銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

7つの贈り物◇◆SEVEN POUNDS

2009-03-22 | 映画:シネコン

 あなたなら、受け取れますか?

彼は【ある計画】を進めていた。
7人の他人を選ぶ。
そして、彼らの人生を変える。
何のために──?

近年ではジャンルを問わず出演作がメガヒットを放つ、アメリカを代表する「ドル箱俳優」の1人だそうです。“アイ・アム・レジェンド”、“幸せのちから”、“ハンコック”すべて観ましたね。そういえばどれも良かったな・・・・・・。

そんなウィル・スミスの最新作が「7つの贈り物」。ようやく鑑賞しました。前売りチケットは購入せず・・・・。実は予告編観たけれど、あんまりインパクトなかった。なもんで、事前に購入する気になれなかった。そんなことで1000円ディーに鑑賞しようと思っていた作品です。MOVX京都は20日がMOVXディーということで1000円、このときを逃してはならないと夕方鑑賞致しました。

ところが、しっかり鑑賞するものの、いまひとつストーリーが把握出来ず(汗)7人の人に贈り物をする主人公ベン・トーマスという男のお話だというのは分かるのだが。何故?彼がこういうことを始めたのか?が初めはまったく観ていてもちんぷんかん?ベンは納税滞納者の調査をする職員を装い、贈り物を贈るリストを作成する。病院で入院している少年のため、自ら骨髄液を取ってもらい提供する。その他視覚障害のエズラ(ウディ・ハレルソン)にも・・・・。彼に最終贈ったものはラストで分かることになるが。DVを受けている女性には家をプレゼント。そしてベンのリストの中で、エミリー(ロザリオ・ドーソン)という重い心臓病を患い、余命幾ばくもないという女性との出会いがある。この出会いがベンの計画に大きな影響を与えるということで、お話はその女性と運命的な出会いが軸となってストーリーが展開していく。贈り物をするという理由もなかなか理解出来ず?そのわけは、お話の途中フラッシュバックのように現れる。良く観ていないと分からないような感じだが。物語の進行で徐々に謎が解かれていく。


二人はいつしか愛し合うようになる。

親友ベン(バリー・ペッパー)には、この贈り物計画の全貌が知らされているという内容だが、彼の出番も少なくベンとの絡みもあまりないので、重要な人物にも思えない。またベンの弟が、彼に執拗に追いかける理由もラスト近くになって解明されるというもの。全体に中途半端な構成のようで、このお話の核心部分が少し弱いように思えた。ベンが起した事故によって、7人の人が亡くなった。その罪を償うために、自分の身を削って、7人の人たちに命を賭けた贈り物を贈るというお話は感動的だが、その感動に繋がるには少し弱いなあと思った。


視覚障害を持つエズラ
役のウディ・ハレルソンはあの「ノーカントリー」で殺し屋を演じた方です。何処かで見たなあ?と思っていたらあの方だった。

 素顔のウディ、そういえば、「今宵フィッジェラルド劇場で」にも出演していた。

 バリー・ペッパー メルアキデス・エストラーダの3度の埋葬が印象深いですね。いい役者さんですよね。


エミリー役はロザリオ・ドーソン、私が印象的なのは、タランティーノ監督の「デスプルーフinグラインドハウス」(07)で演じたアバナシー。

ベンは愛するエミリーの命を助けるため、自分の命と引き換えの贈り物となります。人間はここまでやれるのかな?

そしてエズラの目を治したのも、ベンの命がけの贈り物でした。

ラストは結構感動ものでしたが・・・・・。でも何かちょっと入りこめるところまでの作品じゃなかった。

 

ウィル・スミスが「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督と再びタッグを組んだ感動のヒューマン・ドラマ。辛い過去を背負い心に傷を抱えた男が、ある計画を実行するために見知らぬ7人を選び、彼らの人生を変える贈り物を捧げようとするミステリアスな動向とその真意が明らかとなっていくさまを綴る。
 過去のある事件によって心に傷を抱えながら生きる男ベン・トーマス。彼は7人の名前が記されたリストをもとに、ある計画を実行しようとしていた。それは、7人がある条件に一致すれば、彼らの運命を永遠に変える贈り物を渡そうというもの。その7人は互いに何の関係もない他人同士だが、ベンにとっては彼らでなければならない理由があった。またこの計画の目的や、贈り物の中身が何であるか、ベン以外には彼の親友が唯一知るのみ。こうして、ベンは7人それぞれに近づき、彼らの人生を調べ始める。だがやがて、リストの中の一人で余命幾ばくもない女性エミリーとの出会いが、ベンの計画に大きな影響をもたらせていく…。 (all cinemaより抜粋)

メディア 映画
上映時間 123分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2009/02/21
ジャンル ドラマ

オフィシャル・サイト
http://www.sevenpounds.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/sevenpounds/


 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーストラリア◇AUSTRALIA | TOP | 悲夢★SAD DREAM »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (KGR)
2009-03-22 15:15:07
ほぼ同感ですね。
罪悪感からの贖罪。
7人の命を奪った見返りに、
自分の身を削って7人を助ける。
話としてはわかりますが、やり方は疑問。

もっと別のやり方があったろうし、
もっと多くの人の力になれたかもしれない。

そもそも被害者やその遺族には
何の関わりもない人を助けて
罪の意識が軽くなるんでしょうか。
まず! (sakurai)
2009-03-22 20:24:42
自分の命を粗末にする前に、することがあるだろ!と突っ込みたくなりました。
なんかつぼが違いましたね。
ウッディ・ハレルソンは、だいぶ薄くなってきてるはずなのですが、妙にいっぱいあった髪の毛に違和感ありあり。
真新しい・・・けど (メビウス)
2009-03-23 18:49:09
mezzotintさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

サスペンス風に進んでいく感動作っていうのは結構真新しいなと観て思っていましたが、観終わって自分も確かに一通りの感動は覚えたものの、それでも涙が流れなかったのはやっぱりベンの行動や贈り物を贈る基準みたいなものが曖昧だったからかもしれません。
ベンの過去も断続的なフラッシュバック多用よりも、エミリーに電話で物語を聞かせるな感じか、回想風にした方が個人的には良かったかもです。
こんばんはー。 (★しんぽん★)
2009-03-24 00:42:26
TBありがとうございますー。
ロザリオ・ドーソンが自分はとっても魅力的に感じました、この作品。
世間の評価は低めみたいですねー。自分はそんなに嫌いではないんですけどねー。。。

ameblo.jp/snapshots/

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

Similar Entries

60 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
7つの贈り物 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あなたなら、受け取れますか? 彼は【ある計画】を進めていた。 7人の他人を選ぶ。 そして、彼らの人生を変える。 何のために─?』  コチラの「7つの贈り物」は、ガブリエラ・ムッチーノ監督、ウィル・スミス主演という「幸せのちから」のコンビが再びタッ...
7つの贈り物 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ウィル・スミスのシリアス路線は上から目線な感じ
7つの贈り物 (勝手に映画評)
芸達者ウィル・スミスの最新作。監督は、こちらもウィルの感動の作品「幸せのちから」でメガホンを取ったガブリエレ・ムッチーノ。どちらも、ウィルの演技力を試すような内容の作品になっていますが、ウィルは、その期待に見事に応えています。 さて、先にも「幸せのちか...
劇場鑑賞「7つの贈り物」 (日々“是”精進!)
「7つの贈り物」を鑑賞してきましたウィル・スミスが「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督と再びタッグを組んだ感動のヒューマン・ドラマ。辛い過去を背負い心に傷を抱えた男が、ある計画を実行するために見知らぬ7人を選び、彼らの人生を変える贈り物を捧げよ...
7つの贈り物/Seven Pounds (いい加減社長の映画日記)
土曜日の2本目には、「7つの贈り物」を選択。 ちょっとミステリーっぽくて、楽しみにしていました。 「UCとしまえん」は、いつもよりは少なめ。 「7つの贈り物」は、大きめのスクリーンで、1割程度。 【ストーリー】 過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・ト...
7つの贈り物 (Memoirs_of_dai)
クラゲではなくウィルに毒を 【Story】 過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた…...
7つの贈り物 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題:Seven Pounds。ガブリエル・ムッチーノ監督、ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、バリー・ペッパー、マイケル・イーリー。原題のpoundってどういう意味かなと考えたら、どうも保管所とか収容場という意味のようだ。つまり、人生の...
映画「7つの贈り物」   (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/2/23、109シネマズ木場。 ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、 ウディ・ハレルソン、ロビンヌ・リー、バリー・ペッパー。 *** 冒頭のシーンは結末に関連するので、その内容は書かない。 ベン・トーマス(ウィル・スミス)は、IRS(歳入局、国税庁的組...
7つの贈り物 (映画君の毎日)
※ストーリー※過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた。親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明けられた計画は、見知らぬ7人の他人に彼らの人生が変わるような贈り物をすることだった。そして計画実現のため...
★7つの贈り物(2008)★ (CinemaCollection)
SEVENPOUNDSあなたなら、受け取れますか?彼は【ある計画】を進めていた。7人の他人を選ぶ。そして、彼らの人生を変える。何のために──?上映時間123分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/02/21ジャンルドラマ【解...
7つの贈り物 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:SEVEN POUNDS公開:2009/02/21製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:123分鑑賞日:2009/02/22監督:ガブリエレ・ムッチーノ出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、マイケル・イーリー、バリー・ペッパー、ウディ・ハレルソンあなたなら、受け取れますか?...
映画 【7つの贈り物】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「7つの贈り物」 『幸せのちから』のウィル・スミスとガブリエレ・ムッチーノ監督再び組んだ作品。 おはなし:過去の事件で心に傷を負ったベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた。親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明けられた計画...
映画「7つの贈り物」(2008年、米) (富久亭日乗)
      ★★☆☆☆  Will Smith主演のドラマ。 原題は「Seven Pounds 」。        宇宙工学のエンジニア、Ben Thomas (Will Smith)には、 美しい妻があり、 海辺の瀟洒な家に住んでいる。 だが幸福な生活は 自らの不注意が起こした交通事故で一変する。 妻...
【映画】7つの贈り物 (新!やさぐれ日記)
▼動機 ぞーきでしょ? ▼感想 ぞーきでしょ? ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ▼あらすじ 過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた。親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明けられた計画は、見知...
7つの贈り物/ウィル・スミス (カノンな日々)
ウィル・スミスの出演作にもアタリ、ハズレはいろいろありますけど、なんだかんだ言いつつけっこう私は楽しめてるほうなので彼の出演作というだけでけっこう楽しみだったりするんですよね。 『幸せのちから』のガブリエレ・ムッチーノ監督と再びタッグを組んでのヒューマ...
映画 「7つの贈り物」 (ようこそMr.G)
映画 「7つの贈り物」
映画 「7つの贈り物」 (ようこそMr.G)
映画 「7つの贈り物」
『7つの贈り物』 (めでぃあみっくす)
私ならこの贈り物を受け取りません。理由はただ一つ、贈り主の動機が不鮮明だからです。 ウィル・スミスがガブリエル・ムッチーノ監督と再び組んで『幸せのちから』路線の映画を作ろうという気満々の割には、バランスの悪い映画でしたね。ちょっとウィル・スミスの作品選...
「7つの贈り物」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  公開初日に観に行っていたのですが、なかかな記事をUPできずにいました。何だかちょっと微妙です…。(でも一応、観賞の記録として書いておくことにしました)決して悪い作品ではないんです。でも日本では、宣伝のやりかたが良くなかっ...
7つの贈り物 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年2月21日 公開 ★★★☆☆ 気持ちは分かるがちょとキツイ 星3っつ! あなたに~あげる 私をあげぇるぅ~ (by西川峰子) にわかにネタバレしちゃってますごめんなちゃい♪ うぅ~ん、そういうことなのね。 ...
『7つの贈り物』・・・究極の自己犠牲で罪を贖うことの重み (SOARのパストラーレ♪)
自分の過去に苦悩する男が意を決して進める計画。それはある条件に見合う7人の他人を選び出し、彼らにひとつずつ7つの“贈り物”をすることだった・・・。
「7つの贈り物」みた。 (たいむのひとりごと)
「ネタバレ厳禁令」がしかれていたこの映画。予備知識は予告編程度な私だったので、原題も「Seven Presents」かと思っていた。でも『Seven Pounds』だったのだね。”Pounds”(ポン
『7つの贈り物』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「7つの贈り物」□監督 ガブリエレ・ムッチーノ □脚本 グラント・ニーポート □キャスト ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、バリー・ペッパー、マイケル・イーリー■鑑賞日 2月21日(土)■劇場 チネチッタ■...
7つの贈り物 (You got a movie)
監督   ガブリエレ・ムッチーノ キャスト ウイル・スムス      ロザリオ・ドーソン      ウディ・ハレルソン   7つの贈り物、そのひとつひとつが何であるか、なかなか判らないまま物語が進んで行く。彼が住む海辺の家がその贈り物のひとつであることは...
7つの贈り物 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
「国税庁の職員のベン・トーマス」と名乗る男が、互いに関係のない人々の名前のリストを持ち、彼らの人生を調べ始めます。そして、"良い人間"だと確認された者に運命を変えるような贈り物を手渡そうとしていました。その動機、そして、目的は何なのか...。 ...
7つの贈り物 (迷宮映画館)
事故には気をつけよおお!!
7つの贈り物 (LOVE Cinemas 調布)
ウィル・スミス最新作。ウィルはここ1年で、『アイ・アム・レジェンド』、『ハンコック』と本作と3度目の来日だそうです。「そろそろ日本の市民権をくれよ」と言っていたらしいですが。(笑)監督は『幸せのちから』でウィルと組んだガブリエレ・ムッチーノ。予告編で観...
7つの贈り物 (まぁず、なにやってんだか)
昨日は7つの贈り物を観てきました。 この映画はネタバレしてしまうと、これから観る人は楽しめないと思うので、当たり障りのないところで感想を書こうと思うのですが、ネタバレせずに書くのは難しいですねぇ・・・。絶対ネタバレは困る、という人は読み飛ばしてくださ...
[Review] 7つの贈り物 (Diary of Cyber)
この作品、最初から後半のしかもクライマックスに至るまで、どういう内容なのかほとんど分からない作品でした。 何となく訳ありの主人公、基本的にはウィル・スミス氏が演じる主人公と、ロザリオ・ドーソン氏が演じるヒロインとの関係が中心なのですが、それ以外にも何人...
7つの贈り物 (そーれりぽーと)
なんか知らんけど今度のウィル・スミスはプレゼントをくれるんだそうで、次は“俺様サンタ”?かと思いながら『7つの贈り物』を観てきました。 ★★★★ 何も知らない方が楽しめるので、久し振りにいきなりネタバレ全開で。 ネタバレ 何の説明もなく始まり、観ているう...
7つの贈り物 (悠雅的生活)
その「計画」が完了する時・・・
7つの贈り物 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
感動作のふりをしているが、中身は、神の真似事をする不愉快な物語だ。心に傷を負ったベンは、見知らぬ男女7人に彼らの人生を変える贈り物をする。ネタバレは禁止なので詳しくは明かせないが、主人公は、善人に対し善行を施すのが目的。だが“選ぶ”などという...
09-62「7つの贈り物」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
やりたいことが多すぎる  過去のある事件によって心に傷を抱えながら生きる男ベン・トーマス。彼は7人の名前が記されたリストをもとに、ある計画を実行しようとしていた。それは、7人がある条件に一致すれば、彼らの運命を永遠に変える贈り物を渡そうというもの。その...
7つの贈り物をあげたのは… (美容師は見た…)
関係ない別の7人だったんですね。。。  ウィル・スミスの  演技・表情は見事です。  上手いんですけど…  髪型はやっぱり  いつものウィルがいい。  襟足短いのを知った(笑)『7つの贈り物』ラストでいきなり涙腺が切れましたよ~(/_;)ネタバレあります。何が...
「7つの贈り物」何と、重い…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[7つの贈り物] ブログ村キーワード  「幸せのちから」の監督・主演コンビが再びタッグを組んだ感動衝撃作。「7つの贈り物」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。軽い言葉で『感動』などと口に出来ない、非常に重い映画でした。  ベン(ウィル・スミス)...
***試写会・7つの贈り物*** (楽しい時間:*:・゜'☆♪)
2/4(水) aゾウちゃんに試写会に誘ってもらってABCホールに行って来ました。ホールは移転してて、メチャ綺麗になってて驚きました。何で移転したんだろ で・・・ 観てきた試写会は 大好きなウィル・スミス主演の7つの贈り物この映画については詳しく明かせない...
★「7つの贈り物」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で1本。 ウィル・スミス主演作はハズレなしと確信してるので、 アンジーの「チェンジリング」より、こちらを優先。
7つの贈り物 (だらだら無気力ブログ)
『幸せのちから』のウィル・スミスとガブリエレ・ムッチーノ監督が再び 組んで、辛い過去を背負った男が見知らぬ人に人生を変えるような贈り物を するさまを描いたヒューマンドラマ。過去に起こしたある事件で心に大きな傷を負ったベン・トーマス。 彼は互いに何の関係...
【7つの贈り物】この上なく重い贈り物 (映画@見取り八段)
7つの贈り物 ~SEVEN POUNDS~ 監督: ガブリエレ・ムッチーノ 出演:  ウィル・スミス、 ロザリオ・ドーソン、マイケル・イーリー、バリー・ ...
7つの贈り物 (5125年映画の旅)
心臓に病を抱える女性エミリーの前に現れた国税庁の職員ベン・トーマス。彼はエミリーにいくつもの親切を行い、さらにエミリー以外の何人かにも同様に親切を行っていた。何故ベンは見ず知らずの人々を助けるのか。そこには、ベンが引き起こした事件と、彼のある計画が...
7つの贈り物 (シネマ日記)
「幸せのちから」のガブリエレムッチーノ監督ということで、ちょっとどうかなーと思ってたんですけど、今回もう1回は信じてみようと思いまして、見に行ってみました。うーん、信じたワタクシがバカでした。テーマとしてはね、ベンウィルスミスの行動をどう取るかは個人に...
7つの贈り物 (とりあえず、コメントです)
ウィル・スミス主演作ということで気になっていた作品です。 今回のウィル・スミスはシリアスな演技で心の痛みをじっくりと伝えてくれました。 今作はあらすじが書き難いです。何を書いてもネタバレしそうなのです(^_^.) 映画は最初にラストに近いシーンが出てきて過去...
7つの贈り物(映画館) (ひるめし。)
あなたなら、受け取られますか?
7つの贈り物(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ガブリエレ・ムッチーノ 【出演】ウィル・スミス/ロザリオ・ドーソン/ウッディ・ハレルソン/バリー・ペッパー/マイケル・イーリー ...
【7つの贈り物】 (日々のつぶやき)
監督:ガブリエル・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドースン、ウディ・ハレルソン    あなたなら、受けとれますか? 「国税庁の徴収係のベン・トーマスは親友とある約束をしていた。 彼は辛い過去を背負い、七人の名前の書いたリストを手に
7つの贈り物 (りらの感想日記♪)
【7つの贈り物】 ★★★☆ 映画(10)ストーリー 過去のある事件によって心に傷を抱えながら生きる男ベン・トーマス(ウィル・スミス) 。彼は
7つの贈り物☆独り言 (黒猫のうたた寝)
先週はウィル・スミスがTVジャックしてたようなそんな気がしますが(笑)たまたまですか?でも、ほんっと最近公開映画も多いせいかよく来日されてますよね~(笑)『7つの贈り物』鑑賞完了ネタばれ・・・しないで語るのは難しい^^;作品です。幸福の王子は無償でいろいろな...
「7つの贈り物」 (みんなシネマいいのに!)
 謎の男から見知らぬ7人への“贈り物”とは…。 ネットなど情報が氾濫する現在では
7つの贈り物(試写会にて) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「神は7日間で世界を創造した。僕は7秒間で人生を叩き壊した」そうつぶやく男の名は、ベン・トーマス(ウィル・スミス)。過去のある事件により、心に深い傷を抱えて生きている。家族も恋人もなく、たった一人で海辺の瀟洒な家に住んでいるベンは、ある計画を立てて...
7つの贈り物 (心のままに映画の風景)
過去の事件で心に傷を負ったベン・トーマス(ウィル・スミス)は、ある計画を立てていた。 親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明け...
映画 『7つの贈り物』 (きららのきらきら生活)
『あなたなら、受け取れますか?』
「7つの贈り物」 (てんびんthe LIFE)
「7つの贈り物」TOHOシネマズ六本木で鑑賞 レディースデーなのでこの作品。 しばらくレディースデーも使えなくなるし。 賛否両論言われている作品ではありますが、私はいまいちかなあ。 事故の責任を自己の責任と置き換えるところまではわかるんだけど、アメリ...
7つの贈り物 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[7つの贈り物] ブログ村キーワード 評価:5.5/10点満点 2009年17本目(15作品)です。 自らの脇見運転により、「7秒間で7人の人生」を奪ってしまい、心に傷を抱えて生きる男性(ウィル・スミス)が、その償いをするために、7人の赤の他人にその身を削るようにして彼...
●7つの贈り物(15) (映画とワンピースのこでまり日記)
これって感動作なのかなぁ・・・?
「7つの贈り物」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
親切の切り売り、押し売り。いつものように、劇場の予告篇以外の前情報は基本的に入れないつもりだったが、公開から一週間を過ぎていることもあり、何やら議論を呼ぶような内容であるといった程度の話はどうしても耳に入ってしまう。そんなわけで覚悟して観に行ったのだが...
『7つの贈り物』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
男は“ある計画”を進めていた 7人の候補者を選ぶ 彼らについて調べる そして、人生を変える“贈り物”を渡す いったい何のために――?
『7つの贈り物』 2009-No8 (映画館で観ましょ♪)
おもすぎる、悲しすぎる贈り物ですね。 運転はしますが、幸いにも事故を起こしたことも無く、 こんなにおもたい贈り物を贈る気持ち...
7つの贈り物 (ダイターンクラッシュ!!)
3月5日(木) 21:10~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『7つの贈り物』公式サイト 感動押し付け作品、俺にとっては幼児虐待にしか思えず、極めて不快だった「幸せのちから」。 本作は、「幸せのちからの監督最新作」と...
「7つの贈り物」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
暗~い顔をしたウィル・スミスが終始いました
映画評「7つの贈り物」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ガブリエーレ・ムッチーノ ネタバレあり