林時計鋪

もちろん時計の話を中心にその他諸々を、、、

カッコイイジョセイニ。

2007-03-22 | ~2010.12.31


我等が林時計鋪No,1女性が選ばれたレベルソがこのモデルでした。

「カッコイイ!」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

~エスプリの眼 ①~

2007-03-10 | ~2010.12.31

「デザインとカラーとセンスと。」

これからの時計に必要不可欠な要素。これは倭は伊勢の国、安濃津の林時計鋪の眼。
・・・ただ、これがエスプリの眼と重なりあったのです。

アラン・シルベスタインが初めて3本の時計を手にバーゼル・フェアで発表したのは1987年。想像出来るかと思いますが、異彩を放っていました。
現在でも残っていますが、特に当時の時計業界は伝統が支配し保守的な世界でした。そんな時計業界に新たなる一ページを開いたのが独立時計師、そして近年はデザイナーを擁した風が吹き始めています。・・・ただ、ここ10年ほどの話。
すでに20年前にアラン・シルベスタインはこう云っていました。

「伝統のスイス時計を支えてきたのは、卓越したクラフトマンシップであり、私はそれに対して最大の敬意を払っている。しかし、ひとつ物足りない部分がある。それがデザイン性だ。」

先見の明があったのでしょう。

実行に移したアラン・シルベスタインのキーワードは”バウハウス”。彼曰く「バウハウスはモノづくりの方法論そのもの」。丸・三角・四角という幾何学モチーフも、赤・青・黄色の原色も、まさに彼の解釈によるバウハウス流デザイン。
時計とカラーの融合、エスプリを効かせた存在感のあるケース、それはデザインの為のデザインでもなくましてや一時の思いつきでもなく彼の明確な「哲学」の産物だった。また、「ぜひとも機械式時計でなければならなかった。クォーツを使った単なるアクセサリー的な時計を造るなら、それこそただのデザインワークにしか過ぎない。」と云っていたのである。

解かっていたのでしょう。そして、芯がある。

現在の流れの速さの中で変化をせざるえない他ブランドの中で、20年間貫き通してきたアラン・シルベスタインは賛辞に値すると云ってもいい、というよりスゴイ!たいしたもんだ!!・・とは生意気ですが。説得力がありますよね。
   ”他のどのブランドにも無いモノを持っている。”

スイスの時計メーカーに属する人がアラン・シルベスタインをうらやましいと云った事があるそうです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

某新聞にて

2007-03-05 | ~2010.12.31

 こんな広告見つけました。

 ・・・何屋さん?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

  =予約受付いたします=

2007-03-01 | 林時計鋪オリジナル
 
「CHRONOSWISS社製 林時計鋪117周年モデル」


    林時計鋪117年、店主40年のヒトツの結論。
    デザインとカラーの時計を次世代へ。
    ・・・共に伝えませんか?


ダイヤルにはかなりの時間をつかいました。ベースの白色はエナメルに似た白色で、エナメルより綺麗な白色と、云ってしまえるような白色です。ブルースティールのスペードハンドにブラックのインデックスと少しの青。この色の組み合わせは絶妙です。ベルトはブルーのクロコダイルにブラックのステッチ。完成。
男女OKです。20本のみ。

・手巻きムーブメント(ミネルバ社製)
・ステンレススティールケース(直径36、5mm)
・グラスバック
・オニキス カボション 竜頭
・日常生活防水
・8時位置に”林”印
・シリアルナンバー刻印(0~20 4除く)
・4月デリバリー予定
・¥399,000-(TAX込)

  <注>実際の商品はインデックスの「6」は入りません。


~ご予約に関しましては御電話(059-228-3079)かメール(h-tokeiho@mte.biglobe.ne.jp)にてご連絡下さい。お待ちしております。~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加