林時計鋪

もちろん時計の話を中心にその他諸々を、、、

べっぴんさん

2006-09-23 | ~2010.12.31

2006年新作特集の時計雑誌で表紙採用が一番多い時計ではないでしょうか?「レベルソ スクワドラ」。
75周年ですもんネ、敬服。
今年のジャガールクルト新作内の枠にとどまらず、時計業界全体に置いても注目のモデルです。

ただ、その影でキラッと光るレベルソが発表されたのをご存知でしょうか?
その名も「レベルソ デュエット デュオ」。世の紳士方スイマセン、淑女用です。
このモデルの為に新しく作製されたニューサイズのケースに、VVS1のダイヤ、そしてデイ・ナイト表示がとても良い。

レベルソ75年間の歴史の中で幾つかの名モデルがありました。近々では、”デイト””サンムーン”などが値するかと勝手に思います。
”デュエットデュオ”はこれ等に加わるでしょう。とても美人です。レベルソをコレクションの一本にと永らく考えてみえた、とあるお客様はこうおっしゃられました。

「やっと見つけた。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「セ・ン・ス」

2006-09-16 | ~2010.12.31
前からイヤ、前々から提唱している時計のベルトの重要性。

「とても大事です。」

メーカーがセッティングする黒か茶のベルトでは、モノによりますがその時計の魅力が損なわれています。ピッタリのパートナーを探してあげると、とてもとても魅力的になります。

「ベルトで時計が変わります。」

ではどんな?林時計鋪のセンスにお任せあれ。とはオコガマシイかもしれませんがこの道116年、我々なりに芯をもっております。

クロコにガルーシャにリザードに、、、 。
スイスで造りイタリアで染め林時計鋪の焼印でオリジナルベルトの完成!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加