林時計鋪

もちろん時計の話を中心にその他諸々を、、、

ノモス USED タンジェントスポーツ ヴェンペモデル

2017-06-25 | NOMOS


2006年に弊社で販売した時計です。
今は無きタンジェントスポーツのヴェンペモデルです。限定本数は100本です。
白文字盤とブルーのインデックスレターの組み合わせがGoodです。






こちらは数年前に日本限定(100本)として発表されたタンゴマット ブラウです。店頭にⅡがありますが、こちらはその先代モデルです。
まぁまぁ似ていますよね。ヴェンペモデルと。






タンゴマットは38.3mmの自動巻きですが、こちらのタンジェントスポーツ ヴェンペモデルは36.5mmの手巻きです。
また、タンジェントスポーツはノモス社初の100m防水ですから実用的です。100m防水のクラブウォッチよりも前からラインナップされていました。






ベルトは純正品ではありませんが、輸入元(大沢商会さん)の企画でシュリンクカーフがついています。このベルトはほとんど使われていません。
良く似合っていますよね。










文字盤に薄い汚れ、ケースに傷はございますが、問題無いレベルだと思います。
ただ、そろそろOHはした方が良さそうです。






この時計、インデックスも全て夜光塗料になっていますので、暗闇での視認性も良いです。









 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス ラムダ39ブラックベルベット

2017-06-16 | NOMOS


DUW1001



ノモスの最高級ライン、ラムダです。
外装も美しいですが、ムーブメントの美しさは特別です。




Glimpse inside the NOMOS Atelier



DUW1001の製作風景です。





ラムダ39ブラックベルベット Ref.LA3DR3G239

元々42mmで発表になったラムダですが、39mmが追加になっています。
生産数が非常に少ないモデルですので、国内入荷もわずかです。






ラムダ39ブラックベルベット Ref.LA3DR3G239

ラムダ39ブラックベルベット Ref.LA3DR3G239

ラムダ39ブラックベルベット Ref.LA3DR3G239

ケースは18Kローズゴールドで文字盤はルテニウムメッキ。
極細の針が特徴で、インジケーターが異常に大きく配置されていてGoodです。84時間のロングパワーリザーブは嬉しいですね。





ラムダ39ブラックベルベット Ref.LA3DR3G239

ラムダ39ブラックベルベット Ref.LA3DR3G239

ケース厚は9mmちょっとありますが薄く感じます。
ラグの形状はラドウィックが一番近いです。ラグ幅20mmですので選択肢は多いですね。





ラムダ39ブラックベルベット Ref.LA3DR3G239

尾錠はケース同様18KRGで、ストラップはホーウィン社製シェルコードバンです。
ストラップに定革がありませんが、特殊形状の尾錠が定革の役割を果たしています。これはネオマティックの尾錠にも使われていますね。





ラムダ39ブラックベルベット Ref.LA3DR3G239

DUW1001
ムーブメント径:32mm
ムーブメント厚:3.6mm
パワーリザーブ:約84時間

ドイツ時計特有の3/4プレートです。
29石の人工ルビーの内6個はポリッシュしネジ留めしたゴールドシャトンで固定されています。
シングルバレルでは無くツインバレルを採用していますよ。
また、エッジは面取りされ美しいですね。





ラムダ39ブラックベルベット Ref.LA3DR3G239

テンプ受けには「Mit Liebe in Glashutte gefertigt = グラスヒュッテより愛を込めて」とハンドエングレービングされています。これは、ノモスグラスヒュッテからの挨拶であり、素晴らしいものの多くは見えないところに隠れているという事を表しているそうです。確かこのエングレーバーはランゲ&ゾーネで働いていた職人さんだったと思います。多分。
また、チラネジ付テンプ+スワンネック緩急針の組み合わせが◎です。この言葉だけでグッときますね。
当然仕上げだけでなく、6姿勢での精度も良くクロノメーターレベルです。





ラムダ39ブラックベルベット Ref.LA3DR3G239

ラムダ39ブラックベルベット Ref.LA3DR3G239




ラムダ39ブラックベルベット 
Ref.LA3DR3G239
ケース径:39mm
ケース厚:9.11mm
防水性:30m
¥1,998,000(税込)









 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス ゴールドコレクション

2017-06-14 | NOMOS




ラムダ39ブラックベルベット



ノモス最上級ゴールドコレクション。
近々ご紹介致します。









 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス タンゴマット ブラウ2

2017-05-08 | NOMOS

Tangomat Blau 2 Ref.TN1E1AT2BL

2015年発表の日本限定のタンゴマットです。
以前は限定モデルが多かったメーカーですが、最近ではショップオリジナルもほとんど作っていません。と言うか作ってくれません。
日本限定も久しぶりですね。





Tangomat Blau 2 Ref.TN1E1AT2BL

Tangomat Blau 2 Ref.TN1E1AT2BL

Tangomat Blau 2 Ref.TN1E1AT2BL

Tangomat Blau 2 Ref.TN1E1AT2BL

Tangomat Blau 2 Ref.TN1E1AT2BL





Tangomat Blau 2
Ref.TN1E1AT2BL
ケース径:38.3mm
ケース厚:8.2mm
防水性:30m
限定数:100本
¥399,600(税込)







 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス テトラ ネオマティック ディープブルー 

2017-04-30 | NOMOS

テトラ ネオマティック ディープブルー Ref.TT130011BL2

ネオマティックのご紹介はとりあえず今日が最後です。
こちらはテトラのディープブルー。
これまでのテトラシリーズでは最大です。それでもケース径33mmですので、他社のスクエアに比べると小さいと言えます。
HPとかの写真が実物と結構違うようなので、なるべく実物の色に近付けようと撮影しました。ブルー感は少なくブルーグレーのような色です。





テトラ ネオマティック ディープブルー Ref.TT130011BL2

テトラ ネオマティック ディープブルー Ref.TT130011BL2

テトラ ネオマティック ディープブルー Ref.TT130011BL2

テトラ ネオマティック ディープブルー Ref.TT130011BL2

テトラ ネオマティック ディープブルー Ref.TT130011BL2

ネオマティックは丸型中心ですので、テトラ ネオマティックの国内入荷は限られています。
少し変化がほしい方にイイかもしれませんね。




テトラ ネオマティック ディープブルー 
Ref.TT130011BL2
ケース径:33mm×33mm
ケース厚:7.2mm
防水性:30m
¥486,000(税込)






本日津は快晴。
まだまだ営業中ですので是非ご来店下さいませ。









 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス メトロ ネオマティック

2017-04-29 | NOMOS

メトロ ネオマティック Ref.MT130014W2

最近ネオマティックのご紹介ばかりですね。
今回はメトロです。
タンジェントと並びネオマティックシリーズ最小の35mm径です。このサイズはこれまでのノモス定番サイズと同じですね。





メトロ ネオマティック Ref.MT130014W2

細かい所まで考え抜かれたデザインは流石です。
凄い特徴がある訳ではないのですが、色んな意味でホッとさせてくれる時計です。

洋服と同じように時計業界にも流行り(トレンド?)みたいなものは確実に存在します。それが悪い訳ではありませんし当然の事です。しかし機械式時計(粗悪品除く)に限っては使用出来る期間が非常に永く、次の次の代くらいまでは少なくても使って頂けます。流行りだけで終わってしまうと何か寂しい気もします。これは個人的な意見ですが。ノモスの時計って流行に左右されている訳ではないので、恐らく後年にも評価される時計だと思います、その証拠にここ20年以上定番のタンジェント、オリオン、ラドウィック、テトラのデザインは全くと言っていい程変っていません。機械のアップグレードは何度かありましたが、これ程長い期間デザインを変えていないモデルは他社にはほぼ存在しませんよ。完成したデザインは変える必要が無いという考え方ですね。





メトロ ネオマティック Ref.MT130014W2

ダラダラと続けますが、最近の機械式時計業界の流れとして復刻版のような時計が多いです。例えば、オマージュモデルやヴィンテージコレクションと言うような言葉をよく耳にすると思います。そういう時計ってだいたい1940年代~1960年代のモデルを参考に作っています。アンティーク(ヴィンテージ)市場でも人気が高いのはほぼこの年代の時計ですね。ここ数年で1910年~1930年代のパイロットウォッチをイメージしたようなモデルも増え、ある意味これが現在のトレンドなんでしょうね。メトロシリーズのケースって元々はこの頃のパイロットウォッチのケースを今のデザインに落とし込んでいるんだと思います。
問題は1970年代~1980年代です。モダンヴィンテージというような言い方もされている年代なのですが、この年代の復刻版ってほとんど無いです。もちろんゼロでは無いですが。この年代はクォーツショック真っ只中で機械式時計衰退期と言えます。倒産メーカーも多く、持ち堪えたメーカーは機械式とクォーツを共存させながら必死に頑張ったのだと思います。この時期というのは迷走していた時期とも言えるので色んなデザインの時計が生まれ、そこにはまたトレンドみたいなものがあり、その後機械式時計復活とも言える80年代後半から90年代にさしかかっていく訳です。
つまり、現在では70年代~80年代くらいの時計は受け入れられにくいと言う事ですね。同じように、現在の時計が40年後と考えるとどうでしょうか?当然そんな事誰にも解りません。しかし厳しい時計は多いのではないでしょうか。多分。10年20年後というスパンで考えてもそうだと思いますよ。





メトロ ネオマティック Ref.MT130014W2

メーカーの方向性がしっかりしているNOMOSはこれからも強いメーカーだと思います。
柔らかい印象の時計ですが、内に秘めた強さを感じます。
イイ時計ですよね。





メトロ ネオマティック Ref.MT130014W2

メトロ ネオマティック Ref.MT130014W2

メトロ ネオマティック Ref.MT130014W2

メトロ ネオマティック Ref.MT130014W2




メトロ ネオマティック 
Ref.MT130014W2
ケース径:35mm
ケース厚:8.06mm
防水性:30m
¥475,200(税込)










 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス オリオン ネオマティック シャンペイナー 入荷致しました。

2017-04-27 | NOMOS

ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

今日はネオマティック シャンペイナーのご紹介です。
大した事ではありませんが、シャンペイナーは普通のシルバー文字盤よりやや高めの価格設定になっています。この時計は1万円高いです。
シルバー文字盤の良いですが、このシャンパンゴールド文字盤もイイですよね。より柔らかい印象です。





ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

文字盤はシャンパンゴールドにオレンジプリント。
長短針はロジウムメッキされていて、秒針はオレンジラッカーです。HPではオレンジを「ネオンオレンジ」と表現しています。成程。





ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

ナチュラルカラーのカーフストラップとの相性も抜群にイイですね。
ケース径36mmで厚み8.45mm。こんな自動巻き時計はそうそうないですよ。





ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

ストラップはタンニンなめしのカーフレザー。
手縫いでヘリ返し仕様です。これはNOMOSでは初です。





ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

特別仕様のバックルです。
このバックルにすることで、ベルト側の定革が無く遊革のみというのも特徴ですね。





ネオマティック シャンペイナー Ref.OR130013CH2

自社製キャリバーDUW3001
超薄型自動巻きムーブメントは厚み3.2mmという薄さですが、クロノメーター級の精度を誇ります。
また、仕上げは非常に丁寧に施されています。3/4プレート、サンバースト、青焼きネジ、グラスヒュッテストライプ、ノモスペルラージュ仕上げはグラスヒュッテの時計にみられる特徴を備えています。




ネオマティック シャンペイナー 
Ref.OR130013CH2
ケース径:36mm
ケース厚:8.45mm
防水性:30m
¥453,600(税込)









 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス オリオン ネオマティック 入荷致しました。

2017-04-24 | NOMOS

オリオン ネオマティック Ref.OR130013W2

ネオマティック色々と入荷しております。
こちらはオリオンで、後日ご紹介致しますが、シャンパーニュも入荷しています。





オリオン ネオマティック Ref.OR130013W2

ケース径は36mm、厚みは8.45mmとこれまでの手巻き同様絶妙なサイズ感です。
コレと言った大きなデザインの変更が無いのがこのメーカーの凄さです。





オリオン ネオマティック Ref.OR130013W2

拡大するとこんな感じです。
針、インデックス等これまでのオリオンとは少し違いますね。特にネオマティック全体に言える事ですが、薄目の明るい色を小さく使っています。
この時計の場合インデックス外側の分表示に綺麗なブルーが使われていますね。





オリオン ネオマティック Ref.OR130013W2

短針の秒針に目が行きますが、全体的に柔らかい印象を受けます。
コードバンはこれまで同様黒が採用されていますが、形を変え、若干艶っぽさがあります。





オリオン ネオマティック Ref.OR130013W2

ネオマティックって普通の手巻きの2倍近くの価格です。
一般的にはノモスとしては高いと言われます。しかし、この後ご紹介する機械は勿論の事、外装もレベルアップしています。単純に良いデザインだと思います。
40万円台だと他メーカーと選択肢が増えますが、ノモスの方向性はハッキリとしていて、全くブレる事はありません。ここがポイントですね。





オリオン ネオマティック Ref.OR130013W2

この美しい薄型ムーブメントを見て下さい。
自社設計自社生産のムーブメントDUW3001です。
因みにこのメーカー、技術的にはクロノグラフを自社設計自社生産するレベルに既に到達しています。あとは生産体制の問題ですので、今後も目が離せませんね。






オリオン ネオマティック
Ref.OR130013W2
ケース径:36mm
ケース厚:36mm
¥442,800(税込)










 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス ミニマティック 入荷致しました。

2017-04-03 | NOMOS


先日に引き続きミニマティックです。
今回はホワイト文字盤です。
一見シンプルにみえる時計ですが、細かい所まで考え抜かれた時計だと思います。






白と赤の印象が強い時計ですが、色は5色も使われています。針を合わすと6色です。
ミニッツポイントなんて綺麗なブルーですからね。さらに6時位置のポイントがオレンジ。この組み合わせは流石ですね。
針の色は勿論、長短針の形は最高にイイですね。ここでほぼ時計の印象が決まっているような気がします。






字体もこれまでに無いタイプで凄くイイですね。
正面から見た形状、PPのRef.96に近いですよね。



色々な角度からケースを撮ってみました↓


























これまでのタンジェント、オリオン、ラドウィック以上に複雑なケースです。
ベゼルはほぼフラットでRef.96っぽいですね。ただ、サイドからみた形状は独特で個性があります。
サファイヤクリスタルも緩やかな膨らみがあるものになっています。コレもこれまでにない仕様です。






先日もご紹介しました、自社製ムーブメントのDUW3001搭載です。
DUWはDeutsche Uhrenwerke の略でドイツ時計製品を意味します。






ミニマティック
Ref.MM130011W2
ケース径:35.5mm
ケース厚:8.86mm
¥459,000(税込)





最近メールでのお問い合わせが増えております。
ご不明な点等ございましたら何なりとお問い合わせ下さい。

本日もご来店、お問い合わせありがとうございました。



明日は定休日です。










 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス ミニマティック シャンペイナー 入荷致しました。

2017-04-01 | NOMOS


ミニマティック遂に入荷です。
このシャンペイナーだけではなく白文字盤も入荷しております。こちらは後日ご紹介致します。
ミニマティックの特徴はこれまで、タンジェント、オリオン、ラドウィックに続く全く新しい丸型です。そして薄型の自動巻き自社製ムーブメント搭載です。
イイ時計ですよね。






DUW 3001
直径:28.8mm
ムーブメント厚:3.2mm
パワーリザーブ:42時間
























ミニマティック シャンペイナー
Ref.MM130011CH2
ケース径:35.5mm
ケース厚:8.86mm
¥469,800(税込)



詳しくは店頭でご覧下さい。

明日も皆様のご来店お待ちしております。









 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス オリオン33ローズ 入荷致しました。

2017-03-10 | NOMOS

オリオン33ローズ ORION33ROSE Ref.OR1A3GR233


オリオン33ローズ入荷致しました。
薄いピンク文字盤にゴールドの針インデックス。
これは女性だけでなく男性にもご購入頂いております。
気の利いた時計です。








オリオン33ローズ ORION33ROSE 
Ref.OR1A3GR233
ケース径:32.8mm
ケース厚:8.54mm
防水性:30m
¥253,800(税込)








 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス USED オリオン ヴェンペ

2017-02-17 | NOMOS


USEDのノモス「オリオン」ヴェンペです。
販売は2006年で、当時100本限定でした。
ドイツを代表する老舗高級宝飾店のヴェンペが企画したモデルで、当時インデックスが赤のモデルも出ていましたね。
こちらは3針が赤で、インデックスが黄緑のような色です。








ケース径は現行品と同じ35mmです。
丁度良いサイズですが、ラグが普通の時計より長い為、そこそこ全長はあります。








10年以上前のモデルですが新鮮ですね。
当然現行品もそうですが、ここのメーカーのモデルは何年経っても色褪せません。
因みにブレスレットは他社製のものを着けています。明るめの革ベルトを着けてもイイですよね。
余談ですが、このSSブレスレットは好き嫌いはあるかと思いますが、本当良く出来たブレスレットです。バンビさんがやっていたのですが、3年程前に生産終了になってしまいました。所謂エクステンションベルトですが、同じような見た目のモノは結構あるのですが、ここまで良く出来たものは無いと思いますよ。全て国内で生産されていました。今となれば懐かしいです。








機械は前のモデルになりますね。正確には前の前ですか。








 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス テトラ27カラット

2016-09-17 | NOMOS

テトラ27カラット Tetra27karat Ref.TT1A1W1KR

昨日に引き続きノモスです。
こちらは小さい方のテトラです。
写真では解りにくい薄いゴールド文字盤が特徴です。





テトラ27カラット Tetra27karat Ref.TT1A1W1KR

純正のブラウンのスエードカーフも秋らしくて良いですが、こちらのストラップもなかなか良いのではないでしょうか。
サイズは純正と同じですので、尾錠も着け替え可能です。

素材:バッファローヌバック
色:グリーン
ラグ幅:18mm 尾錠幅:16mm
サイズ:117mm-72mm
厚み:2mmフラット
¥15,120(税込)





テトラ27カラット Tetra27karat Ref.TT1A1W1KR

写真では白く映ってしまいましたが実際にはもう少しゴールドです。
ドイツ本国での人気が高いと当時聞いた事があります。その為タンジェント33カラットが後から追加されたそうですよ。





テトラ27カラット Tetra27karat Ref.TT1A1W1KR

小さく薄い為手首の収まりも良いです。
現在の機械式時計で、これ程小さいスクエアの時計はないのではないでしょうか。




テトラ27カラット Tetra27karat 
Ref.TT1A1W1KR
ケース径:27.5mm×27.5mm
ケース厚:6.05mm
防水性:30m
¥226,800(税込)








 
林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス オリオン33ホワイト × リザード

2016-09-16 | NOMOS

Orion 33 white オリオン33ホワイト Ref.OR1A3SW233

オリオン33ホワイト入荷致しました。
国内在庫が無く1ヵ月以上前に注文していた時計です。
ノモスのラインナップの中でも最も小さく最もシンプルな時計です。
通常スエードカーフが着きますが、今回はベージュのリザードをつけてみました。





Orion 33 white オリオン33ホワイト Ref.OR1A3SW233

国内ではなかなか無い色で、当時スイスにオーダーして製作したベルトになります。

製作:スイス(ジュネーブ)
素材:リザード(トカゲ)
色:ベージュ
ラグ幅:18mm  尾錠幅:16mm
サイズ:70mm-110mm
厚み:3.5-2mm
¥21,600(税込)





Orion 33 white オリオン33ホワイト Ref.OR1A3SW233

純正のベルト幅は17mmですが、18mmのベルトでも問題無くつけられます。
オリオンのラグは均等では無い為、バネ棒位置はほぼ18mmです。





Orion 33 white オリオン33ホワイト Ref.OR1A3SW233

美しく仕上げられたETA7001ベースのαです。プゾー7001とも言われますが、プゾーはETAに吸収された為ですね。
独立時計師にもベースムーブメントとして使われる事が多く、先日ご紹介しました、ポールゲルバー「レトロセコンド」もこの機械がベースです。






Orion 33 white オリオン33ホワイト 
Ref.OR1A3SW233
ケース径:32.8mm
ケース厚:8.54mm
防水性:30m
¥253,800(税込)







 
林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノモス オリオン 33 ローズ 入荷致しました。

2016-07-14 | NOMOS









33mm、35mm問わず弊社で人気のローズコレクション。
こちらは33シリーズですが、定番の35mmに比べるとやや薄いピンク色です。
これなら男性でも大丈夫ですね。昔は男性用でもピンク文字盤ってありましたよね。



Orion 33 rose
Ref.OR1A3GR233
ケース径:32.8mm
ケース厚:8.54mm
防水性:30m
¥253,800(税込)








 
林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加