林時計鋪

もちろん時計の話を中心にその他諸々を、、、

ポール・ゲルバー レトログラードセコンド 完成致しました。

2016-12-04 | Paul Gerber


昨日注文しておりました、ポール・ゲルバー「レトログラードセコンド」入荷致しました。
2本入荷しまして、1本はお客様ご注文分で、もう1本がコチラ店頭在庫分となります。
こちらの時計は現在受注生産となっております。






レトログラード セコンド
Ref.152
ケース材:18KYG
ケース径:36mm
ケース厚:8.5mm
納期:約3カ月 
金額:¥1,404,000(税込)






こちらのモデルはゲルバー氏自身のブランドとしての初作品となります。
1996年発表ですので、今年でちょうど20年です。






文字盤はラッカーホワイトで、インデックス、針はケースに合わせてイエローゴールドです。
その他はブラックレターで、ロゴの書体が可愛いですよね。






何と言っても秒針が特徴ですね。
このモデルが世界初となる60秒レトログラード式秒針です。






そしてもう一つの特徴がインデックス。
多分このゴシック体のような数字は日本未入荷です。
通常の花文字とそれ程印象は変わりませんが、非常に珍しい文字盤である事は間違いありません。






ケース径は36mmと小ぶりで、ケース厚もこのように薄目です。
非常に装着感も良い時計です。






尾錠も18KYG製です。
立体的なPGロゴもイイですね。






ベルトはカミーユフォルネ製で、ダークブラウンのアリゲーターです。
色は、黒、ダークブラウン、ブラウンから選んで頂けます。因みに受注生産ですので、ショートサイズでのオーダーも可能です。






丁寧に仕上げられたムーブメントです。
プゾー製cal.7001がベースになっています。
当然表面裏面共サファイヤクリスタル製です。






写真つき保証書には、ゲルバー氏のサインが必ず入ります。
別にカードも有り。






質感はわかりませんが、正面から見るとこんな感じです。
実物はもっとイイ時計です。







 
林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポールゲルバー 製作中

2016-10-18 | Paul Gerber

ポールゲルバー氏

前回ご紹介しましたところ何人かの方からお問い合わせ頂きました。
また、ご注文頂いたお客様はもう少しお待ちください。





チューリッヒのアトリエ

現在ご注文頂いた時計を製作中です。
11月頃のご納品を予定しています。遅くなったらすみません。

さらに、チタンケース(トリプルローター)の商品も入荷予定ですので、こちらも入荷しましたらご紹介致します。










文字盤、針などの確認をしながら…
2枚目の文字盤。これは…日本未入荷ですね。




少し商品のご紹介をしたいと思います↓






レトログラード
Ref.152
ケース材:18KYG
ケース径:36mm
ケース厚:8.5mm
防水性:30m
130万円+税
現在オーダーしているのも18KYGケースです。
イエローゴールドって新鮮ですよね。今年APロイヤルオークでも18KYが発表されていましたが、今後増えてくるかも知れませんね。
36mm径の時計もほとんどありませんし魅力的です。
しかも独立時計の金無垢が130万+税というのは現在ではありえませんね。
このモデルの最大の特徴は、世界初となる60秒レトログラード式秒針です。






レトログラード
Ref.153
ケース材:18KWG
ケース径:36mm
ケース厚:8.5mm
防水性:30m
136万円+税
私も知らなかったのですが、このシリーズの18KWGケースって日本だけの販売らしいです。
以前弊社のオリジナルで18KWGを使いましたが、どうもこれが始まりだったそうです。
因みにレトログラードコレクションはゲルバー氏自身の初作品です。1996年発表です。








レトロツイン
Ref.156
ケース材:18KPG
ケース径:36mm
ケース厚:11mm
防水性:30m
202万円+税 ※ダイヤローターは240万円+税
こちらは自動巻き。モデル名の通りダブルローターで、特許を取得しています。
2つのローターは小さい為巻き上げ効率を上げる為プラチナ製になっています。
裏から見ると非常にカワイイ動きをしますよ。








レトロツイン
Ref.157
ケース材:18KWG
ケース径:36mm
ケース厚:11mm
防水性:30m
245万円+税 ※ダイヤ無しは208万円+税
レトロツインシリーズは18KYG、18KPG、18KWGの3種類が用意されています。こちらは18KWG製。
プラチナローターにダイヤモンドをセッティングした贅沢な仕様です。
ちょっと差をつけたい方にはおススメですよ。




まだ価格は未定ですが、特別オーダーの文字盤も製作可能かもしれません。
その他このタイミングであれば、ユニークピースも製作かのうかもしれませんよ。
詳細はお問い合わせください。


本日は定休日頂いております。
では失礼致します。









 
林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポールゲルバー レトログラード 18KYG 製作中

2016-08-30 | Paul Gerber

Paul Gerber
Born:1950-
Nationality:Swiss
AHCI Member since 1988






Retrograd
Ref.152
ケース材:18KYG
ケース径:36mm
ケース厚:8.5mm
防水性:30m
¥1,404,000(税込)


こちら現在制作中です。早くて秋頃入荷の予定です。
特徴は60秒でジャンプするレトログラードです。
最近独立時計師でこのような品のある時計を作る方は少なくなりました。





以前販売の弊社オリジナル※機械は同じです。

独立時計師の時計は数人で製作される事が多く、ポールゲルバー氏も数人で時計製作をしていました。
しかし、現在はハーフリタイアし、他のメーカーの仕事も断り、一人で時計製作を行っているそうです。
その為今回は全てポールゲルバー氏によって組み上げられるスペシャルモデルという訳です。
さらに、独立時計師の金無垢モデルが130万円+税です。コレは魅力的ですよ。


是非お問い合わせください。
今なら他モデルも製作可能かもしれません。










 
林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Paul Gerber

2013-07-12 | Paul Gerber

Paul Gerber(ポールゲルバー)
スイスのAHCI(アカデミー)のメンバーで、高度な技術と近代的な工法を用いて時計を生産しています。世界最小の木製歯車で作動するクロック、1166個の世界最多のパーツ数を誇るグランドコンプリケーション腕時計を作り上げたことは有名です。ポールゲルバーの時計は、彼自身がほとんどすべての作業を手掛ける為、年生産数は50本程度だと言われています。


まずは、林時計鋪オリジナルモデルです。


Retrograd(レトログラード)林時計鋪オリジナル  
名前の通り秒針がレトログラードになっています。ホームページトップにムービーがありますのでご覧ください。こちらはオーダー品です。ケース素材は18KWG。ケース径は36mmです。


インデックス、針はかなり質感がイイ塗料が使われています。
サイズ、バランス共に◎です。


当たり前ですが、綺麗に仕上げられています。
本来グラスバックとは、こういうムーブメントを観る為のものだと思いますね。


尾錠



続いて、レトロ・ツイン。


Retro Twin(レトロツイン)  Ref.157WG  \2,415,000(税込) 自動巻き
こちらはレギュラー商品です。ご紹介するのははじめてかもしれません。


ブルーのインデックス。さらに針は透き通った綺麗なブルーです。


最大の特徴はこの2つのプラチナ製ローターです。
ちなみにトリプルローターモデルもありますよ。


このような古典的なデザインで、且つ小さい時計を作る独立時計師は少なくなった気がします。
ポールゲルバー氏は職人らしい職人といった印象があります。
イイ時計ですね。





林時計鋪
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポールゲルバーからの…

2011-12-22 | Paul Gerber

先日こんなものが店宛に届きました。





「We wish you Happy Holidays and all the best for the New Year」

その下に直筆サイン。


チューリッヒのポールゲルバー氏からでした。



【独立時計師 ポールゲルバー】

・1950年にスイスのベルンに生まれる。
・1977年27歳でチューリッヒに自身の工房を立ち上げ、博物館の所蔵品修復や有名ブランドの時計を製作する。
・1989年世界最小の木製クロックを企画設計、完成させました。歯車を含めた機械及び部品が全て木製で高さがわずか2.2cmでした。
・1996年自身のブランドPaul Gerberをスタート。
 2つのローターを備えたモデル、レトロツインで特許を取得するなど、現在も豊かな発想力を武器に新しいムーブメントを生み出しています。




彼の作品の中にレトログラードがあります。

これは世界で初のレトログラードセコンド。つまり、1分間に1回秒針がジャンプする時計なのです。


この時計の林オリジナル。

セコンドの数字の下が「ハヤシ」となっていますが、5文字程度ならお好きな文字が入れられます。


   



文字盤のギョーシェ、針・インデックスの塗料、ムーブメントの仕上げ、尾錠に至るまで非常に丁寧に作られています。


レトログラードセコンド 林時計鋪オリジナル
ケース径:35mm
素材:18KWG
10本限定
\1,417,500(税込)
※受注生産になるため、ご納品までに半年ほどかかります。






 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加