枚目1曲目、ハープの音のようにはじまるのはオーケストリオンでしょうか、コンサートの録音とはちがって、素晴らしいスタジオ・録音、最高の音でライヴを楽しめるアルバムです。
3曲目のベンのベース・ソロがいいし、3曲目の”Two Folk Songs (#1)”のゆったりしたバラッド、これなんかもライヴ・ならではで挟まれるような演奏です。

と言うことで昨日は亡くなった方が凄い刺激をとどけてくれましたが、今日のこの刺激はまさに今、最高のバンドがいまあるのだという、やはりこちらの方がより刺激的で参りました。

PAT MERHENY THE UNITY(←→)SESSIONS

Pat Metheny
Chris Potter
Antonio Sanchez
Ben Williams
Giulio Carmassi

Disc 1:
1. Adagia
2. Sign of the Season
3.This Belonngs To You
4. Roofdogs
5. Cherokee
6. Genealogy
7. On Day One
8. Medley

Disc 2
1. Come and See
2. Police People
3. Two Folk Songs (#1)
4. Born
5. Kin
6. Rise Up
7. Go Get It
コメント
この記事をはてなブックマークに追加