工藤鍼灸院・院長のひとりごと2

栃木県真岡市(ハローワーク向かい)
電話 0285(83)3182
真岡のはり屋さん!どんな症状でもご相談ください!

徳は孤ならず 必ず隣有り

2016年09月27日 18時23分40秒 | サッカー馬鹿
探していた本。書店では見つからず、結局Amazonで購入しました。



そして昨晩、真岡のスタバで熟読いたしました。おいしいコーヒー飲みながら読書してる自分に酔う(笑)。都会人になった気分ですけれど、その思考が田舎者のそれなわけです(;^^)



ずっと気になっていた本。『徳は孤ならず 日本サッカーの育将 今西和男』。この本はスポルティーバで連載していたものにを大幅に加筆、再構築したものなので読んだことがある文章も多かったのですが、その部分の肉付けもまた素晴らしく、前半では今西和男氏の人となりが丁寧に記されています。後半はガラッと雰囲気が変わり、FC岐阜の社長を勤めていた同氏が様々な方面の圧力により積年の全ての責任を押し付けられ、挙句社長の椅子から引き摺り下ろされるまでの経緯、そしてその内幕が実名でこと細かく書かれております。
栃木も・・・言い方は悪いですが、取締役だったサッカー界の大物が愛想を尽かしたかのようにクラブを去るという内部のゴタゴタを、過去には経験しています。今西氏のケースとは別次元の出来事ですけれど、サポーターの力ではどうにもならない出来事という部分において、決して他人事ではないという思いで一気に読みました。

社長就任から退任までの経過を丁寧に追って行けば決して今西氏は悪くなかった、むしろFC岐阜の価値を高め、再建への道筋をつけた功労者だったということが理解できるはずなのですが、今西氏の社長退任の経緯はほとんど明らかにはされておらず、「経営に失敗して辞めた」という表面上の話を信じていた人も多かったのが実情です。今西氏の名誉を回復する目的で出版されたのがこの本なのだと思います。今西氏はやはり悪くなかった。私はこの本を読んでホッとしました。そして先日公開された出版記念イベントでの一幕を知り、FC岐阜はもう暗黒の歴史から抜け出せたのかも知れないという前向きな思いを抱きました。

『【育将・今西和男】今西-恩田-宮田、FC岐阜の歴史がつながった瞬間』(web Sportiva)

今西氏が撒いた種は全国で育っています。松田浩元監督や現役選手である菅選手など、栃木にもその種は飛来し、ひっそりとその花を咲かせています。咲きかけたその花をしっかりと育み、また新たな世代に種を撒く地道な作業は決して怠ってはいけないと強く感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

演技が下手

2016年09月26日 19時42分03秒 | サッカー馬鹿
昨日の試合のハイライトです。堂安選手のミドルシュートは、悔しいけれど何度観ても素晴らしい!



ロボ選手が(以前に比べれば)しっかり守備をしている姿がものすごく新鮮でした(笑)。「クララが立った!」みたいな感じで「ロボが守った!」みたいな(;^^)
ロボ選手がイエローカードをもらった場面は完全にアフターで削りに行ってるのにあたかも自分ががやられた的な演技をしていて笑いましたが、ちょっと演技が下手でしたね(笑)。守備も演技も上手くなってください(;^^)

さて、2位との勝ち点差4はまったく油断できない状況ですけれど、次節で2位大分と3位鹿児島の直接対決がございます。お互いに負けられない一戦ですし、熱い試合になること間違いなしですね。でも我々には他チームの結果を気にしている余裕はありません。とにかく目の前の試合で勝ち点3を積み上げるのみです!



今日は声が枯れてます。
こんばんは、院長でございます。



インドで行われているAFC U-16選手権。この大会でベスト4に残ればU17W杯出場が決まります。U16日本代表は無事にそのミッションをクリアし、2大会ぶりのU17W杯本線出場を決めました。おめでとうございます!
その大会のグループリーグ最終戦、北朝鮮vsウズベキスタンで起きたこんなプレーがいろんな億層を呼んでいます。

『目測誤り、必死に追いかけるもコケる…U-16北朝鮮GKが謎の二重ミス 2位狙いの見方も』(ゲキサカ)

映像がこちら。



このプレーだけでなく、90分を通じてGKはミスが多かったらしいです。

北朝鮮はこの試合に勝つか引き分けでグループ1位通過が決まるはずでした。1位なら準々決勝ではイラクと対戦することになっていましたが、結局敗れて2位通過。準々決勝はオマーンと対戦することになりました。イラクとの対戦を避けるための意図的な操作ではないかという見方もあるようですね。
まぁGKが意図的に前に飛び出し、意図的にコケたのは誰の目から見ても明らか。もう少し上手い演技をするべきだったと思います(笑)。

以前、なでしこジャパンの佐々木監督(当時)が決勝トーナメントの対戦相手を考慮して「シュートは打たないでくれ」と選手に伝えて引き分けたという試合がありましたけれど、あれは「わざと負けた」のではなく「勝たなかった」という試合。戦略的にギリギリ許容範囲内という感じですけれど、今回の北朝鮮は意図的な敗戦でした。わざと負けたとしてもルール上は何の問題もありませんが、やっぱりなんとなく釈然としないものはありますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完敗のガンバ戦

2016年09月25日 22時52分01秒 | サッカー馬鹿
17試合ぶりに負けを喫した我らが栃木SC。悪い流れは早目に断つ、というわけでとちテレ録画中継を観ながら今日のゲームを振り返りたいと思います。



今日は決して悪くなかったと思います。ただ、なかなか前を向けない時間帯が続きました。特に前半は縦にボールを入れるチャンスがほとんどなく、若いチーム相手に手も足も出なかったという印象でした。あんなにポゼッションされるとは思いませんでした。



後半は菅選手を下げて島川選手を左へ、そして山形選手を右に投入。菅選手は決して悪い出来ではありませんでしたから、縦への推進力を優先させた交代だったのだと思います。そのおかげで後半は積極的に縦へのチャレンジが増えましたが、流れが変わりかけたところで2失点目を食らったのが痛かったです。



先制点の場面は堂安選手のシュート技術の高さでやられたもので、2失点目はショートカウンターからの失点でした。綺麗に守備を崩された印象はありませんが、結果的に2失点しているのは事実。相手が上手かったことは認めざるを得ませんけれど、特に2失点目は最終ラインがズルズル下がってしまった結果でしたし、防ぎようがあった失点でした。ここは必ず修正して欲しい部分です。



先制弾は真後ろから見てましたが、ありゃどうにもならない失点でした。わずかボール1個分の隙間を抜かれましたからね…やっぱりガンバさんはJ1の選手なんだなぁと関心しきりです。



首位をひた走る我々ですが、そう簡単に優勝出来るはずがありません。シーズン通して3敗しか出来ないというシーズンにおいて、ついに4敗目を喫してしまいました。もしかしたら去年の山口のようにここから勝てなくなる可能性だってあります。残り7試合は如何に勝ち点を拾えるか、如何に負けない試合運びが出来るか、という部分も非常に重要になってくるはずです。
今日は大分さんがドローで鹿児島さんが勝ちましたから、2位大分と3位鹿児島との勝ち点差はわずかに4。J3も終盤に差し掛かって来ましたが、ヒリヒリするような展開になって参りましたね。でもこうなることは覚悟していましたよ。ひとつひとつ、優勝目指して戦うのみです!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試合終了

2016年09月25日 18時53分40秒 | サッカー馬鹿
0ー2



完敗。強ぇよガンバさん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前半終了

2016年09月25日 17時49分27秒 | サッカー馬鹿
0ー1



堂安選手のビューティフルゴールを食らいました。ありゃどうにもならん。
粘り強く守れてます。あとはゴールが欲しい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グリスタ到着

2016年09月25日 16時50分34秒 | サッカー馬鹿
涼しくなってきたかな?



でも試合は熱く!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今西和男という男

2016年09月24日 21時53分49秒 | サッカー馬鹿
明日はガンバ大阪U23戦。まずは前節の戦いをおさらいをしておきましょう。



悔しいドローでしたけれど、これで17試合負けなし。明日は伸び盛りの若手と強力なオーバーエイジの起用が見込まれるお相手ですが、自信持って戦って欲しいですね。まだまだ油断は禁物です。



はいこんばんは、院長でございます。



真岡のスターバックスコーヒーが昨日オープンしたと聞きました。実は今夜は本を読もうと決めていたんですよ。ゆいの社店まで行くつもりだったんですけど、真岡にあるなら近くていいや(^^)
そんでね、まずはお目当ての本を仕入れ…るはずが、どこの本屋さん行っても置いてないんだコノヤロー。・゜・(ノД`)・゜・。

探していたのは木村元彦さんの著書なんですけどね。今西和男さんのノンフィクションでございます。

今西さんといえば、近年は『育将』として名高いお方でございます。栃木SC元監督の松田浩氏も今西さんの教え子のひとりですし、菅選手をプロの道へ導いたのも今西さんです。スポルティーバでの連載で今西さんの人物像を知った方も多いのではないでしょうか。

『『育将・今西和男』門徒たちが語る師の教え』(web Sportiva)

その今西さんが岐阜の社長を辞めた(辞めさせられた)のが確か2012年。岐阜時代は相当ひどい仕打ちを受けていたと聞いていましたが、どうやら表に出ていない部分でもっとひどい扱いをされていたようですね。この本にはその辺りの詳細が実名で記されているようです。これは絶対に読みたい!

真岡の本屋さんにはないので(泣)、Amazonで頼もうかしら。宇都宮なら買えるかなぁ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中体連の新人戦を観て来ました

2016年09月23日 19時50分05秒 | 工藤家の日常
昨晩、子ども達と一緒にBリーグ開幕戦をテレビ観戦いたしました。雰囲気はJリーグが開幕したあの時によく似ているような気がします。川渕さんの影響もあるのでしょうか?



Jリーグが開幕した当時、私はちょうど高校2年生でした。今の我が家の長男と同い年ですね。あの頃を思い出しながらBリーグ開幕戦を観戦しておりました。



東京と琉球の試合も非常に面白いものでした(^^)
リンク栃木ブレックスの初戦は明日ですね。チケットは完売らしいです。私バスケはまだ観に行ったことがないので、今シーズンはどこかのタイミングで行ってみたいと思っています。



アイスホッケーも観に行きたいのになかなか行けません。
どうもこんばんは、院長でございます。



今日はお昼前後ちょっとだけ時間があったので、益子南運動場で行われていた中体連の新人戦芳賀地区大会を観に行ってみました。真岡中と益子中・七井中の試合をやっている最中で、何人か知っている選手の姿を確認。



時々部活サッカーを観に行っていますけど、久しぶりに姿を見かけると身長が伸びて体型が大人に近付いていることがよくわかります。ジュニアの頃は小さくて可愛かったあの子も、今ではすっかりお兄さん。中2にもなるとみんなどんどん成長して来ますね。



明日は準決勝と決勝があります。高円宮杯も近くでやっているので、どちらかの試合をお昼頃観に行ってみようと思います(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

U12リーグ 第4節

2016年09月22日 19時41分53秒 | 工藤家の日常
今市の丸山公園で行われたU12リーグ第4節。少々出発が遅れたため、宇都宮インターから日光宇都宮道に乗ったんですよ。ところがもうすぐ今市インターというところでトラブル発生。



人生初の発煙筒(笑)。



JAFを呼んで助けていただきましたσ(^_^;)



そんなこんなで大遅刻。丸山公園に到着したのが試合開始10分前でした。というわけで、初戦はベンチにも入れず。



ごめんよおチビ(´・_・`)

第7試合、栃木SCジュニア戦。



HFC.ZERO真岡 0ー6 栃木SCジュニア



試合前からメンタル面で負けていましたね。相手にビビっていたのか試合中も全然戦えませんでした。苦手意識があるのか、それとも最初から諦めちゃったのか…とにかく残念!確かに相手は強豪ですけれど、しっかり戦えばこんなに簡単にはやられなかったはず。もっと自信持って戦って欲しい!







第8試合、FC Boa Sorte戦。



HFC.ZERO真岡 1ー1 FC Boa Sorte



逆転のチャンスは何度かありましたが、相手の粘り強い守備をなかなかこじ開けることが出来ませんでした。第三者的に見ればとても面白いゲームだったと思います。でも当事者同士、お互いに悔しさだけが残る試合だったのではないでしょうか。







これで後期は3分5敗となりました。残すはあと1試合。最後までしっかり戦いましょう!みんな、お疲れ様でした( ^ω^ )
コーチのみなさん、審判部のみなさん、今日もお世話になりましたm(_ _)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SC裁判 第1回弁論

2016年09月21日 17時37分11秒 | サッカー馬鹿
行ってまいりましたよ、例の裁判の傍聴へ。
裁判所の敷地内は写真撮影禁止。こういう時は普段からペンとメモ帳を持ち歩き、必ずメモを取る習慣が役に立ちます(笑)。

こんなことでもなければ裁判所へ行くこともないでしょうし、裁判の傍聴もすることがないと思いますし。栃木SCどうこうというより、もう興味本位でしかありませんσ(^_^;)
第1回ということで内容も大したことはありません。今回は私が見たものをそのまま書きますが、裁判内容に関する情報の公開は名誉毀損に該当する可能性があるそうです。申し訳ありませんがそれらの内容は控えますね。あしからず。

さて。

法廷前に貼られている掲示物を見ると、事件名は『委託料請求事件』となっておりました。傍聴人は記者と思しき方々が3名、そしてサポーターは私の他に2名で合計6名。平日の昼ですし、こんなところに来てるサポーターはよほどのモノ好き。おふたりともいつも顔を合わせているサポーターですけどね(笑)。このおふたりはよく裁判の傍聴に来るらしく、いろいろと教えていただきましたm(_ _)m

第1回弁論は定刻通り13時15分に開廷。裁判長ひとりに裁判官がふたり、それに書記官という顔ぶれ。原告側はU氏の代理人が出席し、被告である某SC側は欠席でした。
雰囲気としてはこんな感じです。絵心ないのに書きました。



「2回目の弁論では被告からの主張を聞きましょう、では次回は…」

あれ?もう終わり!?(・ω・)

開廷から閉廷まで、時間にしておよそ2分。初回はすぐ終わるとは聞いていましたけれど、本当にそうなんですねσ(^_^;)
第2回弁論は11月30日(水)午前10時開廷らしいです。民事裁判なので我々サポーターが知りたい情報はほとんど出てこないと思います。でも何が起きるのか見てみたい。完全に興味本位ですが、次回もまた傍聴に来ようと思います。

そうだ。帰ってきてから気付きました。



法廷に出向くシャツじゃないわ(笑)。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加