はしご湯別館

晴れたら山、雨なら温泉。さぁ、きょうはどっち!?

山犬さんと御対面だよ両神山

2014年05月27日 | 【山】奥多摩・奥秩父
日曜日は足慣らしを兼ねた山歩きパート4、埼玉県が誇る百名山「両神山」でした。

両神山には登山道の途中に神社があって、
なんと山犬の狛犬が居るというじゃありませんか。
この狛犬達に会いたいという理由だけで決定した今回の山行です。

両神山には幾つかのルートがありますが、なんせ初めての場所なので、
もっともメジャーな日向大谷口からの表参道コースにしました。

早朝家を出発し、到着したのが朝5:30頃。
まずは登山口に一番近い第一駐車場へ向かうと・・・
なぜか数台分の駐車スペースが大量のテントに占拠されているじゃあ~りませんか!
ううぅむ・・・これは一体??

次に第二駐車場へ向かうと、こちらもほぼ満車。
「困ったなぁ」と駐車場内をウロついていると、
奥にいた三重のお兄さんが親切に車を寄せてくださり、
なんとか停める事ができました。感謝、感謝。

停まっている車のナンバーを見ると全国各地から大集合で、
さすが百名山ブランド、集客力は半端ないてす。



6:00身支度を済ませ出発。
登山口には自己カウントのカウンターがあり、数字は既に80を超えていました。
「え?コレ昨日からリセットしてないんだよね?
まさかもう今日だけで80人も入っているなんて事ないよね?」
と、初っ端からビックリ。



鳥居をくぐると、針葉樹、そして雑木道になります。



しばらくは清涼感のある沢の音を聴きながら。



眺望のない薄暗く湿度の高い登山道には石仏が点在。
登山道は全体的に派手な上り下りがないぶん、ダラダラとした単調な林道が続くイメージ。



7:35弘法ノ井戸。
あまり冷たくはない細い水が3+1=計4本流れていました。



花はポツリポツリと。薄暗い登山道に華を添えます。



ニョッキリ草(勝手に命名)はあちこちに。



小鳥の卵の抜け殻。どんな小鳥の雛かな?



石仏がハイカーさんを見守ります。


ここでショックな事実が発覚!
なんと、お昼に食べようと買っておいたコンビニのおにぎりを
車の中に忘れて来てしもーた・・。



7:57清滝避難小屋。立派な小屋で、綺麗なトイレ、
そして屋外には幾つかの椅子とテーブルもあり休憩場に最高。
「そろそろトイレに行きたいなぁー」と思う
絶妙なタイミングで登場したナイス・オアシスです。



周辺には、清楚な花々も。



これはスミレ?家庭園芸のような花だね~。


清滝避難小屋から続くだらだらと続く乾いた九十九折れを過ぎると、



少し明るい尾根道に出ました。
・・・といっても、相変わらず眺望はほとんど無し。



ツツジかな。



アップで。



ちょっとした斜面には丁寧にチェーンが設置されています。



階段も。ちょっと大袈裟かと思える整備も百名山だからかな。


ちなみに、清滝避難小屋から山頂近くまでは乾いた九十九折が多く、
登山道自体は大変良く整備されているのですが、先行者による人為的落石が大変多いです。
ほとんどの人が落石を少なからず起こしていましたが
道の性質上か、起こした本人は気が付く事は少なく、
「ラク!」と声を上げていたのは、たった一人だけでした。
(たぶん自分達も起こしていたかもしれない・・)
多くは小さな小石がパラパラ程度ですが、
一度だけ握りこぶし二つぶん位の大きなものが
高速回転しながら上の登山道から転がり落ちて来た場面もありました。




8:54両神神社。



この狛犬達に会いたくてやって来ました!



牙がいいね~。



もう一対はコチラ。



かわいいね~。思わず撫でてしまいました。



背骨が良いです。


両神神社にはテーブルとベンチもあって、休憩場所にも良さそうです。
気分的には、ココでもう引き返してもいい感じでしたが、
せっかくなので頂上へも行ってみます。



道端には小さな小さなリンドウが咲いていました。




9:35頂上到着~!

山頂はビックリする位、狭い岩の上でした。


この日がたまたまなのか、単独の男性が多く、
皆で順番にカメラを渡しあって、記念写真の撮影会。


楽しみにしていた眺望は・・残念ながら、ガスかかってほとんど無し!!
そんな事もあり、狭い山頂で長居をしては後から来る人に申し訳ないと、
とっとと下山開始。


帰路は往路と同じ道をピストンで。帰りは蒸し暑く参ったな~~。
風の通りもほとんどないので、こりゃ夏場は熱中症にご用心。

それと、この時期ならではなのか、ブヨのような小さい黒い虫がやたら多くて
目をめがけてブンブン向かって来るのヨ。
「どうせ刺さない虫だろう」と甘く見ていたら、
いつの間にか夫婦揃って耳を刺されて腫れちまったよ~~っっ。


10:56清滝避難小屋まで戻って来ました。
本当ならここでオニギリ休憩の予定でしたが、なんせ肝心の主役を忘れてきたので
他のハイカーさん達が楽しそうに山ごはんを食べている様子を
ジットリと湿度の高い視線でチラ見しながら、悔し紛れに飴を頬張りました。



12:30登山口まで帰って来ました。
カウンターを見ると、なんと200人越え!いやはや、参りました百名山。
若い人が多いのも印象的な両神山でした。


その後、登山口すぐ横の両神山荘オリジナルの山バッチ(500円)を購入。
両神山とツツジと紅葉のナイスなデザインです。
薬師の湯でもカモシカデザインのバッヂが400円で売られてましたが、
登山口周辺を綺麗に管理してくださる両神山荘でお金を使いたかったのダ。



両神山荘では、ワンコが昼寝の真っ最中。
「ツツツツツッ」と舌を鳴らすと
寝ながらも尻尾を振ってこたえてくれました。


さて、車中に忘れたコンビニオニギリのその後ですが・・
「30℃の夏日を記録した車内に数時間置きっぱなしの後は、さすがにヤバイだろ~」
と、最初は思ったものの、なんとなく大丈夫そうな感じもしたので
度胸一発、思い切って食べてみた。ちなみに具は筋子とタラコ。
その後二日経った今も、特にお腹がゴロピカリになる様子もなく
平穏無事に過ごしています。まぁ、良い子は真似しないようにね。


下山後のお楽しみの温泉は薬師の湯でひとっ風呂。
循環ながらヌルツル感のある秩父らしいお湯でした。
本当は温泉博士を使って大滝温泉まで行きたかったんだけどね・・
疲れちゃって眠くて、それどころじゃなかった・・とほほのほ。



夕食は秩父で買った野菜でした。


ホームページ(はしご湯のすすめ)