銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

重力ピエロ、ミステリーだったとは知らず・・・・。

2009-06-02 | 映画:シネコン

 重力を背負った家族の、“愛”と“謎”


「重力ピエロ」公開開始からお客さんが多いそうです。年齢層もぐ~んと下がって若い人たちが観にやって来るようですね。私は伊坂幸太郎という小説家がいるのは知っていましたが。どんな小説を書いているかを知りませんでした。大ベストセラーの映画化だということもつい最近知りました(汗)

まったく時代から取り残されているな(笑)最近は本当に読書することもなく、映画化されたことで原作本があるんだということを知ることばかり・・・・。駄目ですね

伊坂ワールドと、この作品への映画化を推し進めた脚本家や監督たち。

心動かされる名セリフの数々がファンの心を捕らえている伊坂幸太郎の世界。その中でもこの「重力ピエロ」は絶大な人気を誇っているそうです。原作への愛と情熱での映画化の企画を推し進めたのは脚本家・相沢友子、そしてプロデューサーや森監督率いるスタッフ、そして豪華キャスト。彼らが一丸となってタッグを組んだ作品が奇跡の映画化となった!

STORY

春がニ階から落ちてきた。


春(岡田将生)というのは泉水(加瀬亮)の2歳年下の弟。桜が満開に咲き誇る高校の構内を、泉水からバットを受け取った春は、「じゃあ、行こう」と言ってゆっくり歩き出す。「どこに?」「やっつけに」 春はクラスの高飛車な女子生徒を襲う男子生徒を退治するため、体育倉庫に向かっていた。遠くから聞こえる女性の悲鳴。その声に弾かれた春は倉庫へ駆け込み、逃げ出す男子をバットでぼかぼかとやる。軟な春から想像できないBOURYOKU的行動に驚く、だけどあまり過激に映らないのは何故?なのか。あまりにもあっさりした感じなのである。2階まで追いかけてあっさりと片をつけた後は、そのまま飛び降りていく。お礼を言う女子生徒にも、バットで一撃を加え、「別にOMAEを助けにきたんじゃない」と・・・・。その光景に呆然と見つめる泉水の姿。

   

7年後。母梨江子(鈴木京香)の命日に実家へ集った泉水と春、そして父・正志(小日向文世)は、お手製のおでんシチューを突きながら食卓を囲み団らんしている。


大学院で遺伝子の研究をする兄泉水と、落書き消しの仕事をして働く弟の春は、父と母の溢れる愛情を受けてすくすくと育った。

 

アルバムには幼いころからいつも一緒だったふたりの写真が貼られている。

ある日、食あたりを疑い病院に行った父を実家に見舞った泉水に、「ガンだって」とあっけらんかんと告白する正志。本当に大丈夫なの?とため息をつく泉水に、春は「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」と諭す。そのことで重たい空気が、一瞬でも軽くなる?ってう~んほんと・・・・?

仙台市内で起こる連続放火事件。

父の病気が分かったころ、市内ではこの事件があちらこちらで発生していた。春曰く、自分がグラフィティアートを消した場所の近くで、必ず放火が起きていることに気づき、泉水に相談する。

 


春が写した落書き現場のポライド写真には、壁に大きく描かれた「God」「Can」
「Talk」「Ants」「go to」「America」といった文字。

放火犯からのメッセージだと考えた春は、半信半疑な泉水を誘って夜の街を見張りに出る。

手分けして張り込みをするふたりのそばで、またしても火の手は上がる。


泉水が「放火のルール」を発見したのは、入院中の正志がクロスワードパズルに熱中するのを見た時だった。グラフィティアートの頭文字を並べた「GCT」「AGA」は遺伝子の文字列と一致する。そして放火現場の頭文字と対をなし、二重螺旋のようにして結びついているのだと。
つまりグラフィティアートは、遺伝子配列を使い放火現場を予告する暗号だったのだ。

放火と遺伝子にはどんな関係があるのか?

頭を悩ます泉水に大学院の友人・山内(岡田義徳)は、24年前に仙台市内で起きたある忌まわしい連続事件の犯人がこの地に戻ってきたことを知らせる。


その事件とは。当時高校生だった犯人は社会復帰を果たし市内でDERUHERIやBAISYUNなどの斡旋を行っているとのこと。
衝撃を覚え、その場で動けなくなる泉水
実はその被害者の一人が、今は亡き泉水の母、梨江子だったのである。興信所に依頼して、その身元をつきとめた泉水はそのオーナー、葛城(渡部篤郎)を尾行してタバコの吸い殻を入手する。

春の部屋から採集した髪の毛と葛城のタバコの吸い殻を照合し、ふたりが親子であるかどうかの鑑定を行った。ディスプレイ上に示された結果を見て、がっくりとうなだれる泉水。

 
泉水は葛城のマンションに訪れる。そこで犯罪を肯定する彼の独善的な論理を聞く。そのときある決意を胸に抱く・・・・・。

「お前たちに話しておくことがある」。父正志の告白は・・・・。

7年前、梨江子が自動車事故で亡くなったとき、梨江子が24年前の被害者だったことを告白。そのとき生まれた子供が春だったことを初めて語る。


妊娠を知らされたとき、咄嗟に空を見上げて、神様に相談したと打ち明ける。

神様の声をはっきり耳にしたと言う正志。答えは?「自分で考えろ!ってそう言ったんだ」どこか誇らしげな表情で、続けて話す。「だから春は俺の子。俺の次男で、泉水の弟。俺たちは最強の家族だ」そんな正志をふたりは誇らしく微笑み見つめた。

インターネットでSATUZIN方法を検索する泉水。レンタカーを予約してロープにブロックを物色、葛城と再度会う約束を取り付けた泉水のもとを春が訪ねてくる。

新たに見つかったグラフィティアートの写真を携え、今度こそ放火魔を捕まえようと話す春に、「そんなことをやっているヒマなんてないんだ」と、抑えていた感情を爆発させる。

外に飛び出た泉水は、そこで何度か見かけた謎の美女(吉高由里子)の姿を発見!彼女はかって春を追いかけまわした同級生だった。「春を追いかけるから、夏子」と呼ばれていた。そんな彼女は全身を整形し、いまも春をつけ回していた。そんな彼女は泉水に向かって放火事件の真相に関わる衝撃的な事実を語り始めたーーーー。

結末は何となくこうなのでは?と思っていたらやはりそうでした。

泉水の友人・山内が言った言葉
犯罪性は遺伝するっていう説もあるよ。

分かりますよね。ここまで言えば。実は彼はこのことをすべて知っていた。葛城への憎しみもあったりして、結局彼も犯罪を手をそめる方向へと。


ついに子供のころ慣れ親しんだ昔の家も・・・・・。


自分の誕生へのトラウマを消すにはこうするしかないのかもしれないね。

ありがちなストーリーですが、独特な世界観でした。春という少年の行動も普通で考えればちょっとヤバいんだけれど、ここでは許されちゃうんだね。確かに重たい内容だったが、少し考えを変えれば軽くなるのかしら?父正志が言った言葉「俺たちは最強の家族だ」が家族愛の真髄を教えてくれたように思えた。

切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った人気作家・伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見つかるグラフィティアートの謎を追う兄弟が、やがて家族にまつわる哀しい過去と向き合っていくさまを、家族の愛を軸に軽妙かつエモーショナルに描く。主演は「それでもボクはやってない」の加瀬亮と「ホノカアボーイ」の岡田将生。監督は「Laundry ランドリー」の森淳一。(allcinemaより抜粋)

企画・脚本: 相沢友子

家族の愛は、重力を超える。

オフィシャル・サイト
http://jyuryoku-p.com/

 

メディア 映画
上映時間 119分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月 2009/05/23
ジャンル ミステリー/青春/ドラマ

 
父親役の小日向文世さんのヘアスタイルに思わずむふっ



舞台挨拶クリックすると大きくなります。

加瀬君は現在35歳、岡田君は20歳だそうです。そんなに年の開きがあるとは驚き

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (6)   Trackbacks (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月の始まり♪映画色々・・・... | TOP | STAR TREK(2009)☆★ »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
伊坂作品 (にゃむばなな)
2009-06-02 13:34:15
私も伊坂先生作品の映画には今年になってから出逢ったのですが、ドラマとミステリーの塩梅がいい感じですよね。

『アヒルと鴨のコインロッカー』や『フィッシュストーリー』も結構面白いですよ。
こんばんは^^ (KLY)
2009-06-03 00:14:32
私も伊坂作品は完全未読です!(←エバルナ
でもまあ映画のほうは観てるんですけどね。中村監督との相性が悪いんで、今回の森監督が作った本作が私の中ではベストなんです。
にゃむばななさんも書いてますけど、家族ドラマとミステリーの融合が非常に巧みで、上手い作品でした^^
Unknown (mig)
2009-06-03 00:19:54
こんばんは♪

今月も観たい映画いくつかありますけど
この作品、まだ観てないんですよね、、、
なかなか皆さんの評判もいいんですよね??
もし観たらまたお邪魔しますね★
いくつか (sakurai)
2009-06-03 10:02:09
読みましたが、この「重力ピエロ」が一番いいです。
keyakiyaさんが、「良俗を逆なでする。。」と言う表現をされてて、「うーん、まさにそれ!」と感じる本です。
でも、あたしはその、あえて逆なでする挑発めいたものと、彼が描く、悪に抗えない人間の弱さ・・・その辺の描き方が好きだなあ。
その弱さからなんとか踏み出してほしいという願望もあるような・・。
そのあたりのバランスが、絶妙だったのが、この物語だと思いますわ。
Unknown (mig)
2009-06-10 14:15:16
こんにちは、コメント以前した通り観てきました☆

普段結末あんまり考えないようにしてみてるせいかけっこう驚きのラストでした。
弟は生きてるのがつらいですよね、あんな結果で生まれたと思うと、、、、。
殺しても、それで気持ちがはれるということもない気がします。
本人には知らせないのが一番なのに、、、とも思いましたけど。
でもお勧めできる作品でした~
素敵な映画でした (ノルウェーまだ~む)
2010-02-14 23:15:16
こんにちは☆
素敵な映画でしたね。
全てのキャストがぴったりときて、家族の優しさや愛に包まれた、透明感のあるところが好きです。
ちょっとした犯罪、誰でも簡単に犯人にもなれる状況というのが、伊坂ワールドには度々でてきますが、それを「神様に目隠ししてもらう」ことで免除してしまう部分は、現実には許されないことでもあるので、ラストはちょっと微妙でした。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

56 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
重力ピエロ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『俺たちは最強の家族だ』  コチラの「重力ピエロ」は、「アヒルと鴨のコインロッカー」をはじめ「陽気なギャングが地球を回す」、「フィッシュストーリー」と映画化が続く伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化した5/23公開の感動ミステリーなのですが、早速観てき...
『重力ピエロ』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:森淳一原作:伊坂幸太郎出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、鈴木京香、渡部篤郎試写会場 : 京橋テアトル試写室公式サイトはこちら。<Story>遺伝子を研究する大学院生・泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春(岡田....
試写会「重力ピエロ」 (日々“是”精進!)
「重力ピエロ」の試写会に行ってきました切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った人気作家・伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見つかるグラフィティアートの謎を追う兄弟が、やがて家族...
『重力ピエロ』 (めでぃあみっくす)
小日向文世さんは最強の脇役だ。この映画を見ると誰もがそう思えるのではないでしょうか。伊坂幸太郎先生原作の映画化や加瀬亮さんと岡田将生さんの主演で話題を呼んでいる作品ではありますが、映画を見終わって一番印象に残ったのは間違いなく「この人にしか出せない雰囲...
映画 【重力ピエロ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「重力ピエロ」 伊坂幸太郎の同名小説の映画化。 おはなし:遺伝子研究をしている大学院生の奥野泉水(加瀬亮)は、弟の春(岡田将生)から奇妙な話を聞く。春は街の落書き消しを仕事にしていたが、その現場と最近続いている連続放火事件のそれが、すべて共通...
重力ピエロ (加瀬亮さん&岡田将生さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆加瀬亮さん(のつもり) ◆岡田将生さん(のつもり) 映画『重力ピエロ』に加瀬亮さんは奥野泉水 役で、岡田将生さんは奥野春 役で出演しています。 昨日よりついに全国公開されました。 ●導入部のあらすじと感想
[映画『重力ピエロ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆深く重いが、いい作品だった。  私は、ミステリには非常に詳しかったのだが、原作の伊坂幸太郎がデビューした頃から、なかなか読書の時間が取れなくなり、伊坂作品には詳しくない。  でも、先日観た伊坂原作の『フィッシュストーリー』には非常に感心した口だ。  ...
重力ピエロ (そーれりぽーと)
「春が二階から落ちてきた」 以前から意味深な予告編が気になっていた『重力ピエロ』を観てきました。 ★★★★ 賢い兄貴と、クールで正義感の強い弟、そして妻に先立たれた父の家族ドラマかと思って観ていたら、とんでもなく重い運命の鎖に縛られた家族が、鎖を断ち切ろ...
重力ピエロ/加瀬亮、岡田将生 (カノンな日々)
伊坂幸太郎作品はまだ一度も読んだことはないのに伊坂幸太郎ファンを名乗ってしまう私です。ベストセラー小説で伊坂幸太郎作品の中でも最高傑作と言われる『重力ピエロ』の映画化はとても期待していた一方で映像化は難しいんじゃないかという話もちらほら耳にしていて不安...
重力ピエロ (花ごよみ)
伊坂幸太郎原作の同名小説の実写化 タイトルは重力ピエロ。 重さがのしかかった家族。 それでもふんわり楽しく生きていれば 地球の重力を感じない。 大学院生の兄、泉水(いずみ)(加瀬亮)は ごく普通の学生、そして優しい性格。   弟の春(岡田将生)は 心の弱さと...
重力ピエロ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。原作は以前、読んでいます。 遺伝子を研究している大学院生、泉水と芸術的な才能がありイケメンな2つ年下の弟、春は仲の良い兄弟。母を亡くしていたものの優しい父と3人で平穏に陽気に暮らしていました。けれど、春の出生につい...
私の秘密の花 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
私の秘密の花 [DVD] ¥1,899 Amazon.co.jp マドリードに住み、アマンダ・グリスというペンネームでロマンス小説を書くベストセラー作家のレオは、夫、パコとの間に溝ができているものの、夫への愛に固執せずにはいられません。ある日、親友で心理カウンセ...
~『重力ピエロ』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、森淳一監督、加瀬亮、岡田将生主演。
『重力ピエロ』 (You got a movie)
監督   森 淳一 キャスト 加瀬 亮      岡田将生      小日向文世      鈴木京香      渡部篤郎 ほか      アヒルと鴨のコインロッカーや死神の精度の伊坂幸太郎が書いたベストセラーミステリーの映画化。仙台のある町で起こった連続放火...
映画「重力ピエロ」@京橋テアトル試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写会は「Yahoo!映画/ユーザーレビュアー試写会」だ。会場となった試写室は満席で補助椅子も稼動された。映画上映後には森淳一監督を招き観客とのティーチインが行われた。  映画の話 大学院で遺伝子の研究をする兄の泉水と、自分がピカソの生まれ変わ...
『重力ピエロ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”があった。その原因をもたらした“ある男”が街に戻ってきた。そ...
『重力ピエロ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日の夜は京橋にある京橋テアトル試写室に5/23公開の『重力ピエロ』の試写会に行ってきましたー。 Yahoo!映画のレビュアー限定の試写会で、今回は監督の森淳一さんのティーチイン付きのものでしたー。 会場近くには割と早めについたものの、会場広くないし開場時間まで...
重力ピエロ・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「重力ピエロ」という不思議なタイトルからは、映画の内容がまったく想像できない。 実際、掴みどころの無い不思議な映画である。 この原作...
『重力ピエロ』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----これって人気の伊坂幸太郎の原作ニャんでしょ。 彼の小説って次々と映画化されているよね。 「そうだね。 やはりそれだけ人気が高いってことだろうね。 こ...
重力ピエロ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
毎度のことだが私は伊坂幸太郎原作の映画とは相性が悪い。残念ながら今回も同じだ。一見関係のない出来事が最後にピタリと合致するのが伊坂ワールドの特徴で、本作もそれを踏襲し、ミステリーとしての完成度は高い。だが、この作者の魅力と言われる名台詞は、文字で読む分...
【映画】重力ピエロ (新!やさぐれ日記)
▼動機 駄作だと思ってた小説の映画化 ▼感想 そういうことだったのかっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では...
重力ピエロ (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎のベストセラー小説の映画化。ちなみに同じ伊坂幸太郎原作では最近公開された『フィッシュストーリー』や『アヒルと鴨のコインロッカー』があります。主演は『犬と私の10の約束』や『パコと魔法の絵本』などヒット作に多数出演している加瀬亮。共演に『ホノカ...
映画 「重力ピエロ」 (ようこそMr.G)
映画 「重力ピエロ」
「重力ピエロ」世の中で裁けなかったDNA事件を裁かなければならなかった悲劇の運命 (オールマイティにコメンテート)
「重力ピエロ」は伊坂幸太郎原作の重力ピエロを映画化した作品で連続放火事件が多発する事件の謎を追う大学生とフリーターの青年が事件を追ううちに家族の過去の秘密にたどり着くストーリーである。原作は未読ながら鑑賞しているうちにこの家族の境遇から事件への経緯が2...
重力ピエロ (だらだら無気力ブログ)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化。 仙台を舞台に連続放火事件とその現場近くで見つかるグラフィティアート。 ある兄弟が、事件に興味を持ち、その謎を解いていくが、その過程で兄弟の 家族の過去が明らかになっていく。大学院で遺伝子の研究を行っている泉水と芸術的な絵...
「重力ピエロ」 (俺の明日はどっちだ)
「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」 重く切ないテーマを持ちつつも、軽やかな文体によって描いていた伊坂幸太郎の同名ミステリーを期待以上の仕上がりで映像化した作品。 仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見つかるグラフィティアートの謎を追う兄弟...
映画「重力ピエロ」を観ました!!(2009-9) (馬球1964)
映画「重力ピエロ」を観ました!!2009年の第9作目です。
重力ピエロ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。伊坂幸太郎原作、森淳一監督、加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、渡部篤郎、吉高由里子。伊坂作品らしく仙台市が舞台。母親役の鈴木京香も仙台出身だ。けれど、「最高傑作」、「映像化不可能」の触れ込みの割には、策に溺れるというか、仕掛けに溺れる...
『重力ピエロ』 2009-No19 (映画館で観ましょ♪)
桜の花びらがはらはらと舞い落ちる物語の始まり。 「春が二階から落ちてきた」 原作・伊坂幸太郎 珍しく原作を読んでから観た作品。 ...
【重力ピエロ】 (日々のつぶやき)
監督:森淳一 出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、渡部篤郎、鈴木京香、岡田義徳      家族の愛は、重力を超える。 「遺伝子を勉強する大学院生の兄泉水と絵の才能を持つ弟春は母親を亡くし父親と三人の家族。 家族の住む仙台市内で連続放火
重力ピエロ (迷宮映画館)
期待にたがわず、すばらしい出来だった。
重力ピエロ (to Heart)
家族の愛は、 重力を 超える。 製作年度 2009年 上映時間 119分 原作 伊坂幸太郎 『重力ピエロ』(新潮社刊) 脚本 相沢友子 監督 森淳一 出演 加瀬亮/岡田将生/小日向文世/吉高由里子/岡田義徳/渡部篤郎/鈴木京香 作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説である、傑作...
愛はDNAを超える。『重力ピエロ』 (水曜日のシネマ日記)
伊坂幸太郎の小説を映画化した作品。大学院で遺伝子の研究をする兄と落書き消しの仕事をする弟の物語です。
「重力ピエロ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
第五回本屋大賞、このミステリーがすごい!2009年第一位、等々、かなり評価された、原作を、如何に映像化しているか? 凡庸な邦画に成り下がっていないか? 期待半分、不安半分で観てきました。うーん、個人的には、原作は未読ですが、一本の映画としては、それなり...
『重力ピエロ』 (カエルノセカイ)
ある春の日、奥野泉水(加瀬亮)は二歳違いの弟である春(岡田将生)に、頼まれ事をされる。 春の高校まで、ジョーダン・バット――父が買ってきたそのバットには、なぜかマイケル・ジョーダン(?)のサインが入っている――を持ってきて欲しいというものだった。 バット...
『重力ピエロ』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「重力ピエロ」□監督 森淳一 □脚本 相沢友子 □原作 伊坂幸太郎 (「重力ピエロ」新潮社刊)□キャスト 加瀬 亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香■鑑賞日 5月30日(土)■劇場 109CIN...
重力ピエロ・リベンジ。 (ペパーミントの魔術師)
SometimesS.R.S 山口卓也 いしわたり淳治 トイズファクトリー 2009-05-20売り上げランキング : 585おすすめ平均 無題新鮮なノスタルジーAmazonで詳しく見る by G-Tools 映画の宣伝と別に CDの宣伝も流れるようになりました。PV見たんですが 岡田将生くんが映画に出てる...
「重力ピエロ」 (てんびんthe LIFE)
「重力ピエロ」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞 何かと話題のこの作品。 「はるが2階から落ちてきた」 という印象的なフレーズ。 これがすごく深い意味をもっていたんですね。 加瀬亮は淡々と兄の役をこなし、岡田将生くんを盛り上げていたという印象。 心理的に...
重力ピエロ (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:森淳一 人は変わる
【重力ピエロ】★加瀬亮★岡田将生 (猫とHidamariで)
春が、二階から落ちて来た。重力ピエロ HP重力ピエロ シネマトゥデイスタッフ監督:森淳一原作:伊坂幸太郎企画・脚本:相沢友子キャスト加瀬亮  : 奥野泉水(兄)岡田将生 : 奥野春(弟)鈴木京香 : 奥野梨江子(母)小日向文世 : 奥野正志(父)吉高...
早くも予告に登場!「特別犯罪対策室」全員集合!(BOSS#8・エキストラレポート) (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
6/11(木)22:00~「BOSS」第9話に出演『BOSS』“顔のアップに耐えられない”なんてことはない大澤絵里子@天海祐希は、いつ長さん@「8時だヨ!全員集合」になったんだ“見栄を張ってワンサイズ上のブラを買う”さとう里香のナンパに失敗した今日...
重力ピエロ (アートの片隅で)
ブログパーツならブログデコ!!
「重力ピエロ」:新宿三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ティファニーって、新宿三越に入っているのか・・・。 {/hiyo_en2/}仙台にもあるわよね。 {/kaeru_en4/}たしか、仙台でも三越の中にあったはずだ。 {/hiyo_en2/}仙台にあって、壁に落書きはされていないの? {/kaeru_en4/}そんな、仙台中が落書きされている...
「重力ピエロ」 自分で考えろ (はらやんの映画徒然草)
遺伝か、環境か? 劇中でも語られていたように、ある人の人間性を形成するのは、遺伝
重力ピエロ~家族という重力、愛というピエロ (シネマでキッチュ)
今日観てきたばかりのホヤホヤです。 「重力ピエロ」 素晴らしく想像力をかきたてる題ですねえ。 原作小説は未読です。 その想像力をもはるかにしのぐドラマの世界にただただひきこまれてしまいました。 家族についての重い映画です にもかかわらずファンタジーにも似た不...
「重力ピエロ」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
辛いほど、苦しいほど強くなる。家族だから。先日、ひさしぶりに実家に電話をしたら、母が映画のロケが来ているという話をし始めた。「伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」という作品で、大河ドラマで将軍さんを演った人が来てたみたい」・・・って、それ今大人気の堺雅...
重力ピエロ / 73点 / 良い映画やけど非常に文章的なんよなー・・・ (FUNNY GAMES?)
原作がエエからエエ映画になってるっつー感じで、映画単体としては・・・ 『 重力ピエロ / 73点 』 2009年 日本 119分 監督 : 森淳一 脚本 : 相沢友子 出演 : 加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香 【
「重力ピエロ」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
連続放火事件と謎のグラフィティアート。
映画の「重力ピエロ」 (Q-Days)
伊坂幸太郎作品の「重力ピエロ」と「フィッシュストーリー」 の映画DVDが、ついにレンタル開始されましたね。 って事で、早速借りに行ってきたのです。 あった、あった。 上位ランキングに並んでるやん~。 しかし、新作を2本一週間で借りるんは...
「重力ピエロ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
配役が良かったなぁ。子役との流れも完璧でした
「重力ピエロ」ドロドロなのに透明感 (ノルウェー暮らし・イン・London)
久しぶりに邦画を見た。 さすがの伊坂幸太郎原作もの。 深刻な内容なのに、どこか透明感のあるピュアな雰囲気。 すべてのキャストが、最高にマッチして、無駄な人物はひとりもいない。 人目をはばからず、声を上げて泣きながら見ている私がいた。
重力ピエロ (単館系)
難しいけど面白かった。 遺伝子の並び方と放火の地図の場所と対になっている遺伝子と場所。 24年前におきた連続レイプ事件の場所と落書き(...
岡田将生 加瀬亮 渡部篤郎 / 重力ピエロ  (中川ホメオパシー )
ワケもなくコンピューターおばあちゃん どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの坂本龍一担当、ブロッケンです。 伊坂幸太郎...
『重力ピエロ』 (『映画な日々』 cinema-days)
重力ピエロ 遺伝子の研究をする大学院生と落書き消しをする弟が 連続放火犯の手掛かりを掴み、真相を追うが... 【個人評価:★★★ (3.0P)...
映画評「重力ピエロ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・森淳一 ネタバレあり
重力ピエロ 1 (ハクナマタタ)
いくつか印象的な言葉がある そこをきっかけに作品感想とは違う方向へも考えが飛んでしまった あわせて考えたことをかく 考えたことは 1.作品のこと 2.自分のとるだろう行動(経験則による判断基準) 3.スタンス(自分だけでなく他者にも一貫...