Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

娘が通う進学塾を紹介できない理由

2017年02月23日 01時16分00秒 | タイで子育て
昨年の10月に「子供の塾をどうやって探したか? 失敗談をまとめて考えた。」という記事を書いたが、今でも娘の国語(タイ語)と社会の塾を探している。3月からの夏休みは、息子の塾が終わる時間より娘が終わる時間が2時間早く、その時間を有効利用させたいのでビデオの塾が良いだろうと思うのだが、全く情報がない。
情報を集めて良い塾を探すのも大変なのだが、最近は娘の同級生や同じ集落の子供の保護者から塾を紹介してくれと頼まれて困っている。私が教えて欲しい側の時は、秘密にしなくても教えれば良いだろうと思っていたが、いざ教える側になるといろいろ問題が有って難しい。今日はその理由について書いてみたい。

1つ目は先日コメント欄へも書いたが「学校カースト」の違い。塾で他の保護者と立ち話になると、最初に必ず訊かれるのが学校名。ウドンタニだとアヌバーンウドン、ドン・ボスコ、センマリが御三家で、それ以外の学校だと丸でカーストが違うように話は終わってしまう。昨年5月に書いた記事「バンコクの塾はウドンに有ったw」や、昨年8月の記事「姿が見えない子供達を探す。どこの塾へ行ってんだ?」へ詳しく書いたが、ギフテッド系を目標にしたウドンタニの塾では御三家以外の学校からの児童を受け入れないところがある。娘の学校は御三家ではなく、もし同級生を紹介すると塾から断られても親は(私のようにw)無理にでも押し込もうとするので迷惑が掛かってしまう。塾で一緒に勉強できる学力があれば紹介できるが、受験までにあと1年しか無い今頃騒動しているようでは、それも期待できなかったりする。孫可愛さにバイクで私の車を尾行したおばあちゃんが居られるそうだが、やはり入塾できなかったと娘が友達から聞かされたそうだ。

2つ目は習熟度だが、娘が通う算数の塾は小学校の教科書の範囲を超えて教えており、小6までの算数はマスターしている前提で授業が行われる。娘は小3終了までに小6の簡単な問題集を2冊終わらせており、小5になる前にフォーカス社の黄色い小6算数の問題集を終了している。小6の簡単な問題集はサワディーIT社のLearn itブランドのがあり、娘は小3でやったが1年飛び級なので小2でも解ける筈。算数だけは丸暗記出来ないので、順を追って学ぶしか無いが、ギフテッド狙いのウドンの進学塾は小学校よりかなり先行して学ぶので、小4になる前に小6まで終わらせて入塾すると良いらしい。進学塾では娘は他の小5より1年以上遅れて入っており、本人は度々悔しい思いをしているようだ。娘の同級生が一緒の算数塾へ行きたいと言っても、学校で勉強しているだけではとても塾の授業へ付いて行けない。

3つ目が学費。塾を紹介してくれと頼まれると、今通っている塾やその学費を尋ねるが、娘の周囲の多くの児童は主要5科目で年間1万~2万バーツくらいの塾へ通っている。安い学費で塾を成立させなければならないので、狭い教室へぎゅうぎゅう詰めだったり、手間を省くために宿題なんか絶対に出さなかったりで、難しいことを教えても手間が掛かるからか、内容が薄く習熟度もチェックしないまま進んでしまうところもあるようだ。ビデオの塾でも1科目が年間1~2万バーツするのだが、5教科で年間1~2万バーツが普通と思っている方へ1科目で年間2万バーツとか5課目年間4万バーツの塾を紹介すると、高いと言って紹介した塾へ入らない人が多い。子供を紹介した塾へ入れないのは自由だが、行かさないのを正当化したいのか、それとも妬みや僻みになるのか知らないが、子供を小さい内から塾へ行かせて可哀想なんて話を広めたりするから困ってしまう。

最後の4つ目は価値観。先日コメント欄にも書いたが、成績上位の塾は勉強が好きな子が集まっている。勉強が好きな理由は様々で、親からチヤホヤされて褒められるのが嬉しくて勉強する子供も居る。中には親から言われて嫌々に通う子供も居るだろうが、勉強が好きな子供ばかりの環境へ入って、勉強するのが当たり前になる子供も居れば、たっぷり出される宿題や内容の濃い授業を嫌々勉強して続かなくなる子供も居るだろう。何事もルーズな同級生から塾を尋ねられた娘曰く、学校の宿題もやらないのに、どうやって塾へ行くの?だそうだ。子供の学習意欲を見極める為か、娘が行く2つの算数塾はどちらも2クラスに分けて有り、成績上位の子のクラスと下位及び新入生のクラスが有る。下位クラスで様子を見てOKならば上位クラスだ。半年待って駄目なら強制的に止めさせる塾も有る。娘が8月から入った算数の塾では、9月からずっと下位クラスのトップをキープしていたが、3月からやっと上位のクラスへ入れるらしい。
価値観でもう一つあるのが休日の過ごし方。上位の成績で志望校へ入ろうと思えば、土日も夏休みや秋休みもクリスマス休暇もずっと勉強。他人が遊んでいる時に勉強するから他人より良い成績が取れる。学校が休みの日は塾のはしごが普通だし、家でも勉強している。子供の成績が良くならないと言う親に限って、休みの日は家族揃って遊びに行っているのが定番だ。夏休みに旅行しようと思ったら進学塾へは行けないだろう。我が家でもピッターム(学校の長期休暇)恒例のバンコクへの移動販売へ行かれなくなってしまった。売上が落ちたし、お客様へも迷惑を掛けているがどうしようもない。

塾を紹介できない話ばかり書いたが、逆に言えば良い学校へ通っており、塾の授業に着いて行ける学力が有り、学費の支払いも問題なく、勉強が好きな子供なら、どの塾でも喜んで受け入れてくれる筈。それでも塾の情報が得られないならば、ライバルとして警戒されているのだろう。その時は上級生やその保護者をターゲットにして情報を集めるしか無い。

どうしても情報が得られない時は、目立つ場所へ大きな看板を出して営業しているビデオの塾となるが、ビデオの塾にも当たり外れが有るし、向き不向きの相性もある。それとビデオの塾は勉強ができる子供が更にレベルアップを目指して行くのであり、勉強が嫌いだったり苦手な子供が行く場所ではない。やる気が無いと座っているだけで、誰もチェックを入れないので真剣に勉強せず、時間とお金の無駄になるだけだろう。

ウドンタニだと国語(タイ語)、英語、算数(数学)はリアルな先生が教える塾が強く、理科は中学からビデオの塾が有利。社会は中学以上だとビデオの塾以外を私は知らない。リアルな先生が教える塾は3月からの夏休みのコースの受付がほぼ終了。5月からの新学年のコースの受付も始まっている。ウドンタニだと皆さんのんびりなので少し早めに申し込めば大丈夫だが、バンコクの有名塾でビデオではなくリアルな授業を受けようとすると、申し込み開始日の午前2時から並んだりで大変だそうだ。

そろそろ夏休みになるが、自宅との送迎と塾から塾の移動をさせる毎日になりそうだ。自宅は郊外なので待ち時間はずっと車で待機だが、これが2ヶ月続くと思うと・・こんな気持を吹き飛ばして、子供達のために頑張らなければ。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 今日はぺんぺん草さんの一周忌 | トップ | 井戸の修理 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全く大変ですね~~♪ (ハシビロコウ)
2017-02-23 09:53:49
テレビのドラマ、事件ものなんぞは、詰まらん話しにしか見えなくなりますね。
何時も最善の事ばかり出来るわけではなりませんが、
出来ることは、後で考えると、沢山有るでしょうから、
それを「今でしょ」で遣っているっしゃる様で、ホント手に汗握る進行ドラマ~~♪

ウドンの名門、ウドンピットでも、上はタイ国三名門大学を目指す人もいれば、お金で入ったナンチャッテ生徒もいるらしいですね~~♪
Unknown (muga)
2017-02-23 11:00:44
メンカームさん、おはようございます。
お子さんたち頑張ってますね、いつも刺激をもらってます。
客は商品を選ぶが、商品も客を選ぶって話に似てますね。我々が上から下までルイヴィトンで固めてタラートを闊歩してる姿を想像しちゃって珈琲フイタww

まあうちは下克上ならぬ外人部隊傭兵受験みたいなもんだと思ってます。情報はゼロ、クラスメートからは警戒されてるのか蚊帳の外でした。
それでもY校直系の塾へ入塾許可を頂けた理由は、そりゃあもう親友君がこっそり知らせてくれたのが第一ですが、先生に本人の眼力とヤル気を見せたからでしょう。朝の選挙活動よろしく親子でつっ立って「おはよーございまーす!」とやりました。
もちろんメンカームさんから「順番を待っていても連絡は来ない」といわれたから「行くきゃねーだろ!」と(笑)
それからですよ、急激に伸びたのは。

昨日はネットで見つけた灘中と桜蔭中の受験問題2017年度(算数)をプリントアウトしてやってみたんですが、これがとてつもなく難しい!
なんやこれ?って、立体図形から斜めに切り出して双方の体積を割り出す問題、異なる移動距離と時間から速さを導きだす問題、なーんて宇宙的難解度?バカにしとんのかい!と思いましたね(^^)ハハハ

まあざっと答えを見ながらやってみて息子に解けそうな問題はありませんでしたが、
両校の第一問題が分数と少数マゼコゼの数式から抜けた数を求める問題だったんで、まあ日本のレベルを知らしめすには丁度良いかなと思いさせてみましたね。
直ぐに泣きが入ると予想してましたが、なんと二問とも正解したのです( ; ゜Д゜)
もう、それだけで泣きそうになりました(T-T)

息子のやつ、まるでワンパンチで勝った後のボクサーみたいに赤ら顔でワオー!吠えましたねww
そんで、調子に乗って二問目に向かったんですが、こちらは応用ツルカメ算の文章問題ですよ。即思考停止で敵前逃亡しました(*_*)

このツルカメ算はタイには無いなですか?
以前コメント欄にてタイヤイさんが、方程式を解ける子よりはツルカメ算を理解する子の方が頭が良いと仰ってましたね。
こんなところにもタイ国知的レベル層の低迷原因があるのかもしれないなと感じました。

ちなみにアメリカだのイギリスだの教授に付いて飛び回ってる専門家の甥っ子に質問してみましたが、ツルカメ算は中学校を受験した人が知ってますね僕は知りません、だそうですダメダコイツwww
長々とすみません。
塾情報 (Nan)
2017-02-23 17:56:14
なるほど、塾情報は気軽に教えられないですね。

バイクで車を尾行するおばあさん、すごいパワーですね。その姿を想像して思わず笑ってしまいましたよ。

こちらでも算数は評判の良い塾が数か所ありますが、うちは共働きのうえ、主人はイサーン出身のため頼れる親戚や兄弟もいないので、送り迎えができる時間帯であることが重要な条件になります。
なので、この夏休みには、学習時間が自由なビデオの塾に初挑戦です。ビデオ塾にも当たり外れがあるんですよね?外れませんように!

塾の待ち時間も大変ですよね。これから本格的に暑くなってくるし、今から憂鬱です…が、お互いがんばりましょう!!



コメントありがとうございます (メンカーム)
2017-02-24 10:09:31
ハシビロコウさん
事実は小説よりも奇なりと言いますが、子育ては本当に面白いです。
息子の中学受験のつまずきから始まったのですが、
その頃からしたら思いもしないような勉強を娘がやってます。
もっと良い方法があるのではないかと今でも調べていますが
人気の塾も移り変わりがあったりで、難しいですね。
ウドンピット校はタイでも友数のマンモス校で、全校生徒は六千人近いそうです。
真面目に勉強する生徒も多いですが、トイレでタバコは当たり前。
息子の話では、一番成績が良い一組(制服が違う)の女子高生が
タバコを片手にトイレから出てきたりするそうです。
大麻を吸う生徒も居るそうで、通路で持ち物検査をしたりだそうです。
学校には警官が数人配置されており、違法行為は逮捕されます。
新人教員が生徒とトランプ賭博をやり、懲戒解雇にもなってます。
こう書くとDQNの集まったロクでもない学校に見えますが
O-NET(国の統一試験)の学校平均点はタイで21位、イサーンで1位。
文化の違いなのでしょうが、善悪の基準から違うような気がします。
お金で入った生徒は合格発表に得点が記入されませんので、すぐ判ります。
何年か前には日本人の名前もありましたよ。

mugaさん
おはようございます。
今年は二人とも受験生ですから、お尻へ火が着いてます。
上から下までルイヴィトンですか!私はユニクロですわw。
情報が無い時って不安になりますよね?
やっと見つけても来るなって言われたりですし。
断られた時は娘が「私はそんなに勉強できない子供じゃない!」って
涙目で塾の先生に訴えたり。
息子もスパルタで有名な塾へ一人で申し込みに行って
いい度胸してるなと言われたりw。
勉強したい意欲を理解してもらえないと入り難いですね。
娘の理科の塾ですが、希望する時間帯が定員を超えたら
別の時間帯を申し込んでおいて、
希望する時間帯へ無理矢理押しかけたのが3人居ました。
先生は最初だけ怒っていたそうですが、マイペンライ。
タイ人ってこういうところは優しいですね。
ムガさんと僕ちゃんの勉強したい気持ちが塾の先生へ通じたのでしょう。
塾で断られても、やる気を見せて認められたら入れてくれるようです。
僕ちゃんの実力がグン!と出て良かったですね。
この勢いで希望校合格まで一直線。
日本の入試問題は難しいですね。
タイでも時計算は出るのか、娘は塾で何度もやったそうです。
http://juken-sansu.net/tokei/
3月からの夏休みに娘へ特殊算を教えようと思ってます。

Nanさん
娘が前に通っていた塾は1クラス百人以上入れて教えますから、
尋ねられれば誰へでも教えてたのですが、
普通科目標の塾でも教えた後に問題が出てましたから、
今のギフテッド目標の塾は大丈夫そうな人にしか教えなくなりました。
教えないと気分を害されますから、家で勉強してるってw。
塾の送迎はお仕事されていると大変ですね。
娘は昨年の9月までは、受験科目を全部教える塾で、
昼食は出前が可能でしたし、監視や警備の方も居られましたので
朝連れて行って夕方取りに行けばよかったのですが、
今は科目毎に別の塾ですから大変です。
ビデオの塾は先生の名前で検索するとYOUTUBEへ授業の動画があったりしますし、
塾によっては受付で話せば1時間ぐらい見せてくれます。
テキストも塾で見せてくれますからじっくり検討できますね。
ウドンタニだと定番と言われたビデオの塾があるのですが、
受講者の減少に歯止めが掛からなくなってます。
人気の塾も移り変わりがありますから、
どこの塾が子供が多いか見比べてみてください。
塾の待ち時間は本当に居る場所が無いのですよ。
車で風通しの良い日陰を探し歩いてます。
夏休みは本当に暑くて憂鬱になりますが、頑張りましょう!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

タイで子育て」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。