銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

オーストラリア◇AUSTRALIA

2009-03-20 | 映画:シネコン

オーストラリア♪ついに観た! 

ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオーストラリア版「ロミオとジュリエット」だとか・・・・・。

気位の高さそうな、サラ・アシュレイ夫人がニコール・キッドマンには似合っています。まるで人形のような顔立ちで、しかも隙のない雰囲気が漂っているところが、なんともいえません。それに対して牛追いの男でカウボーイドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)。このまったく生きる世界がまったく違う二人が運命的な出会いをするところから始まるわけです。ストーリーとしては、シンプルな感じです。

ありがちなお話だけれど、この舞台が自然の宝庫であるオーストラリアというのが、やっぱり見せ場なのかも。そしてニコールもヒューも何とオーストラリア出身であるところまで、繋がっているんですね。

さてお話を簡単に・・・・・。

 イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイは、オーストラリアの領地を生計の足しに売却しようと旅立ったまま1年も帰ってこない夫を訪ねるため、ロンドンから初めてオーストラリアへ向かう。そして現地に到着すると、夫ではなく、ドローヴァー(牛追い)という名の無骨なカウボーイに出迎えられる。彼は、サラを領地“ファラウェイ・ダウンズ”へ問題なく送り届ければ、1500頭の牛を追う仕事を約束されていたのだった。初対面は共に印象が悪く、互いに反感を抱きながら領地への旅を続けるサラとドローヴァー。こうして、いよいよ領地へ辿り着くサラだったが、権力者の仕業で屋敷は荒れ果て、さらには衝撃の事実を知らされる羽目に。サラは、抵当に入れられた領地を守るため、1500頭の牛を遠く離れたダーウィンにいる軍へ売ることを決心するのだが…。

ここから詳細を書いていきますね。


イギリスの貴婦人サラは、夫を訪ねてオーストラリアへやって来た。

オーストラリア北部の町、ダーウィンに水上機でついた彼女を待っていたのは、バーで殴り合いの喧嘩をしていたカウボーイ。ドローヴァー(牛追い)(ヒュー・ジャックマン)の名前でしか知られていないそのカウボーイとともに一路ファラウェイ・ダウンズに向かうサラ。

 これが運命の出会いだとは・・・・。第一印象は良くなかったんだけどね。

 


「ウェルカム、オーストラリア!」と爽やかな笑顔がいいです。

しかし、彼女をファラウェイ・ダウンズで待っていたのは夫の亡骸と荒れ果てた牧場だった。そこの管理人ニール・フレッチャー(デビッド・ウェナム)とこのあたりを牛耳り、アシュレイ家と敵対する大牧場主キング・カーニー(ブライアン・ブラウン)が結託して牛を盗んでいったのだった。彼女に残された道は残った1500頭の牛を遠く離れたダーウィンの港へ持って行き、軍との食料用牛肉の契約をすることだけだった・・・。

そう夫は亡くなっていました。誰かに手をかけられたようです。1500頭の牛をどのようにして運ぶのか?人手がいります。道先案内人のドローヴァー、アルコール中毒の老会計士キップリング・フリンジャック・トンプソン)そしてナラブランドン・ウォルターズ》(ファラウェイ・タウンズ」の使用人の子で、白人とアボリジニとのハーフの少年。)がダーウィンへの旅でサラと同行することになります。


ナラ(右)がこの映画ではキーマン的な存在ですね。そしてサラとドローヴァーの恋のキューピットかも?子供が苦手というサラにとってかけがえのない人物となります。
ナラにとってもサラは「ミセス・ボス!」と呼び母のような存在に。

実は、ナラの母は水死してしまいます。

 
さてダーヴィンまでの旅が始まる。行く手には色々と邪魔が入ります。

この二人がサラたちを妨害するのだ!

ニール・フレッチャー(デビッド・ウェナム):レディ・サラ・アシュレイの牧場の支配人。実はキング・カーニーの手先で卑劣な男。

キング・カーニー(ブライアン・ブラウン):北オーストラリア一帯の大半の土地を所有している大地主。戦争を利用して一儲けを企む。

行く手を阻まれたながらも、無事にダーヴィンに牛を運ぶことに成功!

これでめでたしめでたしと思いきや、これで終わりではありませんでした。やつらは執拗なまでに次の手でやって来る。


美しいサラに近づくカーニー・・・・・。なにやら意味ありそう?


そのパーティに来ないはずのドローヴァーが登場!見違えた姿に驚き。



二人は愛を確かめ合います。雨の中のキス

その後も、二人の間を妨げることが次々と起こります。愛を確かめ合ったはずなのに、離れ離れになります。
第二次世界大戦の余波がこの地にも襲ってきました。日本軍がこのダーヴィンにも空襲をかけた。特定の子どもたちが、ダーヴィン北部の島に隔離される。その中にナラも含まれていた。サラは何とか救おうとするも・・・・。そしてある日、島に日本軍が上陸したと知る。その情報を聞いてサラはキャサリンに仕事を頼む。 

キャサリン・カーニー(エッシー・デイヴィス)とは、キング・カーニーの娘。物語後半でフレッチャーと結婚。

ダーヴィンの街は空爆を受け、火の海となる。サラは急いで港へと走る。


ナラが無事だと祈るサラ。

子供たちを乗せた船が港に戻って来た。何とその船にはドローヴァーが!彼が島へ渡り救出したのだ。ナラの姿もあった。

ところが、このことに恨みを持つやつがいた。キャサリンの夫フレッチャーだ。サラの代わりに、亡くなったと知ったフレッチャーはナラに矛先を向ける。

そのとき不思議なことが起こった。
ナラの祖父、キング・ジョージが現れた。


間一髪ナラを救う。

フレッチャーは倒れ・・・・・。息を引き取る。

 

キング・ジョージ(デイヴィッド・ガルピリル):アボリジニの老人でナラの祖父。どこからともなく現れナラを見守る。ガラパ。

 「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人が、広大な大陸を横断するという果てしない道行きの中、粗野なカウボーイとの運命的な出会いや先住民アボリジニとの交流など、様々な未知なる経験を通して新たな自分を見出していく姿をスペクタクルな大自然を背景に描く。

実は製作の背景にこんなことが・・・・。

2005年5月、ラッセル・クロウニコール・キッドマンが直接20世紀フォックスバズ・ラーマン監督、映画脚本作家スチュアート・ベーティによる映画の出演交渉に行った。だが、ラッセル・クロウは出演できず、ヒュー・ジャックマンが出演することになった。

製作に取り掛かったのは2006年9月、だが予算などの問題で2007年2月から始まった。ニコール・キッドマンは当時妊娠中であったが降板せず、撮影を無事終えた。

凄いですね妊娠中で出演したニコールの根性には参りました。やっぱり女優魂ですかね。

ハッピーエンドですが、ナラは彼らの元を去ることになります。アポリジニの運命でしょうか?

メディア 映画
上映時間 165分
製作国 オーストラリア
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2009/02/28
ジャンル ドラマ/ロマンス/アドベンチャー

※2時間を越える超大作でした。お話はまあこんなもんでしょう。何と言っても2大スター主演ということですから。初めからオチがわかっているような感じでしたが。

 

オフィシャル・サイト
http://www.australiamovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://movies.foxjapan.com/australia/

 

3月18日、MOVX京都にて鑑賞。

 


 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment (1)   Trackbacks (69)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そして、私たちは愛に帰る 原題... | TOP | 7つの贈り物◇◆SEVEN POUNDS »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-03-22 19:58:30
遅くなってすいません。
花粉がひどくて、昨日とか目も開けていられないほど!!
今日は雨が降って、昨日と違う今日の私です。
まったくもうですわ。
PCの画面も見てられないです。はやく花粉が終わってほしいい・・・・。
ということで、最初はラッセルだったのですかぁ!!へぇ、ヒュー様見てからだと、考えられないくらいですわ。
ここは絶対ヒュー様ですよね。
盛り込みすぎ・・とか言われてるみたいですが、私は監督の思いが伝わってきて、とっても良かったです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

69 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
オーストラリア (LOVE Cinemas 調布)
2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリ...
オーストラリア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチャ...
オーストラリア 厚生年金会館 2008.2.8 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
試写会で観て来ました あらすじ:第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボ...
映画『オーストラリア』 (テレビ徒然記)
ヒュー・ジャックマン、そしてデイヴィッド・ウェナムファンである私は、公開を首を長くして待っていました!! 以下、ネタバレあるので、未見の方はご注意を。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ なんと言いますか、日本軍のダーウィン攻撃や、白人とアボリジニの間に生まれた子...
映画「オーストラリア」試写会@東京厚生年金会館 (masalaの辛口映画館)
  映画の話 第二次世界大戦直後にオーストラリアを訪れたイギリス人貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠....
映画「オーストラリア」試写会@東京厚生年金会館 (masalaの辛口映画館)
  映画の話 第二次世界大戦直後にオーストラリアを訪れたイギリス人貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠....
映画 【オーストラリア】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「オーストラリア」 『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、再び二コール・キッドマンと組んだ壮大な物語。 おはなし:第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。英国貴族サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、死んだ夫が残した広大な土...
[映画『オーストラリア』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆3時間近い上映時間なので、もし内容が文芸大作っぽかったら、かったるいなあなどと思っていたのだが、ライトでご都合主義的な、粗も多いが、とても楽しめる娯楽大作なのでホッと安心した。  だからと言って、『紀元前一万年』ほどの凄まじい逸脱はないよ^^;  オ...
オーストラリア (2008) AUSTRALIA 165分 (極私的映画論+α)
「アボリジニ」について多少は勉強しておいたほうがいいかも。
映画を観た~オーストラリア~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
『オーストラリア』 (2008)/オーストラリア (NiceOne!!)
原題:AUSTRALIA監督・原案・脚本:バズ・ラーマン出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェナム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン試写会場 : ニッショーホール公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦前夜のオース....
劇場鑑賞「オーストラリア」 (日々“是”精進!)
「オーストラリア」を劇場鑑賞してきました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人が...
オーストラリア (Akira's VOICE)
依り所が弱くて,心に響かない・・・。  
「オーストラリア」 (或る日の出来事)
監督バズ・ラーマン、主演ニコール・キッドマンという、私が大好きな「ムーラン・ルージュ」コンビの映画なので楽しみにしていたが、いまひ...
オーストラリア (ともやの映画大好きっ!)
(原題:AUSTRALIA) 【2008年・オーストラリア】試写で鑑賞(★★★☆☆) 「ロミオ&ジュリエット」「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が、故郷であるオーストラリアの歴史を壮大なスケールで映画化。 ひとりの英国貴族の女性がさまざまな人々と出会いながら...
『オーストラリア』 (ラムの大通り)
(原題:Australia) ----これ観るの、いつもに比べてちょっと遅いよ。 もう公開まで2週間しかないじゃニャい。 「いやあ、3時間近い映画は どうしても腰が引けてしまうんだよね」 ----でも監督がバズ・ラーマンだし、 その凝った映像を観ているだけで楽しんじゃニャいの...
『オーストラリア』 ('09初鑑賞26・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 2月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:00の回を鑑賞。
オーストラリア (悠雅的生活)
虹の彼方に・・・
オーストラリア/Australia (いい加減社長の映画日記)
映画サービスデーとはしご観キャンペーンということで、2本観ようと思ったんだけど。 「UCとしまえん」で新規公開されるのは、「オーストラリア」だけ^^; スケールの大きさは感じるけど、分野的には、ちょっと苦手な感じで、不安を抱えながらも鑑賞。 「UCとしまえ...
オーストラリア (勝手に映画評)
第二次世界大戦直前のオーストラリアが舞台。オーストラリアの所有牧場に来たイギリス貴族婦人が、数々の困難に直面しながらも牧場の運営をする事になると言う話。まぁ、そう言う説明だとイマイチ的な雰囲気も感じますが、オーストラリアの雄大な自然と人間の戦いを描いた...
『オーストラリア』 (めでぃあみっくす)
ハリウッドで活躍するオーストラリア人監督が同じくハリウッドで活躍するオーストラリア人俳優2人を主演に迎えて送る、文字通り壮大なラブロマンス作品!というよりはタイトル通り「これがオーストラリアだ!」というアイデンティティを大いに感じる映画でした。 ラブロ...
試写会「オーストラリア」  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/2/8、珍しく日曜日の夕方。 新宿の厚生年金会館での開催。 最近は告知した開場時刻前に開場するのが通例になってきた。 定刻の17:30には粗方の入場が終わるくらいの感じだった。 結構な入り、8分くらいの入りか。  アナウンスで「上映時間は2時間4...
オーストラリア (そーれりぽーと)
もう映画は撮らないと言ってたはずのバズ・ラーマンが、『ムーラン・ルージュ』以来久々にメガホンを取った『オーストラリア』を観てきました。 ★★ 大好きなんですよ、赤いカーテン三部作は。 でもこれは…。 『アレキサンダー』がポシャッた代わりに、オーストラリア...
オーストラリア (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。バズ・ラーマン監督、ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン。舞台のダーウィンには20年近く前行ったことがある。はっきり言って小さな田舎の港町。乾季で日差しはきついが日陰は...
オーストラリア (まぁず、なにやってんだか)
昨日、ウェルシティ東京で「オーストラリア」の試写会を観てきました。 2時間45分の大作です。まさかこんなに長いとは思っていなかったので、会場で上映時間を言われてどよめきました~。 名作『風と共に去りぬ』を意識してる?って感じの強い女性を描いています...
映画 「オーストラリア」 (ようこそMr.G)
映画 「オーストラリア」
オーストラリア (Yuhiの読書日記+α)
第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台にした愛と冒険のドラマ。監督はバズ・ラーマン、キャストは ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン他。 <あらすじ> 第二次世界大戦前夜のオース...
オーストラリア (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な...
オーストラリア (花ごよみ)
監督は、オーストラリアが故郷の、 バズ・ラーマン。 広大なオーストラリアの、 美しい風景が背景、 時代は第2次世界大戦直前の設定。 主演はニコール・キッドマンと、 ヒュー・ジャックマン。 二人ともオーストラリア出身。 オーストラリアの俳優として有名なのは ...
「オーストラリア」 物語る本能 (はらやんの映画徒然草)
「物語は人と人を繋ぐもの」 作品中でアボリジニの少年ナニが独白で語る言葉です。
*オーストラリア* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたこ...
「オーストラリア」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
日記に、「オーストラリア」が観たい、って書いたら、試写状を譲ってくれた有り難い人がいまして、今回観る事が出来ました。上映時間は2時間45分、「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」に引き続き、長尺の映画、事前にリタを投下して、絶対眠らないぞ!と、気合いを込...
オーストラリア (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「オーストラリア」を観た。 帰ってこない夫を追ってはるばるロンドンからオーストラリアにやってきたサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)だが、夫は殺され、牛は畜産業界のボスにくすねられていて、自分に残されたものを守るために、1500頭の...
オーストラリア・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
国名そのものをタイトルにした映画というのは、極めて珍しいのではないかと思う。 オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が、同じくオース...
オーストラリア (マー坊君の映画ぶろぐ)
「オーストラリア」監督:バズ・ラーマン(『ムーラン・ルージュ』) 出演:ニコール・キッドマン(『インベージョン』『ライラの冒険 黄金の羅針盤』)ヒュー・ジャックマン(『彼が二度愛したS』『X-MEN:ファイナル ディシジョン』)デヴィッド・ウェンハム(『300 』....
オーストラリア (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
オーストラリア出身の監督・俳優・主要スタッフが、国の威信をかけて作った大河ロマンだ。第二次大戦前夜のオーストラリアにやってきた英国貴族サラと野性的なカウボーイ・ドローヴァーの恋を軸に、悪徳牧場主との対決、1500頭の牛を連れての大陸横断、夫殺しの謎、日...
オーストラリア/AUSTRALIA ニコール・キッドマンら (ネット社会、その光と影を追うー)
映画オーストラリアに関する予備知識が一切なかったか
オーストラリア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
第二次世界大戦前のオーストラリア。広大な原野を舞台に、強く生きる女性の姿を描く「オーストラリア」。二コール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演の一大叙事詩だ。 ヒロインの愛と冒険にのみこまれ、大興奮!!__ハラハラ・ドキドキが連続し、うっとり陶酔...
バズ・ラーマン監督の「オーストラリア」を観た! (とんとん・にっき)
ニコール・キッドマンが出るというので、期待して観に行ってきました。なんとバズ・ラーマン監督は、デカプリオの「ロミオとジュリエット」や、ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーの「ムーラン・ルージュ」の監督だったという。バズ・ラーマンはオーストラリアの出
オーストラリア (メルブロ)
オーストラリア 242本目 2009-3 上映時間 2時間45分 監督 バズ・ラーマン 出演 ニコール・キッドマン ヒュー・ジャックマン ブランドン・ウォルターズ デヴィッド・ウェンハム ジャック・トンプソン デヴィッド・ガルピリル 会場 よみうりホール(試写会 ...
オーストラリア (映画通信みるみる)
ようこそ、オーストラリアへ! 雄大なオーストラリアの自然に抱かれ、繰り広げられる壮大なロマンス! ってわけじゃないですよ。 どち...
映画 「オーストラリア」 (After the Pleistocene)
 「壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語」というには、やや疑問を感じる。前半のヤマ場、牛の暴走シーンで火をつける場面やその飲み水に毒を入れるなど非常にうそ臭い。よほど条件が揃わなければあんなにもの凄い火が沸き起こったり、相当な量の毒を...
「オーストラリア」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  「ムーランルージュ」から7年。バズ・ラーマン監督の新作ということで製作段階から聞こえてくるニュースに期待でワクワクしていたのですが、昨年秋アメリカで公開されたおりには、興行的には振るわず、評判も今ひとつ…。観に行って「なる...
オーストラリア (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] 悪くは無いんだが大した見せ場がないのが辛い。
試写会「オーストラリア」 (流れ流れて八丈島)
これから一ツ橋ホールで試写会「オーストラリア」を観ます。監督は「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン。主演は、大好きなニコール・キッドマンと、最近売出し中のヒュー・ジャックマン。3時間近い長尺の「一大スペクタクル・アドベンチャー・ロマンの大作」というこ...
『オーストラリア』 (・*・ etoile ・*・)
'09.02.08 『オーストラリア』(試写会)@東京厚生年金会館 yaplogで当選。母親が見たいと言うので応募。なのに本人行けないと… 試写状届いたのが木曜日。試写会は日曜日ってことで、これは一人鑑賞かなぁと思いながら友達に連絡。次々断られて5人目でやっと見つかった...
『オーストラリア』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【AUSTRALIA】 2008年/濠/FOX/165分 【オフィシャルサイト】 監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン
オーストラリア (青いblog)
あらすじ。 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女
【オーストラリア】 (+++ Candy Cinema +++)
【AUSTRALIA】 【監督・製作・脚本】 バズ・ラーマン   【脚本】 スチュアート・ビーティー、ロナルド・ハーウッド、リチャード・フラナ...
オーストラリア (ケントのたそがれ劇場)
★★★  オーストラリアの監督の、オーストラリア出身のハリウッドスターによる、オーストラリアのための歴史スペクタル風ラブロマンス映画とでも言っておこうか。主演はニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンである。 1940年代を背景として、美形の男女二人...
映画 「オーストラリア」 (ようこそMr.G)
映画 「オーストラリア」
「オーストラリア」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「オーストラリア」公式サイトポスターでラブラブの二人を見つつ「だ、大丈夫かなあ私・・」とそもそも不安たっぷり・・ ラブストーリーあんまり得意じゃなくてや、やっぱりこの二人の恋愛には全然興味持てませんでしたすみませんだけど前半、ア...
「オーストラリア」 (てんびんthe LIFE)
「オーストラリア」試写会 よみうりホールで鑑賞 美しい女と美しい男。 広がる大地。 家族のように暖かく包み込む人々。 妬み、裏切り、争い。 たくさんの要素を詰め込んでこれでもか!という押しつけもさほど感じず、3時間弱苦痛も感じず鑑賞することができまし...
オーストラリア (こんな映画見ました~)
『オーストラリア』 ---AUSTRALIA--- 2008年(オーストラリア) 監督:バズ・ラーマン 出演: ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム 、ブランドン・ウォルターズ イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマ...
オーストラリア (腹黒い白猫は見た!!)
2009年72本目映画「オーストラリア」前に進むための涙もある。ストーリー1年も帰ってこない夫を訪ねて、ロンドンから数千キロの長旅をものともせずエキゾチックな未知の地オーストラリアに乗り込んだレディ・サラ・アシュレイ。夫の広大な領地に着いたサラは、衝撃の事実....
オーストラリア(試写会)AUSTRALIA (まてぃの徒然映画+雑記)
「ベンジャミン・バトン」に引き続き、2時間45分という長大作。こう長いのが続くと、やっぱりきっちり90分台で終わらせてくる香港映画は素晴らしいね。オーストラリアのダーウィンと北部地域を舞台にして、アボリジニの問題や太平洋戦争を織り交ぜながらストーリーは進ん....
『オーストラリア』 (きぶんしだい)
ニコール・キッドマン&ヒュー・ジャックマン主演映画『オーストラリア』をアシアナ航空機内で鑑賞 ●あらすじ● 第二次世界大戦を目前のオーストラリア。 イギリス人のサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し...
映画 『オーストラリア』 (きららのきらきら生活)
『前に進むための涙もある。』
★オーストラリア(2008)★ (CinemaCollection)
AUSTRALIA前に進むための涙もある。目を覆うほどに壮大で、空想をかきたてる叙事詩のようなオーストラリアの大自然が1人のイギリス人女性の人生を一変させる・・・。上映時間165分製作国オーストラリア公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2009/02/28ジャンルドラマ/ロマ...
「オーストラリア」みた。 (たいむのひとりごと)
コピーどおりの壮大でワイルドなスペクタクル作品。燃え上がるロマンスに友情や家族愛、先住民(アボリジニ)によるスピリチュアルな雰囲気までをも漂わせた、何から何までがギュギュギューっと詰め込まれたドラマチ
【オーストラリア】★ニコール・キッドマン★ヒュー・ジャックマン (猫とHidamariで)
本当の自分に出会える場所。  それはここではない、     遠いどこかかもしれない・・・前に進むための涙もある。オーストラリアHPオーストラリア シネマトゥデイ英題:AUSTRALIA製作年:2008年製作国:アメリカ/オーストラリア日本公開:2009年2月28日上映時間....
オーストラリア (迷宮映画館)
どうせ見るなら大スクリーンで!!鳥肌もんです。
オーストラリア (シネマ日記)
この作品、映画館で見るつもりはなかったのですが、にゃおが「話はどうでもいい。美しいニコールが見たい」というので、見に行ってきました。結果、見に行って良かったです。結構泣けたー!いやー、しかし、これ、ヒュージャックマンのファンめちゃくちゃ増えるでしょうね...
【オーストラリア】 (日々のつぶやき)
監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、イギリスから貴族のサラ・アシュレイがやってきた。夫を探しにはるばる来たが、夫が信頼しているという案内人の現地のドローヴァーの無骨さに驚く
『オーストラリア』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、広大...
「オーストラリア」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
これぞオーストラリアという風景は見応えありました
mini review 09409「オーストラリア」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』の...
映画評「オーストラリア」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年オーストラリア映画 監督バズ・ラーマン ネタバレあり
『オーストラリア』 (『映画な日々』 cinema-days)
オーストラリア [DVD] 1939年、英国貴族夫人が音沙汰知れずの夫を頼りに 単身、オーストラリアの牧場にやって来た... 【個人評価:★★ (2.0P)...