宮崎信行の国会傍聴記

(1)政権交代ある二大政党政治で日本の持続可能性を高める。
(2)国民に開かれた国会(衆議院、参議院)を報じる。

直嶋正行さん『次の、日本。』出版 「参院予算委員会廃止」を提言、参院会長選出馬か?

2012年08月04日 15時14分03秒 | 第180通常国会(2012年1月~9月)一体改革

 さて、水曜日(8月1日)の友愛会創立100周年ということで、今週は「民社協会ウィーク」ということで、これを含めて6本の民社協会に関するエントリーをお届けしましたが、お楽しみいただけましたでしょうか。最後に、直嶋正行さん、政権交代前のマニフェスト策定責任者(民主党政調会長)、政権交代後の経済産業大臣、現在は、民主党両院議員総会長と民主党綱領検討委員長を務める、直さんこと直嶋正行さんの初の著書の書評で、しめくくりたいと思います。直嶋さんは、全トヨタ労連の出身で、民社協会の国会議員団長をつとめています。

 著書のタイトルは『次の、日本。ーー次代の成長戦略へ。流れは、変わる』で時事通信社から定価(本体価格1700円+消費税)で今週発売されました。

 帯では「民主党屈指の政策通」が「次代の成長戦略」を語るという風になっていますが、直嶋さん初の著作ということで、生い立ちや労働運動との出会い、初当選時の思い出、マニフェストの取りまとめ、政権交代、大臣としての日々が赤裸々に書いてあります。

 はじめにでは「2012年7月26日、この日は私が初めて参議院議員に当選した日から、ちょうど20年になります」とのこと。そして、8月2日(木)には出版記念会が開かれ、岡田克也副総理ら閣僚10人、他の国会議員100人、合計650人が参加して盛大に開かれました。ちなみに、民社党から初当選した直嶋議員が勤続20年ということは、私の選挙デビューである自民党公認(経世会)で初当選した北澤俊美・参議院議員も同じく勤続20年になるわけですが、ちょっと気付いておりませんでした。「黙っていればいいのに」と思う読者もいるでしょうが、俊美さんや俊美さんの公設秘書3人はこのブログを読んでいないので、引き続き、直嶋さんの著作について書評を続けます。

 まず、直嶋さんは第21回参院選「逆転の夏」の後、小沢一郎代表(ネクスト総理)から政調会長に指名されて、第45回衆院選「政権交代の夏」まで務めています。なので、09マニフェストとりまとめの責任者です。ところが、不思議にマニフェスト批判では直嶋さんが名指しされることがありません。その辺は人徳なんでしょうか。46ページで直嶋さんは「政権を取ったらどのような政策を実行するか、ということであるから、その党から立候補者全員が同じマニフェストを掲げて選挙を闘う」「マニフェストは政策を実現するために政権選択の選挙をするという、民主主義の理想に近づいたものとなった」と自負しています。

 ところで、私の持っている情報では、実は第45回衆院選の公示から投票までの間に、民主党のマニフェスト(鳩山由紀夫代表が表紙)を手にとって読んだ人は、有権者の2%前後の筈です。直嶋さんは、政権交代後に経済産業大臣を務めた経験もふまえて、「マニフェストや政策インデックスを特に熱心に読んでくれたのが、霞が関の官僚諸君だった」「経産省の会議でも、『あ、その点はここに書いてあります』と担当者がマニフェストを開いて示してくれるほど、熟読されていた」ということなので、鳩山政権が政治主導に失敗し、官僚主導になったのも当然と思える経験談が書いてあります。

 またこれはご存じの方も多いでしょうが、官邸にスーツ姿で呼び込まれ、皇居でモーニング姿で陛下から認証式を受けてから、官邸に戻り総理から補職辞令と初閣議の後、記者会見を前に秘書官から、記者会見原稿を示され、それを読んでしまうことで、大臣が官僚に取り込まれてしまう光景も、実名入りで詳しく書いてあります。今後、閣僚を目指している、民主党、自民党、公明党の若手議員は必読でしょう。

 そして、直さんは自らを「おにぎり大臣」と任命。「大臣になってからの日々は、想像以上に忙しかった。かねてより忙しいと聞いていたが、まさしく多忙を極めた。早朝から夜遅くまで、息つく間もないくらいだった」「昼食をとる時間がなく、在任中の大半が大臣室でのおにぎりランチとなった。永田町界隈のコンビニのおにぎりは、すべて食べた。秘書に頼んで、役所の売店、国会内のコンビニなどに買いに行ってもらった。イチバンおいしい店も発見した」と振り返っています。初入閣の時点で、直さんは勤続17年で、与党経験(細川内閣、羽田内閣)もありました。それでも、実際に与党はやってみて驚くことの連続だった。このような日常なのですから、政権交代してもすぐにうまく行かないのは、私はひとえに、自民党に54年間政権を与え続けた有権者の責任だと改めて感じました。「主権者は国民」と日本国憲法前文にあるのですから、現在の政治のすべての責任は有権者に帰するし、沖縄問題で最初につまずいたのはそのためでしょう。なぜなら、野党議員は、国費などで沖縄視察をする機会がほとんどないからです。与党の自民党清和会の政府外議員は沖縄は利権の巣窟ですから、自分で集めた政治資金で視察に行くこともあります。

 それを裏付けるように、口絵の4ページのうち、政権交代前の17年間は1ページで、政権交代後の3年間は3ページになっています。

 
[画像]直嶋正行著「次の、日本。」の口絵とはしがきから。

 ご覧のように、有名な「ハードロック工業」で、制服姿でSLに乗る直嶋経産相の姿も乗っています。ぜひ、これを機会に自動車・道路ばかりでなく、鉄道にも関心を持っていただきたいところです。

 このほか、中学卒業後に入った会社で労働組合に入り、その2年後に大阪府立北野高校の定時制に入学するまでの間、労働運動の経験があること。神戸大学では公認会計士をめざしていたけれども、トヨタ自動車販売(工販統合による現在のトヨタ自動車)に入った経緯。「公認会計士だと資格をとってもすぐに飯は食えん」と言われてそれでは困るという赤裸々な事情。神戸大学というと、岡田副総理のお父さんである岡田卓也イオン創業者が希望しながら事情があって早大商学部に進学し、その後地元商工会議所で講師に呼んだところ、「戦災後だから土地を買い占めろ」と言われて反発し、現在のイオンを創業したというエピソードがあるので、岡田さんと直嶋さんは縁があるなあと感じます。政権交代直後には、官邸で、旧知の河村建夫・内閣官房長官から岡田幹事長・直嶋政調会長のコンビが「すべての引き継ぎをしっかりやりたい」と言われたという歴史的に極めて重要なことも書いてあります。このニュース映像を見た、小沢一郎代表代行が松木けんこう、鈴木克昌両衆院議員を使って鳩山由紀夫代表を締め上げ、幹事長の座を奪い取ったのはご存じの通り。

 本の帯にあるとおり、東京電力と関西電力、日立、東芝、三菱重工による、「国際原子力開発」をつくり、ベトナムへの原子力発電所受注というプラント輸出を受注したトップセールスの経験談など成長戦略も満載です。政府が閣議決定した日本再生戦略よりも、日本経済の将来像、グランドデザインがよりハッキリ分かります。原発輸出については、「どこかの大国のように、潜水艦を売ってやるから、発電所を受注させろ」というようなことは、日本はしない、という経験に裏打ちされたエピソードも載っています。「自動車産業はまだ伸びる」の項では、「近い将来、シンプルな電気自動車であれば、自動車メーカーでなくても自動車を造れる」として、家電メーカー、電気量販店、携帯電話会社、ファッション・ブランド、グーグルが電気自動車メーカーに参入するという大胆な予想もあります。日本再生戦略より面白いですね。

 上の方で、北澤俊美参院議員と勤続年数が同じだったり、岡田克也衆議院議員と縁がある、ということを書きましたが、新人の民社党・スポーツ・国民連合の直嶋参院議員が大いに名を上げたのは、佐川事件での経世会会長の金丸信先生の追及だったそうです。

 
[画像]金丸信先生。

 結果として、経世会会長だった金丸先生が逮捕されたことで、政治改革の歯車は大きく前に進み、新生党主導の細川内閣への歴史的な政権交代を果たすことができました。こうやって直嶋さんが金丸先生を追及する先鋒だったということを初めて知って、今の民主党が幅広い国民政党への道を歩んでいることを実感しました。寄り合い所帯ですが、もうちょっと包容力が生まれてくれば、国民政党として、政権担当能力を強化していくことが可能でしょう。

 さて、参議院です。

 「二院制をどうするか、という議論はなかなか難しい」とした上で、「現行の二院制を残しながら、予算は衆議院で決める、という明らかな権能の分担も必要ではないか。参議院の予算委員会を廃止して、参議院では予算は本会議で3日間ほど審議して採決する」との提案をしています。

 直嶋さんの参議院議員としての任期は2016年7月10日まで。任期満了時点で70歳ということになります、けっこう若いですね。民主党・新緑風会は9月上旬に会長選挙をします。2006年から会長を続ける、輿石東会長の5選(任期は2014年の通常国会末まで)が焦点になります。前回、2010年の第174通常国会会期末の会長選では、前田武志参議院議員を会長にかつぐ動きがありましたが、推薦人10人に足りず、輿石会長の無投票4選となりました。このとき、直嶋さんは経産相、俊美さんは防衛相なので、立候補する状況ではありませんでした。輿石会長はその後の参院選惨敗、党本部幹事長就任の際にも、自発的な辞任論が出ましたが、なおも会長にとどまっています。自民党の統一会派と1議席差にまで追い込まれた民主党・新緑風会会長の次の2年、日本の歴史にとってものすごく重要な2年間の参院の扇の要は、だれが良いかなあと思うところがある著作です。みなさんはだれが良いと思いますか?

 直嶋さんは、あとがきを次のように締めくくっています。「そして、私をここまで支えていただいた自動車総連はじめ、自動車産業に関わる多くの関係の皆様、ならびに身近に活動を支えてくれた友人、知人、歴代の秘書、我が家族にも改めて感謝申し上げたい。 2012年6月 直嶋正行(自署)」

 すべての国民に感謝・・・などとは書かない。自動車総連をはじめ自動車産業に関わる多くの関係の皆様の代表としての直嶋参議院議員。それは貴族院が参議院に移行したときの、「衆議院は地域代表、参議院は職能代表」というフィクションを現実にしている。だから直嶋さんは勇気があるんですね。

 衆議院落選組の再就職先としての、国会議事堂周りで働く者のための参議院から、額に汗して働くすべての働く者のための参議院へ。

 直嶋さんと民社協会の仲間がいれば、今国会が直面する最大の問題も必ず解決することができます。任せて安心、民社協会。地味だけど、目立たないけど、かっこいいとはこういうことです。

2012年7月29日(月)~8月4日(土)までの「民社協会ウィーク」のエントリーは次の通りです。 

2012年8月1日、友愛会創設100周年 今週の当ブログは「民社協会ウィーク」に
川端達夫総務相、地方消費税一般財源化、特例市廃止に含み 国の未来、分権の未来に道を拓く
つかさつかさに民社協会 幹事長「素晴らしいリーダーたち」副総理「非常に立派な人材がそろっている」
友愛会創立100周年記念式典・記念祝賀会 厚労相「理念引き継がれている」連合会長「労働運動の原点」
パート待遇改善へ道 改正労働契約法成立 小林正夫・参院厚生労働委員長
直嶋正行さん『次の、日本』出版 「参院予算委廃止」の大胆提言、参院会長選出馬か?
   

 [お知らせ]

 衆議院解散の日程を別ブログで解説しています。

今後の政治日程 by 下町の太陽

 最初の1ヶ月は無料で試し読みできますので、気軽に登録してみてください。
 
「国会傍聴取材支援基金」の創設とご協力のお願い

 「小沢一郎で食べている」既存メディアはのたれ死にしても同情の必要なし。煽り(あおり)無しで、地味でも本質を見抜く政治報道を続けるために。ご支援いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

[お知らせおわり]

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パート待遇改善へ道 改正労働契... | トップ | どんとこい内閣不信任案 野党仕... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
財務省がウソを国民にいっているの暴いた亀井亜紀子議員;消費税あげる必要全くない (tacchyの本音トーク)
tacchyです。 もう去年の話しですが、「財務省が国民に真っ赤な嘘をつき続けて
靖国神社参拝は、国家・国民をあげての御慰霊を (【 日々の感謝 】)
皆様がそれぞれの思いで、靖国神社に親しくご参拝をされ、ご慰霊をなさられますと、お祀りされておられます御霊が、どれほどお喜びになられるか知れません。 「お国のため」と称して、国家の命令によって生命を落とされました方々は、靖国神社をはじめ、各地の護国神社を...