Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

同床異夢

2016年11月16日 16時01分05秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
日本へ居た頃の私の仕事はITエンジニアって奴で、当時の日本ではエロ写真を見たりの遊びで使われていたインターネットが仕事で使われ始め、設備は凄い勢いで増えて行き、初期不良もあるので故障も次々。夜も休日も呼び出されては働いた。一気に会社の業務は増えたが人材の育成が間に合わず、私は基幹ネットワークの担当だったが、プロバイダ部門の故障まで呼び出されたりもした。
それなりの評価も頂いてやりがいも有ったが、クタクタになって帰ると、飯も作らずにブアブア(退屈)言ってる妻で、内助の功ってのも無かったので、これはとても続かないと思い、花粉症など他にも理由があったので退職と移住を計画。それからタイへ土地を買ったり準備を始めて二年掛けて退職した。
団塊の世代が多い職場だったので、私が逃げた後は一回り上の先輩が最年少になり、仕事が集中したのか鬱病を発症して自殺。逃げなければ私だったかも知れない。

タイへ行ったらのんびりする積りで妻と話し合い、妻の了承を得ていたのだが、タイで実際に暮らして経済的に問題になったのは子供の教育費と車の維持費と医療費。
タイで暮らして妻が始めたのは、食品店と園芸店で月に1〜2万バーツの利益はあったので、食べるには困らなかったが、子供は集落の公立校にしか行けず最低の教育。私が住む集落で地元の公立校へ行かせるのは貧困家庭であり、学校の担任から可哀想だから街の学校へ転校させろと言われるくらい。字の正確な読み書きは難しいし、算数も掛け算辺りから怪しくなっていく。街の学校へ行かせれば、一番安い学校で年間1万バーツ。高いところで5万バーツくらいらしい。
車は遠出しなければガソリン代くらいは払えるが、年一回の税金と保険代の約2万バーツが払えない。2500ccの4ドアピックアップで、税金が年間4000バーツ程度、自賠責保険が千バーツ以下、任意保険がチャンヌン(一級)で、運転者限定を付けて1万五千バーツ前後。日本と比べて飛び石の窓ガラス破損が多いし、日本で20年間無事故だった私でも何度も事故。保険へ入らないなんて危なくて絶対に薦められない。
病院は妻が公立病院不信で私立総合病院へ行きたがったが、風邪で2千バーツ、高熱で入院すれば3万バーツ、骨折で手術すれば10〜20万バーツとなり、とても家業の収入では払えない。
移住前に、タイへ行っても普通の生活をしようと妻と話していたのだが、私が思う普通の生活とはタイの庶民の暮らしであり、妻が思う普通の生活とは、日本と同様の暮らしだったのでタイでは中間層だったのだ。同床異夢とは、このことである。

私が暮らしていた十年前の日本は、中間層=庶民だったと思うが、タイでは今でも中間層は庶民より数倍所得がある人達。庶民がやる商売を農村で細々とやっていたのでは、子供を街の学校へやったり、自家用車を維持したり、私立総合病院へ行ったりは出来ないのだ。
それから我が家の大騒動が始まり、収入を増やそうと農場を作ったり、羊歯の栽培実験を繰り返したりで、今まで来ている。零細な農園である我が家の家業には、昼も夜も無く、週末の休みも無い。働き詰めの妻を見ていると、辛くても私が会社員をやってた方が楽だっただろう。
子供を街の学校へ行かせ、車の維持費も何とか出るようになったが、いちいち風邪を引いたくらいで私立病院へ行くような余裕は全くない。風邪や軽い下痢くらいは、私が薬局で買った薬で済まし、他の病気や怪我は国立病院で治療するようになった。

タイは物価が安く、低所得でもそれなりに暮らせるイメージがあるようで、ブログのアクセス解析を見ると、タイでの生活費や学費で検索して来られる方が多いが、タイの物価が安いのはそれだけ質が低いのであって、日本と同質の物が安いのではない。安い物で済まそうと思えば、どこかを我慢しなければならない。物なら使えなくなれば買えば済むのだが、子供の教育には期限があり、勉強できるのは今しかない。ここを安く済ませてしまうと、後から泣くのは子供であり、貴方だ。我が子との同床異夢は悲惨な出来事を引き起こすだろう。

タイで10年生活した私から、移住前の私に言いたいのは、安易な計画で移住しないこと。タイは階級社会であり庶民的な生活をすれば安く過ごせるが、学校や病院の質には大きな格差があるのを理解しなければならない。どのレベルで生活するか家族としっかり話し合うべきだ。リスクが大きいので子連れの移住なんて避けるべきだろう。


貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

健康に気をつけたつもりが・・死を招く?(ゾ~っとする話((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル)

2016年04月28日 23時06分47秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
<注意>ここではビタミン剤を怪しんで記事を書いているが、本当の原因は腎石と判明した。誤った判断で書いた記事と了承して読んで欲しい。

昨年の10月頃から植物の培養に興味を持ち、無菌培地を作っては遊んでいる私。全く経験がないので大部分はカビが生えて捨ててしまうが、培地へ何を入れるか考えては試行するのが面白くて止められない。
培地へ添加するのに近所の薬局でビタミン剤を買って来たのだが、30錠入って450バーツするのに、実験に使うのはほんの数錠。勿体ないので残りは3月中旬から毎日1錠ずつ飲み始めたのだが、数日後には私が慢性症状で困っていた脹脛の筋肉痛が止まり、腰痛もかなり軽減。1週間もしたら顔や手の皮膚がつやつやして弾力性が増し、何だか若返ったような気がした。たかがビタミン剤でこの変化は無いだろうと思いながらも妻に話して見ると、まさかと言いながら私の腕の皮膚を摘んで「あら本当ね」と驚いている。我が家では妻が健康志向なので栄養のバランスが良い食事をしているのに、何の栄養が足りなかったのだろうと不思議に思った。体の調子が良いと気分も前向きになり、猛暑にも関わらず私の家事はテキパキと捗った。84キロあった体重が76キロに下がったのにも気づいたが暑さのせいかなと思うぐらいで、体調が良いので気にもしなかった。
最初に買ったビタミン剤の残り二十数錠を使いきり数日飲まなかったら脹脛の筋肉痛が再発したので、コンビニで同じビタミン剤を買って飲み始めると、再び体調は絶好調に思われた。それが地獄に突き落とされたのはソンクラン前日の12日。
私は自宅のトイレへ入る時に電気をつけないで暗いまま用を足すのが習慣なのだが(ケチw)、12日はコンケンへ行ってガソリンスタンドのトイレで小用を足していて、尿がコーラのような褐色をしているのに気がついた。その時は暑くて脱水症状かなと思ったが、自宅で水を飲んでも同じ色。あれ?と思うぐらいで翌日13日はBBQでビールをたらふく。トイレへ行くと綺麗な尿の最後に茶色い粉混じりのような尿。ようやく体に異常があると確信し、そこでお酒はSTOP。体調は抜群に良いのに尿だけ異常がある。何だろうと妻と相談して思いついたのはビタミン剤。ビタミン剤でそこまで体調が良くなるのはおかしいと妻が言うし、私もそう思うのだ。毎晩飲んでいたビタミン剤は13日の夜から中止すると、その日の夜を最後に褐色の尿は出なくなった。
尿は正常に戻ってもビタミン剤が原因と確定ではないので、試しに18日の夜にビタミン剤を飲むと翌日昼には再び褐色の尿。やはり怪しい。
ネットで褐色の尿が出る原因を調べると、病気の場合は黄疸が出るような肝臓障害や胆管炎等が書いてあるが、むくみもなければ怠さもない。ビタミン剤だとビタミンB2の服用で黄色の尿が出るそうだが、褐色にはならないらしい。
妻は、ビタミン剤の効果を演出するために、ステロイドや鎮痛剤を混入しているのではないかと疑っているが、我が家では調べようがない。私が調べた範囲では痛み止めに使う筋弛緩剤に褐色の尿が出るものがあるようだ。
近所の男性は、糖尿病と高血圧があるからと娘が買って来たキノコのエキスと称する1本1500バーツの健康食品を飲み始め、血圧も安定し体調が良いからと4ヶ月続けたあげくに倒れ、病院へ運ばれてから腎臓障害が発覚。原因を調べると娘が買って来たキノコのエキスと称する健康食品で、ステロイドが検出されたそうだ。今は腎臓が壊れてしまい隔日で透析が必要となったが、子供が公務員なので無料で治療できているそうだ。似たような事例は妻の姪でもあり、ニキビが治ると言われたキノコの健康食品を使っていたら腎臓が壊れて透析が必要になった。王族系財団の支援による透析治療をうけていたが、数年前のソンクラーンにホイケン(小さな赤貝の仲間)を多く食べてショック状態になり亡くなった。
妻の親族がウドンへ出てくると、1本100バーツの胸が大きくなる薬やら色白になる薬やらを買いに某市場まで行かされるが、認可を受けた薬でもないだろうし、飲んで何が起きるかも分らない。恐れも知らずによく飲むわと思ったが、私もビタミン剤と信じてどうやら得体の知れない物を飲んでしまったのかも?
世界的な大手メーカーのブランドのタイ現地生産品らしいので、まさか!?と思うが、今のところ飲まなければ出ないのだ。
27日に検査専門の病院へ尿検査へ行ったが、異常は赤血球が±のみ。2年前の検査で検出された蛋白も、そして気になる糖もない。赤血球の±だけ気になるので1~2週間後に再検査へ行くつもりだ。以前も記事にしたが検査料は1回50バーツだし、結果は英語で印字されるので、ネットを検索すれば結果の見方の解説もある。このまま褐色尿が再発しなければ原因はビタミン剤と称した薬の可能性が高い。再発すれば癌を含めた病気の何かとなる。ビタミン剤を止めて以来、肌は張りがない中年オヤジの物に、デブが原因の脹脛痛は再発し、体重は再び80キロ台を目指して頑張っている。
昨晩は息子が私のところへ来て、「妹が成人するくらいまでは生きとかないといけない。だから酒を止めろ。」と忠告。「親父が頑張るなら、僕も勉強を頑張って通知票はオール4を目指すから」とまで言うので、「それじゃあモー5(高2)の成績が出たら宴会しようかw」と受け入れた。
やれやれ私の楽しみは次々に奪われていく。やりきれないぞと思いながらも、子供への責任も感じるのであった。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

掲示板の投稿へコメントしてみた

2016年02月22日 14時50分07秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
ウドンタニ在住のナオさんのブログへ『「タイ雑談掲示板」サイトに、考えさせられる投稿コメントがありました。』という記事があり、「タイ雑談掲示板」(どこ?)の投稿を紹介されていたが、ナオさん曰く「タイロングステイを目指す人々(独身者?)に対する提言・助言」らしく、面白いのでその投稿へコメントしてみたい。・の後に「」で囲まれているのが掲示板の投稿で、その下が私のコメントだ。


・「年金が貰えるまでは、日本でしっかり働く」。
堅実。私もそうすれば良かったと今頃後悔。日本より物価が安いので少ない資本で起業できると思いがちだが、簡単に真似が出来ないような技術がない限り、資本が少なければ利益も少ないのが普通。

・「たまにタイに遊びに行ったりしながら、英語とタイ語、又、タイの文化や法律を勉強する」。
私はタイ人の妻と一緒だったので、言葉や文化の違いは妻がクッションになってくれたが、同じ仏教の国と言いながら宗教観から違うので、タイを理解するのは大切。

・「ロングステイ、ボロ賃貸マンションを借りて、自炊しながら好みの若いタイ女性と付き合う」。
私が家を建て始めたのは移住から1年近く経ってから。それでも後悔した。いつでも撤退できる賃貸で長く暮らすのは正解。若いタイ女性は良いでしょう。スレたのを掴むと酷い目に遭いますぜ。

・「大切なお金は、日本に(置いておく)」。
私は妻の事業へ全部凍死投資してしまったが、可能な限り持って来ないべき。但し自分の命を救えるくらいの金は持っておく。

・「リタイアメントビザは、見せ金業者(ブローカー?)に頼む」。
手数料は3万バーツくらいという話は聞いたが???病気や事故の時に命を守る金は?

・「VISAデビット付きの銀行カードとタイ銀行カードを作っておく」。
私は海外からの送金規制を掛けられて困ったので、タイにもある程度のお金を置くのは賛成。分散して持つべきだし、管理は自分で。

・「昔から日本で信頼のある日本人以外とは、一切、付き合わない」。
日本の社会に耐えられない半端者は確かに居る。(私で~す!)私にも移住当初に怪しい日本人が寄って来たが、在タイ日本人もいろいろ。タイでの生活費がどこから出ているか要チェック。十分な収入がない人には気をつけるべき。

・「店舗出店・共同経営などに投資しない」。
・「コンドミニアムに投資しない」。
・「ロングステイ詐欺に引っ掛からないなど余計な事に関わらない」。
おいしい話を他人へ教える馬鹿は居ない。誘われるのは許容できないリスクが有るとか、資本がないとか、最初から騙し取るつもりだったり。タイ側親族からの申し出に多いのは行商など車を使ったビジネスだが、車が欲しいだけなので相手にしないのが一番。他人の金を増やすために死に物狂いになって働く馬鹿は居ない。投資話に乗らない、相手にしないのが一番。

・「結婚相談所に(タイ女性との)斡旋を依頼はしない(利用しない)」。
業者もいろいろらしい。タイ人男性は信用出来ないと思って外国人と結婚したいタイ女性は居るが、カネ目当てだと結末は悲惨。外国人に寄ってくる理由の多くは経済的な魅力と思うが、何年経ってもそれ以外の魅力がない男性側も問題があるだろう。どこかで「外国人男性はチューインガム」と読んだが、噛めば噛むほど味が出るような男を目指したい。中にはタイ人配偶者を満腹にしてしまって、ごちそうさまとされた方も居られる。

・「タイ女性が、泣こうが喚こうが、絶対に助けない」。
病気とか事故とか不幸が全部振りかかるように話があったりするが多分嘘。恥ずかしい話だが、義母は先日数回目の危篤になっても、妻も相手にしないし駆けつける親族は居ない。そんなのを言って金を求める女は止めて別を探そう。

・「タイ女性に騙されたり、簡単に車だの家だのを買い与えたりする日本人が多すぎる」。
結婚すると車と家は欲しがる。大きな家は親族が寄り集まるので、必要最低限で十分。老父母なら50平米以上は必要なし。1万バーツ/平米で十分良い家は建つ。車は金食い虫。外国人相手なので相手は期待しているだろうから、与えなければ、与えられないかも。バランス感覚が必要。

・「タイ人に恨みをかわない、怒らせない」。
プライドは非常に高いし、根に持つタイプが多い。しかも短絡的思考。良心的に話しても勘違いして切れるのも居る。

・「独身の爺さんは、安易に移住してきて、簡単にタイ人や日本人を信じるから騙されたり、殺される」。
その通り。安易過ぎるのは危険。

・「夫婦で移住も、両方せめて”英語”は話せないと(タイ生活は)無理」。
簡単な英語くらいは最低条件。困った時にどうします?

・「身体壊したら、日本へ帰国して保険で入院。最後は生活保護」。
ある日本人に病気が見つかったが、保険がないので自宅療養。とはいえ体調不良等で時々入院し手持ちの金は減るばかり。風邪をひいても病院にも行かないで肺炎まで進行。苦しくなった時は手持ちの金も使い込まれており文無し状態。ICUへ入れられ人工呼吸器を装着されたが国立病院でも医療費は1日1万バーツ。日本人としたら恵まれた年金も有ったが支払日を待てなかったのか、家族から支払いが困難と言われ自宅近くの設備の劣った病院へ転院。夜間に息苦しくなったが人工呼吸の設備もなく死亡という悲惨な事例が最近身近にあった。高血圧や糖尿病などなら医療費も嵩まないが、癌の可能性などがあるのにタイの医療保険制度に加入して無ければ、体力がある内に帰国し、アパートでも借りて住民登録し、日本の保険制度で治療するべき。命が大切なら最後は生ホでも良いだろう。命は大切にするべきだ。

・・と私は思ってコメントしたが、読者の皆様はどう思われるだろうか?

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

移住詐欺に御注意!

2015年04月26日 13時42分10秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
私の周囲でもタイへ移住して暮らそうとする方が常に居られるが、これはどうも詐欺ではと思うような事例があるので紹介したい。
一人目は自国で自営業をされていた方だが、事前にタイへ家を建て、家の敷地とは別に投資として土地も持たれていた。景気が悪く、商売もパッとしないので奥さんの勧めもあってタイへの移住を計画。外国人の自国の自宅を売らせたいので移住するように勧めてくれと、奥さんのお父さんから妻が頼まれたと聞いて、移住しないように私は忠告したが移住を決行。最初は楽しそうに生活されていたが、手持ち資金が少なくなって、自宅や投資用に所有していた土地を処分しようとすれば不動産は全て奥さんの父親名義。土地を処分するように頼むと代金は家族で分配されてしまい、不満を言うと出て行けと言われてしまった。自国の自宅も家業も処分してしまって帰るに帰れず。父親とのトラブルを避けて奥さんは逃げてしまったが、これは俺の金で作った家だと外国人夫は一人で居座り中。せっせと送金していた時は甘い顔を見せていた義父だが、本当の顔は恐喝が得意な集落一の鼻つまみ者。命がある内に逃げればと私は教えるが、本人は頑張り抜くつもりらしい。
もう一人は自国でアパート経営をして暮らしていたが、奥さんがタイへ帰りたいと言い始め、奥さんと子供達だけが先行して移住。タイでもアパートを作ったし、生活できると言われ、自国のアパートを処分してタイへ来てみれば、アパートが建ててあるのはムアン(県の中心部)から車で1時間の過疎村。働ける人は都市部へ出て、年寄りと子供ばかりの村だ。アパートを借りる人は当然居ない。タイ人の奥さんが毎日昼に出かけるのを不審に思って、借り手のないアパートへ行ってみれば、奥さんのバイクがあり、一部屋だけ内側から施錠されている。鍵を壊して入るとプアノイ(ツバメ)と愛の確認中だったそうだ。離婚する事となり、外国人夫が自宅から家電製品を持ちだそうとすると、妻とその愛人が来て暴行。集落の人達が集まって血塗れの外国人を病院へ運び込んだそうだ。結婚15年にしてまさかの惨劇だ。
これらの事例を見ると、取り敢えず使えるお金が欲しいだけで、移住を口実に不動産を処分させていると判るだろう。夫が会社員なら不動産の売却代金だけでなく退職金目当てもあるだろう。自国の不動産の処分は移住先の生活が安定してからでも遅くないし、お金を一度にタイへ持って来ないのはもちろんだが、移住を誘う奥さんの真の目的が何なのか、しっかり確認しなければならない。油断すると尻の毛まで抜かれるのだ。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

通り魔に遭ったような気分

2014年08月28日 20時51分11秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
木曜の夕方の事。学校へ娘を迎えに行き、娘を車へ乗せて200mほど細い裏通り走ったところで道路は右に45度くらい曲がっている。見通しが悪く、カーブの手前で対向車が来たなと思ったその時に、私の右側からバイクが追い越して来た。危ない!と思ったが突然なので急ブレーキは踏めず、道路が狭くて左にも十分避けられず、それでも何とか事故だけは避けられた。
危険な運転なので警告するつもりで軽くクラクションを鳴らすと、タイではほぼお約束の鳴らし返し。そして左手を高く上げて中指を立てている。しばらく走って路地から出る交差点の渋滞で停まると、ご丁寧にも後ろを振り返って「バククワイ!(チ○コ野郎)」とまで言われた。
残念ながら交差点から先の方向が違ったので話はここで終わりだが、何とこれをやってくれたのは娘と同じ私立学校に通う児童の保護者である40代の女性。バイクの座席には制服を着た4,5年生の女の子が座っていた。怒りを感じる前に呆れてしまった。事故しそうになった原因は誰が見てもバイクの無理な追い越しだと思うのだが、その女性にとっては悪いのは私なのだろう。私は通り魔に遭ったような気分だ。
タイは「微笑みの国」と宣伝された事もあり、良いイメージを持っている人は多いだろう。暮らしていても人当たりが良い人ばかりだ。しかしながら利害が対立すると躊躇無く掌を返して驚くような行動をする人が居るのだ。日本でもDQNと呼ばれる人が居るが、タイでも結構目にする。そのような人と付き合うと困る事が多いので、お互いに交流しない階級社会になっているのだろうが、最近は所得が増えたので境目が曖昧になりつつあるようだ。長く暮らすと自分に合った人達と付き合い、買い物も気分が良い店を選ぶので、不愉快な思いをする機会は減るが、それでも道路など不愉快な人から 逃げられない部分がある。
今回私が失敗したのはクラクションを鳴らした事。そう、指摘したら逆切れされるのだ。だから少しくらい腹が立っても関わってはいけない。貧乏人の小倅な私はタイで暮らすと苦労するのだ。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

タイで生活するのに一番気をつける事・・それは

2014年07月29日 09時49分04秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
3ヶ月前のその日は私の47歳の誕生日。トイレで小便をしながら、今日は何を肴に飲もうか等と考えて、ふと自分の小便を見たら左の図のような濃い赤色のが出ているのに気が付いた。今までも尿検査で血尿と言われたのは何度かあるが、血の色の尿は初めて。目の前が真っ暗になり妻や子供達の顔が目に浮かんだ。血尿が出る以外に何も自覚症状が無く不安なのでネットで調べると、隠れた怖い病気が原因の事もあると書いてありビビル私。目に見える血尿は夕方まで続いた。



心配なので病院で検査を受けようと思うのだが、バンコクの私立病院で癌でもないのに切られた話をネットで読んだ記憶があり、ウドンタニの私立総合病院でも異常が無い検査結果を偽って入院させようとされた経験もあるので不安を感じる。国立病院もあるのだが、こちらの診療もどこまで本気で診ているが分からない。いや実は病気だと確定されるのが怖いだけで、行かない理由を探しているのかも知れない。そのまま放置しておきたい私と、早く医者へ行けと煩い妻。私からの妥協案としてとりあえず尿検査だけ受ける事にした。以前はウドンタニ警察署の向かいに検査専門の病院が有ったのだが、何度か移転した後に止めてしまったらしい。知り合いの薬局の店主に相談して検査が出来る病院を紹介してもらった。今回お世話になったのはTHONBURI LAB CENTER。警察署前の通りを少し東側へ行った所へある検査専門の病院だ。地図はこちらをクリック。検査のメニューを見せてもらうと一通りの検査が出来るようになっており、市内の病院や郊外の国立病院から検体が持ち込まれている。メニューには目的によっていくつかの検査がセットになっているが、バラバラに検査を依頼するのも可能で、今回は検尿だけをお願いした。名前を書いた使い捨てのコップを渡され、奥のトイレで最初と終わりを除いた中の尿を採るだけだ。


30分待って渡された検査結果が上の写真。蛋白が1+だが、他に異常は無い。タイへ来る前に受けた人間ドックの結果と同じである。私は平均体重をかなり超えているが糖が出てないのは嬉しかった。常駐されている医師のカウンセリングを受けるか尋ねられたが、特に必要とも思わずお断りした。検査代金は50バーツだった。
ネットで調べると、怖い病気の可能性もあるので、日本だとエコーで調べたりするそうだが、しばらく様子を見る事にした。そしてゾッとしたのを良い機会に、毎日欠かさなかった晩酌を止め、朝から2杯食べていた御飯も減らした。孫の顔くらい見たいと思うのだ。
食事を減らしたと言っても食べる量は妻と変わらないのに、栄養たっぷりに慣れた体は立ち眩みがしたりでしばらく辛かったが、3ヶ月経った今は特に問題は無くなった。78キロあった体重は73キロに減って動き易くなったが、今の生活だとそれ以上は減らないようだ。
日頃は健康で当たり前のようについ思ってしまうのだが、目に見えない病気が進行していたりで、ある日突然に病気が表面化してしまう事もある。日頃から健康管理をしなければならないと自覚した。若い頃から暴飲暴食を繰り返していたが、今から気をつけて間に合うと嬉しいのだが・・

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。



コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

私はキ○タマの小さい奴らしい。

2013年09月13日 04時51分13秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
毎日更新を止めてブログランキングの順位も下がったので、このようなテーマも良いかと思い書いてみる。ニュースサイトを読んで面白い記事が3つあったので、先ずは御紹介。

男性は赤ちゃん誕生後、男性ホルモン「テストステロン」の分泌量が減少し、テストステロンの減少は、父親が育児に取り組む上で役立っている可能性がある。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2826901/7762486

子どもを持つ男性は睾丸(こうがん)が小さい(=性ホルモンが少ない?)ほど子育てに熱心な傾向
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130910-35037015-cnn-int

家事を多く引き受ける既婚男性は、性生活の頻度が低い(=性ホルモンが少ない?)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2924710/10194976

教育パパになって子育てを主導し、主夫もこなす私は、どうやらキン○マの小さい奴らしい。子供の相手をしたり家事をしていて、なぜか溜息が出たり逃げ出したくなる時もあり、やりきれない気持ちを妻へ話すと非情だと非難されたのだが、どうやら男として正常な反応だろう。
早期リタイヤしてヒモ生活。キキア(面倒臭がり)な私には理想的な生活だと思えたのだが、どうやら本能的に受け入れ難いものなのだ。早期退職してタイ移住を夢見る方は、御自分が主導の収入の道を考えるべきだろう。年金や十分な蓄えが無い人が、日本人の求人もない地方へ住むべきではないだろう。今頃になって気が付いた私だった。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

最近イライラが修まらない理由 私って何なのでしょう。もしかしてペット?

2013年05月13日 06時00分00秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
40歳を目前にして会社を退職してタイへ来た私。出資したとはいえ農園を自営する妻に食べさせてもらう身分(ヒモ)だから土日も祝日も関係無く毎日が夏休みなのだが、いくら法律で許可無しに就労できないと決められているとは言え、健康で働き盛りが仕事できないのは辛い。
今は夏休みなので毎日午前中は子供の相手で、午後は掃除洗濯。学校が始まれば、子供の送迎と掃除洗濯と・・・ネット(笑)
家から出歩くと電話が入って文句を言われるし、家に居てもする事もない。社会復帰したいと思っても地方では私が出来るような仕事は見つからず、家業が儲かれば法人化して私の就労許可が取れるのだが・・・
妻曰く、働いて就労許可のために多額の納税するなら、そのお金にいくらか足してタイ人を雇った方が使い易いだそうだ。確かに文句が多い腰痛ジジイを使うより、タイ人を使う方が気楽なのは分かるのだが、結局私は何なのだろうか?もしかして妻のペット?今から何十年もこの生活って考えられないなあと思う。
だからどうしてもイライラが修まらなく、ささいな事で妻と大激突。久しぶりではあるが、もう我慢できないから日本へ帰らせてくれ!と口から出てしまった。もちろん私の本心でもあるが言わないと決めていたのに・・。どちらも絶対に引かないので、週明けに離婚手続きするのに合意。私と息子は買い物へ出かけた。車中で離婚しようと思うと息子へ話す。理由は聞かなくても息子は分かっているようだ。「正義を正面から見せ付けて進もうとする私と、逆切れする妻、いつもの事だ」学級の運営でも、先生から指示される学級委員の息子と、何もやろうとしない同級生たち。息子の立場は中間管理職のような物らしい。「お前が俺の立場ならどうする?」と尋ねると、息子の答えは「正義を守り続ける」だった。
私が守り続けなければならない正義って何だろう。帰宅すると部屋の隅で娘を抱いて泣いている妻。「守り続けなければならない正義」の答えが出た。「ごめん。俺が我ままだった」糞~!絶対謝らない、今度こそ逃げてやる!と思っていたのに、謝ってしまったではないか。(悲)
子供が就職するまで逃げられないと覚悟した。娘は医者になりたいと言っている。実現させるなら、あと20年。私が70手前になるまでだ。逃げて自由になるのはとりあえず諦めたが、イライラは解消されない。子供の教育に力を入れるお母さんの気持ちが分かったような気がする・・というか既に私は教育パパになっているじゃないか。(笑)何か他にやりがいのある物が見つかればと思うこの頃だ。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。


コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

嫌な予感がしていたら交通事故をやってしまった

2012年12月17日 06時00分00秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
週末は息子の塾の送迎と娘の子守りが私の仕事。朝8時に家を出て塾へ向かう。途中3月に事故したラシヌー女子高前の三叉路とその先の変則的な三叉路を特に気を付けて通過。塾へ入ろうとウィンカーを出して減速し左後方の安全確認。左ドアミラーと振り返っての確認も済まし、左折を始めたと思ったら左からキャーと女の子の悲鳴。左ドアへ当たって倒れるバイクが見えた。え?どこからバイクが出たの?と思った。早速車を降りて様子を見に行くと、流血はしてないが車へ当たった脚と倒れた時についた手を痛がっていた。
息子へ頼んで警察(191)へ電話するが、応答できないとテープが流れる。保険会社へ電話して車のナンバーと事故現場を教え、警察を手配するように頼む。相手の女の子は高校生くらい。怪我もバイクの破損も大した事が無いので、帰らせてくれと言う。周囲に集まった人も大袈裟にしなくても帰らせてあげればと言う。左折の巻き込みなので私が悪いと思っていたのだが、相手の女の子も周囲の人もどうやら私が車の修理代を女の子へ請求するために警察や保険会社を呼んだと思っているようだ。免許は持っているようだが、ナンバープレート無しのバイクなのも負い目だろう。保険会社の係員が電話してきて場所が分からないと言う。私のタイ語で説明は無理なので相手の女の子に頼んで場所を伝えてもらう。20歳くらいに見える相手のお兄さんもバイクで来た。これまた急ぐので帰らせて欲しいと言い始めるが、まあまあ少しだからと待ってもらう。少し話すと相手の女の子は息子と同じ学校の生徒で、同じ塾にも通っているそうだ。息子は知らないと言うが、相手は息子の名前まで知っていた。
そんなところでパトカー到着。制服をビシッと着込んだ20代後半の警官1名+だらしない服装の下っ端警官2名。相手のお兄さんが警官へ事故の状況を話し始めたが、私がバイクを追い越して方向指示器も点けずに左折したと話している。腹を立てた息子が話の途中で反論を始めるので私が制止。嘘をついていると息子が言うので、まあ見ておけと言う私。相手の話が終って私の番。塾の駐車場へ次々と入る車を見てもらって、バイクを追い越して急に左折して駐車場へ入るなど歩道との段差も大きく不可能と話す。そしてウィンカーを出した位置や減速を始めた場所を説明。減速した車をバイクは左から追い抜こうとしたようだと話した。
それから警官は相手側としばらく話して戻ってきた。それから言われたのは2点。1つは警察として事故処理しなくても良い規模の事故である事。事故処理すればどちらが悪いか警察が決めて処分しなければならなく、この程度ならやらなくても良いだろうと言う。もう一つはパカンチャンヌン(1級事故保険)に私が入っているので、その保険を使えば簡単に処理できる事。警察の提案を私は拒否できるが、事故は左折の巻き込みである。警察が私を悪いと決めれば私の保険で処理される事になる。答えは同じだと思ったので、保険で処理できる以上に相手が要求しないなら警察の提案を受け入れると言った。相手側は保険に請求するのは怪我の治療費とバイクの修理費だけですと言う。警官へ頼んで車の持ち主である妻へ電話を入れて説明してもらい、了解も取った。周囲で成り行きを見守っていた野次馬のおばちゃん達も安心したようだった。何時まで待っても保険会社が来ないので警察署で保険会社を含めて話し合おうと警官が言い、一同警察署へ移動。保険会社には警官が上手く話すので、双方何も言わないように口止めされた。息子の通訳はもう不要と言われたので、私と娘が警察署へ。困ったら娘に通訳させよう。(笑)
警察署へ行くと保険会社の係員が待っていた。事故の状況については警官が説明。警官はすぐに席を離れた。保険屋が私へ認めるかと言うので、何を認めろと言うのかとボケる私。少しは状況を理解させたかったのだ。片言の英語を使ったりで一生懸命話すが、私はボケっぱなし。そこで妻へ電話して通訳させる。「悪いのは相手だと思うが、警察が私が悪いと言えば仕方が無い」と言わせた。そこで保険会社の書類へサイン。今年1年で保険会社のお世話になったのは3回目。もらい事故1回と飛び石1回で今回。来年加入できるか心配なくらいだ。車を修理に出す書類を貰って私の処理は終了。
次は相手側の処理を見守る。貴方達はどうしたいの?そんなぶっきらぼうな感じで話が始まり、相手側は約束通りバイクの修理費と病院代が欲しいと言う。それではバイクは指定工場へこの紙を持っていって、病院は領収書を貰って請求して、そんな感じなのだが、そこで問題発生。病院はどこへ行きたいと聞けばエークウドン病院とウドンで一番高い私立病院を言うのだが、そこへ行くお金を持ってないと言うのだ。保険会社は私に立替えないかと言うが、私はお断り。お金を受け取って治療は安いクリニックで行い、領収書も渡さない。そんな人かどうか分からないが、十分考えられるのだ。もしそんな人だったら渡したお金は絶対に帰って来ない。そこから話は平行線になったので保険会社は外のテーブルへ移って書類作成。私も相手側と話はせず、娘と遊びながら保険会社の処理を待つ。そんなところへ警官が戻ってきた。あれ?どうしたの?処理は終ったの?と聞かれて相手側はお金が足りないので病院へ行けないと言う。警官は私に立替えたらどうかと言うが、帰ってくるかどうか確実でないお金を払う余裕は私も無い。警官は500バーツくらいだから大丈夫でしょうと言うので、行きたいのはエークウドン病院ですよと私が言う。警官は相手側に、何で国立ウドン病院へ行かない?と尋ねると、待ち時間が長いからだと言う。
それなら自分のバイクの強制保険で行きなさいと警官が言う。ナンバープレートが無いバイクだから当然強制保険も未加入を知っての皮肉だろう。そこへ保険屋が戻り、問題の治療費は請求書払いの書類を渡して処理終了。誰も警官には歯向かわないのだ。この時点で日本でいう示談に関する書類まで相手のサインは終っている。私は相手の兄妹へ初めてコトート(御免なさい)とワイして、相手からもマイペンライ(問題ありません)を貰い、警官へしっかり御礼を言って帰った。ここで事故発生から約2時間である。今回は警察の事故処理を本当にやらなかった。だから調書も無いし、罰金も無し。警察が動けば調書を作られ、悪いと判断された方に罰金が請求される。軽い事故なら450バーツくらいだったと思う。
それから塾へ息子を迎えに行って公園でお弁当。これが私の日曜の日課なのだ。食後に息子へ手伝わせて車の運転席からの死角を探ると、左後部に大きな死角があった。ドアミラーも振り返っても見えない。突然バイクが出てきて驚いたが、私が左後方確認をした時にここを走っていたのかと納得。左折時に顔をハンドルに近づけてドアミラーを見ればある程度はカバーできそう。しかしながらウィンカーを点滅させて停まっていても、その横をバイクがすり抜けていくのがウドンタニだ。こちらだけが気を付けても避けるのは困難だろう。
あと3週間で自動車損害保険の更新だが、保険料が高くなるのは仕方が無い。車の修理は子供の学校が休みになる3月だ。事故は不幸な出来事だが、このくらいで済んで本当に良かったと思った。皆さんもお気をつけて。
ところで今日の記事だが、事故を起こす前から今までに私が体験した交通事故の話を書くつもりで写真等を準備して構想を練っていた。まさかリアルタイムな交通事故の記事になるとは・・

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ励ましのクリックをお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。




コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

収入の確保 5(農業・観賞用植物)

2012年07月22日 06時00分00秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
収入の確保 2(農業・野菜や果樹)へ書いたが、土を使った農業は日本と勝手が違うし、成長が早い草との競争にもウンザリして止めた。手間が掛かる割りに利益が少なく、たった2ライ(3200平米)では生活できないのだ。園芸店をやっているので、そこで売れる植物を育てようと妻が言い始めた。園芸店の在庫をストックして株が大きくなると売りやすいし、利幅も大きいのだ。
その頃原種蘭の栽培が流行っており、私が住む街の市場にもいくつか業者が来て木から剥ぎ取った蘭を売っていた。その原種蘭を鉢へ入れて根を出して売ろうかと思ったが、私がネットで調べると、タイ国内での野生蘭の採取は違法で厳しく取り締まりされており、市場へ並ぶ蘭の多くはラオスからの密輸品。ワシントン条約で制限されているのだ。どこでも売っているので、違法とは思わなかったが、違法行為を家業には出来ない。

その次に妻が目をつけたのが、栽培種の大輪カトレア。花が大きく香りがあり派手なのでタイの人達に好まれそう。妻が好きで日本でも育てていたのだ。最初は他所の蘭園から大株を仕入れ、株分けして4インチ鉢へ入れて咲かせて売っていた。バンコク近郊からカトレアは持ち込まれるが、輸送による痛みやショックでどうしても花の持ちが悪いので、うちの花は1ヶ月近く咲くと喜ばれ、取り扱ってくださる園芸店もいくつか見つかった。しかし、4インチ鉢は他蘭園と競合し、価格も自由に決められないのが難点。株分けも続けるが、他蘭園から苗や4インチの開花前株を仕入れ、8インチ鉢に仕立てて売るのへ作戦を変更。大株を探さなくて済むので栽培品種が増え、流通が少ない8インチにする事で栽培期間は長くなったが価格競争から逃れた。価格帯が上がったので売り難いと取扱を止められた園芸店もあったが、8インチにすると鉢を置いて観賞できるし、株が伸び伸びと育つので、妻は自信が有ったようだ。子供の学校や役場にお願いして花を展示し宣伝。毎週開催される園芸市へも出店した。園芸市では大変好評を頂き、仕入れに来られる園芸店とのお付き合いも増えたようだ。日本で蘭と言うと大部分は贈答用だと思うが、タイでは自分が好きで買う人が大部分。株が立派な高い鉢から売れるのだ。クリスマス前には、特によく売れる。カトレアは品種によって開花時期がいろいろなので、この時期に咲く品種を栽培すればと私は思うが、妻はそこまでノウハウは無いと言っている。最近はオリジナル品種を作ると張り切って、交配しては実を知り合いの蘭園へ送って無菌播種でガラス瓶へ入った苗にしてもらっているが、私からみると宝くじと変わらないような気がする。効率が悪い商売だと思うが、綺麗な花を咲かせて、お客様の笑顔を見られるのが魅力だ。

我家のカトレアは普通より高い位置へ吊ってあり、鉢の下が1,4m空いている。敷地も狭いので、その場所を有効利用しようと始めたのが、地生蘭であるスパソグロッティスの栽培。小切りしたココナツの殻へ植え、コンクリートブロックを敷いた上へ並べた。雨季にも花がついて次々と開花するので人気が出ると思った。育種される蘭園も見つけて、試しにいくらか作ってみたのだが、派手さが足りなかったようで、期待したほど売れなかった。交配によっては一番花が売れる乾季の寒い時期に休眠し、葉が枯れてしまうのも止めた理由だ。

地生蘭の次に始めたのが、羊歯の仲間のタニワタリ。普通のタニワタリも作るが、フィリピン産の葉へヒダが入ったタイプ(写真)が主力だ。もともとは園芸店の飾りを兼ねて変わった羊歯の苗を買ってはコレクションしていたのだが、成長につれて胞子が付き始め、欲しがるお客様が多いので作る事にした。1年半前に胞子を撒き始め、ようやく出荷できるサイズになった。今月から園芸店へ卸し始めたが、羊歯へ力を入れているお店には好評で、羊歯が好きな人には有名なバンコク郊外の専門店へも出荷できたので妻は大変喜んでいる。タイで園芸店の売上が伸びるのは乾季なので、一般の園芸店は興味を持って頂いているが、しばらく様子を見ておられるようだ。今まではマニア向けだった商品を一般に流通させてどうなるか分からないが、12月にはブームが来ると妻は妄想を膨らませている。さてどうなるやら?読者の皆さんは写真を見て欲しいと思われますか?


この記事を楽しんでいただけたなら、ぜひ下の2つのバナーへ励ましのクリックをお願いします。
貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
宜しくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

収入の確保 4(犬のブリーダー)

2012年07月13日 06時00分00秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
我家のゴールデンレトリバーを近くの雄犬と交配して子供が生まれたので、生後1ヶ月と少しでペットショップへ売却。ウドンタニでは、センターポイントと呼ばれる駅前のナイトマーケットへ子犬を販売する業者が集まり、ゴールデンの子犬の相場は3500~5000バーツ。子犬を業者へ売る相場は1500~3000バーツだ。業者は我家の環境を見て、周りに家が無くて騒音の苦情も少なそうだし、敷地にも余裕があるので、犬のブリーダーをしたらどうかと薦められた。近所に犬の交配をしている人が居り、写真の親犬もそこで買ったので相談すると、1匹だとドッグフード代+α僅かで、利益は無いも同然と教えられた。そこで20匹以上飼うブリーダーを見学させてもらったのだが、良質な親の確保が難しいのがよく分かった。外見が良くても、性格に問題があったり、病弱だったりだ。写真の親犬へ種付けした雄犬だが、温和な性格と言われるゴールデンにしては、激しく興奮する犬で、子犬を一匹うちに置いているが、それも興奮系。交配して子孫を残そうとは思わない。病気についても同じで、食が細かったり、下痢し易かったりで弱い犬が多い気がする。我家では、ラブラドールが買った翌日から血便に気が付き返品。次に飼ったゴールデンは、入退院の繰り返しで最後は交通事故。写真のゴールデン母犬は出産後に子宮が腫れて衰弱、その上毒蛇にも噛まれて死んでしまった。私は動物が好きなので、良い親が見つかれば繁殖させたいと思うが、これはと思う犬が見つからない。今は写真の子犬1匹と他は雑種が4匹居る。雑種は丈夫だ。

この記事を楽しんでいただけたなら、ぜひ下の2つのバナーへ励ましのクリックをお願いします。
貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
宜しくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

収入の確保 3(食品店)

2012年07月06日 06時00分00秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
田圃の中の園芸店だけでは生活費が足りないので、自宅の道路寄りを店舗にして家を建て、食品店を始めた。市場の近くで酒を中心に売っている人の羽振りが良く、うちを入れて3軒が同じ時期に始めた。酒は市内の卸、食品雑貨はマクロやギスン(義)で仕入れた。妻は日本のような丁寧な接客を心がけ、価格も競争が激しい市場周辺と揃えた。冷蔵庫は3ドアの大きめサイズにし、設定温度は低め、電気代を気にしてぬるい飲み物を売る店もあるが、冷たく美味しい飲み物を提供した。ここだと普通は常温で売られる焼酎も冷やし、新しい飲み方を提案したらお客さんが増えて、他所でも冷やして売る店が出た。氷やアイスクリームも衛生管理を徹底し、ここは清潔で安心して食べれると好評だった。店の前を舗装して駐車場を作り、屋外トイレも設置。園芸店併設なので花が多くて綺麗な店だった。顧客は順調に増えた。集落から農地への出入り口なので、農繁期の食事時には飲み物が飛ぶように売れ、自宅の冷蔵庫までビールを詰めて対応した。妻は昼食も食べられないほどだった。周辺の食品店がいくつか店を閉め、集落では日本人の店の一人勝ちとまで言われた。
しかしながら外からは儲かっているように見えても現実はこうだ。卸売りで買う価格は、1ダース(12個)小売して利益は2個分となるように設定されている。粗利は約17%だ。ビールやジュースの箱やパック売りは、1箱(パック)売って荒利は5バーツ。手間や仕入れのガソリン代を考えるとやってられない。氷は利益を考えずたっぷり入れるのが原則な集客アイテムで、併せてビールやジュースが売れると利益になる。ウォルスのアイスクリームも、電気代を考えれば客引きアイテムの一つでしかない。妻は朝から晩までクタクタになって働いたが、単価が安い5バーツ、10バーツの商売なので、1日の売上は多くて1万バーツ、1日中雨が降ると千バーツの日も有った。だから食品店はよく売れた日でも純利益は千バーツ行かないのだ。しかも園芸店と両立できると考えていたのだが、食品店は氷など集客商品だけのお客様も多く、利幅が大きい園芸店のお客様の対応が何度も中断されて商売にならないとも言う。植物の植替えも全然進まなかった。氷やアイスクリームのお客様が来られる度に、植替えで汚れた手を綺麗にするので、お客様を待たせて困ると言うのだ。妻は園芸店へ力をいれて、卸売りを始めようと言い出した。
ちょうどその頃、タイでは定番のバイクで二人乗りの借金取りが、店の前のテーブルで軽くビールを飲む事が増えた。集金で約束した時間まで待つのに、タイでは誰でも知っている借金取りの格好だと、どこでも嫌がられて居場所が無いそうで、うちは気にならないのでどうぞと話したら、何度も店を利用していただき、いろいろ話して親しくなった。そのお客様はうちの商売を見て、市場の近くで酒を売って羽振りが良い人の話しを始めたのだが、なんとその人は借金だらけだと言うのだ。今でも本業の食品店は開店休業状態なのに、自宅の建築や車の買い替えと羽振りの良さは以前と変わらない。街では違法な薬物の密売の噂まで流れている。
食品店は儲からないと認識した頃に、同じ集落へセブンイレブンが出店する噂が流れた。開業前から同じ集落へセブンイレブンが出店したら食品店は止めようと話していた。予想より数年早く出てきたが、うちがいくら頑張っても大手の多様なサービスには勝てないので閉店した。在庫は同じ集落の卸売り店が買い取ってくれ、冷蔵庫も同じ集落の小売店へ売った。店舗だった部屋は倉庫になった。
うちが閉店して1年後に、近くへアメリカ人の夫を持ったタイ人が帰国し食品店を開いた。事前に相談に来られたので、妻は生活できないので止めろと忠告したが、30万バーツで店舗まで新築して参入した。結果は予想通りで1年後にアメリカへ帰った。小さな食品店を経営してタイの庶民的な生活は可能だが、先進国と同じレベルの生活が出来る利益を出すのは難しいのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

収入の確保 2(農業・野菜や果樹)

2012年07月03日 06時00分00秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
自宅予定地の後ろへ農地が2ライ(3200平米)ある。元は田だったが、2ライ米を作るのも効率が悪いので、土を入れて雨季にも水に浸からないようにした。そこを活用すればお金になると思ったが、何をしたら良いのかアイデアが全く浮かばない。サラブリの近くまで行って果樹の苗を40種類購入し、全て植えて何が作れるか試した。隣の農家の小父さんから農地が水に浸からないので、カーやキンを植えたらどうかとアドバイスを貰い、800平米に畝を立てて植えた。1年間様子を見たが、入れた土に問題があったのか、どれも不調。気温が高くて有機物の分解が早く、日本の土と勝手が違うのも理由だ。無事に育ったのは、マンゴーとカヌンだった。
土がダメならと考えて、思いついたのはドラゴンフルーツ。近くだと競合するので、隣の県の農園へ見学に行った。乾季でも散水は不要だそうで、農薬もダニが出れば殺虫剤を散布するくらい。輸入品も有るし、大産地からも流通するが、完熟して収穫すると甘さも香りも全然違うので差別化ができるそうだ。その農園では完熟したものを収穫し、国道沿いで直売されていた。お願いして苗を200本持ち帰ったのだが、2ライでは売上が数万バーツ以上は狙えないので、併せて検討していた他の物(これについては後日紹介)を栽培する事に決めた。試しにいくつか植えたドラゴンフルーツは、放置しているにも関わらず毎年雨季になると実を多くつけている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

収入の確保 1(ラーメン屋、アパート、園芸店)

2012年06月30日 09時54分05秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
タイへ転居する前に書いた記事「月に4万バーツの収入がないとビザが更新できない?」へ「移住で大事なのはビザの問題よりも生活費の確保の方が一大事です。」とコメントを頂いた。その時は、何も目途は無いが、何とかなるだろうと安易に考えていた。私はタイへ住めば、退職金で家も建てるし、車も買う。負債も無いので、あとは御飯が食べられれば良いじゃないかくらいに気楽に考えていたのだ。しかし実際に住むと、子供の学校は公立で良いと思っていても、最後は私立になるし、少し熱が出れば大病院へ。タイで庶民的な暮らしを思ってたのは私だけで、家族は日本の暮らしからレベルを下げられなかった。日本で月10万円稼ぐのは簡単でも、50万円稼ぐのは知恵が必要なように、タイでも月1万バーツは簡単でも、一家が日本的に暮らせる最低限の5万バーツは知恵も努力も必要なのだ。5万バーツ稼ぐ一番簡単な方法は、私がタイで就職する事だと思ったが、私達がタイへ住む前提は土地があるウドンタニ。過去の求人は検索で1度見たが、リアルな求人なんて一度も見た事が無い。今考えれば、ウドンタニに拘る理由は無かったのだが、その時はそう思ってしまった。タイへ来て最大の失敗はこれだと思う。またダラダラと書き連ねるが、私達の失敗談で妻の奮闘記を読んで欲しい。

自宅予定地前の道は幹線道路ではないが、私が住む集落から農地への出入り口であり、観光地へのアクセス道路でもある。通行量が多いので商売も可能だろうし、近くへ学校がいくつかあるのでアパート経営も出来そうだ。日本へ居る時の私の趣味がラーメンの食べ歩きだったので、ラーメン屋も良いなあと安易に考えていた。転居して最初に始めたのは、私の趣味を兼ねて、同じ集落のラーメン(汁ビーフン)食べ歩き。その頃は、汁ビーフン1杯で20~30バーツ、具や麺が増える特製で30~35バーツ。人気がある店は日本と比べると量は少ないが、30Bと思えないほど具がたっぷり入り(左写真)原価は高そう。一番人気の店は親子でやっておられるので利益が出るように感じた。うちのように幹線道路から外れると主なお客さんは地元の町役場の職員や学校の先生達。短い時間帯に集中するので回転は悪そうだ。子供が小さいので無理だと妻から言われたし、これだけで生計を賄えそうに無いので、私の夢なのだが今でも保留中だ。私がここへ住み始めて、我家の近くに5軒開店したが、どれも短期で閉めている。

次に検討したのはアパート。周囲のアパートをいくつか見学すると、その頃1部屋10万バーツで建築でき、家賃が月1200バーツ程度だった。悪くないと思ったので、設計図も作ったし、建築業者も選定して価格交渉も済ませた。工事の契約を目前にした頃になって、親しくしている人がアパートの経営を止めた話しをしてくれた。その人の話しによると、深夜まで酒を飲んで騒ぐのは良い方で、薬物使用や異性の連れ込み乱交、殺人未遂事件までおきて、とても相手を出来ないと言うのだ。子供が居る家でやるべきではないとも言われた。その人のアパートはローンも終ってないそうだが、物置になっている。妻が嫌だと言い始めたので取り止めた。先日ウドンタニ中心街でアパートを経営される日本人とお話しする機会があったが、大きな問題は無いと仰ってた。住民を上手くリード出来るアイデアをお持ちなのだろう。


3つ目に考えたのは園芸店。近所の農家の人が買ってくれるとは思わなかったが、観光客の行き来があり、西洋人も多いので商売になるかもと思った。妻はやる気満万で、労働許可が無い私は主夫生活が始まった。労働許可は法人を対象に出され、個人事業者は対象外。法人も外国人一人あたり、資本金が最低200万バーツ等の制限がある。当たれば法人化も可能だろうが、小さな園芸店である。自宅予定地の道路沿いに茅葺のサラ-(休憩小屋)があったので、いくつか柱を追加して遮光ネットを張って店舗にした。最初は10平米くらいのミニ店舗だ。このくらいの店舗だと、商品も多くは置けないので、仕入れはウドンタニ市内の園芸店。同じ商品を多く並べているのがバンコク近郊から商品を仕入れて卸売りもやっている店だ。トラックで行商している卸屋さんも多いが、うちは幹線道路を外れて気が付いてくれないので、路上でそれらしいトラックを見つけたら声を掛けにも行った。日本人一家が引っ越してきて、田圃の真中で店を始めたと面白がられての冷やかしも多かっただろうが、来店数は思ったより良く、50バーツくらいまでの商品を中心に売れた。主なお客様は予想通り西洋人の奥さんや観光客だったが、奥の集落から市場へ買物へ来た帰りや、農作業の帰りに立ち寄る人も居た。妻は気を良くして少し上の価格帯の商品も取り扱い始め、大きく派手な植物が売れ筋なのも理解できた。花が好きなお客様は、どこの店も同じ物が並んでいると不満を持っておられるようなので、採算割れ覚悟でバンコク周辺の園芸市場や産地の農園にも足を運んだ。地元の園芸店では置いてないような蘭や観葉植物も置いたので、口コミで中心街からわざわざ来て下さるお客様も増えてきた。何か宣伝をすればと思ったのだが、ケーブル1局を除いたTVは全国ネットだけだし、新聞は折り込み無し、FMラジオは空きチャンネルが無いほど放送局があり効果に疑問を感じた。農園で仕入れると数が多いので、在庫をストックする150平米の栽培スペースも作った。観賞用植物は在庫が長くなっても株が大きくなるので、売り易くなるし、価格も上げられるのだ。但し下手だと、次々枯らしてしまい、ロスで利益も飛んでしまう。水やりだけでなく、肥料も居るし、農薬散布も必要なので、手間が掛かるのが事実。店なので農薬散布は営業終了後の夜の作業だ。植物を売るだけの綺麗な仕事だけでは無い。園芸店は売場を200平米に広げて、業態を変更する最近まで続けた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこへ住むか 6(最低限のインフラ)

2012年06月19日 14時58分51秒 | これからタイへ住む人へ~私の失敗談
今回は私の失敗談でなく、我家でヘリコプターさんと呼んでいた米国人の話。
ヘリコプターさんが家を建てたのは、周囲を田に囲まれた小さな林の中で、池もあって涼しい風が吹き抜け、大変気持ちが良い場所。但し公道へ面してなく、田の畦を使って徒歩やバイクでの出入りしか出来ない。もちろん電気も来てない。車で出入りするには、土地の売主の田を通らなければならない。ヘリコプターさんの家の工事が始まったのは乾季の11月。土地の売主の田を通って工事車両が出入りした。
家が完成した頃、家へ出入りする道路の話しになった。田なので、盛り土をしないと雨季には水に浸かって車が通れなくなる。ヘリコプターさんが土地を買う時に、売主と田の通行許可を口約束しており、売主は約束通り道路の幅だけ田を造成して構わないと言ったが、ヘリコプターさんは他人の土地にお金を使うより、土地を自分の物にして造成しようと考えた。売主は通路となる田の売却を承諾したが、ヘリコプターさんの家の奥へ親族の田があり、ヘリコプターさんが購入して造成した後も、その道路を通らせて欲しいと申し出た。ヘリコプターさんはその申し出を拒否したので売主も態度を硬化。ヘリコプターさんが出入りに使っていた田へユーカリの苗を植えてしまった。立派な家を造っても、ヘリコプターでもなければ出入り不可能なので、私はヘリコプターさんと呼んだのだ。
このヘリコプターさん、電気でも近隣の家とトラブルを起こしてしまった。
ヘリコプターさんの家へ電気を引く事になった。私費で電柱を立てて、数百メートル電線を張るのだ。ヘリコプターさんが電気を引けば、近隣で電気無しで生活している人も、自宅へ電気が引ける。ヘリコプターさんは、自費で工事した電線へ便乗されるのが面白くないので、自宅まで高圧線を引いて、敷地内へトランスを設置するよう電力会社へ申し出た。どういうルートで漏れるのか知らないが、その話しは村中の人が知ることになった。集落の協力を得られなければ、電力会社も工事できない。ヘリコプターさんは発電機を使っての生活を始めたが、車が入らなければ燃料の運搬にも困る。ヘリコプターさんは奥さんを置いて米国へ帰ってしまった。
奥さんのバイクとロウソクの生活は数ヶ月続き、トラブルになった集落の反対から数百メートル道路を作り、数十本の電柱を立てて、ようやく普通の生活が始まった。今は米国人のご主人も同居しておられるようだ。
いくら気に入った場所でも、最低限のインフラが無いと、全部自分で構築するのは面倒だ。
また自分の権利を主張するのも大切だが、少しは譲歩し、近隣へも貢献しないと、周囲の協力は得られない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加