答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

進路予想

2014年10月10日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

デジタル台風より


何度見てもさほど変わらない進路予想を、

今度はもしかしたら逸れてるかもしれないと見ては、

さほど変化がないのを確かめて、

毎度同じようにため息をつく。

ふ~。

土佐の高知のドカタ稼業なれば、

台風襲来などいつものことではあるけれど、

今回の現場はちょっとばかし違うのだ。

一日の重みが、普段とは違うのだ。

だからスーパー台風19号よ。

どうかお願いだから、

来ないでおくれ。


とかなんとか祈りながらここ数日を過ごしてきたが、

どうやら避けられそうにない。

こうなりゃ考えるのは善後策。

台風通過後をいかに早く立ち直るか。

そこがポイントなんだわ。


と思いつつ、

今度は違うサイトの進路予想をのぞきに行くと、

そっちはもっと悪いコースだったので、

無視することにした私。


Joint Typhoon Warning Centerより



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

      

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加