風の子広場

特別な意味はありません。近くの広場です。
考えごとをするのに最適な場所です。
エッセーを中心に書いてゆくつもりです。

BMI(肥満指数) (健康シリーズ5)

2004-09-29 21:34:43 | Weblog
BMI(肥満指数)をご存知ですか?
簡単です。次の式で求められます。

 BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

例えば、体重70(kg)で身長165cmの人は
 BMI=70÷1.65÷1.65=25.7
どう考えても、やや肥満、22.0がベストと言われている。

肥満と死亡率の関係は、
 男性 23.0~24.9
 女性 19.0~24,9
この範囲の人が最も死亡率が低いとされています。

体脂肪計よりもBMI値のほうが科学的根拠がある。

ダイエット方法は和食がいいと、最近よく言われています。
和食はカロリーが少ないものが多い。
欧米では、日本食が見直されていますが、
逆に、日本では病気の傾向が欧米並みになってきつつある。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

キジムナーとシーサー

2004-09-26 20:59:46 | Weblog
          キジムナー

 キジムナーは沖縄の北部(ヤンバル)の森の中に住んでいる.
とされる妖怪または妖精です。ちょうど内地で言うと、
座敷わらしまたは河童の類になると思います。
いたずらが大好きで時々、住民を困らせているようです。

沖縄で、飲む機会があった時、キジムナーに会って見たい
どこに行ったら会えるのか教えてくださいと聞いてみた。
地元の人に、こう言われました。
「あなたには、キジムナーは見えない」と

どうもこの妖怪・妖精は見える人には見えるけど、
見えない人にはみえないらしい。ブナガヤともいうらしい。
かわいいのは、キャラクターグッズでお土産品になっってます。

          シーサー

狛(こま)犬で魔よけとして、玄関先などに飾られています。
なぜか、左右で一対になっているようです。
またなぜか、向かって右側のものは口を開けています。
沖縄出身の人ならわかると思うのですが、わかったら、
コメントをお願いいたします。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄の健康法(健康シリーズ4)

2004-09-25 20:19:59 | Weblog
沖縄が日本一の長寿県だったことを知っていますか?
現在は、女性は日本一ですが、男性は26番目です。
だんだん、沖縄も本土並みの食生活になり、伝統食が
薄れてきたんじゃないかと心配するむきもあります。

沖縄県が長寿県なのは、次のような理由があるからだと
言われています。
 ・伝統的な食生活
 ・生涯現役による体を動かす労働
 ・昼寝
 ・おおらかなライフスタイル
 ・自然の恵み

全部が本土の人が真似をしようと思っても無理ですが、
サツマイモ、沖縄の伝統的野菜、昆布の摂取などは、
まねできると思います。沖縄の元気の源です。

話は変わりますが、次の言葉の意味がわかりますか?
マゴハヤサシイ、オカアサンヤスメ、ハハキトク

・マゴハヤサシイは豆(豆腐、納豆)、ごま、わかめ、野菜、魚、
 しいたけ、いもとなります。体に良いものです。

・オカアサンヤスメはオムレツ、カレー、アンパン、サンドウィチ、
 ヤキソバ、スパゲッティ、目玉焼きとなります。子供のすきなもの
 が多いけど、休み、休み作ってあげたいものです。

・ハハキトクはハンバーグ、ハムエッグ、餃子、トースト、
 クリームシチューで、たまにはいいじゃないのというものです。

肝心な食材が落ちていますね。そうです、肉類が落ちています。
沖縄は豚肉を食べるから、長寿なんだという人もいますが、戦前から
豚肉が食べられていたということはないはず。沖縄はそんなに頻繁に
食べるお金はなかったはずです。といっても、肉は美味しいし、
減らせば問題なし。
ただ、野菜を必ず食べることを忘れずに!

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄三笑話その4

2004-09-25 18:20:23 | Weblog
          沖縄三笑話その4

このシリーズも4回目です。

1)台風接近の那覇空港にて、待合ロビーは人で一杯。

  よくもこんなに人が集まるものだとあきれていた。
  空港の待合ロビーはこういう時を、想定して面積を確保しているのか?
  私は、ブービー賞でチケットは取れたので問題なし。後,何便かで、
  欠航になるのは確実。多分、大多数の人はモーフをしいて寝ることになるだろう。

  こんな時は、ホテルの予約は取れない。ではどうする?
  那覇に引き上げて、スナックで寝るのが一番。
  どうせ沖縄の飲み屋はオールナイト営業がほとんど。
  案の上、翌日も欠航便が相次ぎ、ほとんどの人は翌々日に帰ったらしい。

  でも、台風のせいにして、遊んで帰った人も相当いるはず。
  千載一遇のチャンス到来と考える人は相当旅慣れている。
  これは笑い話ではなく、生活の知恵?
  台風も東京に来るようなよれよれ状態でなく、成長期にある。
  待っていても、なかなか通りすぎてくれないよ。
  くるくる旋回するのもある。沖縄の台風は意地が悪い。

2)タクシー代の話。

  ホテルから県庁に行く都合があったので、タクシーに乗った。
  800円ぐらいだったと思うが、運転手はつり銭がないという。
  2,300円のつり銭も用意してないらしい。県庁の銀行で、
  小銭に替えてもらった。運転手いわく「今日始めてのお客さんなんで」と
  言い換えれば、無一文で営業を開始したことになる。

  こんなことがあるんですよね!
  沖縄は、ヤッパリ日本じゃない?おおらかさに脱帽!
  以後、必ず小銭を持つようにした。

3)沖縄には、500円ぐらいで味噌汁定食というのがあります。

  普通人はおかずがないじゃないかと思い、ゴーヤチャンプルーを
  おまけで頼んだりします。これが悲劇の始まりです。
  とても、普通の人が食べれる量じゃない。
  味噌汁はドンブリで具が一杯、トン汁に近い。おまけにオムライス、
  フライ物など2,3点出てくる。でてきたとたんに戦意喪失。

  沖縄は、食べ物の量が多い。内地の1.5倍と考えた方が良い。
  店が違っても、中身が違うだけ、量はあまり変わらない。

  肴として、刺身の盛り合わせ頼んだことがあった。要領がわかったので、
  2000円の刺身を4分の一に出来ないかと交渉したが、
  半分ならできると言われた。しょうがないから妥協すると、
  でてきたものは、とても一人で食べれる量じゃない。
  帰りがけの捨て台詞「ヤッパリ食えない、だから言ったのに」
  残りはパックにしてもらって、空港へ急いだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落ち込んでいる時は(健康シリーズ3)

2004-09-24 19:30:36 | Weblog
            落ち込んでいる時は

落ち込んでいる時の対応について、書いてみます。
落ち込んでいる時、いやなことがあった時、不安な時、誰にでもあるはず。
人間にとって、自然なもの、生きてゆくうえで避けられないものでしょう。
いやなこと、心配ごとを忘れよう、取り除こうと思っても、なくなることはなく、
むしろ、ますます気になって、泥沼にはまり込むだけでしょう。

こんな時は次のように考えましょう。できるところから、ゆっくりとあせらずに
考えて見ましょう。

1)不安、心配ごとはいつまでも続かないと考えましょう。

2)楽しいこと、楽しかったことを考える。思い出す。

3)楽しいことがおきた時の心の準備をしておく。
  将来のゆめを描いておくこともいいでしょう。

4)挫折すること、心配することを楽しむように考える。
  
5)不安、心配ごとを見つめ成長のチャンスと考える。

6)感謝の気持ちと謙虚な気持ちを持つ。
  自分が世話になった人とかにありがとうと言ってみよう。

7)体を動かそう。散歩・日光浴・森林浴など。

8)自分をほめてみよう。
  どんなささいなことでもいい、良いとこ探しをしよう。

9)日記をつけてみよう。
  メモ書きでもいい、毎日のできごとを書きとめておこう。
  そして、悩みが解決したら、自分に花丸をあげよう。

とても全部は出来ないが、少しずつ少しずつ積み重ねていこう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三内丸山遺跡

2004-09-22 22:20:45 | Weblog
去年、三内丸山遺跡を見学できた。懸案事項だった。
カルチャーショックだった。ほんとに縄文遺跡か?
信じられない。弥生式なら見学したことはあるけど・・・

まず、6本柱の構造物の大きさにビックリ!唖然!
用途がはっきりしてない、縄文時代の超高層ビル?
6本柱の構造物に上れば、火の見やぐらとか灯台の替わりも出来る。
この構造物の近くまでは、縄文時代は海が進出してきたんだろう。

どうも、縄文時代は狩猟採集生活で追われている暗いイメージが
あったが、想像以上に生活をエンジョイしてたらしい。
食料は豊富にあったし、万が一のたくわえもあったようだし、
どこかの国のように、餓死はしていないようだ。

ただ、子供の墳墓が住居群の近くに設けたいるのが印象的だった。
当然のこととして、この時代は多産多死の時代だったろうから、
半分ぐらいは、大人になる前に死んでしまったのだろう。
死んだ子供の供養のために、住居の近くをえらんだようだ。
しかし、子供なんかいとも簡単に、川へ捨ててしまう時代と、
どちらが、子供にとって幸福なのかわからない。

今から約5500から4000年ぐらい前、内陸に海が入ってきた時代で
気候も、現在よりは、2,3度平均的に高かったらしい。約1500年間
平和で、豊かな時代が青森県にあった事は確かだ。

縄文海進から後退が始まり、集落拡大(人口増加)とともにその任務を終えた。
縄文とか弥生とか言うが、そんなに明確な線引きがあろうはずがない。
弥生式も縄文文化に吸収同化されてしまった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「竜馬がゆく」を読んで

2004-09-19 19:54:31 | Weblog
       「竜馬がゆく」を読んで

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読みました。
私流の感想を書いてみたいと思います。

竜馬の良いところは次のようになります。
1)人脈の広いこと(コラボレーション)
2)人を観る能力が秀でていること
3)先を読めること(バランス感覚が秀でている)
4)人の使い方がうまいこと(他人の痛みがわかる)
5)興味本位で発想し、行動すること
などがあげられると思います。

竜馬の最大の功績は薩長同盟に尽きると思いますが、
これは竜馬でないと出来なかったに違いないと思います。
竜馬の頭の中には、攘夷一辺倒では外国の武力には勝てない
ことを読んでいたはず。
日本も清国の二の舞いになると恐れていたはずだと思うのです。

歴史小説で「竜馬がもし暗殺されていなかったら」どうなったか?
こういう質問は、仮定に過ぎないが、実業家になっていただろう。
海援隊を従えて、世界を疾駆していたに違いない。

小説の中からの引用ですが、
「仕事というものは、全部やってはいけない。八分まででいい。
八分までが困難な道である。あとの二分は誰でも出来る。
その二分は人にやらせて、完成の功を譲ってしまう。・・・」
まさにこれを地で行ってしまった。
今の世では、こんな人は少ない。

たまたま、今日某テレビ局で薩長同盟締結が放映されるのも、
偶然とはいえ、面白い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄三笑話その3

2004-09-18 19:56:54 | Weblog
     沖縄三笑話その3

沖縄のおもしろい話も3回目になりました。
そろそろネタ切れです。

1)牧志公設市場1回の生鮮食料品売り場を歩いていると、
  肉と魚が多いのが目立つ。
  魚は熱帯魚でカラフル。ブルーの魚なんかうまいのか?
  と聞くと、美味しいよ!とても食べる気にはなれない。
  イヤーとおもったのは、豚の面がなんとなく微笑んでいるのを見た時は
  全国の市場めぐりを趣味にしている、私もうなってしまった。
  こんなものうまいのか? これもまた、美味しいよ。
  所変われば何とかで?????
  気の小さな人は見ないこと。かわいそうになる。

2)貝の大きいこと、こんな大きいのがこの世にいるんだ。
  ゆうに20cmはある。夜光貝というらしい。
  この貝の味は絶品らしい。一度挑戦する価値はある。
  ホテルで見たやつは50cmはあったかも知れない。
  沖縄の海は栄養が豊富なので、大きく育つのだろう。
  アジでも島アジは1mクラスが吊り上げられているからね。

3)車えびも大きい。最初見た時は何だこんなものかとおもったが。
  これをエビフライにしようとおもっても出来ない。
  二分割にしないと家庭用のフライパンでは無理。
  某料理店でフライにしてもらった。
  シェフもあきれた顔をしていた。
  25~30cmはある。エビは背伸びはしないので、
  最初はわからなかった。家ではレンジで塩焼きにした。
  スーパーのブラックタイガーなんて、かわいいものだ。

 蛇足、沖縄の食材は大きい物が多い。
 沖縄のみやげ物が多いが、観光スポット、空港で売られているのは、
 ヤマトンチュ(日本人)好みのものしかおいてない。
 一度、牧志公設市場周りを冒険してみるとおもしろいですよ?
 買わなくても、見て歩くだけでも元気がでる。

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がんばらない (健康シリーズ2)

2004-09-18 18:37:25 | Weblog
    がんばらない (健康シリーズ2)

そろそろ小学校の運動会にシーズンですね。
校庭でリレーのバトンの受け渡しの練習をしている、
風景に出会います。みんながんばれといいたくなります。

オリンピックでも実力が出せた人、そうでなかった人、
ノーマークで実力以上の力を出せた人などさまざまです。
800m自由形で、見事に金メダルをゲットした柴田さんの
笑顔は印象的でした。彼女の言ったAAA。あせらず、あわてず、あきらめずは、
好感が持てました。

能力以上に仕事なり、勉強を抱え込んでうつ状態になる人が多いのです。
あれも、これもやらなければいけない。
自分で自分を追い詰めて、パニックになってしまう。
こういう人は、人一倍責任感があり、まじめな人が多いとおもいます。
口数も少なく、一人でコツコツやるタイプに多い。
ストレスがたまり、うつ状態になりやすいのです。

次の事を実践してみてください。

1)自分の実力の範囲を把握する。

  出来ないものは出来ないと、あきらめる
  今すぐやらなければならないか?明日ではだめですか?
  優先順位はつけられませんか?

2)人に任せられませんか?

  一人でかかえこんでいませんか?
  人と話をしてみませんか?話して見るだけでも、
  気分は軽くなりますよ。
  
3)健康は維持出来ますか?
  落ち込んでいませんか?
  まず、休もうそれから始めよう。
  アルコールに依存してませんか?

自分自身の経験から、言っているのです。
ATGでゆきましょう。明るく、楽しく、元気よく。

悪いことは長続きしないし、良いことも長続きしない。
人生は15戦全勝は無理、8勝7敗で十分と考えましょう。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄三笑話その2

2004-09-17 20:18:54 | Weblog
        沖縄三笑話その2
1)沖縄の人はまず歩かない。
  おばん(尊称)は300mが限界か。
  タクシーの運転手がそういっているので、間違いはない。
  坂が多い。風が強い。歩きにくい要素は確かにある。

  ヤマトンチュ(内地人)としては黙ってられない。
  コンビにの隣が○○ホテルなのだが、コンビにを出たところで、
  ○○ホテルへお願いしますと言ってやった。歩いて5mのところ。
  さすがのウチナンチュ(沖縄人)もビックリ。私の一本勝ち。

  それにしても、沖縄はタクシーが多い、
  ヤマトンチュの後をつけているらしい。
  健康のため、歩きすぎには注意しましょう?

2)牧志公設市場2階食堂にて
  話の種に、伊勢海老ランチを食べに行った。
  私はもう帰るので、泡盛を頼んだ。
  遅い昼食だからいいかと勝手におもった。
  ところが、水割りを頼んだはずが、逆だった。

  思わずふきだしてしまった。
  教訓?沖縄は泡盛より水の方が高い?

3)時間にルーズ
  沖縄人はまず時間を守らない。
  内地との時差が2,3時間あるとおもった方が良い。
  というより、沖縄は時間がゆっくり流れているとおもったほうが良い。
  時間は念を押すに限るが、どうかな?期待してませんけど。

  最後に、ウチナンチュの最大の欠点は恩を忘れやすいということです。
  (岩波文庫 古琉球 伊波普猷著より 私もそうおもった)
  沖縄の歴史を考えればしかたがないところもあるとおもいますが。
  逆に、それがわかっていれば、付き合うのは簡単かも。
  沖縄人には、悪い人はいないんじゃないかとさえ思えるし、
  多少、南洋ボケしてしたほうが楽しい。

  (脱線 内地では、座敷わらし、沖縄はキジムナーといいます
   HPで簡単にHITするとおもいますよ。結構かわいいのもいるよ。
   一度検索することをお勧めします)
  


  
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加