銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

VOLVER☆帰郷 アルモドバル監督の女性讃歌3部作のラスト作品!

2007-08-07 | 映画:シネコン


巨匠 ペドロ・アルモドバル監督の原点にしての最高傑作

 

7月17日、東宝二条シネマにて鑑賞。ペネロペ・クルス主演の《ボルベール》、そういえば、ペドロ・アルモドバル監督の「トーク・トゥ・ハー」は鑑賞した。眠り続ける女性2人のお話だったなあ。アカデミー賞脚本賞を受賞している。

 

そして「オール・アバウト・マイ・マザー」では、アカデミー賞最優秀外国映画賞を受賞にくという素晴らしさだ。そんなペドロ・アルモドバルが待望の最新作が「ボルベール」、この作品とともに、驚くべき「告白」を発表した芸術家として、一人の人間として、「自分自身や愛する者たちの死だけでなく、すべての死を受け入れることが出来ず、近年大きな痛みと不安で生きることが辛かった」というのだ。

 

そんな彼に再び生きる力を甦らせたのは、自らの創造力の源への《帰郷》。故郷ラ・マンチャを舞台に、何があっても尽きる事のない母の愛に見守られて、って生き抜く女たちを描いたのだアルモドバルの人生を救った記念すべき映画「ボルベール《帰郷》」が誕生

 

観る者にも人生を愛する力を惜しみなく分け与えてくれるこの作品は世界各国で、過去のアルモドバル作品の記録を大幅に塗り替え、カンヌ国際映画祭最優秀脚本賞を皮切りに、名誉ある賞を次々と受賞、今までの作品とはひと味違う、深みもある、感動的な映画として絶賛されている(パンフレットより抜粋

 

お話は・・・・・失業中の夫の分まで働き思春期のひとり娘パウラ(ヨアンナ・コバ)の母親の役目を果たしながら・・・・も明るくたくましく生きるライムンダ(ペネロペ・クルス)。欠点といえば、すぐにカッとなる気性の激しさだが・・・・。

そんなライムンダにある日2つのが降りかかる

①夫の死・・・・・娘パウラに「本当の父親じゃないから」と関係を迫るいやらしい親父だ力づくで迫る父親をで刺し殺してし・ま・う・・・・・・。そんなパウラを守るためにしてはいられない何と空家なっているレストランの冷蔵庫に死体をひとまず隠すライムンダ。

 

②伯母の死・・・・・夫の死と同じ日のライムンダの両親が火事で死んだショックで病気がちになっていた最愛の伯母も息をひきとった。

 

殺人と病死という2つの死・・・・・どうなるのひとつは殺人事件だ。正当防衛とはいえ・・・・・。事件の展開がどうなるのかと思いきゃ、話は事件から離れて、全然違う方向へ

 

姉のソーレ(ロラ・ドゥエニャス)と隣人アグスティナ(ブランカ・ポルティージョ)に伯母の葬儀を任せ、レストランに運んだ、例の“冷凍品”をどうするか?頭を悩ませていたそんなライムンダはレストランの店員と間違えられる。近くで映画の撮影しているスタッフが食事の提供を依頼。ラッキーな話にすぐさまOK

レストランは、何とそのまま彼女の生活の場に変身冷蔵庫に大きな秘密を残したまま・・・・・。

 

姉・ソーレは故郷ラ・マンチャでの伯母の葬儀の際、近所の人たちの奇妙な噂を耳にする火事で死んだはずの母の姿を見かけたというのだ。動揺するソーレに隣人のアグスティナは「ラ・マンチャでは、幽霊が現れることはよくあること」だと語る。葬儀を終えて、に辿り着いた。そしてには大きなが入っていたことにソーレは気づく何と母なのだ少しやつれているが母(カルメン・マウラ)に間違いなかった。幽霊なのか?本物の母なのか?と突然の再会に戸惑うソーレ。そしてその“母”と暮らし始めることに・・・・。

 

   

ソーレはライムンダに伝えることができないままでいた。ある日、ライムンダがソーレのを訪ねる。そこで、懐かしい母の匂いを感じることに・・・・。ベッドの下に隠れた母がおならをしたのだライムンダに会いたい母だが、自分を拒むようになった娘に再会する勇気はなかった

 

ライムンダの美しさに惹かれた映画スタッフは、全撮影期間中ランチを頼む。最終日には打ち上げパーティを開催することに。かってオーディションを受けたほど、が得意だったライムンダは、クルーに感謝を込めて歌声を披露。母に教えられたタンゴの名曲「VOLVER(帰郷)」の歌詞が、ライムンダの心の奥に眠る母への思慕を掘り起こす。大きな瞳を潤ませながら歌い上げるライムンダ。店の前に停められたソーレのに隠れて、母もまた娘への愛しさにした。これ以上身を隠すのは無理だと・・・・。再会の時がいよいよやって来た

 

ライムンダの歌、最高

ライムンダの隠された秘密、そしてもっと衝撃的な母の秘密も明かされる瞬間

 

実はラスト近くで状態となり・・・・。ライムンダの娘パウラの本当の父親が誰なのか?が分からなかったり、母が何故?生きていた事実など、もろもろが解明できず、ちょっと不消化状態で観終わったので、パンフレットを購入。

 

娘に関係を迫った夫には最初は怒りに燃えるけれど、次第に感情は抑えられてしまい、生前彼の好きだった場所へ葬るというライムンダの気持ちの変化の奥には、彼女の秘密があった。

 

同じくして母イレネも、娘ライムンダと似たような行動を・・・・。ラストでは一家4人(ライムンダ、イレネ、ソーレ、パウラ)が故郷ラ・マンチャの伯母のへそして隣人アグスティナも加わり、思いがけない情況が明かされるわけだ。複雑に絡んだそれぞれの女性の気持ちが交差され・・・・物語は終わる事に。

数奇な運命が女たちの人生を帰郷によってクリアにされるのかどうかは分からないけど・・・・・。まさかの展開には驚きあり、でもすべては繋がっているところが面白い

 

姉・ソーレ・・・・・ロラ・ドゥエニャス

 

ライムンダの娘・パウラ・・・・・ヨアンナ・コバ 本当の父親は、実は!!!

 

ライムンダの母・イレネ・・・・。カルメン・マウラ

 

隣人アグスティナ・・・・・ブランカ・ポルティージョ 実は彼女はイレネと深い関わりが!

 

 ボルベール《帰郷》 公式サイト

 

※ペネロペ・クルス、本当に美しい今までに演じた事のない、強いスペイン女を見事に演じていた。素晴らしい演技だった。ブラボー

 

タンゴの名曲 「VOLVER (帰郷)」

「感じる・・・・・
人生は風のひと吹きだと
20年は《無》だと・・・・・
熱に浮かされたあのまなざし
影のなかをさまよいながら
わたしの姿をさがしもとめ
あなたの名前を思いださせつづける」


《VOLVER》より 高場将美訳

 

 おまけ・・・・・ talk to her 「トーク・トゥ・ハー」の公式サイト

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (10)   Trackbacks (75)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腑抜けども、悲しみの愛を見... | TOP | ハリー・ポッターと不死鳥の... »
最近の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
暑中お見舞い申し上げます (シャーロット)
2007-08-08 18:34:02
こんにちはー。
毎日暑いですね!
精力的に鑑賞なさっているようで…すばらしい~
ペネロペってばこんなにいい女だったなんて。
今更ですが、彼女の魅力は色気とかだけではないって
再認識です;
歌を歌うシーンは大好きです♪
こんばんは♪ (ミチ)
2007-08-08 21:37:55
ペネロペの歌う「ボルベール」は魂がこもっていて最高でした。
故郷に帰って、母国語で演じている彼女のなんと生き生きして美しかったことか!
ペネロペのことは前から好きなんですけど、これは彼女の代表作になるのではないかしら?
こんばんは。 (JT)
2007-08-08 23:31:59
TBありがとうございました。
この作品の”ボルベール”とトーク・トゥ・ハーの”ククルクク・パロマ”はとてもいい曲で、映画にもマッチしていたと思うんですよ。
オール・アバウト・マイ・マザーも、優しさとたくましさを兼ね備えている女性の良さを、味のある構成でまとめていて、感動したのを覚えてます。
凄いなぁ~ (apple)
2007-08-09 17:03:51
こんにちわ
立秋を迎えたと言えど、猛暑ですね

さてさて、映画館へ行く時間のない?気力のない?私にとっての、第2の映画館!
いつも思うのですが、1つの内容を上手くまとめられていますよね。
頭があがりません
私も文章には、自信があるのですが、ここまで上手く、しかも分かりやすくまとめられるなんて、羨ましいです

今、私が注目しているのは、オーシャンズ13なのですが、観に行かれるご予定は?
時間があれば?気力があれば?行きたいのですが
後は、トランスフォーマーかな?
また、機会があれば、私の第2の映画館にUPしていただければ、嬉しいです
円熟味☆ (BC)
2007-08-09 23:39:17
mezzotintさん、こんばんは☆
トラックバックありがとうです。(*^-^*

ペネロペ・クルスが歌い上げる姿は堂に入っていましたね♪
ペネロペは円熟味が増してきて良い女優になってきましたね。(*^-^*

ペドロ・アルモドバル監督作は
『オール・アバウト・マイ・マザー』から『ボルベール〈帰郷〉』までの近年作しか観ていないのですが、
私的には『トーク・トゥ・ハー』が一番好きです。(*^-^*
Unknown (daisaku)
2007-08-10 17:23:11
こんにちわ。
京都シネマの件、ありがとうございます。
あの映画は必ず見ようと思っています。

ちなみに「二重被爆」も長女と見てきましたよ。たくさんの知り合いと会いました。
こんにちは! (由香)
2007-08-12 14:32:27
mazzotintさん、こんにちは!
毎日暑い日が続きますが如何お過ごしですか?

この映画の雰囲気は凄く好きでした。
女性が逞しく美しかったですね~
ぺネロぺもとても魅力的に見えました。
TBさせて下さいね~^^・
(^o^)コ(^-^)ン(^0^)バ(^-^)ン(^0^)ハ (とんちゃん)
2007-08-26 21:39:07
昨日公開でやっと観てきました、今日!
あら?ラストはパンフでわかりましたか?
ペネロペの娘の父はペネロペのお父さんだったのです。
実の父に犯されてしまったのですね・・・
イレネが自分の姉からその事を聞いて知り激怒して山小屋に行くと
浮気性の懲りない旦那は、アグスティナの母とベッドで寝ていたのでかっとなり火をつけたのです。
焼死体はイレネではなくアグスティナの母の死体だったと。
以来、隠れていたイレネは姉が心配になり姉の家でこっそり暮らしていたみたいですよん。
後わからない事あったら、聞いて下さいね(ё。-)・・☆うふ
今日、観てきたばっかなので3~4日以内ならお答えできるかと・・(笑)
では、またきま~~す
役者 (kimion20002000)
2008-03-01 03:29:50
TBありがとう。
役者がすべて味がありますねェ。
どんどん、画面に入り込んでしまいました。
ペドロ・アルモドバル監督ベスト映画のトップ10をご紹介! (ショウコ)
2008-09-02 01:26:36
こんにちわ!
はじめて、コメントしています。
ペドロ・アルモドバル監督が好きな方々にとっても面白いサイトを見つけたのでご紹介したいと思ってコメントを書いています。
「Top 10 ペドロ・アルモドバル監督ベスト映画」っていうんです。
投票で選ばれたペドロ・アルモドバル監督の映画ベスト10の動画が一挙に見られるんです!

http://www.weshow.com/top10/jp/%E6%98%A0%E7%94%BB/top-10-%E3%83%9A%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%AB%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E6%98%A0%E7%94%BB

興味があれば、是非覗いてみて下さい?
ブログでも紹介してみては。。。。。
面白いですよ!

では、又お便りいたしま~す!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

75 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ボルベール<帰郷>/ペネロペ・クルス (カノンな日々)
劇場予告編だけだとどんなお話なのかがイマイチよくわからなくて、わかったのはとりあえずカンヌでとても評判が良かったらしいという事。で、気になったもんだからネットで紹介記事を読んでみたら簡単な粗筋だけなんだけどオヨヨって感じで興味をそそられちゃいました。試...
ボルベール <帰郷> (八ちゃんの日常空間)
Volver 156[TOHOシネマズ市川コルトンプラザ/SC4/SRD] 公式サイト 『女たち、流した血から、花咲かす。』 こんなに面白いと思ったヨーロッパ映画は久々! いよいよ始まります、ボルベール。GAGAだから早くから予告編流していたし、TOHOシネマズだから否応なく...
「ボルベール〈帰郷〉」なんだこの爽快感は (ももたろうサブライ)
監督 ペドロ・アルモドバル「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」と合わせて「女性讃歌3部作」というふれ込みですが、実はどちらも観ていません。少しあらすじ ライムンダ(ぺネロぺ・クルス)には一人娘のパウラとグータラな夫がいる。ある日、夫...
ボルベール<帰郷>(2006年、スペイン) (泉獺のどうでも映画批評)
 懸賞でこの映画のチケットが当たったので、観に行ってきました。 監督:ペドロ・ア
ボルベール (シネ・ガラリーナ)
2006年/スペイン 監督/ペドロ・アルモドバル <TOHOシネマズ二条にて鑑賞> 「男たちよ、ひざまずきなさい」 徹頭徹尾の女性賛歌。そして、見事に男性不在の映画である。本作に出てくる男はみな、女性の手により葬られる。彼らが殺される理由、それは女性へ...
感想/ボルベール<帰郷>(試写) (APRIL FOOLS)
妖艶ペネロペ、母を訪ねて何マイル? 『ボルベール<帰郷>』6月30日公開。わかりあえぬまま母を亡くしていたライムンダ。15歳の娘と、ダメ夫と暮らしている彼女の家に、死んだはずの母の姿を見たというウワサが舞い込む。秘密を抱えたまま決別した母と娘。今ならば言え...
ボルベール<帰郷> 78点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
八仙飯店之人肉饅頭 公式サイト 『バチ当たり修道院の最期』『神経衰弱ぎりぎりの女たち』『オール・アバウト・マイ・マザー』など、コメディから感動ドラマまで、同性愛者の視点で"女性"を描き続ける、ペドロ・アルモドバルの最新作。 主人公(ペネロペ・クルス)...
Volver ボルベール(帰郷) (表参道 high&low)
いつもはジャズやヘビメタだったのがクラッシックに。 という印象のPedro Almodovar(ペドロ・アルモドバル)最新作Volver(ボルベール<帰郷>)。 なんたって変な人が出てこないし、会話もエキセントリック度が薄れてました。 毒が無いって感じです。Penelope Cruz(...
ボルベール<帰郷> (シャーロットの涙)
太陽のように明るくたくましく、そしてしたたかで美しく・・・涙の向こう側にいつも笑顔
『ボルベール<帰郷>』 (映像と音は言葉にできないけれど)
スペインのみでなく世界的な注目を浴び、揺るがぬ地位を保つ二人の巨匠アメナーバルとアルモドバルの作品はどれも見落とすことができません。
ボルベール <帰郷> (ダイターンクラッシュ!!)
7月19日(木) 21:00~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフ:600円 『ボルベール <帰郷> 』公式サイト 何故かその名前をすぐ忘れてしまうペドロ・アルモドバル姐さんの新作。 ほとんど男は出てこない。少し重要な役どころの男は...
ボルベール〈帰郷〉 (Addicted to the Movie and Reading!)
■ シネフロントにて鑑賞 ボルベール〈帰郷〉/VOLVER 2006年/スペイン/120分 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ロラ・ドゥエニャス/ブランカ・ポルティージョ/ヨアンナ・コボ 公式サイト マドリードに住むライムン...
ボルベール (映画のメモ帳+α)
ボルベール(2006 スペイン) 原題   VOLVER   監督   ペドロ・アルモドバル       脚本   ペドロ・アルモドバル       撮影   ホセ・ルイス・アルカイネ                   音楽   アルベルト・イグレシアス   ...
ボルベール<帰郷> (観劇★感激★カンゲ記)
公式サイト→コチラ 今までこのアルモドバル監督の作品って、ミニシアターだったよね。オール・アバウト・マイ・マザーとかさ。 今回はカンヌで主演女優賞を受賞したからかなのか、珍しくシネコンなんぞで上映。 でもやっぱりミニシアター向きな感じです。 す...
映画 【ボルベール 〈帰郷〉】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ボルベール 〈帰郷〉」 カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞、アルモドバル監督の女性賛歌三部作。 おはなし:10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)は、失業中の夫と15歳の娘パウラのために日々忙しく働いていた。ある...
『ボルベール<帰郷>』 (ラムの大通り)
ボルベール 帰郷 (原題:Volver) ----アルモドバルって女性ばかり撮っている気がするニャあ。 「うん。そのイメージが強いね。 今回も男たちは一様にその生きざまは薄汚く、 反面、女たちは強くたくましい。 しかも男たちは、その行為の罰を女たちから与えられ、 早々...
ボルベール 帰郷 Volver (2006/スペイン) (JUST LIKE A BABY)
どうしようもない男どもに振り回されながらも、溢れる生命力で乗り越えていく女たちの姿を、マドリードとラ・マンチャ地方を結んで描いたストーリー。 ライムンダ(ペネロペ・クルス)の激しく燃えるような情念がスクリーンから伝わってくるようでした。 それ以上に怖か...
ボルベール 帰郷 (パフィンの生態)
ペネロペ・クルスの存在感ある演技が素晴らしい。深刻な物語を ユーモラスに感じさせる脚本に拍手☆ 赤を効果的に配置した映像も魅力的な秀作♪ 監督・脚本 ペドロ・アルモドバル、2006年スペイン映画。 マドリッドに住む主人公は故郷ラマンチャの火事で両親を失っ...
★「ボルベール <帰郷>」 (ひらりん的映画ブログ)
今週公開作・・・普通なら、「ダイハード4.0」か「シュレック3」を見るところなんだけど・・・ 「ダイハード~」は先週の先行で見ちゃったし・・・ なんたって、今作はペネちゃん(ペネロペ・クルス)主演だし・・・ という事で、いつも夜は空いてる「TOHOシネマ...
ボルベール -帰郷- / Volver (我想一個人映画美的女人blog)
ずーっと楽しみにしてた、 ぺドロ・アルモドバル監督/脚本 最新作{/kirakira/} 『オール・アバウト・マイマザー』以来ペネロペは出演3度目となる{/shootingstar/} この二人の相性ばっちりなんだよね。 アルモドバル作品では、『トーク・トゥ・ハー』も面白かったけど ...
映画レビュー「ボルベール<帰郷>」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆殺人や幽霊などがさらりと登場するが、主題は女が生きるということ。笑いと涙、驚きの秘密とは?ペネロペが最も輝くのは、やはりスペイン映画だ。 【85点】 ライムンダは失業中の夫の代わりに働く気丈な女性。ある日、義理の娘パウラに乱暴しようとし...
「ボルベール <帰郷>」 (てんびんthe LIFE)
「ボルベール <帰郷>」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC5で鑑賞 男に傷つけられた女たちは男を抹殺した…。男が悪いか女が悪いか。結論として女を傷つけた男は自業自得。内容はとても重たいのに、時にさわやかさが残り、力強さが残り、そしてユーモラスに。女性は...
映画~ボルベール<帰郷> (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ。母として、娘としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クル...
「ボルベール帰郷」 ペネロペの豊胸・谷間 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞したヒューマンドラマ。アルモドバル監督の映画に出て来る女性って、綺麗という訳ではない中年の女性(男性含む)のインパクトが強い印象だったのだけれど、今回のこの映画では
映画「ボルベール< 帰郷>」 (That's the Way Life Goes)
筆者の mambotaxi という名前はアルモドバルの映画の中の役名から拝借しているものだ。 著作権侵害かもしれんなあ、と思いつつ、日々使わせていただいている。 アルモドバル映画を敬愛してのことだが、そんな監督の新作がやっと登場。  レビューを書く時間が取れず今...
いかにもカンヌで高評価されそうな映画。『ボルベール〈帰郷〉』 (水曜日のシネマ日記)
スペインを舞台に描かれた母と娘、女たちの物語です。
不思議と引き込まれる 「ボルベール <帰郷>」 (平気の平左)
評価:75点
「ボルベール <帰郷> 」 VOLVER (俺の明日はどっちだ)
お墓を掃除する暗示的でちょっとドキドキする冒頭のシーンから「死」をそこかしこに見え隠れさせつつ、時にコメディとして、時にサスペンスとして、そして時にフェアリーテールとして、さまざまな「顔」を見せてくれるペドロ・アルモドバルらしい鮮やかな色彩感覚に彩られ...
「 ボルベール <帰郷>/ VOLVER (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ボルベール <帰郷>】 6月30日(土)公開 監督 : ペドロ・アルモドバル 出演 : ペ
ボルベール (DVD) (ひるめし。)
ママ、話したいことが ヤマほどあるの。
ボルベール<帰郷> (Good job M)
公開日 2007/6/30監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 「オール・アバウト・マイ・マザー」出演:ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ロラ・ドゥエニャス/チュス・ランプレアヴェ 他【あらすじ】ライムンダは、失業中の夫と15歳の娘パウラのために日々忙しく働いていた。...
ボルベール < 帰郷 > (ビター☆チョコ)
失業した夫の変わりに家計を支え、必死で働くライムンダ(ペネロペ・クロス)。難しい年頃の一人娘パウラに手を焼きながらも、明るくたくましく生きていた。そんなライムンダに突然、恐ろしい出来事が。ライムンダの留守中に、パウラが、関係を迫ってきた義父を刺し殺し...
「ボルベール<帰郷>」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「ボルベール<帰郷>」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ、チュス・ランプレアヴェ、他 *監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 感想・評価...
「ボルベール/帰郷」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Volver」2006 スペイン カンヌ国際映画祭(2006)/監督賞(ペドロ・アルモドバル)&女優賞(ペネロペ・クルス)受賞作品。 監督は「オール・アバウト・マイ・マザー/1998」「トーク・トゥ・ハー/2002」のペドロ・アルモドバル。 主演は「オール・アバウト・マイ...
★『ボルベール<帰郷>』★ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督&ペネロペ・クルス3度目のコンビ作。
「ボルベール〈帰郷〉」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
娘はやがて母になり。女性の系譜の強さが厳しくも温かい。女性のための映画という宣伝でしたが、それは作風という以上に出てくるのが女性だけだから。もちろん男性が画面に姿を現すことはあります。でもこの話、基本的にはP.クルス演じるライムンダを中心に、彼女の母・姉...
再び会うことのおそれ (CINECHANの映画感想)
186「ボルベール〈帰郷〉」(スペイン)  失業中の夫パコと15歳の娘パウラを持つライムンダ。気性は激しいが、たくましい女性。故郷に住む最愛の伯母が亡くなり、美容師である姉ソーレの家を訪ねたライムンダは、そこに死んだ母の懐かしい匂いを感じる。伯母の家に...
ボルベール<帰郷> (knockin' on heaven's door)
Volver スペインの地に根ざす、三代にわたる母と娘の物語。愛情と確執、誤解を血でまぶして、やがて母は娘のもとに帰郷する。 鮮やかな色に彩られた、ペドロ・アルモドヴァルの最新作。再び全てを包み込む、女性たちの鷹揚な強さを描き出す。
ボルベール(帰郷)を観ました。 (My Favorite Things)
妖艶な雰囲気がありながら、どこか少女っぽいライムンダを演じ、ペネロペはカンヌで最優秀女優賞を受賞。
#97.ボルベール<帰郷> (レザボアCATs)
ママ!お母さん!!・・・今すぐ、私ももっと母と分かり合わなくちゃ!強くて美しい、母としてのペネロペが、くっきり鮮やかに人の心を捉える。ワーキング・クラスの女性でありながら、たくましくセクシーに、愛に溢れていて、時に疲れていて、・・・全ての母親、女性たち...
ボルベール 〈帰郷〉 (ロッタのひなたぼっこ)
もう一度、人生を愛するために・・・。 久しぶりのペドロ・アルモドバル作品。『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』 に続く最終章『ボルベール〈帰郷〉』。 両親を火事でなくし、故郷ラ・マンチャにひとり残る最愛の伯母を心配しつつ、一人...
ボルベール<帰郷> (future world)
母と娘の痛ましく哀しい人生・・・何の因果か、それは繰り返される。。。 女として生まれ、女として産むことに全てが始まる。 誰がわざわざ、人生に辛いものを背負い込んだりするものか、 そう、女は弱い・・・しかし母は強い。 男への愛情を深く深く封印して、心...
「ボルベール<帰郷>」:住吉駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}地下鉄の入口かと思ったら、産婦人科の玄関じゃないか、紛らわしい。 {/hiyo_en2/}地下鉄で急に産気づいても、この病院なら間に合うわね。すごく便利。 {/kaeru_en4/}でも、地下鉄で産気づく人なんて、あんまりいないと思うけどな。 {/hiyo_en2/}そんなこと...
ボルベール <帰郷> (映画を観たよ)
期待作♪
ボルベール〈帰郷〉 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ぺネロぺって綺麗よねぇ~ちょっと魔性の香りがして魅力的【story】失業中の夫の分まで働くライムンダ(ぺネロぺ・クルス)。彼女の留守中に、夫が15才の娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は父親を刺し殺してしまう。娘を守る為に、ライムンダは必死に事件の隠匿を図るが...
『ボルベール』+ギンレイ (たーくん'sシネマカフェ)
「ボルベール」 都心の数館のみの上映で気になっていたけど、女性向きということで敬遠していました。でも男性からも、よかったと聞き観光ついでに、初六本木ヒルズの映画館へ☆ ボルベール(BOOK)原題:VOLVER監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス...
■ ボルベール<帰郷>/ VOLVER (2007) (MoonDreamWorks)
【ボルベール<帰郷>】 7月20日(土)公開監督 : ペドロ・アルモドバル出演 : ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ロラ・ドゥエニャス 他原作 :  (〃∇〃)「 ボルベール<帰郷>/ VOLVER (2007) 」 ペネロペ・クルス本人が歌う母から教えられたタンゴ....
帰郷~ボルベール~☆独り言 (黒猫のうたた寝)
予告がとっても印象的で、あぁ、これは観たいかもと思われた女性は多いのでは?色彩が鮮やかで、ちょっとミステリーチックな空気とはいえ、・・・別にミステリーでもサスペンスでもなんでもないわけなんですが^^;『帰郷~ボルベール~』観てきました。ソーレとライムン...
ボルベール<帰郷> (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ママ、話したいことが ヤマほどあるの。』  コチラの「ボルベール<帰郷>」は、6/30に公開になる"巨匠アルモドバル監督の、原点にして最高傑作"であり、"故郷ラ・マンチャを舞台に、タンゴの名曲「VOLVER」にのせて贈る、哀しくも可笑しい女たちの人生賛歌――...
ペネロペ・クルスの「ボルベール<帰郷>」を観た! (とんとん・にっき)
ペネロペ・クルスの出る映画は1999年に製作された映画「裸のマハ」以来。フランシスコ・デ・ゴヤの絵画「裸のマハ」を題材にした映画だというのと、ペネロペ・クルスが出るというのが目玉の、わけの分からない映画だったように思います。基本的に「濃い」感じで、トム・
映画「ボルベール」 (<花>の本と映画の感想)
ボルベール 帰郷 監督 ペドロ・アルモドバル 出演 ペネロペ・クルス 、カルメン・マウラ 、ロラ・ドゥエニャス 、ブランカ・ポルティージョ 、ヨアンナ・コボ 、チュス・ランプレアベ 2006年 (映画館にて鑑賞) ? ライムンダは、娘バウラと姉ソーレ...
映画「ボルベール <帰郷>」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「ボルベール <帰郷>」に関するトラックバックを募集しています。
映画「ボルベール <帰郷>」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年47本目の劇場鑑賞です。映画の日に観ました。「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督作品。郷愁と女性讃歌のヒューマン・ドラマ。監督自身の故郷でもあるラ・マンチャを物語の背景に、母、娘、孫娘の三代の女性たちの...
ボルベール <帰郷> (辛口だけれど映画が好きです)
注! 同じ記事がわたしの別ブログLeidende Fruchtにも載っています。ボルベール "Volver"(2006年/スペイン/ペドロ・アルモドバル監督/公式サイト)三世代の女性の生い立ちと、その愛のドラマ。
「ボルベール」女はこわい (再出発日記)
「女を殺す男は醜いが、男を殺す女は美しい」ということを誰が言ったか、というと私がでっち上げました。すみません。監督:ペドロ・アルモドバル出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、チュス・ランプレアヴェ女は、...
ボルベール<帰郷> (とんとん亭)
「ボルベール<帰郷>」 2007年 スペイン ★★★★★ 母親と娘の2代に渡る母子愛の物語。 マドリードで働き者のライムンダ(クルス)は、失業中の旦那と15歳の娘パウラ (コバ)と3人暮らし。 姉のソーレ(ドゥエニャス)と共に故郷の墓参りに帰る...
ボルベール <帰郷> (It's a Wonderful Life)
赤い赤い、赤い映画のアドモバル。 やはりこの映画も赤かったです。 ペドロ・アルモドバル監督の映画はいつも赤いイメージ。 ペネロペの服も、レストランの内装も、料理する野菜も キッチンペーパーに染みてく血も・・・。ポスターまで赤! 今回は好きだった「オ...
ボルベール/帰郷 (2007 映画観てきました♪)
地下鉄駅で この映画の大きなポスターを見たときに 絶対観よう! って思いました。 ぺネロペの意志の強そうな 目が好きです。
真・映画日記『ボルベール〈帰郷〉』 (          )
6月30日(土)◆487日目◆ 前の日に買った作務衣を来てさっそく外出。 …やはり、雪駄の鼻緒が痛い。 さァ、それよりも『ボルベール〈帰郷〉』だ。 死体隠しに幽霊騒動、近親の忌まわしき過去。 ペドロ・アルモドバル監督の故郷ラ・マンチャを舞台に、 家族を...
【ボルベール 】 (+++ Candy Cinema +++)
【VOLVER】 監督・脚本  ペドロ・アルモドバル  製作年度 2006年  日本公開 2007年6月30日     上映時間 120分  製作国 スペイン  配給 ギャガ・コミュニケーションズ CAST ペネロペ・クルス/カル
ボルベール <帰郷> (Blossom Blog)
ボルベール <帰郷> VOLVER 監督 ペドロ・アルモドバル 出演 ペネロペ・クルス カルメン・マウラ     ロラ・ドゥエニャス ブランカ・ポルティージョ スペイン 2006
『ボルベール<帰郷>』 (映画館で観ましょ♪)
情熱的な眼差しと色彩 たたみかける会話 チュッチュ チュッチュと続く挨拶に惑わされてしまったけど... 中身はかなりドロドロで、 このまま進んでしまっていいのかと思...
ボルベール〈帰郷〉 (小部屋日記)
Volver(2006/スペイン)【劇場公開】 監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ヨアンナ・コバ/ロラ・ドゥエニャス/チュス・ランプレアヴェ ただいま。おかえりなさい。 女たち、流した血から、花咲かす。 カンヌ映画祭で最優秀脚本...
ボルベール<帰郷>(スペイン) (映画でココロの筋トレ)
うっかり見逃してしまった「ボルベール<帰郷>」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ 上映時間:120分  10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネ...
映画レビュー一覧 た~わ行 (銀の森のゴブリン)
 80年代までの映画のタイトルは「名作の森(外国映画)」と「名作の森(日本映画)
ボルベール<帰郷> (銀の森のゴブリン)
2006年 スペイン 2007年6月公開 評価:★★★★★ 監督、脚本:ペドロ・
ボルベール<帰郷> (to Heart)
上映時間 120分 製作国 スペイン 監督 ペドロ・アルモドバル 脚本 ペドロ・アルモドバル 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ ロラ・ドゥエニャス/ブランカ・ポルティージョ/ヨアンナ・コボ カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀...
『ボルベール〈帰郷〉』'06・西 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ。だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラに関係を迫り抵抗した娘は、勢いあまって父親を殺してしまう・・・。感想カンヌ国際映画祭では、素晴らしい谷間の主演のペネロペ・クルスはじめ6人の出演者が女優賞...
mini review 07276「ボルベール<帰郷>」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ。母として、娘としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。監督は『バッド・エデュケーション』のペドロ・アルモドバル。主演はアルモド...
『ボルベール <帰郷>』 (Sweet*Days**)
ボルベールコレクターズ・エディション(2008/01/01)ヨアンナ・コバ、ロラ・ドゥエニャス 他商品詳細を見る 監督:ペドロ・アルモドバル CAS...
【映画】ボルベール〈帰郷〉…出だしは鳥居みゆきのネタと同じ展開 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}今月の頭頃からWindows Updateが急に出来なくなったマイパソコン{/pc2/}{/face_hekomu/}。 普通に対応しても解決しなかったので、昨日助っ人として友人を召喚しました{/face_nika/}。 友人がネット情報と格闘しつつ、すげぇ難しい操作をして何とか解決{/fac...
ボルベール  〈帰郷〉  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  『トーク・トゥ・ハー』でその異色な才能を認められた、べド口・アルモドバル監督の最新作。カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を併せて受賞している。 ボルベール帰郷 コレクターズ・エディション販売元:ギャガ・コミュニケーションズ発売日:2008
<ボルベール<帰郷>>  (楽蜻庵別館)
2006年 スペイン 120分 原題 Volver 監督 ペドロ・アルモドバル 脚本 ペドロ・アルモドバル 撮影 ホセ・ルイス・アルカイネ 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 ペネロペ・クルス  カルメン・マウラ  ロラ・ドゥエニャス    ブランカ・ポルティー...
【レンタル映画】 ボルベール<帰郷> (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)は、失業中の夫と15歳の娘パウラ(ヨアンナ・コバ)のために日々忙しく働いていた。ある日、火事で死んだはずの母親が生きているといううわさを耳にする。そんな中、肉体関係を迫ってきた父親...
「ボルベール」 DVD (しぇんて的風来坊ブログ)
べド口・アルモドバル監督(「オール・アバウト・マイ・マザー」)の作品。展開は結構ハチャハチャでコメディであり、殺しや出生の秘密、胸の谷間などがまぶされつつ、カメラ・アングルも意外にオチャラケも混じってる。が、馬鹿だなあというより、家族の繋がりや母性など...