風の子広場

特別な意味はありません。近くの広場です。
考えごとをするのに最適な場所です。
エッセーを中心に書いてゆくつもりです。

竜馬の人脈(2) 乙女

2004-10-31 11:08:59 | Weblog
乙女(おとめ 以後、乙女姉と書く)は竜馬の姉です。
竜馬の兄弟は兄が一人、姉が三人の五人兄弟で、竜馬は末っ子に生まれました。
竜馬は、小さいときに母親をなくし、乙女姉が実質上の
母親代わりでした。竜馬より三つ上で実に頼もしい母親代わりでした。

おねしょと巨人

竜馬は今で言えば、オクての少年であった。
十歳を過ぎるまで毎晩のようにおねしょをしていた。
また、よくいじめられていた。
だからどうしても、乙女姉の活躍の場が広がることになる。
乙女姉は、身長170センチ、体重は100キロを超す巨人であった。
現代でも、相当目立つ存在であっただろう。
文武両道、家事だけが弱いという女性だった。

乙女姉は 女仁王 と呼ばれ、竜馬を厳しく鍛えた。
日根野道場に通い、なおかつ、乙女姉のトレーニングにより、
めきめき腕を上げていった。それがまた、自信になり、
相乗効果の繰り返しとなって、目標に向かって、まっすぐ伸びていった。


竜馬が成長していっても、乙女姉には頭が上がらず、姉と弟
の関係は遠く離れても、メール(手紙)という手段にて、
続くことになる。竜馬から乙女姉への手紙は多数現存している。

新婚旅行

こんな話がある。
竜馬とおりょうの新婚旅行?と傷の療養をかねて、鹿児島に行く。
ここでも、霧島山に登っても乙女姉へ手紙をしたためる。新婚旅行先で
「ママ」に手紙を書くのである。現代なら、羽田離婚ですね!

乙女姉は、千葉道場の千葉佐那とよく似ている。佐那は北辰一刀流免許皆伝
の腕前で、馬にもよく乗っていた。ここらあたりは乙女姉と
そっくりで、乙女姉への思慕が佐那と相思相愛のなかになった
こともうなづける。

教訓その2
 オクテの少年はやさしく包み込むように育てること。

次回予告 千葉佐奈
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

えーもうクリスマス? 最近の雑感

2004-10-29 23:04:24 | Weblog
いつも通っている百円ショップに
クリスマス商品が並んでいた。まだ、十月だよ。
百円ショップは近くに二軒あると便利。
競争の原理が働かないと進歩しない。

最近の雑感
・新聞を読まない若者が多い

  だから、イラクで何があったのかもわからない。
  人の忠告も聞かない。私の息子も語学留学で、
  ニュージーランドに行ったが?????

  わたしだったら、帰りに南極に行きたい。
  喫煙したって、罰金は取られない。
  今の時期はとても無理。夏冬が逆転してこれから冬。
  どこかのホームページのペンギンにお任せ。

・最近、地震雲にこっている

  細長いフランスパン?のような雲が、
  何本も並んでいる。
  パンの長い方向と直角の方向に地震が発生するという。
  このところ、頻繁に発生している。
  今がチャンス。Blogにあるので、確認するのは
  簡単。25日にも出ていた。どうせ当たるも八卦・・・

  たまには、坂本九の「上を向いて歩こう」

・パソコンの電池が機能してないのが、発覚。不覚。

  買ってから、もう3年たっている。
  WTCのテロの一ヶ月前に買ったのに(当たり前)
  デジカメにするか電池にするか?
  サイコロで決めるか?、気分で決めるか。
  どうせ、風邪(?)任せ
   
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

竜馬の人脈(1)河田小竜

2004-10-29 18:08:59 | Weblog
河田小竜(しょうりゅう 1824-1898)竜馬より11歳年上の画家。

竜馬が19歳のとき、剣術修行のため江戸に向かう。
竜馬は赤胴鈴ノ助で有名な北辰一刀流の千葉道場に
入門することになる。ここで、千葉佐那と知り合うことになる。
道場にて立ち会うが、竜馬は適当に負けてしまう。
佐那はいまで言えば、おてんば娘であった。

歴史の教科書でおなじみのペリー来航の時期にたまたま、遭遇し、
桂小五郎とも、この時期に知り合うことになる。黒船を見た
竜馬はどう思ったのだろうか。大砲と剣では勝負にならない。
剣術修行の満期がきて、まさに帰郷しようとするする時、
安政の大獄(1860年)がおき、高知に帰ることになる。

高知の実家の近くに、たまたま住んでいた河田小竜に
出会うことになる。
小竜は、ジョン万次郎から海外事情をまとめて、
本にしていた。小竜からは、海援隊構想とか、
操船技術を学んだほうがよいことを教授される。

このときの教えは、竜馬に影響を与えることになる。
小竜の思想は実現することになる。
教訓その1 人との出会いは大切に、たとえ、
      一期一会であったとしても。


司馬遼太郎は著書の中で、こう書いている。
「筆者はこの小説を書くにあたって、ことなす人間の
条件というものを考えたかった。それを坂本竜馬という
田舎うまれの、学問も地位もなく、ただ一片の
志のみをもっていた若者に求めた」とある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとすじの光

2004-10-27 19:59:13 | Weblog
急遽予定変更。

最近は暗いニュースばかり。
余震は続くし、海外ではまた人質事件。
そんな中、車に取り残された男の子の、
奇跡的な救出劇は、うれしい限りです。

人質事件はまたか!前回は少し同情するところろが
あったけれど今回は同情の余地なし。
本人はともかく家族がかわいそう。
日本人は、世界から見ると、バカだと思われるよ。

人の忠告なんて、何とも思わない。
日本流の考え方が、イラクで通用するはずがない。
今年は、災害の当たり年、早く余震が収まる事を、
祈るだけです。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

竜馬の人脈

2004-10-24 19:32:13 | Weblog
坂本竜馬の人脈について、シリーズ化
してみようと思い立った。
ただし、あくまでも司馬遼太郎の小説
「竜馬がゆく」の範囲と、私の独断です。

竜馬に影響を与えた人物評をエピソードを
交えて、書いてみようと考えています。
月二回ぐらいのペースで、考えていますが、
どうなるでしょうか?

竜馬の生き方に影響を与えた人物としては、
次のような人物が考えられます。

 お遼さん(妻、済み)
 千葉佐那(竜馬の婚約者、千葉道場)
 乙女(姉、母親代わり)

 武市半平太(土佐勤皇党、月形半平太のモデル)
 河田小龍(画家だが、影響大)
 桂小五郎(長州、木戸孝允)
 西郷隆盛(出身地 上野?、肥満児)
 勝海舟(最大の理解者)
 その他?

        

気楽にやりますので、期待しないでください。
大地震の後なので?・・・
       
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百円ショップ

2004-10-23 21:53:23 | Weblog
地震の後だというのに、百円ショップに行った。
親父さんは、「物は落ちてこなかった」と言っていた。
東京じゃーね。落ちてくる方がおかしい。
でも、新幹線が脱線してると聞いた時はびびった。

震度6強、マグニチュード6.8なのでかなり大きい。
余震も、下手をすると、1ヶ月続くかも。
被災にあわれた方にお見舞い申し上げます。
   

百円ショップの利用についてだが、性能上問題が
なければ積極的に利用する。


ただし、どうしてもこだわりたいなら話は別だ。
生身の人間だから、こだわりたいものはあるはず。

牛肉(牛丼チェーン)の100g当たりいくらか
知ってますか?10円台ですよ。
物の値段は、ほとんど人件費です。
      
百円ショップのものにしたって、仕入れ原価は
60円台でしょう。(甘いかも?)だから、
積極的に利用しましょう。浮いたお金で
こだわりのものを買う。

欧米人なら、間違えなくそうするでしょう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

地震後の対応

2004-10-23 19:18:54 | Weblog
予定変更、地震後の対応を書くことにする。
地震が起きたらすることは、次のようになります。
震度4以上のことです。
震度3ならラジオ、TVをつける。

1)火の始末
2)入り口のドアを開けるか外にでる
3)ラジオをつけて、震源地を確認する。
4)余震はある。
5)電話はかけない(緊急は除く)
6)海岸から離れる
7)上からものが落ちてこないところに避難する。


大地震へ準備
1)ラジオ(乾電池のもの等)
2)懐中電灯
3)飲料水、食料
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの顔は縄文顔?

2004-10-22 22:11:16 | Weblog
「美と楽の縄文人」(扶桑社)を読んで

弥生人が稲作という先端技術を持って、
大陸から大量移民してきたのは、
二千年以上もまえの話。
先住の縄文人と徐々に同化していった。

縄文人の顔は、上下の顔は短く、幅広、
角張っている。鼻は高く、キリリとした
濃い眉、立体的な顔立ちをしていたらしい。
骨だけでここまでわかるのか不思議?


タレントではどんな人かというと
縄文顔は、吉永小百合、安室奈美江など
弥生顔は、岩下志麻、木村拓哉など
どんな顔かだいたい想像がつくでしょう。

こんなことを書いといて、自分の顔を
鏡で見た。どうも弥生顔のようだ。
どちらが、いい悪いというのではない。
どの道、混血しているはず。

ただ生きていくだけでも厳しいのに、
「縄文人には、障害者を介護し助けていく
やさしさと余裕があったのです」とある。
現代はどうなんですか?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マニュアル化

2004-10-20 21:26:01 | Weblog
例えば、あるハンバーガーショップにて、
小学校一年生の女の子が言いました。
「チーズバーガー10個ください」と。
すると、「こちらでお召し上がりですか」(笑い)

誰か、他に連れがいるとおもっているのか?
大人でも10個は食べれない?
このように、応対接客のマニュアル化がすすんでいる。
常識がだんだん通用しなくなっている。


世間では、マクドナルド化とも言っている。
アメリカナイズされた考え方で、
合理化、効率化、省力化の結果です。
マニュアル化の波はとめようもない。


外食産業のチェーン化している店はすべて
マニュアル化しなければ生きのこっていけないだろう。
でも何か物足りないし、わびしい。
こんな風に考えるのは私だけか?

マニュアル化項目のすき間を何とか埋める
手立てはないだろうか?
私も対策を考える立場にないが、
誰か何とか考えてください。

マニュアル化とかけて
台風23号ととく
その心は、誰にも止められない。

食事後、多分こうでしょう。
ありがとうございました。
またのご来店をお願いいたします。
(こんなていねいじゃないか?)

最後に、食券の自動販売機は止めてください。
あまりにも、わびしい。




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2004-10-17 21:39:21 | Weblog
いつも心配してくれてありがとう。
子供がいくつになっても、母と子
85歳になっても、まだ、心配ごとだらけ
心配事を気にして、電話をかけてくる。
頭が下がる。

心配しなくてもいいといっても、
それでも、電話をかけてくる。
あと3年たったら、米寿のお祝いをすると
言うと、もういつ倒れてもおかしくないんだよと。
真剣に反論してくる。

糖尿病の体が、一回り小さく見える。
食事制限のため、たくさん食べれないのだろう。
「膝が痛いなんていってられないよ」と。
心配かけないようにしないと。

家事はがんばらなくてもいいから、
体と交通事故だけには気をつけてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加