団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

始動

2017-02-26 | 野菜関連

ついこの前、新しい年が明けたばかりだったけれどもう今週は「雛祭り」。陽射しは確実に強くなってきているのを実感している。

となれば種まきの準備だ。その前にもち菜(この地方では雑煮に入れる小松菜の一種)から菜花の芽が出始めた。この菜花が好きで去年は小松菜の菜

花を毎日のように摘まんで美味しく食べたのだが近くにあるルッコラの種と交雑してしまい、何やら不思議な植物が出来てしまった。アブラナ科の植

物は交雑し易いとは知っていたが失敗したので今年はすべての株を抜いておいた。

この場所には小松菜、ルッコラ、パクチー、春菊等の種を蒔いてビニールトンネルで保温し発芽を促す計画。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スコーピオで購入

2017-02-25 | 天体写真

車の1年点検の為ディラーへ持ち込み。天体撮影するようになってから走行距離が伸びて来た。それまでは年間走行距離5千キロ以内だったが新車で

購入してから2年で2万1千キロ。ほぼ倍だ。車の方はいたって快調だが今回は7速DSG部品の不具合で交換があった為いつもより時間がかかる。

でその間を利用し名古屋市内の天文ショップ「スコーピオ」へお願いしていた画像処理ソフト「ステライメージ8」を引き取りに行ってきた。

帰ってから早速インストールしてみるとHDDのCドライヴがまだ40GBの空き容量がある筈なのにインストールしてみると残り30MB。えツ。何?

この前撮ってあった画像を開こうとしても仮想メモリーが何とかといって開くこともできなくなってしまったよ。仕方なくアンインストールし1.4TB

空きのあるDドライブへインストールし直ししておく。いくつかのレビューをみると余り評判は良くなさそうだがどうなんだろう。今まで使ってきた

ver.6.5と比べて大幅進化してると良いのだが。

新月期に入ってきたが芳しくない日が続いている。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デジカメの外部電源化

2017-02-23 | 天体写真

もう一台の天体用に改造したカメラKiss X3だけどかなり電池がへたってきたようで4個あっても2,3時間しか持たない。撮影中だといつ空になる

のか気になって仕方がない。

赤道儀を最初に買ったときに勧められて買った12vの電源CELESTRON PowerTank7、7Ahの容量しかないので使っていないけれどこれを活用でき

る方法がないかとググっていたら降圧できるDC-DCモジュールを使う方法を紹介している方の記事を見つけた。

これは素晴らしい、購入先もリンクされていたので同じ基板を注文。早速届いたので作ってみようとテスター等用意し始めた。基板に結線するだけと

いう簡単さ。読んで見ると殆ど電気知識ゼロの人間でもできそうなことが分かったので早速注文。

翌日届いたので余っていたシガーソケットと、これも使っていないAC電源からカメラのダミーカプラーに繋いだ部品があったのでこれらの線をカッ

トし極性をチェック(どちらもセンター+)し基板に接続すれば出来上がりとなる。

12v電源は7Ahの容量しかないが12Vからカメラ用に7.4Vに降圧して使えば寒い季節でも一晩でも大丈夫じゃないだろうか。

紹介していただいたHIROPONさん有難うございました

その基板がこれ

 ところが作業を終え、電源のスイッチを入れても電流が流れずこの個体は不良品だったようで交換を依頼中。

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

城下町岩村を歩く

2017-02-21 | 街歩き

味噌作りの為の麹を買いに恵那市の旧中仙道沿いにある麹やさんでお願いしていた麹を買った後、少し寄り道していこうと車を岩村方面に向け走るこ

と30分余り,日本三大山城のひとつ、岩村城の麓の町に到着。

静かな古い町並が好きで今までに数回行ったことのある町。本町通りが国の重要伝統的建物群保存地区に選定されている。

寒い季節に行くのは初めて。明知鉄道の駅近くに車を停めて本町方向に歩いていくが土曜日なのに殆ど人は歩いていない。

しばらく歩くと家の軒先でおじいちゃんが手招きをしている。

行ってみると焼いた栗を2ケくれたので食べてみると・・・これが天津甘栗なんか問題じゃないほど甘みが強い山栗!!そういえばこの地方は栗の名産地で秋の栗きんとんは名菓だ。おばあちゃんが「どう」と聞いてきたのでめちゃくちゃうまいよといいながらカメラを向けた。

 ブレてしまったが。

1袋400円だが3袋買うと1080円だったので3袋買って、旨いといいながら歩いて行く、所々に商家などが解放され中に入ることもできたのでその中

の一軒に入っていくと立派な御殿造りのお雛様が飾ってある。愛知県の足助町の「中馬のおひなさん」は期間中、町を挙げてという規模で観光客も沢山来るがこの町はそれほどでもなく地味な展開だがこの方が好感が持てる。

 

昼を過ぎ、腹が減ると機嫌が悪くなる相方なので何処か食堂でもと探すがなかなか見つからない、前に行った時入ったことのある割烹風の店に行って

みると今日は団体の予約だけとの張り紙が・・・。町なかでは観光客らしき人は見かけなかったけど。

地元の人に聞いたらもう少し歩いた所にあるとのこと。行ってみるとまだ出来て間がなさそうなカフェレストラン風のシャレオツな店構え。ハーブを使ったメニューが入口にあったのでこれらな良さそうと中へ、入っていくと薪ストーブの炎が暖かい。メニューからパスタランチを選んでオーダー、出されたトマトと茸のパスタの上に輪切りのネギが置かれている?ネギって?普通イタリアンパセリかバジルだろうと思いながらパスタを口に入れると。。。結局相方は味がしないと言って半分以上残してしまった。食べ物を残して申し訳ないと思いながらも全部は食べきれなかった。一人前1400円だったけれど。久々に外してしまった残念な昼ご飯だった。けれども思いがけず美味しい焼き山栗にありつけたので良しとしたい

 

女城主の悲哀物語が残る標高700mの岩村城址には立派な石垣だけが残されており、本丸の有った所まで車で登ることができますが、細い急な坂道できっと雪が残っているだろうし、スタックを恐れて今回はパス。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

味噌作り

2017-02-19 | 雑記

去年収穫しておいた大豆が4kgあり、これで味噌作りをしようと岐阜県恵那市にある麹屋さんで買ってきた麹を使い味噌作りを開始。

味噌を作るのはこれで3回目だが自家製はやっぱりウマイ。

今年は合わせ味噌を作るので米と麦の両方の麹を合わせて4.5kgを買ってきた。これだと大豆2升とあら塩1.2kgで仕込むと約10kgの味噌ができる計算になる。

一日目 井戸水で豆を洗い大きな桶にいれて一晩おいておく。

更に買ってきた麹を塩と一緒に混ぜておく

2日目

豆を一晩水につけておくと3倍くらいの大きさになっていた。

量が多いので家の中のガス台と庭で練炭を起こして2ケ所の火にかけグツグツ3時間ほど煮込むと柔らかくなり手で潰れるようになったら良し。

途中、灰汁が沢山浮いてくるので丁寧に掬い取る。

茹で上がった豆をもちっこの機械で細かくするのだが今まではこの作業が大変でチッパーを使って少しづつやっていた。

オッ「家内」が、もちっこに専用の味噌ハネがありこれを使うと簡単らしい、と聞いてきたのであらかじめ買っておいた羽を使って細かくしたのだ

が、これは簡単。見事に素早く細かくなっていく。

次にこの練ったものを昨日仕込んでおいた麹と塩を混ぜたものに入れて撹拌。

そしてみそ団子を作って仕込み樽に入れて空気を抜いてその上から酒粕で密封。

どうしても空気が入ると雑菌がはいってカビが生えてくるので今年は貰った酒粕があったのでそれで封をしてみた。

最後に重しをして仕込み終了。

食品庫にしまって熟成させれば今年の秋には美味しい味噌が食べられる。かな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎朝やってくるツグミ

2017-02-18 | 野草の花など

ここ半月ほど毎朝庭に2羽のツグミがやって来るようになっている。梅の枝に切ったミカンを置いており、これをついばんでいるのはメジロかヒヨドリだろうが、このツグミを見ているとリュウノヒゲの実を食べている。身体を草の中に突っ込んで食べ、しばらくすると白い種をプップッと吐き出している。今までは見たことはなかったので他にエサが無くなってきているのだろうか。

家の中から窓ガラスごしに3mの距離で撮れた。

この青い実を食べている

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩の途中で

2017-02-17 | 

二十四節季では陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也となる季節。

確かに朝晩はまだ寒さは厳しくとも日差しは伸びつつあり、昨日など春本番を思わせる暖かさで散歩をしていると汗ばむ程。

その途中で撮ったキラキラのネコヤナギ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

激安レンズだけど・・・

2017-02-15 | 天体写真

星撮りで中望遠のレンズといえばツァイス Apo-Sonnar T* 2/135 ZF.2が神レンズ。しかし使用頻度を考えると高過ぎて買う気にはならない。

それでも135mmから200mm位で明るいレンズが欲しいなあとヤフオクで中古レンズを探していたけれど帯に短しタスキに長し,といった按排で上手

く行かない。そんな時にたまたま中一光学という聞いたことも無いレンズメーカーの作例を発見。これ安くていいんではないだろうかと思わずポチ

リ。会社は中国らしいが135mmf2.8のスペックで何と2諭吉強という安さ。安かろう悪かろうだろうか。

届いて開くと何やら良さげなパッケージ。シリアルNOが700ということはまだ新しいレンズ?

全てマニュアルだが天体写真用なのでこれは問題なし。見た目の造りも悪くなくヘリコロイドの動きもスムース。

夜使ってみた。実絞りなので22まで絞って写すと・・・美しい光芒が現れた。

しかしこれだけ強く出ると絞り解放近くでも輝星の周りにも出るかもしれないな。

庭でポタ赤に載せてM42方向をF4、iso100で120秒で撮ってみた。

空が明るいので周辺減光が目立つ。フラット処理でどこまで平坦になるか。等倍に拡大しても星像は良く、EDレンズが使われているせいか色収差も

気にならない。

製品のバラツキがなければコストパフォーマンスはなかなかのもの。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

友来る

2017-02-14 | 雑記

毎年この時期にモリコロパークで10km、ハーフー、フルマラソン等の大会があり埼玉から友人が来てハーフマラソンに参加している。年齢も近く、

実力も同じくらいなので一緒に良くマラソン大会に出ていた。自分は数年前に膝を痛めてから走らなくなってしまっているが、1年ぶりに元気な姿を

見て我が家に泊まってもらうのが愉しみ。

 コースは結構アップダウンの繰り返しなのでランナーは大変だが天気にも恵まれて幸いだった。

来年は10km部門にでも参加したらと誘われたが・・・う~んどうしよう。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セリバオウレン

2017-02-10 | 野草の花など

根が漢方薬にもなるというセリバオウレン(キンポウゲ科オウレン属)は愛知県では飯田線三河槇原駅近くの県民の森、そして瀬戸市北部の2ケ所に

群落がある。岩屋堂にある寺の本堂の扉は閉まっていたけれど参拝し裏手に回る。そうすると竹で組まれた入山禁止の立て札がある。本当は住職の許

可を得なければいけないのだろうがそっとまたいで入っていくと。小さな白い花を咲かせた株が目に入ってきた。株を踏まないよう注意し数カットシ

ャッターを切る。三脚は使わずマクロレンズで寄ってみたがピントを合わせるのが難儀だ。

確かここにはバイカオーレンもあると聞いていたが見つけることは出来なかった。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加