答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

新潟から

2014年10月17日 | 三方良しの公共事業

 

サムイ!

といってもきのうまでは夏服を着てたのだから、

やはり南国なのだろう。

そんな高知へと今日来てくれるのは、

「三方良しの公共事業」推進研究会新潟支部の皆さん。

後発ながら、ひょっとしたら今や最先端、

かもしれない彼の地の取り組みなどを、ぜひぜひ聴かせていただきたいとお城下まで。

彼の人たちの名目は、視察・研修&意見交換らしいのだが、

いえいえこちらこそ教えてくださいな、なのである。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

      

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加