続・中岳龍頭望

脱力系から熱血系へ。ま、志はということで…

偉くなってロクでもない人間にならないために

2017-03-24 | ことば

 落語は好きで時々聞くが、落語界に対していいとばかり思っている訳では無い。例えば東京の落語家が真打になると「師匠」と呼ばれる。それそのものはいいのだが、それが業界外に聞こえてくると、なんとなく恰好が悪いのではないか。業界の風習だから自分らで何とかするよう考えるべき問題であると思う。特に業界以外の人間が、これを真似て「師匠」という言葉を使うのが良くないのである。近頃は芸人が司会を務めている番組も多いので、その人が業界にならっている場合なら仕方がない。しかし一緒にいる局のアナウンサーなら、業界外の人なのだから、さん付けにした方が自然だろう。医師がテレビに出ている時は、テレビは普通にさん付けを採用しているように見えるので、出来ないことは無かろう。楽屋内の様子でそのような言葉遣いが飛ぶのは分からないではないが、楽屋から普通の芸能世界に移ったのなら、常識が変化して当然ではなかろうか。
 漫画家も、業界的には先生と呼ばれる存在であるらしい。漫画雑誌には、作家はすべて丁寧に先生として呼ばれている。だから雑誌だけでなく、表のレポートを受ける場面などにおいても、漫画家は普通に先生として敬称が消えないまま出てくるというのが多い。編集者などは飯の種の人だからそのように呼んでいるのだろうと思うが、漫画家を志さない多くの一般人が、漫画家を先生として対峙している姿は、やはり無理があるだろう。これは当然使い分けが必要で、今は混在して必ずしもうまくいっていない現場があるにせよ、もう少し整理し直して紹介できる場を提供していく努力が必要なのではあるまいか。先生と呼ばせているヤクザな世界を、あまり表に出さない方が健全である。
 外食などに行くと、もう完全に「様」付けが定着してしまった。これは本当に残念なことだと思う。お客様は神様だったことは歴史上一度も無い。人間は得体のしれないものにはなれない。もちろん人間でも様付されるような偉い人はおられるのだろうけれど、相対的に頻繁に様にのし上がるのはどうしたものか。さん付けで呼んでくれるような店が増えると、精神的にはずいぶんハッピーなんだけどな、と思うのだけど。
 ということで、あんまり予約は取らずふらりと寄っても空いてるような、流行らないところを探して歩くより無いのかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月23日(木)のつぶやき

2017-03-24 | 時事
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バカばかりでドタバタ作品   マッド・マックス~怒りのデス・ロード~

2017-03-23 | 映画

マッド・マックス~怒りのデス・ロード~/ジョージ・ミラー監督

 シリーズの3作目ということになるはずだが、しかし内容的にはあんまり関係ない感じもした。メル・ギブソンじゃなきゃ嫌だということでは無いが、ちょっと別物作品だろう。近未来の砂漠のような場所で、何故か車だけはギンギンに走るというファンタジー映画である。もともと漫画チックな作品だけれど(これが日本の漫画だと「北斗の拳」になるわけだ)そのマンガ度が格段に上がって、ただのアクション・ギャグ作品になったと思う。しかしあまりにもバカバカしいので、ちょっと笑うに笑えない感じではあったが。でもまあ、これだけ馬鹿な人たちがたくさん出ると、それなりに味が出るのも間違いはない。ひどい作品だが、それなりに面白い。何にも残るものは無いけど。
 いちおうストーリーはあるが、特になくてもいい作品かもしれない。最初からずっと車で走りっぱなしで、おどろおどろしくて、汚い。女の人たちはずっと半裸で、やはりあまり賢くない。でも男たちがさらにものすごくバカばかりなので、少しくらいはまともに見えたりはする。人間って未来になるとこれくらい馬鹿になるんだろうか。それでは猿に負けるはずだ(違う映画だが)。
 思うに今までのマッド・マックスは、乾いて残酷で、さらにちょっと変で、それが世界中の人を熱狂させる魅力になっていた。しかし今回は、なんとなくウェットなのである。ちょっと人情味のようなものさえある。いや、そういうのがあってもいいけど、正義だけど非道であるというのがいいので、だからマッドでよかったのだ。これでは何か不能な特殊人のような感じもして、結局何かよく分からないのだ。人というのはいろいろ居ていいが、やはりこれはちょっとあり得ない人物像という気がする。解決策も良くないし、やはり結果的に都合が良すぎる。そういうカタルシスが足りないのが、いけなかったかもしれない。
 それにしても日本人がこんな映画作ったら、たぶんやっぱり人種的に知能が足りないと思われるんじゃなかろうか。西洋人というのは(これも偏見かもしれないが)、バカでも生きてていいという特権があるのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月22日(水)のつぶやき

2017-03-23 | 時事
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JKがおしゃれで軽薄な訳

2017-03-22 | culture

 ジャミロクワイのJK(ジェイソン・ケイ)さんは、おしゃれでも有名だが、地元英国ではおしゃれ過ぎて軽薄だと批判されているという。日本だと叶姉妹みたいなものかな。やっぱり違うか。でもまあ、ブランド物に身を包んでかっこつけてる人というのは、軽薄というのはもちろんだが、あんまり尊敬されないだろうとは思う。特に嫉妬を集めるというよりは、傲慢さがにじむような感じがあるからかもしれない。
 さらにJKさんは、フェラーリやカウンタックという車のコレクションをたくさん持っていることでも有名であるらしい。ものすごくたくさん持っているという話だった。日本だと所ジョージさんみたいなものかな。違うかな。そういうことでは羨ましい金持ちだが、問題は、彼は熱心な環境保護運動家でもあるということである。要するに矛盾しているわけだ。ガソリンをガンガン食う車に乗って環境保護を訴えても、確かに説得力はない。
 しかしながら、僕はそういう矛盾のある人間は割と好きである。まあ、褒められたものではないのは分かるが、人間臭いというか。環境問題に真剣でなくとも、それが売れることの背景にもなるだろうし、それで金持ちになって、好きな車をコレクションできて乗り回せるのだ。そういうかっこ悪さがわからないまでも、そうしなければならない嗜好性から逃げられない。有名人だから批判されちゃうし、実際かっこ悪いけど、まあ、どのみち金は有り余ってるだろうし、高い車を買える現世を楽しんだ方がいいだろう。
 でもまあ、彼のそのような泥臭さというのが、かえっておしゃれな音楽を作る原動力になっているのかもしれないと思う。素直な自分の立ち位置から見える風景として、かっこよさがよく分かるというのがあるんじゃないか。
 結局大衆性というのはそういうことじゃないかと思うんだが、やっぱり違うかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月21日(火)のつぶやき

2017-03-22 | 時事
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペコロスとは小さい玉ねぎのことらしい   ペコロスの母に会いに行く

2017-03-21 | 映画

ペコロスの母に会いに行く/森崎東監督

 原作は漫画。長崎が舞台だったこともあり、公開時はかなり話題になった記憶がある。作者の講演会なんかも結構あった。僕は何故か、それらは全部見られなかった。
 母が認知症になったらしく、勤め人で息子が学生で、日中での自宅介護が難しくなる。その後グループホームに預けるが、日に日に息子である自分のことが分からなくなるし、母の若いころの記憶との混同が、幻覚のように始まるのだった。
 基本的にはコメディ・タッチになっていて、認知症が進むとこんなことが困るのか、ということが見て取れる。時には悲惨な感じのエピソードもあるが、やはりそこはコメディとして軽くして受け止めやすくしているということだろうか。基本的に母はいい人で、そのために困ったことにもなったりするということと、やはり若いころにそれなりに苦労もしていて、気になっていた友人との関係なども含めて、幻覚のようなつきあいが、今も続いているという感じになっている。現実とは当然違うが、しかし認知症だからこそ、また周りがそれなりに理解しているからこそ、そういう振る舞いがありながら、悲壮なだけの話にならない。そういう意味ではファンタジーかもしれないが、家族にはいろいろな事情もあるし、介護している側にだってそれなりに年を取っていくし、そういうあり方の一つとしては、多くの人の共感を生んだ作品と言えるだろう。遅ればせながら観て、なるほどな、と思いました。
 僕は長崎市では無い長崎の人間だが、改めて長崎の暮らしというのは坂が大変そうだし、まだまだ人情味が残っていて土地柄もなんとなくいい加減でいいのかもしれないな、と感じる。よその町だと、たぶんこんな感じとは違ったものになったかもしれない。しかしまあ、他の長崎の地区と比べると、やはり本当には田舎ではないので、人間関係はそれなりにさらりとしている。映画としては、そのあたりを上手く削ったのかもしれないが。
 長生きする人が、みんな認知症になるわけではないけれど、そういうことを含んだものが、介護として当然になっていくような気もする。体験した人もそうでない人も、やはりそのあたりが一番興味のあるところではないか。切り口がいろいろあっていいと思うが、ある意味ではこのような捉え方の出来る人でないと、やはり人間関係は楽しくないのではあるまいか。単なる性格というだけでなく、考えさせられることである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月20日(月)のつぶやき

2017-03-21 | 時事
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

培養技術とハンバーガー

2017-03-20 | 

 英国で培養肉のハンバーガーが作られて話題になったことがある。牛の細胞を培養させる技術が確立されたということらしい。ただしその時のハンバーガーの原価は、研究開発費を換算させると一個で3500万円程になったという。しかしながら培養技術は進み、市場に出すにはあと10年ほど必要と見積もられている。要するに将来性は十分であるということか。
 味の方は、脂肪分が少なくヘルシーであるという。牛の苦痛も減らせるし、ベジタリアンでも食べていい肉になるかもしれない(言葉としては変だけれど)。
 しかしながら食指が伸びない気分になるのは、やはり人工培養というニュアンスだろう。でもまあ慣れの問題だから、将来の人は普通に食べるようになるかもしれないが。
 ところでこれで思い出したのは、ミミズ肉バーガーかもしれない。大手ハンバーガー肉に関しては、歴史上繰り返しそういう得体のしれない肉が使われている疑惑、というようなものが流される。実は完全なデマであるのは、やはり繰り返し検証されて明らかなのだが、面白いのか、人々に訴える力が強いのか、似たような話は本当に繰り返されて現在に至っている。人間って本当に汚い精神性を持っているものだとつくづく思う。有名なのはホットドックで、犬の肉を使っているというデマを逆手にとって評判になった。しかし大手のマックは、ビーフ100%を繰り返し宣伝しても、やっぱりミミズ肉と言われてしまう。いったい誰に恨みを売ったというのだろうか。
 もっとも僕が高校生の時(既に30年以上前だ!)、友人がマックの厨房でミミズ肉を見たという話をしているのを聞いたことがある。その時の僕もかなり驚いて、ちょっとの間だけ信じたかもしれない。でも僕も他の外食産業でアルバイトしていて、だいたいの実態は知っていたから、企業がそのような肉を使うリスクの方がはるかに大きいことを考えると、普通の高校生でも現実的でないことくらいには、考えが至ることになる。それに実際に使ってないし。
 でもまあ、科学の進歩がミミズ肉を可能にするのなら、それもまたいいじゃないですか。特に進歩的な人間観として言っている訳じゃなく、まじめに働く人を蔑んで妨害する精神性より、よっぽど健全だと思うからだけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月19日(日)のつぶやき

2017-03-20 | 時事
コメント
この記事をはてなブックマークに追加