ホッとしたい時間! *** yottin blog ***

ホームグラウンドは富山.長野.新潟
趣味、興味、好奇心、出会い、いろいろ書いています
お好きなジャンルでどうぞ

家康

2017年11月17日 19時53分10秒 | ドラマ.映画.演劇

ピンチ!家康に、嫡男の信康を「殺せ」という織田信長の命令、しかも家康の本妻築山ともども

理由は敵対する「武田に通じているから」

家康には新たな息子が誕生したばかり、側室の子で後の2代将軍秀忠だ

通説では信康が将来性豊かな賢明なる名君の要素を持っているため、信長は自分の子と

比べてみて危機感を感じたからだという。

しかし信長の嫡子、信忠も武田攻めでそれなりに功を立てているから、そんなにお粗末とは

思えない。

(秀忠)が生まれた5ヶ月後に信康は殺された、この時、家康は36歳けっして若くは無い

(秀忠)が一人前になるまでには、また15年、20年待たなければならない

人生50年の時代、50で死ねば秀忠はまだ14歳、とてもこの厳しい世界を生き抜けるとは思えない

のんびりとした風情の家康が、ドラマの中でもキリッと厳しい家康に変身した瞬間だ

 

ここでようやく「女城主直虎」が締まってきた、ダラダラドラマが、動き出した

もう直虎の出番は倫理的な場面以外ない、あとは史実に基づき進んで行くだろう

活躍するのは井伊直政になる、彼は今回のドラマで(秀忠)のお守り役に指名されると勘違いするが

翌年誕生する、家康の四男松平忠吉の後見人となり深い絆を結ぶ事になる

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心に残る歌

2017年11月17日 08時24分21秒 | 音楽/コンサート

幼年時代を、海が見える浜辺で過ごした私は子供の時好きな歌があった

唱歌で「われは海の子」、勇ましい「われは海の子」のフレーズではなく

「しらなみの騒ぐ磯辺の松原に・・・」「千里寄せ来る海の気を吸いて童となりにけり」

このフレーズが大好き

まさに海の気を吸って、私は人になった

海の気・・・・・さわやかで、果てしなく大らかで、なぜかバックには青空と入道雲

暑くなく、さわやかな夏の早朝の風が、貧しい家の窓から「そんなこと関係ないよ」と吹き込む

貧しくても、そんな自然の中で過ごした幼年時代を僕は誇りに思い、父を誇りに思う

 

小学生の時には島倉千代子が大好きで

それはバラの花のような美空ひばりや、雪村いずみが目立っている脇で

ひっそり咲くヤマユリのようなイメージの島倉千代子、子供心に「りんどう峠」や「からたち日記」

心で好きと叫んでも 口では言えぬ ただあの人の 小さな肩をふるわせた(抱きしめた?)

・・・・

ませがき?・・・だった?

 

時代は移って高校生、四国高松の修学旅行でぽっちゃりしたバスガイドさんが歌ってくれた

島倉千代子の「恋しているんだもん」、それを讃岐弁の替え歌で歌った

それが50年ちかい今でも頭に焼き付いていて離れない

少し記憶違いもあるだろうが、思い起こして書いて見よう

こんまゆびと、こんまゆび ひっからませて あんたとみおうた ほしゃのばん

地球もこんまい星じゃけん しあわせよ~け むねよ~け

ほんじゃって ほんじゃって あんたに 恋しとるんじゃけんの

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富山のマスの寿司

2017年11月16日 08時54分11秒 | 食・レシピ

ちょっと反省している・・・・・・

もう少し女房殿との時間を作らなくちゃ って

お互い忙しいことを理由に離れている時間が・・・・・やっぱりそれはダメ!

 

と思って・・・・五箇山の帰りに二人で夕食しようと「マスの寿司」買ってきました

SAに寄ったんだけど、1500円前後の定番はほぼ売り切れ、

午前中は山積みだったのに

残っているのは2000円超えだけ、それも残り僅か

2100円の二段のマス寿司買いました

家に戻って「マス寿司買ってきたよ、食べよう」と言ったら

「カレーにしたよ、食べる?」って話しがかみ合わない、いつもこんな夫婦の会話

「カレーは明日にして、今日はこれ食べよう」「そうね」で話しはまとまった

高いけど、これ違うわ・・・・味が・・・ぜんぜん「超美味い!」

見た目からしっとりして美味しそう、安いのは酢がききすぎて白くなってる

味も脂があって、そしてほんのり甘い酢の味が絶妙

高いけど次回からもはこれだな

    

副菜、きうりとビーンズとかにかまのマヨネーズサラダ

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

世界遺産「五箇山」

2017年11月15日 19時28分32秒 | ドライブ

日本海側はどこも悪天候の折、さてどこへ行こうかと「頭の中の磁石」は飛騨方面をさした

岐阜県は久しぶりかも、「きみの名は」の舞台が飛騨市だったとか聞いたが

信州と違って飛騨地方は地味だ、

新潟.長野 富山.長野の信州北部は3000m峰やオリンピック会場になった白馬、大町や戸隠などの

高原が目白押しで観光地としてひらけているが、飛騨は白川郷、高山などが点在しているだけで

あとは山また山に覆われていて、人のスペースが無い

華やかな美濃地方と大きな隔たりがあるから、近くてもなかなか飛騨地方に足が向かなかった

もっと今日の五箇山は岐阜県ではない、れっきとした富山県である

白川郷は何度か行ったが、五箇山は初めてだ

感想としては白川郷の方が何十倍も観光地化している。 五箇山は地味だ、それが良いという人もいる

結構あちこちに点在しているらしいが、もっともポピュラーな合掌の里を散策した

僅かな地域であるけれど、こうした古い日本が保存されているのは素晴らしいことだと思う

多少商業的ではあるが仕方あるまい、でも古い田舎の素朴感は味わえる

福島の大内宿にしても、街道の宿場にしても古い町並みはたいへんだろうが保存してほしい

散策する30分の間だけ晴れてくれたのは、日頃の行いが良いからだろうか?

高速を使わず、荘川沿いの山道国道を走った、山は紅葉真っ盛りだったが残念なことに曇り空

山もどんよりと暗く、晴れた日の紅葉が見たかった

 

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予想外の青空に浮かれて

2017年11月15日 08時02分26秒 | 季節と自然

ブログで野菜不足を嘆いたら、さっそく友達の野菜作り名人つーくんから野菜が届いた

彼が作った取り立て野菜、スーパーの店頭でも見られない立派な白菜

野菜が高いという季節柄、ありがたい、たっぷり野菜をいただきます

つーくん、ごちそうさま

さて外へ出てみたら、夜中の雨で車も道路もびしょ濡れ

だが雨、雷予報に反して、全天青空で陽が差している、雲も薄雲程度で・・・・・・・

これで一日いくのだろうか????さわやかな秋晴れだ

これから出かけよう、どこへ行くかは決めていないが青空の続く方向へ行ってくるか

楽しみ!

また後でね

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大相撲九州場所

2017年11月14日 11時13分00秒 | 相撲

2日目を終わって、日馬富士連敗、稀勢の里初日負け、鶴竜案の定休場

真っ先に思ったのは世代交代、天才横綱白鵬以外は気力だけで横綱の地位を

守っている、体力も体ももう限界の3横綱だ

そこにびっくりの日馬富士の暴力沙汰、報道の通りならこりゃ事件だ

少なくとも日馬富士と鶴竜は終わったな

そして照の富士も大関カムバックはないだろうし、世代交代+モンゴル全盛期も終わりだな

期待されていた貴ノ岩は日馬富士の暴力で十両陥落かもしれない

今場所は別の意味で相撲に興味が移りそう

誰が優勝というより、誰が引退?

もう優勝は白鵬で決定したようなもの、日馬富士はもうすぐ休場になるだろうし

稀勢の里はまだ万全では無い、白鵬には今場所は勝てまい

若手の台頭はめざましい、来年からの場所に期待しよう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよスマホ購入しなくちゃならないのか?

2017年11月13日 20時20分14秒 | 愚痴.へたれ

ずっとずっとガラケーで通してきたし、これからもそれで良いと思っていた

2つの店の転送電話用に2台のガラケーを毎日持ち歩いている・・ご苦労なことだが

若い連中は、退社すれば私人ということで、誰も引き受けないから10数年ずっと

24時間体制で電話番だ

さて本題はこれではない、本題に入ろう・・・じつは・・・

私の携帯をメインにして、会社用の子機携帯が2台、これがセットで、この携帯間の通話は無料

一ヶ月の使用料はメインが2000数百円で、子機は900円ほど、そこそこの通話料込みで

それを超えることはまず無いと言って良い、その点は満足していたのだが・・・問題発生

銀行のネットバンキングに不正アクセスが続いて、銀行もいよいよ本格的にセキュリティの強化に

乗り出した、まずは会社関係から始まり、今は個人ネットバンキングにもワンタイムパスワードが

導入された、これには対応していたのだが、その携帯が消耗して、新しい機種に変えた

ところが、その機種がワンタイムパスワードに適合していないというのだ

以後、息子のスマホで登録して会社の方はなんとか切り抜けているが、不便で仕方ない

それよりも個人口座の方だ、これも息子のスマホ登録とはいかず、送金も振込も出来ない

本当に困り切っているのだが、古い携帯が登録できて、それより2年以上新しい携帯がダメなんて

信じられない

また新たな対応機種に変更かと思っても、現状は携帯の種類などほとんどなく、あっても

機能的に好きとは限らない・・・・・・・そこで結局スマホか・・・ということなのだ・・・が

完全に乗り遅れてしまった

パソコンは同世代よりかなり早かったし、店の若い連中より美味く使いこなしている

ところがスマホとなると・・・悔しいがそこらの小娘より遥かに知識が無い

まず第一は「どこで買うのか?」ということ

第二は、ドコモ、AU、ソフトバンク、どれがいいのか・・・・・ずっとドコモ一筋だったが

第三は本体の価格と、使用料が全く見当がつかない

第四は電池の消耗がどうなの、通信エリアはどうなの、通信速度は?

第五は、どんな機能があるのか

考えるほどに頭が痛い

もう日本中で私以外は全てスマホを使っているような孤独感に襲われている

しかしやむを得ない、仕事にも、自分の生活にも直接関わることになってしまった

猶予はできない・・・・・・うぅストレス!

携帯子機は最初は4台あったのだ、2台不要で解約したら数万円も違約金だといって取られた

月900円という安さが魅力で購入したのに、解約で一気に4年分の使用量を払う羽目に

購入時の説明もなく、解約時にもそのギャップを深刻に告げてくれなかったD社は

数十年一筋だったが、ここらでやめてしまおうかとも考えている

完全に売り手市場の業界、喧嘩してもかてないしなあ・・・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の顔合わせ

2017年11月13日 08時51分50秒 | 好きな時間

夕べは、2年ぶりに3つの町のボランティア仲間が中間の町に集まって親交を深めた

言い出しっぺは75歳のSさんで、なかなかの暴れん坊将軍

一緒に2度韓国旅行を楽しんだことがある、一度は慶州~釜山 もう一度はソウル周辺

そのSさんも近年は心臓病、脳梗塞と2度も生死の境を彷徨った、それでも夕べはワイン

を飲んで気勢をあげていた。

最年長は80歳をいくつか超えているGさんで、俳句の本を自費出版した才人である

物静かな紳士だが、最近は耳が遠くなって会話がたいへん、酒屋のご主人だっただけに

酒は大好きなのだ

今回を企画してくれた幹事は、料亭の主人Kさんでなかなかの粋人である、会場となった

料理店はKさんの娘夫婦で経営しているこぎれいな店で、小座敷とカウンター席だけだが

腕の良いご主人がきれいで美味しい和風料理を提供してくれる

Kさんは私より3歳年長だが、数年前奥さんの手術のため腎臓を移植した

そのかいも無く、奥さんは亡くなってしまい、本人もしばらく傷心の上、体調を崩していたのだが

最近ようやく元気が戻ってきたのだ。

Kさんの町からは男3名、女1名  Sさんの町からは男3名 私のところは男2名 女3名で

予想以上の12名が集まった。

この町まで私たちは電車で45分揺られてきた、Kさんたちも電車で25分、Sさん達は車で

30分、それぞれの中間でこうしてもう8年にわたり5~6回続けている飲み会だ

これだけ女性が居ても、Sさんのリクエストで若いコンパニオン2名お酌に

Sさんご満悦でした。

 

先付け

エイヒレの唐揚げ

〆のお茶漬け

    

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり女房殿なのか

2017年11月12日 08時08分16秒 | 食・レシピ

達成感と、脱力感が交互にやってくる

毎日毎日、寒くて、雨続きで憂鬱 気持ちも沈みがち

この頃はちょっと停滞気味 目標を見失っている・・・というか目標が多すぎて

 

「おはよう 朝だよ」 毎日、父に対する挨拶

「朝か? 朝も夜もわからん」

こんな毎日が、ずっと続いている そしてどこまでも続く

毎日毎日、同じ朝が来る だから父が朝夜がわからなくなるように

一年中、特定の休日が無い私は曜日感覚がなくなる

ある意味、リタイヤした「毎日が日曜日」の友達と同じように、私は「毎日が月曜日」

 

ちっとも妻の姿が見えないブログ 別に別居中でも無い

毎日顔を合わせるし、少しだけど会話もする 一緒にご飯を食べる時間は、まず無い

それぞれが、それぞれの仕事と生活をもって分担している

私は父を 妻は障碍の息子を 

最近の僕は すっかり栄養失調状態で・・・痩せた

好きな物だけを食べる傾向は、一人暮らしの常で・・・・・・良いわけが無い

僕の場合は・・・野菜が少なくて、キノコばかり食べている

納豆とバナナとヨーグルトとキムチは欠かさないようにしているが、野菜と肉が少ない

最近は朝飯を食べるのもおっくうで、焼いたトーストの立ち食い、父の食事を作りながら立ち食い

コーヒーは毎日5~6ハイ 質の悪い缶コーヒーと、インスタントコーヒー

朝だけ、レストラン担当のマネージャーが「銀座パウリスタ.森のコーヒー」を入れてくれる

やはりインスタントとは隔世の味と香り

 

夕べはさすがに飢えてしまい、女房殿にSOSを発信

大好きなジャガイモがたっぷりのシチューを作ってもらい、久しぶりに二人で夕食

やっぱり女房殿の料理は世界一だ

 

山菜採りの名人が持ってきてくれたゼンマイの煮物

今や天然のゼンマイは高級食材になってしまった

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の中慌ただしい一日だった

2017年11月11日 16時23分59秒 | 今日の出来事

たった今、店に戻ってきました

金沢も新幹線が出来たおかげで一時間かからず行けるようになりました

朝8時に出て、タクシーで金沢一番の水産会社を訪ね、副部長さん、係長さんと面談

2ヶ月間悩み続けたカニの問題に、ようやくけりがつきました

とんぼ返りで新幹線で戻ってきましたが12時前でした

こんなに効率的に商取引が出来る時代になったんですね

鳥取から山形まで探し回っても見つからなかった大型のカニ300パイ

地元市場や漁業者では限界がありました、ようやく年商数百億円の北陸最大の魚市場に

縁をつなぐことが出来て、解決しました

今やカニは、船一艘丸ごと予約という恐ろしい時代になっていました、それなのに私は

10年以上前の感覚でいたためこんな事になったノでした、それでも念ずれば通ずるで

あきらめずに、くじけずに探し回ったおかげで結果に至ったわけで、良い勉強になりました

こうした中央市場では真夜中にセリが行われて、暗いうちに築地や大阪など各地に水産会社の

配送便が走り出します。 われわれが行った時間はもう清掃をしている時間です

さて戻ってからすぐに、地元の問屋にこのカニの荷受けを依頼して、その足で支援施設に直行

様々なイベントを楽しんできました

それでも疲れたなあ、という感じはあって食堂で少し寝てしまいました

3時にイベントが終わり、会社で軽く仕事をしたら父の夕食作りに取りかかります

まだまだ一日は終わりません

女子高生の吹奏楽

地元若手歌手の熱唱

猫バス登場

大トリは地元の太鼓です、施設職員がリーダーで迫力ある演奏を披露、園の入所者も体でリズムをとって

楽しみました

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加