達ちゃんの下町グルメレポート

主に浅草を主とした下町で飲み歩いている達ちゃんです。行きつけのお店はもちろん、気になるお店をどんどん紹介していきます。

待ち兼ねたアベンジャーズ

2012年10月14日 12時40分10秒 | 映画
9/1(土)。

   
いやー、待ち兼ねました。
本当に今年の夏はアメコミ映画のラッシュ。
アメージング・スパイダーマン、ダークナイト・ライジングに続いて日本公開された
アメコミのお祭り「アベンジャーズ」。

   
今回観に行った映画館は、豊洲のユナイテッド・シネマ。
もちろん大画面で3Dだ。

   
思えば、アイアンマンの映画の中からちょいちょい登場してきたシールドメンバが、
いよいよアイアンマン、キャプテンアメリカ達が一つのチームとなって世界を守る時
が来たのだ。
監督は、ジョス・ウェドン 。
キャストは、本当に豪華です。

トニースタークことアイアンマン役に、ロバート・ダウニー・Jr。
トニースタークと共にアイアンマンの一作目からずっと映画に出てきた、ペッパー・
ポッツ(スターク社代表)役に、グウィネス・パルトロー。
鼻にかかった声が何とも魅力的です。

秘密組織シールドを率いるニック・フューリー長官役に、サミュエル・L・ジャクソン

同じくシールドのメンバでエージェント・フィル・コールソン司令官役に、
クラーク・グレッグ。

   
同じくシールドのメンバでナターシャ・ロマノフことブラック・ウィドウ役に、
スカーレット・ヨハンソン。
いつ観てもいい女。
シールドのメンバ達は、アイアンマン2、マイティソー、そしてキャプテンアメリカ
の作品から登場してきた役者さん達です。

   
そして、ヒーローキャストは続く。
スティーブ・ロジャーズことキャプテン・アメリカ役に、クリス・エヴァンス。
ソー役にクリス・ヘムズワース。
ブルース・バナーことハルク役にマーク・ラファロ。
クリント・バートンことホークアイ役にジェレミー・レナー。

   
ストーリーは、マイティ・ソーの一作目に続きます。
ソーのエンディングで、ソーの弟ロキが実はアスガルドの王オーディンの息子では無
いという事実をロキが知ってしまうシーンがあった。
今回のストーリーは、ロキがアウガルドを去った後、他の国のエイリアン集団
チタウリを率いて地球征服を目論むといった内容。
これだけ考えると、前回記事で書いたダークナイトと比較すると、どうしても下に思
えてしまうのだが、まぁそこは世紀のアメコミ祭りってとこでカバーするで十分でし
ょう。

   
適が適だけにシールドのニック・フューリー長官は、アイアンマンやソー、そして
キャプテンアメリカ達を集めたチームアベンジャーズで対抗しようとするが。。。
ご存知の通りわが道を貫いてきたトニーは断固としてチーム入隊を断るが....

   
特に、正義のソルジャーでアメリカの国民的なヒーローであるキャプテン・アメリカ
とは考え方が違い過ぎて、口論になるシーンも。

ある事件をきっかけにチームで戦う決意をする。
(これはネタバレになっちゃうので書きません。でも、ショックだった。)

スケールが大きいので、さすがに見終わった後はスカッとします。

エンディングの最後に、全員がレストランで食事をするシーンが笑える。
観た人はわかるはず。

来年以降、アイアンマン、ソー、キャプテンアメリカの続編も公開されますが、そっ
ちも目が離せない。
今から楽しみです。。。。

☆アメコミ関係でお世話になっているサイトです☆
アメコミくえすと
3行で分かるアメコミ映画情報

過去のアメコミ記事を集めてみました↓
ダークナイト
ウォッチメン最高!
アイアンマン2
熱いゼ!キック・アス
グリーン・ホーネット
X-MEN fg
マイティ・ソー(THOR)
キャプテンアメリカ
THE AMAZING SPIDER-MAN
★ダークナイト・ライジング

☆いつもご愛読ありがとうございまーす☆(よろしければクリックにご協力を!)
↓人気ブログランキング参加中で~~す! m(._.)m゜'★.。・:*:・゜'☆♪
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


映画『アベンジャーズ』 - 最新予告編 (日本語字幕)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★ダークナイト・ライジング

2012年10月03日 23時22分13秒 | 映画
8/12(日)。

   
お盆休みの二日目だった。
あまり乗り気でない飲み友のSちゃんを誘い、自分的には待ちに待った
「ダークナイト・ライジング」
を観てきました。

   
映画館は、またしても木場のIMAX。


   
一言で言えば、本当に完璧でバットマン・ビギンズからの3部作を締め括るのに相応
しい作品でした。
バットマンを好きな人でも嫌いな人でも興味の無い人でも、この映画を観たら拍手を
贈るだろう。。。。
大げさかも知れませんが、これが自分の感想です。
あまり乗り気で無かったSちゃんも、この映画を観終わった後は、人が変わった様に
映画を好きになってしまった。
自分も驚くほどに。。。。

前置きはさておき、今回のレビューは熱く熱く語らせてもらいます。

まず監督はバットマン・ビギンズ、ダークナイトの前2作品から撮ってきた
クリストファー・ノーランだ。
特に二作目のダークナイトではそのストーリーの深さに世界中から高い評価を得ている。

   
キャストも主メンバーはビギンズから継続。

   
 ブルース・ウェイン(バットマン)役に、クリスチャン・ベール。
 ブルースの執事アルフレッド役に、マイケル・ケイン。

   
 ゴードン(市警本部長)役に、ゲイリー・オールドマン。
 ルーシャス・フォックス(ウェイン社代表)役に、モーガン・フリーマン。

そして今回の作品に抜擢され、感動的な演技を見せてくれたのは、

   
 ジョン・ブレイク(バットマンを手助けする刑事)役に、
 ジョセフ・ゴードン=レヴィット。

   
 セリーナ・カイル(キャット・ウーマン)役に、アン・ハサウェイ。
 ベイル(ゴッサムを支配しようとするテロリスト)役に、トム・ハーディ。
 ミランダ・テイト(ウェイン社を助けようとする投資家)役に、
 マリオン・コティヤール。

そして、意外なキャストも出ています。
そうビギンズでは強烈なインパクトを与えてくれたリーアム・ニーソンと、
キリアン・マーフィーだ。
ビギンズを観た方は、この名前を聞いただけでピンとくるはず。

   
《ストーリー》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ジョーカーとハービー・デントによる悪夢のような8年後という設定。
このストーリーは、ブルースが8年もの間、引きこもり生活をしているという
胸の痛いシーンから始まる。

   
前作のダーク・ナイトでジョーカーの残忍な企みから、正義のシンボル的な判事
だったハービー・デントが、見るも無残な姿になり、ついには犯罪者に陥ってし
まう。
ブルースは、古くからの知り合いであるハービーの殺しの汚名を着せられてしまう。
だが、ブルースは正義のシンボルを守るべく、自らを闇の騎士と位置づけ、姿を
消してしまう。

   
ブルースも心も体も傷ついたままに屋敷(ウェイン邸)に引きこもるようになるが、
そのウェイン抵にメイドとして潜入し、ブルースの指紋を採取した怪盗セリーナ
について調査を開始するところから闇の組織べインによるテロ計画を知ることに
なる。
怪盗セリーナもテロ組織に関わっているが、そのベインの凶悪な強さから逃げよう
とするが。

ブルースはベインに叩きのめされ、囚人達のいる大きな深い穴に押し込められてし
まう。
この穴のことを、映画では”奈落”と呼んでいます。

思えば一作目のビギンズでも幼少の頃のブルースは、不注意から家の古井戸に落ち
るシーンがあった。
このときの父親の名ゼリフ
「人は何故落ちるか?....這い上がるためだ」
を思い出す。

そう、今回のライジングでは一作目、二作目の小さなシーンすべてに関連づいてい
るのだ。
そうかといって、これまでの作品を見ていなくても今回の映画に普通に入り込める
のが、名監督クリストファー・ノーランの成せる技なのかも知れない。

今回の悪はベインなのですが、最後のシーンでは大どんでん返しがあります。
さすがに、ここまではネタバレできませんが。。。。

とにかく、展開も速いし分かりやすい。
そして、最後は観て本当に良かったと思う。


《ブルースの明と暗》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
まずは、アメコミサイトでは有名で、自分もお世話になっている
アメコミくえすと
の「ダークナイト レビュー」からの抜粋ですが、いい言葉がありました。

☆ 以下、抜粋です ==>>

   
【ブルースの正義】

 一つの悪徳を行使しなくては、政権の存亡にかかわる容易ならざる場合
には、悪徳の評判を受けることを恐れてはならない。
 バットマン(ブルース・ウェイン)にとって正義とは何だろう? 
バットマンが悪と戦う理由は、この世界にはびこる不正をなくし、平和な社会を
築くためである。

   
その最終目標そのものは立派であり非のうちどころはない。
では、それを達成するための手段はどうだろうか?
 バットマンが数多くの違法行為に手を染めていることは明らかである。
暴行、過剰防衛、武器の携帯、改造車両の無許可運転、住居不法侵入、器物破損、
不法な尋問など、数え上げればきりがないだろう。


そう、バットマンというヒーローは、不思議な力をもった超人では無い。
両親を殺された恨みと、街の犯罪を無くすという目的から育った強い気持ちと、
両親が残した大きな資産からできたヒーローなのです。
裏を返せば、人間が人間に対して罰を与えるといった難しい問題があるのです。
だから、このヒーローは深くて難しい。
バットマンが、悪人を絶対に殺さないという理由も実はここにある。
最初の頃の悪と、街の治安を乱すマフィアなどだったのだが、バットマンの様に
武装した者が現れれば、その上を行こうとする悪が現れる。
それでもバット・マンは悪を殺さない。
これこそがブルースの正義なのだと思う。

ブルースの葛藤は、観ていてとても切なくて、胸が痛くなる。
引きこもりになってもおかしくないのである。

自分がブルース(バットマン)に深い思い入れを抱く理由は、こんなところにある
のかも知れません。

   
《セリーナとキャット・ウーマン》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のシーンでは、あまりジョークらしいジョークは一切無い。
でも、唯一ヒーローっぽいセリフで気に入っている一シーンがある。
CMでも使われたこのシーンは、バットマンがキャット・ウーマンを飛行マシン
「バット」
で助けるシーン。

   
一見車にも見えるマシンなので、キャット・ウーマンがバットに乗せられると、
「知らない男の車には乗らないの....」
と言い放つ。
すると、そのマシンが瞬く間に空に上がり、すかさずバットマンが
「車じゃない....」
と言い放つシーン。
この辺は如何にもアメコミらしいシーンである。

   
キャット・ウーマンは昔からバットマンの映画にも登場してるし、単体の
スピン・アウトとしての作品もある。
これまで、いろいろな役者さん達がキャット・ウーマンを演じてきているのだ。

   
今回のキャット・ウーマンこと怪盗セリーナ・カイルを演じたアン・ハサウェイは、
本当に見事にキャット・ウーマンを演じてくれた。
何でもアクション・シーンもスタントマンを使っていないとか。。。

   
悲しい過去の生い立ちを特別なシーンで見せずとも、その雰囲気を見せてくれた
し、何より頭の良さ、色っぽさ、カッコよさ、どれを取ってもこれまでの
キャット・ウーマンを超えている。

   
《ベイル》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ビギンズで登場したラーズ・アル・グールの組織の一員として育つ。
実の生い立ちは深く、最強のテロリストとなってゴッサムシティに舞い降りた。
冒頭の飛行機のシーンから登場するが、その強さと怖さは圧巻。

   
コミックでもバットマンの最強の敵であるベイルを若手のトム・ハーディが見事な
までの演技を見せてくれた。

   
《ジョン・ブレイク》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
子供の頃にバットマンに助けられ、孤児院で育った若い刑事。

   
その熱血漢は、ゴードン市警本部長をはじめ、人々に勇気を与えてくれる。
それは、観ている我々でさえ勇気を貰った気分になれるのだ。

   
演じているのは、これまた若手のジョセフ・ゴードン=レヴィット。
なかなかのナイスガイだ。

最後バットマンに
「スーツを着て戦え」
と助言される。

最後のシーンでは、バットマンのコミックでバットマンの相棒に成り得るキャラ
である事がわかる。
よーく観ていないと見過ごしますが。


映画のラストでは、バットマンがゴッサムを核から救うべく爆弾を遠くに運び、
一旦はブルースが死んだ事になる。
ウェイン邸を去ったアルフレッドが、遠い街でブルースとセリーナの姿を目撃する
というシーンがあるのですが、現実なのかアルフレッドの願望的な幻なのかは、
人によって意見が違うでしょう。
でも、自分もSちゃんも現実だと思って観ました。

何故なら、彼らはゴッサムを救った義人であり、セカンド・チャンスを与えられる
資格は充分にあるでしょう。

   
本当にこれで最終章なのが残念でならない。

是非同じスタッフとキャストで次回作をと願うのは自分だけではないでしょう。
でも一旦終わりという事で、スタッフとキャスト、それに関係者に皆さんに心から
「ありがとう」
と言いたいです。

   
映画を観終わった後、以外なくらいSちゃんがバットマンにはまり、一晩中飲み明
かしてしまいました。
Sちゃんが、飲み屋の客にバットマンの事を熱く語っていたのが印象的だった。

と言うか、朝まで飲んだ後、自分はその足で実家の福島に帰省したのでした。

☆アメコミ関係でお世話になっているサイトです☆
アメコミくえすと
3行で分かるアメコミ映画情報

過去のアメコミ記事を集めてみました↓
ダークナイト
ウォッチメン最高!
アイアンマン2
熱いゼ!キック・アス
グリーン・ホーネット
X-MEN fg
マイティ・ソー(THOR)
キャプテンアメリカ

☆いつもご愛読ありがとうございまーす☆(よろしければクリックにご協力を!)
↓人気ブログランキング参加中で~~す! m(._.)m゜'★.。・:*:・゜'☆♪
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

映画『ダークナイト ライジング』第3弾予告編映像
コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

THE AMAZING SPIDER-MAN

2012年09月30日 18時35分27秒 | 映画
7/22(日)。

   
木場のIMAXで観て来ました。

2012年の夏。
この夏は熱かった。
何が熱いって、大好きなアメコミの映画ラッシュ。
もう、忙しさに輪をかけてくれたのが、このアメコミ映画ラッシュなのだ。

   
まずは6月下旬から日本公開となった、「アメージングスパイダーマン」。

スパイダーマンといえば、2008年までのサム・ライミ監督の3部作が有名。
サム・ライミ監督が手がけた「スパイダーマン」3部作(2002、04、07)からリブートされた
新シリーズって事になるます。
監督は、「(500)日のサマー」の新鋭マーク・ウェブ。

   
今回はスタッフもキャストも一新した新しいスパイダーマンとして展開されている。
これはこれで楽しみな限り。
ベンおじさん役には、マーティン・シーン、そしてメイおばさん役には
サリー・フィールドが抜擢されている。
更には、悪役カート・コナーズ博士役のリス・エバンスもいい味を出している。

ストーリーは、8歳の時に両親が失踪した高校生のピーター・パーカーが、ある日、
科学者だった父親が残した研究ノートを見つけてしまいます。
そう、今回の話では父親が過去にオズコープ社の科学者だったという前提です。
父の研究パートナーだったコナーズ博士をオズコープ社に訪ねたピーターは、そこ
で特殊なクモに噛まれて以来、身体に異変が起こり、不思議なパワーを発揮するよ
うになってしまう。
蜘蛛に噛まれるってのは、同じですよね。当たり前だけど。
その頃、ピーターの父の残した数式をもとに異種間遺伝子交配の研究を完成させた
コナーズ博士は、自分の体で人体実験を行うのですが、結果失敗に終わり、リザー
ドとなって街を破壊し続ける。
ちょっとこの辺のストーリは、わかりやすいけど、お子様向け的になっちゃった感
も否めないかな。

   
主人公のピーター・パーカー役は、「ソーシャル・ネットワーク」でも一世を風靡
した、アンドリュー・ガーフィールド。
若くて将来のある役者だ。
そして、今回のヒロインであるグウェン・ステーシーを演じるのは、今ハリウッド
で注目の若手女優「エマ・ストーン」。

   
なんともキュートです。

   
でも、しょうじき自分は前回の3部作が抜けきれていないので、ちょっと抵抗があり
ましたね。
左が前回までのピーター役のトビー・マグワイア。
さすがに歳とったってのもあるんでしょうけど。

   
そうそう、映画館にはアベンジャーズの大きなポスターが貼られてました。
胸がワクワク。。。
もちろん、アベンジャーズも観たので、後日レビューの記事を書きます。

   
マグカップも買っちまって。。。

   
アメコミヒーローは自分の心に熱い火を灯すのです。

過去のアメコミ記事を集めてみました↓
ダークナイト
ウォッチメン最高!
アイアンマン2
熱いゼ!キック・アス
グリーン・ホーネット
X-MEN fg
マイティ・ソー(THOR)
キャプテンアメリカ

☆いつもご愛読ありがとうございまーす☆(よろしければクリックにご協力を!)
↓人気ブログランキング参加中で~~す! m(._.)m゜'★.。・:*:・゜'☆♪
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

映画『アメイジング・スパイダーマン』予告編2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャプテンアメリカ

2011年11月13日 19時36分32秒 | 映画
8月から参入した案件がずっと忙しく、ブログ記事もなかなか書けなくなってきた。
忙しすぎると、その時点から時間が止まってる感じがしてならない。
こういうのが時間に追いかけられるというのだろう。

 
そんな最中、待ちに待ったキャプテンアメリカが10月に日本公開。
幸い、家の近くの錦糸町でも上映していたので、観に行ってきた。
自分のブログはグルメかアメコミかって感じになってきたけれど、どうかお付き合い
の程を。

この映画の正式なタイトルは、
「キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー」
という。

アベンジャーとは、そうファンの皆さんなら判るでしょう。
2012年公開予定のアベンジャーズに向けてのメッセージだろう。

このアベンジャーズは、アイアンマン、マイティ・ソー、そしてキャプテン・アメリカ
の3人のヒーローがチームを組んで繰り広げられるストーリーだ。
映画のラストシーンでは、もうアベンジャーズの予告みたいなもの。。。
今から旨がワクワクする。

 
さて、ストーリー。
オープニングは現代の北極から始まる。
アイアンマンやマイティ・ソーでもお馴染みの政府機関S.H.I.E.L.D.が、謎の飛行物
体に遭遇するシーンから始まる。
それは、かつて自己を犠牲にして世界を守った伝説の騎士「キャプテン・アメリカ」
のシールドだった。

舞台は、第二次世界大戦。
主人公のスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は勇敢で愛国心の強い人物。
ただ、痩せ細っていてしかも慎重も低いその体格から、入隊を拒否されていた。

 
スティーブは正義感の強い人物。
その不屈の精神が、ある日アースキン博士(スタンリー・トゥッチ)の目にとまる。

 
博士は、強い精神を持った人間こそが真のヒーローになれる秘密兵器を開発した人物。
博士はスティーブに近寄り、自分の兵器でスティーブをソルジャーに変身させる。

 
博士に協力する強力な助っ人ハワード・スターク。(ドミニク・クーパー:写真左)

 
ハワードは、そうアイアンマンのトニー・スタークの父親であり、スターク社の創設
者だ。
このハワードもこの映画にはいい具合に絡んでいる。
ファンとしては、この辺りもタマラナイところだ。

 
ソルジャーとなったスティーブはキャプテン・アメリカと名乗り、戦地に赴く。
そしてナチスの極秘科学部門「ヒドラ」に戦いを挑むのだった。

 
ヒドラの長官シュミット(ヒューゴ・ウィーヴィンク)は、カルト的な要素を持った
恐ろしいソルジャー。
最後はキャプテンと一騎打ちとなるが。。。

 
キャプテンと共にアメリカを守るアメリカ軍のフィリップス大佐(写真左)には、
トミー・リー・ジョーンズ。
BOSSのCMですっかりお馴染みですよね。
そして写真右はスティーブが思いを寄せるペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)。
とってもセクシーです。

 
監督/製作総指揮は、ジョー・ジョンストン。

 
キャプテン・アメリカはアメリカ国民にずっと昔から愛される続けているという話を耳にしたことがある。
事実、9.11テロの後はキャプテンの絵があちこちに飾られたらしい。
キャプテンは単なるアメコミ・ヒーローに留まらず、正義の証として人々の心の中に
あるのかも知れない。

公式サイトはこちら↓
『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』オフィシャルサイト

映画『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』予告編
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マイティ・ソー(THOR)

2011年08月04日 23時35分01秒 | 映画

観てきました。
マーベル・コミックのマイティ・ソー。

 
アメコミ映画を観に行ったのは、今年に入って4作目。
今年から来年にかけては、アメコミ映画のオンパレードで、もう鳥肌がたつほどに嬉
しい。

 
今回観に行った映画館は、新宿は歌舞伎町にある新宿ミラノ座。
映画館としては、決して新しくは無いが、キャパもあるし、ゆったり観れる。

 
このポスター、何処かで手に入らないだろうか....

 
ソーは、2012年公開予定の『アベンジャーズ』(Avengers)のメンバーでもある。
そして、自分が大好きなヒーローであるアイアンマン、近々公開予定のキャプテン・
アメリカもメンバーの一員。

 
ソーというヒーローがちょっと変わっている点は、ソーが神の国から来たというとこ
ろ。
言わば、神様ってことになる。
そもそもは、ソーの父親が偉大な神様で、古い古い大昔に、地球に襲いかかった氷の
国の巨人を倒した地球を救う。
だが、氷の国が滅びた訳ではないので、氷の国は神に恨みを抱くことになり、空きが
あれば神を倒すべく因縁の見えない憎しみの関係が続いていくことになる。
ソーの父親はオーディアンという偉大なる神の王様。
オーディアンも歳をとり、力が弱くなっていくことで、二人の息子に王位を継ぐこと
を考える。
息子のうちの一人は、ソーである。もう一人の息子はソーの弟のロキ。
ソーは無敵のハンマー、ムルジョニアを手に強さだけをアピールするあまり、オーデ
ィアンから追放され、地球に突き落とされる。
無敵のハンマー、ムルジョニアもオーディアンの手によって、地球に放り投げられ、
ニュー・メキシコの砂漠に埋まる。
オーディアンは、ムルジョニアに魔法をかけ、どんな力をもっても砂漠から抜けない
ようにしてしまう。。。。
と、ここまでが物語の発端。

 
地球に落ちたソーは、大学の研究グループに救われる。
そして、研究グループの一員である、科学者ジェーン・フォスターの優しさに触れる
事により、強さとは暴力だけでは無く、愛や思いやり、優しさも必要だという事に気
が付いていく。

監督は、ケネス・ブラナー。
ソーを演じるのは、クリス・ヘムズワース。

 
科学者ジェーン・フォスターを演じるのは、ブラックスワンで一躍脚光を浴びたナタ
リー・ポートマン。

 
オーディアンにアンソニー・ホプキンス。

 
ロキ役がトム・ヒドルストン。

 
その他、ソーと同じ思想を持ち、ソーを助ける仲間ホーガン役には、我らが浅野忠信。

 
同じくソーを助け、そして慕っているシフ役にジェイミー・アレクサンダー。
このシフがカッコいい。そして目を奪われるくらいの超美人。

ソーは、『アベンジャーズ』(Avengers)が前提なので、アイアンマンにも出演した
シールドのコールソン司令官役には、クラーク・グレッグが継続出演してます。
そう、アイアンマン2のラストから繋がっている辺りも、アメコミファンとしては見
逃せないですね。

新宿ミラノ座
映画『マイティ・ソー』オフィシャルサイト

マイティ・ソー
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

X-MEN fg

2011年07月10日 10時04分23秒 | 映画
★仙台市内のネットカフェより....
 たった今、大きめな地震でびびりました!

悲しい性のミュータント達。
X-MENは、アメコミの中でも数多くの作品が映画化されている。

 
人間世界の中で個性あふれるミュータントとミュータントの戦い。
人間に味方し、平和を願う物。
人間を嫌い、世界と敵対するもの。

前者のリーダであるプロフェッサーX。
そしてプロフェッサーXと敵対するマグニート。

 
X-MENの一作目のラストシーンで、この二人がチェスをやりながら語り合うシーン
があった。
この二人の付き合いは、最初から敵同士だったのだろうか?
そんな過去を想像させるシーンだ。

 
過去のX-MENシリーズの公開と比べても前評判の高かったX-MENファースト・ジェネレーション。
観てきましたので、レビューを兼ねて記事にします。

 
品川プリンスホテル。
その一角にある品川プリンスシネマ。

 
10のスクリーンがあって、どのスクリーンも綺麗でゆったりと楽しめる。

 
昔から、この映画館もお気に入りの一つだ。

 
さて、X-MEN:ファースト・ジェネレーション。
本第ですが、何といっても話題の一つになっているのが監督だ。
昨年末に日本でも公開され、予想を上回る評価となったキック・アスを手掛けた
マシュー・ボーンなのである。
これだけ考えても鳥肌が立つ。

ストーリー。
X-MEN:ファースト・ジェネレーションは、X-MENシリーズのプリクエル(前章)。
スターウォーズで言えば、エピソード1。
バッドマンで言えば、ビギンズにあたる。

 
プロフェッサーX、マグニート、そしてレイブンの生い立ち、出会いを事細かに描
いており、その人間像(いや、ミュータント像か)が面白く描かれている。
時代は、アメリカとソビエト連邦が戦争の一歩手前までいったキューバ危機の1950
年代。
背景にあるのは、アメリカとソ連だ。

 
チャールズ・エグゼビア(後のプロフェッサーX)は、子供の頃から遺伝子の突然変
異により、史上最大のテレパシー能力を持つようになる。
大金持ちで何不自由なく暮らしているチャールズの家へ、ある日レイブンが食べ物
を盗みに入りこむ。
レイブンは、変幻自在の青い肌を持つミュータント。
チャールズの母親に化けたレイブンだが、テレパシーを持つチャールズは、いとも
簡単にレンブンの正体を見抜く。
同じ能力同士のチャールズとレイブンは、生活も共にするようになる。

 
一方のエリック・レーンシャーも時を同じ頃ポーランドで幼少時代を送るが、貧し
い生活と共産国の過酷な運命の元、母親を目の前で銃殺されてしまう。
この時から、特殊能力を実感する。

それぞれが大人になり、時は1950年代。

 
アメリカとソ連の敵対のもと、ソ連側に人類滅亡をもくろむセバスチャン・ショウ
率いる巨悪なミュータント軍団がついて、戦争を仕掛けていく。

 
このショウがキューバ危機を仕掛けるという設定だ。

アメリカ側も黙ってはいない。
CIAがミュータントで対抗するにはミュータントでと、ミュータントのチームが結
成される。
チャールズ、エリック、レイブン達もチームのメンバとなり、ショウ達と戦い始め
るが。。。。

全体的にスピード感があり、観ていて楽しかった。
特に、チャールズ達が、街中のミュータント達を召集するシーンは圧巻。
ちょい役でウルヴァリンも声をかけられるが、
「一昨日来い」
と断るシーンには思わず笑みがこぼれた。

 
7月からはマィティ・ソーの公開も始まった。
そして、キャプテン・アメリカにグリーンランタン。
今年から来年にかけては、はまぎれもないアメコミイヤーだ。

胸がわくわくする☆

X-MEN:ファースト・ジェネレーション公式サイト
品川プリンスシネマ

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」予告編A
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

グリーン・ホーネット

2011年04月03日 15時40分32秒 | 映画
「東日本大震災」で亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますと共に
、被害に遭われた方々へ心よりお見舞いを申し上げます。
当ブログでは、未だ行方のわからない
・小山肇(おやまはじめ)さん(住所:宮城県石巻市北上町十三浜字崎山)
の安否情報を募集しております。
(小山美和子さんは無事が確認できました)

どんなささいな情報でも構いませんので、情報をコメント欄に書き込んで下さい。
娘さんの真由子さんを始め多くの方が探しています。

今年は、年の初めから大好きなアメコミ映画のラッシュだ。
一つは、記事にもしましたが「キック・アス」。
もう一つが、アメコミの中でもいわゆる老舗中の老舗「グリーンホーネット」。
過去にも映画化されていおり、あのブルースリーも出演して話題を呼んだ。

   
写真(右)が主人公ブリッド・リード。(セス・ローゲン)
大手新聞社デイリー・センチネルの社長ジェームズ・リードの息子であるブリ
ッドは、子供の頃から正義感が強かった。
しかしながら社長の息子という事で、私生活は派手ではてまた破天荒。
ある日父親の死をきっかけに、父親の後を継いで新聞社の社長になる。
また、同時にこの時から自らグリーン・ホーネットを名乗り。悪に立ち向かう
決意をきめる。
写真(左)はレノア。(キャメロン・ディアス)
ブリッドの臨時秘書として抜擢される。
過去にジャーナリズム学と犯罪学を学んだ経緯があり、後にグリーン・ホーネ
ットの参謀役となるが。。。

   
カトー。(ジェイ・チョウ)
ジェームズ・リードに雇われ、整備工として勤めていたが、ジェームズ・リード
の死をきっかけに一旦は解雇される。
カトーは、とても器用でさまざまな発明品を作る持ち主である事から、ブリッド
・リードに声をかけられてグリーン・ホーネットとして共に闘う決意をする。

   
カトーは、とても頭がよくて強い。
頭がいいが、少々オタクっぽい要素も持っている。
また短期で、ブリッドのイタズラな言動に本気で怒ったり。。。
自分は、そんなカトーというキャラに、実に共感が持てる。
グリーン・ホーネットの協力なマシーンである「ブラック・ビューティ」もカト
ーの発明品。
まるで戦車のような強力なマシーンだ。

   
写真はグリーン・ホーネットが街のギャングと戦うシーン。
街のギャングのボス(チュドノフスキー)役にはクリストフ・ヴァルツが演じて
いる。
この悪役だが、少々残忍さが足りなかった様な気がする。
ストーリー自体も実に面白いし、アメコミならではの熱さがあるのに、少々もっ
たいないといったところかなぁ。

   
グリーン・ホーネットは自ら悪と名乗る事で、悪人に恐怖感を与える。
自ら悪となる事で、警察をも的に回すことになる。
超能力を持っている訳でもないし、特殊な力も無いただの人間。
ただ、悪に立ち向かう意思は強く、熱いものがあるねぇ。

   
緑のスズメバチ。。。。
DVDの発売は6月か。
今から待ち遠しいなぁ。

グリーン・ホーネット-オフィシャルサイト

2011年1月公開『グリーン・ホーネット』予告編/The Green Hornet
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

熱いゼ!キック・アス

2011年02月27日 13時34分05秒 | 映画
皆、悪い事と知りながら見て見ぬふりをしてませんか?
「これくらいならいいか」とか勝手な判断で行動してませんか?
悪い事は悪い!
強い気持ちを持って生きていこう!
「キック・アス」にそんな勇気を貰った様な気がします。

   
本当にこの映画観た後は、胸がスカっとした。
大事なのは意思だ。強い精神力だ。
見た目はまぬけだし、どう見てもカッコ良くはない。
でも、熱い勇気と精神は誰にも負けてない。

   
そんな訳で、忙しい最中に観てきましたよ、キックアス。
しかも2回も。。。。

   
この映画、配給が危ういとささやかれていた時期もあったのですが、昨年末
の12/18から上映スタート。

   
しかしながら上映している映画館が都内でも数える程度。
ただ、嬉しい誤算か、どの映画館も満席で立ち見が出るほどだったそうだ。

   
主役のキック・アス(デイヴ・リゼウスキ)を演じるのはアーロン・ジョンソ
ン。
イギリス出身です。
冴えない高校生という設定はスパイダーマンの主役であるピーター・パーカー
を連想させますが、特殊な能力もないし、このスーツはネットで買ったものだ
ったり、いたって普通なティーン・エイジャー。
でも、スーパーヒーローに強い憧れを抱いており、正義感の強さは誰にも負け
ない。
彼はある夜、暴漢に追いかけられる人間に遭遇し、その人間を助けようとする。
ナイフもピストルも持たず、棒でがむしゃらに悪人をたたくだけ。
そんなのが通用する相手じゃない。
悪人は、キック・アスに言う。
「お前、死にたいのか。この人間お前とは関係ないんだろ。こんなヤツの為に
死にたいのか。」と。
キック・アスは言う。
「僕は死んでも構わないよ。ただ腹がたつのは、何もせずにただ見ている奴ら
だ。」
そのただ見ている奴らは、キック・アスを携帯動画で撮影している。
警察のサイレンが聞こえ、悪人達はその場から立ち去る。
追いかけられていた人間(たぶん仲間割れか何かだろうか)がキック・アスに
「Thank You!」
一番好きなシーンだ。
カッコイイ。
胸が熱くなる。

   
キック・アスの映像はたちまちYouTubeに流れ一夜にしてスーパーヒーロー的
な扱いを受ける。
街には噂が流れ、自分で立ち上げたキック・アスのサイトのアクセス数も急増。
でも、有名になったキック・アスはマフィアに狙われる事に。。。

   
時を同じく、マフィアを絶滅すべく勇敢に立ち向かう親子がいた。
このバットマン風なのがビッグ・ダディ。
とにかく強い。

   
ビッグ・ダディを演じているのはニコラス・ケイジ。
この映画を観てニコラスを好きになった人も多いとか。。。。

   
ビッグ・ダディの娘、ヒット・ガール。
キック・アスの強い意志に共感し、キック・アスと共に闘う事になるが。。

   
ヒット・ガールはとにかく強い。
悪人を次から次へとやっつけいく。

   
ヒット・ガールを演じているのは、クロエ・グレース・モレッツ。
とってもキュートです。
今後大きくなってから楽しみな女優だ。

   
キック・アスは音楽もカッコイイ。
久しぶりに映画を観てサントラを買いたくなった。

うーん、も一回映画館で観たい。
そんくらいハマってます。

この映画を紹介してる熱いなブログを見つけました↓
『キック・アス』すきなものだけでいいです

キックアス公式サイト

映画『キック・アス』予告編
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2010年のトリはキックアス

2010年11月14日 21時36分35秒 | 映画
2010年は「アイアンマン2」で、大いに盛り上がったアメコミ映画。
でも、数は少なかった。

   
そんな2010年の〆を飾るにふさわしいアメコミ映画が12月18日に日本公開決定した
のです。


その映画は、キックアス!
ヒットガールがカッコイイ!
(子供だけど)

今から楽しみです。

キックアス公式サイト

KICK ASS - キックアス 予告 (字幕)


コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

祝!アイアンマン2

2010年11月06日 13時23分28秒 | 映画
10月22日。
待望の待ちに待った「アイアンマン2」のDVDが発売されました。
そして、買いました。
映画館で3回観て、更にDVDで一回観て。
合計4回も観てしまった。

   
面白い。
何度観ても面白い!
トニースターク役のロバート・ダウニー・Jrがカッコイイ。

   
二作目は、ジャステンハマーが悪役。
そしてハマー社が開発した多数のドローンとアイアンマンとの壮絶なバトルシーン。
何度観ても興奮します。

   
DVDは二枚組。
ホントはブルーレイが欲しかったんだけど、自分はプレーヤ持ってないので、仕方
なくDVDで。
でも特典映像がちょっと物足りないかな。。。。
実際に採用されなかった削除シーンは、別な角度から十分楽しめたけどね。

   
いやー、コレクションもたまってきたなぁ。

そしてアイアンマン3の公開は2013年に決定しました。

監督はもちろんジョンファブロー。そして主役のロバート・ダウニー・Jrも
継続です。
待ち遠しいなぁ。

Iron Man 2 Trailer 2 (OFFICIAL)


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加