あきみ@福島

猫好きakimiの食いしん坊な日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

立ち呑み三昧

2015-05-22 09:22:58 | ぐるめ-飲食店
古くからの友人であるKさん。

Kさんは仕事で月に2~3度は東京へ行くのですが、
東京滞在中にいろんなお店の実に美味しそう~な画像をTwitterに載せてます。

以前から「あきみさんを連れて行きたいお店があるんですよ」と言ってくださってて
「では、私とスケジュールが合えば是非に~♪」とお願いしてました。

先日ポール・マッカートニー東京公演のため上京した際に(去年キャンセルだったリベンジ(*^^)v)
Kさんも上京していたので同行することに。キャッホーッ!


今回連れて行っていただいたのは勝どきにある立飲み割烹「かねます」
常に行列が出来ている有名なお店なので、
午後4時の開店にすんなり入るには午後3時には並ばないといけないそう。

なので2時50分に到着して並ぶことに。
店構えは普通の小料理屋さんて感じです。
郡山には立飲みのお店は殆ど無いので初めての期待感でワクワク~♪



待つこと40分。
この日は金曜日なので混むらしく30分早く開店!


店内は立ち呑みなのでもちろんカウンターのみ。
本日のお品書きはコレ!



魚介好きな私にとっては全品を注文したくなるラインナップですが、
そこをグッとこらえて、Kさんにおススメを聞くと
「初めての人が殆ど注文するのは毛がにサラダと生うに牛巻き」とのこと。

で、注文した毛がにサラダ。



上から見るとマヨネーズで和えた白いものとキュウリに蟹足が乗っかってる感じ。




でも、横から見ると蟹の甲羅に身を和えたものがドッサリ乗ってたんですねぇ。
キュウリはお飾り程度。




食べ進むうちに甲羅の底にあるのは蟹ミソッ!
ひゃあ~ッ!(・∀・)
涙ちょちょ切れの旨さに脱帽。

そして、もう一つのおススメ、生うに牛巻き。



軽く焼いた牛肉で生うにが巻いてある~♪
うにと牛肉の組み合わせって初めてなのでミスマッチかと思ったらとんでもない!
うにの甘さが先に広がり、牛肉の野性味が追いかけてくる、そんな感じ。
もう2品目にして完全にノックアウト状態。

お口直しに京都白竹の子さしみ。



こごみも添えてあって季節を感じさせる一品。
竹の子のえぐみが無く優しい味。



もちろんお酒が進む進む~
なかなか入手できない獺祭をチョイス。

他にもぐじ昆布〆、シャコ天などを食べまくり(興奮状態と酔いで写真失念(笑))
最後にムシアワビを注文。



いや、これが柔らかくて、でも噛むと磯の香りが漂い絶品!
何もかも美味しくて最高でした!

散々飲み食いしたけど、店を出るとまだ明るいんですよね~。
時計を見るとまだ5時半。

なので、もう1軒とKさんに連れて行っていただいたのは、
オヤジの聖地(?)新橋。



よしもとのお笑い芸人さんがやってる立ち呑みのモツ焼き屋さん。(名前失念)
さすが芸人さんだけあって会話が楽しくてお客様を飽きさせません。

新橋の後は、Kさんが懇意にしてらっしゃる銀座のバー「ロック・フィッシュ」へ。
こちらはテーブル席もありますが立ち呑みで。
金曜日の夜とあってすごく混んでいたのですが、
雰囲気が良くお店の方の気配りもさすがで、
飲んでいるうちにが集まるのが何となくわかった気がします。



ここでKさんとはお別れして、
知人が働いている原宿のバーへ行きたかったので移動。
(まだ飲む(笑))



シャンパンをいただいてからホテルへ戻り、
そのままバタンキューで夢の世界へ。(3時半から飲んでるから当たり前)

今回はKさんに大変お世話になりました。
ありがとうございました。

郡山では味わえない立ち呑みの楽しさを満喫できました。

でも、いまだに楽しくて美味しかった余韻が残っています。
頑張ってまたお小遣い貯めて行きたいな~
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

お通しの期待感

2015-04-09 15:02:41 | ぐるめ-お気に入り
お通し。
お店によっては突出しとも言ったりしますが。

飲食店に入って注文品が出来上がる前に出てくる、ちょっとした料理のことです。


このお通しがキチンと作ってるなぁと感じたら、
その後で出てくる料理への期待感が増してワクワクしちゃいます。

私のお気に入りのお店のお通しを紹介しますね。


居酒屋「す吾六」
ちょっとした添え書きがニクイですねぇ。
菊花きのこおひたし、銀杏、鶏チーズ巻き。



鶏料理「甚六」
焼き鳥がメインですが、魚介類や一品料理も豊富。
アンコウの肝なんて飲兵衛には嬉しい~。



須賀川市の新鮮魚介料理「うお徳」
塩辛、イクラ醤油漬け山芋きゅうり和え、ふぐ皮煮こごり。
これはもう、のっけからヤラレタ感が満載!
食べた料理は全て絶品でした。



居酒屋「宴庭 燦」
鶏ハーブ焼き、バイ貝煮、青梅煮、青梅煮など。
見た目も味も良い創作料理がグループ宴会にぴったり。



「一鮨」
ほうれん草おひたし、生白子ポン酢。
お寿司屋でおひたしが嬉しい。



ダイニングバー「ザ・ラスト・ワルツ」
具だくさんのミネストローネスープとガーリックトースト。
二次会で行くことが多い店なので汁物がホッとしますね。。



日本料理「和餐」
魚トマト煮、もずく酢、厚焼き卵、鶏松風など。
盛り付けがキレイ。



日本料理「正谷」
店主が以前に開いてた原町市の名物(震災で郡山に移転)生ホッキ貝の石焼。
新鮮なのでレアでも自分の好きな焼き加減で。



居酒屋「壱献」
生で食べられる時期が限られるシラス。
旬の魚介に顔もほころびます。



「やきとり大吉 多摩センター店」
店主奥様手作りのおから煮。
もやし和え、ポテトサラダ、おひたしなど家庭料理のホッとするお通しが美味しいの~。



東京・目白「野菜ビストロ かいき」
温野菜タルタルソース、野菜煮物。
野菜の美味しさが堪能できる料理の数々。



これらのお店に共通することは、
お通しにちゃんと手間と愛情がこもっていること。
手を抜かないってことですね。

そして、他のお料理も美味しく供されます。
店主や従業員の方も感じが良く、
また来たいなぁと思わせるお店ばかりです。

今までで一番ひどかったのは、
市販されてる瓶詰とかの海鮮珍味類3種を皿に盛り付けた新オープン1週間の居酒屋。
イヤな予感は当たり、お料理は散々で、接客態度も悪く、テーブルは汚く、テーブルにゴキちゃんまでやって来た!
案の定と言うか当然ながら半年後には潰れてました。

「いらっしゃいませ」の気持ちがこもっているお通し。
また良いお店との出会いがありますように。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ガラス器に魅せられて

2015-02-23 11:09:23 | 雑貨
それは昨年11月のこと。
所用があり上京。

久しく会ってなかったお友達のAさんと美味しいお食事でもと。
彼女は美味しいお店を知っているようなので連れていっていただくことに。





こちらがお店。
溜池山王にあるフレンチの「アリ・バブ」さん。
入口が可愛らしいビストロです。

堅苦しいフランス料理ではなく、
肩ひじはらずに気軽に行けるフランスの食堂と言った雰囲気。




お料理も私達のリクエストに堪えて頂いて、
数種類2人でシェア出来るようにとさりげない心遣いが嬉しい。
前菜盛り合わせとサラダ。
もちろん大好物のスパークリングワイン付き。

すごくホッとする味で、ボリューム満点。
店内を見渡すと外国人のお客様ばかり。
どおりで美味しいはずです。
楽しませていただきました。




ここからが本題。

店内に入った際に大きなガラス枠がある。
これはキッチンが見えるのかなぁ~と思いつつ覗いたら、
そこにはガラス工房が。
レストランに併設されていたのです。

食事が一段落して工房のほうへおじゃましてみました。
吹きガラスに江戸切子を施した作品。
シンプルなのだけど、美しいフォルム、柄の可愛さに一目ぼれ。

これはもう買わなければとお聞きしたら、
「ご注文いただいてから作成するので2~3ヶ月お待ちになりますがよろしいでしょうか?」とのこと。

「待ちます!時間がかかっても大丈夫ですから!」と待つこと2か月半。
ようやく待望のガラス器が到着。




こちらは片口。
ドット&ストライブ柄。




片口よりも一回り大きいグラス。
冷たいお茶や日本酒などにピッタリ。





片口には白和えを盛り付けてみました。
グラスにはもちろん日本酒です。



一つ一つ手作りで吹いているので大きさが微妙に違うところも味があります。
切子の柄も同様。


震災でお気に入りのグラスが殆ど割れてしまい、
その後は何となく怖くて買い控えしていました。

こうしてこの作品に出合えたこと、
作家の山口さん、
お友達のAさん、
アリバブさんに感謝しつつ大切に使っていこうと思います。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

何てこったいッ! 2

2015-02-04 14:10:18 | 健康・病気
またまた、やらかしてしまいました。。。

今度はヤケドです。(+o+)

一昨日の夕食後にホットドリンクを作り小鍋からマグポットに注ごうとしたところ、
手が滑り熱々の液体が左足の甲を直撃

んもぅ、あまりの熱さに声にならない声を張り上げ、
お風呂場へすっ飛んで行き、
患部に冷水シャワーをかけること数分。

しかし、痛みが治まるどころか増すばかり。
これは早急な治療が必要だと判断して救急外来へ。

とりあえず応急処置をして頂きました。




この時に「救急外来はヤケドの専門じゃないから明日にでも皮膚科へ行ってくださいね」とお医者様から一言。

なので、昨日皮膚科を受診。
すぐに冷水をあてたから大事には重度にはならず、全治2週間程度との診断。

今年の抱負は「健康で」を第一目標にしていた私。
半月前には包丁で(しかも切れ味スパスパ!)指をザックリ切り、それが治ってきたところでした。

考えてみれば、私は足やら手やら、ちょこちょこケガしたりと年に2~3回はしてる。。。
(過去記事はこちら →     )

圧迫骨折や関節炎。
ブログには書いてないけど、
階段を踏み外して向こうずねの裂傷全治3週間とか、
凍結した駐車場ですっ転びヒザ流血とか、
半開きのドアに足の小指を打ち付けて骨折とか。(@_@)

何だかもう自分で情けない限り。
家族には「またやったのぉ~」と呆れられてるし。
自分では注意しているつもりなんだけど、
生来おっちょこちょいなんだか、そそっかしいのか。(^^ゞ


あ、一応昨日の豆まきで邪気を追い出すべく大量の豆を撒いておきましたわよ。(笑) (*^^)v
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ぬくぬく大作戦

2015-01-30 15:14:11 | 通販・買い物
新年が明けて早一ヶ月。

寒さはこれからが本番。
まだまだ寒い日が続きます。


以前から寝る時にベッドに足を入れると、ちょっとシーツがヒヤッとしてました。
夏場はイイけど冬はテンション下がります。
我が家のシーツは綿素材なので尚更。

これは、シーツを温かさを感じる素材にしたら良いのではと、大手スーパーへGO!


寝具売り場へ行ったら【温かい~敷パッド】なるものが。

マイクロファイバーで蓄熱・発熱機能。
しかも洗濯機で丸洗い出来る。
ソッコーお買い上げ~。




実際に使ってみたら本当に温かくて、
ダンナちゃんが敷パッドひとつでこんなに温かいのか!と驚いてました。




そして、この長ひょろいものは就寝用ネックウォーマー。
敷パッドと同じ素材で作られたもの。

首回りを冷やすと風邪をひくことが多いので予防するためにも。

これまた寝相が悪い私にはピッタリなもの(笑)




手触り、肌触りが優しくてふわふわ~。


これらのお陰で幸せな眠りにつくことが出来るワタクシです。

でもねぇ、あんまりベッドの居心地がイイもんだから、
このところお寝坊しちゃう率が高くなってしまったのよね~(苦笑)(^^ゞ

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加