風の子広場

特別な意味はありません。近くの広場です。
考えごとをするのに最適な場所です。
エッセーを中心に書いてゆくつもりです。

金曜日は詩人たち:土日休み

2004-11-26 21:03:28 | Weblog
土日 休みの 小学生
明日は どにに 行こうかな
近頃 ぶっそう 誘拐魔
ヤッパリ 近くの 公園で

土日 休みの 中学生
塾に クラブに 自転車に
テスト 控えて 遊べない
ヤッパリ 近くの 図書館で

土日 休めず 高校生
受験 控えて 友達と
塾に 補習に 模擬試験
あせらず あわてず あきらめず

土日に 稼ぐ 大学生
マージャン パチスロ アルバイト
茶店 ドライブ ギャンブルで
あまった 時間は 御就寝

土日に 遊ぶ 独身者
ゴルフ パチンコ 競馬場
帰る ころには しょんぼりと
あるさ いいこと 来月は

土日 休めず お母さん
おしゃべり 買い物 お付き合い
食事の 支度に 忙しい
早く 月曜 来ないかな

こずかい もらった 金曜日
足取り 軽く 軽やかに
なじみの 飲み屋に お父さん
どうせ 明日は お休みさ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

痛ましい事件

2004-11-25 21:23:06 | Weblog
水戸で痛ましい事件が起こってしまった。
19才の少年が、就寝中の両親を鉄アレイで殴り殺してしまう
という事件がおきてしまった。
同じ様な事件が続くかもしれない。

今の子は、順調に育ってしまうと、挫折を知らない子が多い。
そういう子は、恵まれた環境で育った分の反動でたまには、
本当に、挫折してしまう。
失敗から、挫折から抜け出せない子もたまにはいる。

今回は、その典型例かもしれない。
父親は、失敗から、挫折から脱却する方法を教えるべきです。
人生には、失敗も挫折もあることを教えるべきです。
どんなに優秀な人でも、失敗もあるし、挫折もある。

人生は、勝ち抜きトーナメント戦ではない。

何度でも、挑戦できる敗者復活戦である。

ここ2,3年の中央線はひどい。
人身事故が多すぎる。
地下鉄も同じ。私鉄も大差はない。
どうせ、遠からず人は死ぬ。

どう死ぬかなんてほとんど、問題ではない。
どう生きるかが問題なのです。
子は親のコピーではない。
子には、子なりの人生がある。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

竜馬の人脈(5) 出会い 勝海舟

2004-11-23 19:45:52 | Weblog
いよいよ大本命の登場です。
今回は、出会いだけです。竜馬にとって、最大の影響を与えた
人物といっても、過言ではありません。当時の竜馬のスケール
はとても、勝海舟には及びません。

勝海舟は竜馬より10才年上で、剣術の腕も相当なものでした。
当時、剣術は自己防衛の手段であったと、考えるべきだと思い
ます。そうでなければ、命がいくつあっても足りない時代で、
現代の考え方では、通用しません。

海舟暗殺

海舟は開国派でした。海舟は、咸臨丸で米国に、行ってきており
外国事情に明るく、単純な攘夷ではありませんでした。
それが気に入らない、千葉重太郎は竜馬に、海舟暗殺を一緒に
やろうと持ちかけます。竜馬はしぶしぶ了解する。

暗殺実行当日、こんなことが書かれています。
「何も人を殺しにゆくのに、そうせかせかするもんじゃないよ。
さな子さんなんざ、顔をあらうことまで、うるさくいう」
もう笑い話の世界ですね!

こんなんで、暗殺が成功するわけがない。
竜馬は、海舟のあまりのスケールの大きさに、感動してしまう。
竜馬は、海舟と師弟関係を結ぶことになる。
竜馬の能力は階段状に無限に伸びてゆくタイプのようだ。

勝海舟と竜馬の関係は、これからもズーと続くので、
今日はおしまい。

次回は 竜馬の江戸剣術修行中の時代背景
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

竜馬の人脈(4) 出会い

2004-11-16 07:40:50 | Weblog
今回は、武市半平太と桂小五郎との出会いを中心として書きます。

武市半平太

武市半平太は竜馬より六つ年上で、高知県出身。鏡心明智流の
免許皆伝の腕前。竜馬との直接対決はない。月形半平太のモデル
として、よく知られている。当時、江戸では三本の指に入る腕前
とされる。

竜馬は江戸に入ると、まっすぐ土佐藩下屋敷に向かう。
半平太の部下たちは、竜馬の噂を聞き、日ごろ快く思ってい
なかった。ひとつとっちめてやろうと思っていた。
竜馬を布団で、す巻きにしてやろうとたくらんでいた。

竜馬は不穏な動きを察知して、大勢で戦うには作戦が必要。
部屋に張るなり、一同は、度肝を寝かれることになる。
ふんどし一本の素裸で右手に、大刀をつかんで仁王立ちの姿。
竜馬危うし。

1対多で戦うすべ知っている竜馬は冷静で、夜陰にまみれて、
逆に、武市半平太を布団で簀巻きにしてしまうのである。
竜馬は戦術を熟知しているかのようである。
そして、半平太を尻目に、ゆうゆうと去ってゆく。

桂小五郎

桂小五郎との出会いは、ペリー来航の時期、各藩は警備を
命ぜられるが、長州藩の警備がすこぶる評判がいい。
竜馬は、長州藩の陣地の探索(早く言えば、スパイ)を
命ぜられる。スパイしている時に、たまたま、桂小五郎と
出会うことになる。

行き違いから、桂と真剣勝負となる。
不意を襲われた、竜馬は最初は受身で対応するが、
終盤は、竜馬の豪刀が小五郎の剣をへし折ってしまう。
しかし、竜馬の剣もかけてしまう。剣がかけたこと
に関して、竜馬はあわててしまう。

桂小五郎(後の木戸孝允)は長州藩、竜馬より二つ年上。
神道無念流の免許皆伝の腕前である。剣では全く互角。
15戦すれば、どちらが余計に1勝するかぐらいで
その時の成り行きで決まるぐらい接近した腕前同士だろう。

この二人の付き合いは長く続くことになる。

次回の予告 勝海舟との出会い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風の子広場

2004-11-09 20:30:59 | Weblog

朝は 元気な 幼児たち

砂場 ブランコ すべり台

時には 泣き声 するけれど

元気に 遊べ 幼児たち


昼は 元気な 子供たち

サッカー 野球に 一輪車

いつも かけごえ 大きな声で

元気に 遊べ 子供たち


夕は 元気な 中学生

子供 相手の サッカーに

大声 かけ声 しったの声に

元気に 遊べ 中学生


夜は 元気な 高校生

暗い ベンチの 片すみで

何を ささやく お二人さん

明日も 元気に 勉強を


遅くは 元気な 通勤帰り

軽い 調子で 足取りで

家路を 急ぐ サラリーマン

明日も 元気に がんばって


夜更けは 飲み屋の 帰り道

足取り 千鳥の お父さん

トイレに かけ込む 人もいる

明日は 土曜日 また来週
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

竜馬の人脈(3) 千葉さな子

2004-11-07 12:38:14 | Weblog
私は勘違いしていました。

千葉佐那ではなく、千葉さな子に訂正いたします。
千葉さな子は、千葉定吉の娘であり、父定吉はご存知
北辰一刀流の千葉周作の弟であり、兄が有名になり、
どちらかというと日陰的存在でした。

千葉さな子は、上から二番目で、兄は重太郎という。
竜馬が千葉道場入門時に立ち会うことになるのは、この
兄の重太郎で、三本勝負で1勝2敗と負けてしまう。
当然さな子も立ち会っている。

竜馬の剣術の腕

竜馬の剣は荒削りであり、悪く言えば、
田舎剣法であり、都会?慣れしていない。野性味あふれる
剣法であった。ずっと後に重太郎と連続30本勝負をすることになるが、
このときは一本目と30本目が竜馬の勝ち、後の28本は負けてしまう。
ここらあたりが、竜馬の非凡さが見て取れる。

竜馬は剣術の勝敗にこだわらない、スケールの大きさがすごい。
定吉と重太郎の留守の時に、竜馬とさな子は
対決することになる。


さな子と取っ組み合いの試合

二人の戦いは、竜馬がさなこの竹刀をたたきおとしてしまう
当然のこととして、さな子は竜馬の体に、馬のりになって、
転がりこむことなる。江戸時代に、今でもこんなことは
しない?。竜馬は試合続行を放棄する。
さな子の内に潜む恋心と気性の荒さを垣間見ることができる。

さな子と竜馬との婚約と婚約不履行

後年、さな子は竜馬と婚約することになるが、竜馬はおりょうと
結婚することになる。今でいえば、婚約不履行であり、
裁判沙汰になれば、竜馬は負けることになったでしょう。
婚約後は、再び、江戸の地を踏むことはなかった。

こだわらないといっても、ここまだやるか?

私の推測

竜馬は、自分の活動が京と長崎を中心に、ひっきりなしに
動きまくっていた。さな子と結婚し、定職に付き・・・
というような、現代でもありそうな家庭におさまってしまう
タイプでわないのです。

その後のさな子は生涯独身を貫くことになる。

次回の予告  武市半平太、桂小五郎との出会いを
       中心に書いてゆきます。この二人は
       これから長く、続きます。
       
       








 


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

世界の三大祭り

2004-11-05 18:38:36 | Weblog
世界の三大祭り?

順序はともかくとして、一番目は、リオのカーニバル。
2番目はスポーツです。日本と韓国の共同開催された
ワールドカップ。多分、参加国、参加人数、視聴者数など、
では、これが一番でしょう。
3番目は、米国の大統領選です。

すがすがしさ

ブッシュ大統領の勝利で終わったが、ケリー候補はあっさり
負けを認める電話を、直接ブッシュ大統領にかけて、負けを
認めてしまうのです。前回のように、ごたごたしないのが、
さすがというか、すがすがしささえ感じます。

日本のように、選挙の後の違反者の摘発については米国は
あるのでしょうか?票の取りまとめで、一票いくらとかいう
世界ではないでしょう。仮に、そんなことをしても、とてつもな
いお金が動くだけです。

ワールドカップの地区予選はすでに始まっている。
当然、米国の大統領選も始まっている?????
日本にとって、よいことでしょうか
まあ、現状とあまり変わらないでしょうか

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

遊んで見ました(1)

2004-11-02 05:39:19 | Weblog
黄色づく いちょうの枯葉 雨に落つ

   まだ10月だというのに、枯葉なんて  10月31日
      もうすぐ黄金の道!


渡り鳥 秋から冬へ 木々で鳴く
 
   渡り鳥は、いつに鳴く?早い。雨の中を、またの再開を 
      喜んでいるかのようだった。   11月1日
         カラスもハトも 形無し

霧の朝 始発帰りの 大学生
      楽しく笑う 駅前で

   明らかに、池袋始発の帰りまたは逆、実は大学生かどうかは
      わからない。高校生ではない。
 
   日本の未来は明るい
      日本の未来は明るい
         日本の未来は明るい 確定!

             
        20041102 05:00  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加