答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

北の国から~2014年秋

2014年10月08日 | CCPM

日曜日、「CCPM雑記」という名のミサイルを、めぼしいと思われる方々に打ち込んだ。

「笑覧のうえ、ご批判ご意見などいただければ幸いです」

と結び、メールを送ったのである。

すると、そのうちの一人から想定外にダイナマイトな返信が、きのう届く。

「北の国から~2014年秋」である。

私信なので、無断でその中身を晒すわけにはいかないが、

その内容をひと言で表すと、「CCPMとBIM(CIM)のランデブー飛行によるフロントローディングへのチャレンジ」とでも言おうか。

向かっている方向性は私と同じである。

ただ、彼のほうが数段レベルが高く、進んでいるように感じた私は、

ギリギリと歯ぎしりをしながらそのメールを読みつつ、

「いいなあ、勉強させてもらいたいなあ」と独り言ちながらこう思う。


持つべきものは前を向く朋。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

      

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加