林時計鋪

もちろん時計の話を中心にその他諸々を、、、

Paul Gerber

2013-07-12 | Paul Gerber

Paul Gerber(ポールゲルバー)
スイスのAHCI(アカデミー)のメンバーで、高度な技術と近代的な工法を用いて時計を生産しています。世界最小の木製歯車で作動するクロック、1166個の世界最多のパーツ数を誇るグランドコンプリケーション腕時計を作り上げたことは有名です。ポールゲルバーの時計は、彼自身がほとんどすべての作業を手掛ける為、年生産数は50本程度だと言われています。


まずは、林時計鋪オリジナルモデルです。


Retrograd(レトログラード)林時計鋪オリジナル  
名前の通り秒針がレトログラードになっています。ホームページトップにムービーがありますのでご覧ください。こちらはオーダー品です。ケース素材は18KWG。ケース径は36mmです。


インデックス、針はかなり質感がイイ塗料が使われています。
サイズ、バランス共に◎です。


当たり前ですが、綺麗に仕上げられています。
本来グラスバックとは、こういうムーブメントを観る為のものだと思いますね。


尾錠



続いて、レトロ・ツイン。


Retro Twin(レトロツイン)  Ref.157WG  \2,415,000(税込) 自動巻き
こちらはレギュラー商品です。ご紹介するのははじめてかもしれません。


ブルーのインデックス。さらに針は透き通った綺麗なブルーです。


最大の特徴はこの2つのプラチナ製ローターです。
ちなみにトリプルローターモデルもありますよ。


このような古典的なデザインで、且つ小さい時計を作る独立時計師は少なくなった気がします。
ポールゲルバー氏は職人らしい職人といった印象があります。
イイ時計ですね。





林時計鋪
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポールゲルバーからの…

2011-12-22 | Paul Gerber

先日こんなものが店宛に届きました。





「We wish you Happy Holidays and all the best for the New Year」

その下に直筆サイン。


チューリッヒのポールゲルバー氏からでした。



【独立時計師 ポールゲルバー】

・1950年にスイスのベルンに生まれる。
・1977年27歳でチューリッヒに自身の工房を立ち上げ、博物館の所蔵品修復や有名ブランドの時計を製作する。
・1989年世界最小の木製クロックを企画設計、完成させました。歯車を含めた機械及び部品が全て木製で高さがわずか2.2cmでした。
・1996年自身のブランドPaul Gerberをスタート。
 2つのローターを備えたモデル、レトロツインで特許を取得するなど、現在も豊かな発想力を武器に新しいムーブメントを生み出しています。




彼の作品の中にレトログラードがあります。

これは世界で初のレトログラードセコンド。つまり、1分間に1回秒針がジャンプする時計なのです。


この時計の林オリジナル。

セコンドの数字の下が「ハヤシ」となっていますが、5文字程度ならお好きな文字が入れられます。


   



文字盤のギョーシェ、針・インデックスの塗料、ムーブメントの仕上げ、尾錠に至るまで非常に丁寧に作られています。


レトログラードセコンド 林時計鋪オリジナル
ケース径:35mm
素材:18KWG
10本限定
\1,417,500(税込)
※受注生産になるため、ご納品までに半年ほどかかります。






 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加