JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

monaka スナップ集

2017-06-24 22:01:05 | その他
blogを始めて10年以上たっていて、結構写真も載せている。それまで写真などほとんど撮ったこともないのが、デジカメを持ち歩くようになってしまった。
このgooの画像のフォルダには登録した画像が1万枚ぐらいもある。全く

写真に関してずぶの素人だしテクニックもまるで知らないけれど、いくつか気に入ったものもあるるし、当事者だから思い出に残るのもある。一度そんなのを集めておくのもいいかもしれないと思った。

そういうことでmonakaの写真集、何回になるか解らないけれどやりたくなりました。



blogを初めてすぐのころの写真たち、





箱根の美術館で



毎年の桜










後はちょっと残しておきたいスナップ









もう一回くらい残ってます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

君の膵臓がたべたい / 住野よる 著

2017-06-23 22:04:21 | 


読み始めたSF映画の原作がどうもつづかない。100ページぐらいの短編が数作まとめられているのだけれど個性的な文体内容がどうも頭に入らない。もともと映画はすきだけどSF小説はほとんど読まないのでこちらの機能不全なのでしょう。
さて読むものがなくなったと困ったら、だれが買ったか家に評判の小説があった。

タイトルはどうもと思う側にたつけれど「君の膵臓がたべたい」

一日で読めるよとオクサンにいわれた軽いのか重たいのかの小説、高校2年の男子と膵臓の病気で死期がちかいクラスメートとのお話。

それでは気に入った一節

 その時、異常がはじまろうとしていたことに気がついていなかったのは、僕が望むと望まざるにかかわらず、登場人物だったからだろう。小説でも、第一章がどこの場面かと知ることができるのは読者だけだ。登場人物は何もしらない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャズの棚へ Avital Meets Avital

2017-06-22 21:53:37 | 聞いてますCDいいと思う


クラシックの新譜をみていたら、オメル・アヴィタルの名前があってピアノを演っているのもヨナタン・アヴィシャイだからこれってジャズの方じゃないかと試聴してみた。これが良いので即買うことにしたのだけれど、同じ名前のアヴィさんがクラシック界の人の様だ。
マンドリンは守備範囲外なんだけど、このところマンドリンづいているからまあいいか。



2曲目、哀愁あるピアノのテーマからマンドリンがチリチリ弾くと、これが大正ロマンじゃないけれどエレジーそのもの、ここまでやってうれるのは凄い。5曲目もまたその哀愁曲、そこが気に入っての買でした。
マンドリンの楽譜てみたことないけれど、あのトレモロが全部書かれているのでしょうか。マンドリンのアヴィさんがとてもテクニックがあるようで、安定している。
意外とパーカションのリズムが強調されて、ピアノもジャズの発声なので、やっぱりこれはジャズの棚に並べる方がいいと思う。
ジャズの棚では見つからなかったけどジャズ好きのマンドストにはお薦めです。


Avital Meets Avital

Avi Avital (Mandolin/Mandola)
Omer Avital (Bass/Oud)
Itamar Doari (Percussion)
Yonathan Avishai (Piano/Keyboards)
Uri Sharlin (Accordion)

1 Zamzama
2 Lonely Girl
3 Ana Maghrebi
4 Avi’s Song
5 allad for Eli
6 Prelude
7 Maroc
8 Hijazain
9 The Source and the Sea
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も是非! ENCORE! SADAO WATANABE ORCHESTRA

2017-06-20 22:16:58 | 聞いてますCDおすすめ


昨年の渡辺貞夫のクリスマス・コンサートには録画が入っていて、WOWWOWで放映さらたはずだけど見れなかった。
会場では後ろの方だったけれで、観たコンサートが残るのはうれしい。そうしていたらアルバムとしてリリースされたのでこれはもちろん買ってきた。

1980年に行われた渡辺貞夫の武道館コンサートを再現したものでアルバム「ハウズエブリシング」と同じ並びで演奏さらた。
それがそのままアルバムになってアンコールの”クリスマス・ドリーム”が追加の形になった。



若さはなくなっているけれど、円熟味が断然多くなっているのが今回のアルバムの良いところ。音の方も座ったところよりバランスが良いからこれは良かった。
この日一緒に行ったオクサンのお友達たちとも週末にあうから、プレゼントしてあげようかな。



中古屋さんにいったら、このアルバムでもキーボードを弾いているラッセル・フェランテが入っているアルバムをあったのでこっちもかってみた。1980年、1991年、2016年の年の流れでた。




ENCORE! SADAO WATANABE ORCHESTR

渡辺貞夫 sax
ラッセル・フェランテ(Piano)
ロベン・フォード(Guitar)
ベン・ウィリアムス(Bass)
ウィリアム・ケネディ(Drums)
スティーヴ・ソーントン(Percussion)
ンジャセ・ニャン(Percussion)
Sax Section:宮崎隆睦, 小池修,近藤和彦, 今尾敏道, 佐々木はるか
Trombone Section:村田陽一, 辻冬樹 奥村晃, 山城純子
Trumpet Section:西村浩二, 佐久間勲, 奥村晶, 松島啓之

2016年12月11日 Bunkamura オーチャードホールに於けるライヴ・レコーディング


1 アップ・カントリー
2 ムズーリ
3 つま恋
4 オール・アバウト・ラヴ
5 ナイス・ショット
6 シーイング・ユー
7 ノー・プロブレム
8 ボア・ノイチ
9 サン・ダンス
10 M&Mスタジオ
11 マイ・ディア・ライフ
12 クリスマス・ドリーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弦の張り替え

2017-06-19 21:27:10 | チェロ無難


先週末はチェロのレッスンだったから「チェロ無難」なんだけどなんでビールの写真なんだ。

実はレッスンの時間がいつもより遅くて、なおかつチェロの弦4本を張り替えてもらおうと早くいったから、お昼を一人で食べることになった。いつも行く中華屋さん行こうと思っていたら、オクサンがお店を教えてくれた。せっかくだからいってみたら、これがとてもきれいな立派なイタリアン、こりゃ飲まないわけにはいかないでしょう。

前菜は"オマール海老 柑橘、アボガドのaアー美インサラータ”



トマトとジュレの冷製スープ



メインはパスタで"ワタリガニとフレシュトマトクリーム 自家製生パスタ マッファルディーネ”



でデザートが”さくらんぼのモンテビアンコ ジェラティーナ・メレンゲ・フロマージュブランのパルフェ”



こういう形で来たか、男一人で一寸あわてる、というか一人で良かった。



あわててこの形にしていただきました。ただしとても美味しい。もう一度食べたい。
カップルなんか多いのに、男一人、写真を撮りながらうなずいているものだから、総支配人の料理長が挨拶に来てくれた。(オクサンに聞いたらいつも来てくれるそうです。)

とっても満足でチェロの方だって忘れてはいません。弦が新しくなって、音も落ち着いた感じです。(先生に聞くと古くなってくるとキンキン感が増すそうです。)

と言うことで弦を変えたおかげか、お昼の一杯(すみません白ワインもいただきました。)のおかげの方だけれど、練習曲68も課題曲の方もOKもらえました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完全版 下山事件 最後の証言  柴田哲孝 著 

2017-06-17 21:10:54 | 


こういうカバーだと思ったら、内側にこういうカバーがあった。



平成17年に出版さらたものを大幅に加筆、修正して19年に出版さらたものでした。

私の読者はお年が行っている人が多いとおもうので、下山事件というのをご存じの方も多いと思います。
私も生まれていなかったし、物心つくのもずっと後だから事件を記憶しているわけではないが、かなり興味ある。昭和が風化しつつあるなか一寸差入りしておきましょう。

1949年、昭和24年GHQ占領下で反共の社会体制を作ろうとする社会がかじを切った年で、国鉄3事件が発生しました。
8月17日 東北本線松川―金谷川間の線路の継ぎ目板やボルトが外され、列車が脱線、転覆、機関士など3名が死亡した。「労組左派による犯行」とされて東芝松川工場の組合員など20名が逮捕された「松川事件」

7月15日 中央線三鷹駅で無人電車が突然暴走して脱線、死者6名をだした「三鷹事件」共産党の犯行とされ党員10名が逮捕された。

その10日まえ、7月5日、労働争議のただ中、初代国鉄総裁の"山下定則”が失踪し、翌日足立区五反野付近で轢死体となって発見されたのがこの下山事件。当初殺人事件として捜査が始まったが、自殺となって捜査を終結した。生前轢断か死後轢断かが争点となった。

わずか1ヶ月ちょっと間に国鉄にかかわってこんな大きな事件が起こるはずがない。
今回この本を書店でみつけて、600ページ近い大作だけど読み始めた。これまでの論争も整理さてていて実に読みやすい。添えに驚くべき視点かR書かれているのも凄い。

実はこの本を読みやすいと思うのは下地があります。
50年近く前結構、松本清張を読んでいて、「日本の黒い霧」でこの下山事件に出会いました。その後矢田喜美雄氏のも読みました。ともに謀殺説の本ですから、ベースは出来ています。
1981年には熊井啓監督の映画「日本の熱い日々 謀殺 下山事件」もみました。ニュース・ドキュメンタリー風の白黒フィルムで結構強烈な印象が残りました。

この本が凄いのは上側のカバーにも書いてあること、著者の祖父がこの事件と重要なかかわりがあったかもしれないという視点、家族の過去を暴いていくことで、史実の解析以上の重さが出来て一気読みになりました。

抜け書きは内容が内容だけになし。

昔は闇の部分を認めて自分の内に蓄積したのですが、結構今は闇事態がもういいや敵になってきました。
この書籍で、「下山事件」結論つけてしまおうかとも思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

援軍

2017-06-16 22:29:48 | チェロ無難
チェロを弾いているとメトロノームとかチューナーは必要品で、レコーダーなどもほぼ必要品になっている。
そこに新たに援軍が加わった。



新しくさらい始めた練習曲は8分音符のスラーで1弦の4ポジから4弦の開放までを弾く33小節。
明日はどこまで弾けるか解らない。移弦とポジション移動が連なっているから音程がいい加減になるし、4弦を移弦してきちんと鳴らすのも難しい。
それを何とかこなそうと練習しているのだけれど、毎日首と肩が痛い。
もちろん原因は明確で、早いテンポを弾こうとして力が入るのだけれど、そこに今回の曲が加わった。
4弦まで移弦して音程を取るには左手のひじの位置がきちんとしたところまで上がっていなければいけない。これまでの曲のスピードでは何とかごまかせたのに今回はごまかせないということでひじの移動がスムーズじゃなければいけない。ということでそれで首と肩が痛いのだろう。

そこでこの援軍の登場なのだけれど、ゴルフの賞品提供を頼まれて、血圧計を買いに行ったら、隣にあったのがこれ。



毎日痛いと思っているから、無性に欲しくなって買ってきた。おもちゃを買ってきたとオクサンに報告するも、凝り性のオクサンもすんなり承認でした。
首と肩に1回使ったけど首など結構ぐきぐきともんでくれる。1晩明けただけで、首の方は致さなくなってないけれど、若干肩の方は良いみたい。
どのように使うかはみにくい写真は失礼なので、発売元の見た目良いものを。



さあ明日のレッスンではなんといわれることやら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花は19

2017-06-15 17:33:28 | 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイスでも アールグレイ / MANABU OHISHI

2017-06-13 18:38:13 | 聞いてますCDおすすめ


大石さんのアルバムの販売は私家版みたいにしてご案内をいただくのだけれど、今回も限定70枚だか40枚だそうです。
いつものようにサインをいれられたのが贈られてきて、今回はエレピのソロだそうです。



ジャケ裏には大石さんがエレピの優しい音色は、なごみます。と書いてあるようになごみアルバムです。



エレピは結構好きで、キースがエレピを弾きまくっているアルバムにやっとめぐり合えたのはついこの前ですが、そのキースとはまるで違うエレピですが、どちらも好きなのです。
1曲目から大石さんの曲にエレピの優しい響き、ですから想像通りのアルバムになりますが、それだから良い。
解説も必要としない癒し。
この季節に届けてくれて実に気持ちが良い。この爽やかさ、ジャケではアールグレイから湯気がでていて、温かいのでしょう。
この季節だから、ジャケはアイス・ティーでもぴったりな感じです。
いや秋口になったらこれもぴったりかも、どちらにしてもお休みの日に心を解きほぐすアルバムです。

アールグレイ / MANABU OHISI

MANABU OHISHI e.piano Solo

1 Gratitudo
2 Improvisation Last Page
3 Improvisation No Melody
4 美帆路
5 Toccoripua
6 At Rest
7 Improvisation 満月の夜
8 Letter From North
9 アールグレイ
10 Everything Is Blue
11 In The Moonlight
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月のジャム

2017-06-12 21:23:03 | その他
家の近くにある農協で近所で出来たビワを買ったけれどそんなにおいしくない。オクサンは基本ビワはそんなに好きじゃないからよっぽどおいしくなければいけない。それで残ったのをジャムししたら、これは随分のおいしくなった。
これは良いねと言うことで、こんどはジャム目的でビワを買ってきた。



皮をむき、タネ取を手伝ったけれど、中の薄皮あ全部取りきれないけれどキンカンの時よりずっと楽でした。



タネが大きいから、実の方はそんなに大量にはならなかった。



後はオクサンに任せて、お砂糖だけで煮込みます。



朝のヨーグルトに10回ぐらい使えそうです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加