宮崎信行の国会傍聴記

(1)政権交代ある二大政党政治を実現する。
(2)開かれた国会を報じる。

【冬に間に合わない】定額減税は早くて来年2月・6月 速効性に乏しいインチキ補正

2008年09月22日 21時40分46秒 | 第45回衆院選(2009年8月)政権交代

 自民党政府が編成を続ける2008年度第1次補正予算案に盛り込まれる「定額減税」の実施は最短で所得税(国税)が来年2月25日(給料日が25日の場合)、住民税(地方税)は来年6月25日となり、景気対策の速効性に乏しいものであることが22日付公明新聞の報道で明らかになりました。

 自営業など確定申告の人は、「翌年の確定申告(2010年2月)までに(減税が)行われることになります」(公明新聞)としており、中低所得層全体に減税効果が染み渡るのは、再来年になるという悠長な「緊急(?)経済対策」です。

 当ブログは2007年~2008年の年越しを「厳しい冬」と表現しましたが、自公政権が続いた場合、来年にかけての年越しは、「今日の晩ご飯何かな?」という楽しみすら持てない「絶望の冬」となる可能性が出てきました。

 公明新聞は「定額減税は急激な物価高から生活を守る視点から、公明党が提案し実施を勝ち取った」と過去形を使い、自画自賛しました。現時点で、公明党は十分な実績をあげていると強調し、補正予算案成立前の解散に予防線を張っているものと思われます。

 想定されるスケジュールは、年末の税制改正論議で内容や実施方法が固まり→来年1月の通常国会冒頭でこれらを盛り込んだ法案を提出→速やかに法案が成立すればサラリーマンの場合、所得税分については翌2月の源泉徴収税額から定額減税分が差し引かれると説明し、「給与の明細の手取り額が増えることで、目に見えて減税効果を実感できるはずです」とPRしています。

 よって自公は、第170臨時国会(あさって24日召集)ではあくまでも補正予算案を提出するだけで、財源を裏付ける所得税法改正案は初めから提出する気などさらさらないことが明白になりました。

 公明新聞は財源について、「将来にツケを回すことになる赤字国債発行には頼らず、その代わりに、あらゆる行政のムダを削り、捻出すべきと主張しています。一例を挙げれば、特別会計の積立金や剰余金は数兆円規模に上ります。(略)緊急事態のこのときに財源として活用することは国民の理解が得られると考えています」と書いています。

 これは民主党が参院選マニフェストの15兆円(暫定税率廃止を入れると18兆円)の財源として説明している内容とほとんど同じです。自公は民主党マニフェスト案に対して、「財源の裏付けが乏しい」との批判を「テレビ」で繰り返していますが、自公の緊急経済対策こそ財源の裏付けに乏しいというていたらくです。これでは、消費が刺激されても、世界のマーケットは「日本売り」に走る可能性もなきにしもあらずです。

 先週から、民主党の山岡賢次国対委員長が「補正を審議し、成立した後の話し合い解散」を申し入れたのは、このようなインチキ補正であることに気付き、国民に早く気付いてほしいと思ったからだと推測します。

 私は麻生次期首相が補正審議に優柔不断な姿勢でいるのは「抜き打ち解散」を狙っているだけで、現実として、補正の審議には臨めないと考えています。10月3日解散→10月26日投開票は動かないとみています。

政権交代=二大政党制」で「国民の生活が第一。」と思う方は・・・
1日1クリック!  こっちもクリック
         

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ     

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麻生総裁、幹事長に細田博之... | トップ | 民主党が「新銀行東京」問題... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む