答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

防災士

2014年10月07日 | 高知県

 

昨夜、帰宅するとこんなものが届いていた。

もちろんキリンラガーのほうではなく、

防災士教本のほうである。

 

高知県危機管理部『平成26年度防災士養成講座の開催について』より

 

通常、防災士になるために必要な費用は61,000円。

高知県では、地域防災力を強化に向けて防災士を養成するために、防災士養成講座を開催していて、

それでいくと、8,000円の出費で済むのである。

ということで、申し込んでいた防災士養成講座。

その勉強用テキストが送られてきた、とこういうわけである。

ちなみに高知県主催の防災士養成講座、

高知市、四万十市、安芸市の3会場で行われるのだが、

今年度の申込みはすでに終了。

なんでも「厳正な抽選の結果」受講できるようになったということらしく、ひとまずはラッキー。

ぼちぼち勉強していくべ。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

      

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加