林時計鋪

もちろん時計の話を中心にその他諸々を、、、

ゼニスの革新

2010-03-31 | ZENITH

気が付けばレギュラー品は一本のみ。しかも今年の新作。

昨年はプライスダウン、ディスコンと…


そして今年、ゼニスはゼニスらしい時計に。


何か時計業界に新たな風が…と言ったところでしょうか。


上段左より
クラス エルプリメロ  SS/SS 黒(生産終了品)
¥829,500
クラス エルプリメロ  SS/アリゲーター ブラウン(生産終了品)
¥724,500
下段左より
NEW VINTAGE 1969 オリジナル  SS/アリゲーター 黒(500本限定)
¥913,000
NEW VINTAGE 1965  SS/アリゲーター グレー(2010年3月発売NEW)
¥388,500
NEW VINTAGE 1965  18KRG/アリゲーター 黒(250本限定)
¥1,386,000
NEW VINTAGE 1969  18KRG/アリゲーター ゴールド(250本限定)
¥1,848,000
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『空目のつづき・・・5』

2010-03-05 | 〜2010.12.31


Boléro

セビリアのとある酒場。一人の踊り子が、舞台で足慣らしをしている。やがて興が乗ってきて、振りが大きくなってくる。最初はそっぽを向いていた客たちも、次第に踊りに目を向け、最後には一緒に踊り出す。



ラヴェルの作曲したバレエ音楽で、同じリズムと2種類の旋律が繰り返される何とも不思議な曲です。

初めて、この曲を聴いた時は、まだ小学生でした。バレエ音楽とも知らずメロディの三連符がどうも好きになれない、どちらかと言えば嫌いな曲でした。

ですが、とても有名な曲。テレビやラジオから、このリズムとメロディが耳に入ってくるのです。
「あぁ、またこの曲かぁ・・・。」と思いつつも、徐々に気持ちが変化していきました。

そして、バレエを観たら結構好きになっていました。



真っ赤な舞台。陽気な酒場。
一緒に踊ってみたいものです。



Dubey & Schaldenbrand (ダービーアンドシャルデンブラン) 
Aerodyn Duo
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デザインの本質

2010-03-01 | 〜2010.12.31
とある番組で、
“良いデザインとは何だ?” 
と、プロダクトデザイナーが工業高校の生徒さんたちに
訊ねました。

その答えを探すとき、生徒さんはモノをみて、
そして 作り手、使い手、
双方の話に耳を傾けていました。

モノの向こうにある、人とモノ、人と人のつながりも見えてきたようです。

“大切に永く使える工夫”、
“愛されるデザイン”、
“直してまた使えること”、
などなど。

将来、何らかの形でモノを産み出す事に関わっていくであろう若い人たちから、
温度のあるコトバがたくさん導き出された様子は、
頼もしく、ほっとする気持ちでした。

モノを産み出すことには責任が伴うのだと、だからこそ
そうして作り出されたものには、使い手の心も宿るのだろうと考えさせられました。
流行のデザインを作りだすのもすごいコトですが、
流行に左右されないデザインは、もっとすごいコトです。



ZENITH CLASSエル・プリメロ SS/革ベルト
渋い渋い、ダークブラウン文字盤。通常は白or黒文字盤。このブラウンは限定で発表されたものです。ぜひご覧下さい。¥724,500(込)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加