はしご湯別館

晴れたら山、雨なら温泉。さぁ、きょうはどっち!?

年末年始の青森湯巡り ・真冬の奥入瀬と鬼神社

2005年01月05日 | 《温泉・旅》青森


年末年始は津軽を中心に青森・秋田を湯めぐりしました。今回は雪にちょっと苦労したな~。


1日目

仕事を終えた後、車に荷物を積んで北東北目指して出発。東北道に乗り順調に・・・と思いきや、な・・なんと!福島県内で大雪!その影響で東北道は通行止めになり、途中で降りるハメに。その後は下道を延々と。うーん、先が思いやられる。


2日目

夜明け前、ヘロヘロになりながらやっと大館まで北上。周囲はスッポリと雪に覆われています。本日の一番湯「別所温泉共同浴場」のオープン時間までささやかな仮眠。


朝の一番風呂、綺麗な湯に浸かり、シャキーン!と目覚めた!昨夜のロングドライブの疲れも吹っ飛んだぞ~。



少しばかり湯めぐりしつつ・・まったくの無計画な我家はサスペンスドラマの舞台にでもなりそうな、お寒い十和田湖を経て・・


何を血迷ったか積雪の奥入瀬に突入(阿呆)。ちなみに車は冬タイヤのFFですが、なんとか来られました。今思えばかなり無謀だったかも。



シーンと静まり返る冬の奥入瀬には当然のように観光客は皆無。ひとりだけカメラマニアさんらしき男性が一人来ただけです。見ているだけで凍える景色。でも雪の効果で湿度があるためか不思議と寒くないんですよね。


そして更に車を走らせ、気がついたら小川原湖の近くまで来ておりました。小川原湖の景色も寒々・・。周辺を湯巡りしたのち、今宵は道の駅しちのへで車中泊。冬のためか出入りの車もほとんどなく、静かでぐっすり安眠できましたよ。



3日目(大晦日)

朝、津軽まで移動し湯めぐり開始(今思えば最初から津軽に行けばよかった・・・)。この季節は浴場の画像も湯気でこんな。本日も車中泊を予定していたものの、さすがに大晦日くらいは・・という事で飛び込みで「あすなろ温泉」に電話。「食事の用意はできませんが」という条件付でOKもらえました。


・・という事で、チェックインまで金木界隈を散策。かの有名な斜陽館は外からチラ見しただけ~。インパクト大だったのが、ちょっと奇抜な温泉施設「小田川城温泉・秀吉のやかた」。国会議事堂を模した建物に小田川マネー、温泉の湯口もインパクト大で、ライオンの湯口からブシャーーーッ!!と大噴射されます。



大晦日の化粧地蔵さんと、



大晦日の列車。・・列になっていないから「列車」とは言わない?



大晦日の斜陽館。


本日のお宿あすなろ温泉は以前に立ち寄りでお邪魔した事がありますが、今回は家族湯付きの部屋に宿泊。お湯は温泉マニアなら誰もがご存知の重油臭ムンムン。ただし激熱なのでチョロチョロ投入しつつ、なおかつ時間を置いて冷まさないと入浴できないので鮮度抜群のジャンジャン掛け流しとはいきません。部屋に充満した湯の何とも言えぬ重油臭に包まれつつの、行く年来る年です。


4日目(元日)

あけましておめでとうございます。


さて本日は初詣へ。目指すは岩木山の麓、鬼沢村にある鬼神社。昔、巖鬼山に棲む鬼が水の涸れた水田に沢水を引く為堰を作った。これに感謝した村人が、鬼の使用していた鍬等を祀ったといわれる神社です。


参道は「鬼神社」だけあって、鬼門より入場。「鬼神社」は特別な観光要素はない、地域の小さな神社なので、ここまで足を運ぶ観光客も殆どないように思われます。


拝殿軒下には、鬼が使う大きな農工具が並びます。以前、夏の訪問時は拝殿が閉じられ、境内には人っ子一人いませんでした。今回、元旦の訪問時には拝殿が開けられ、ようやく中を拝む事が出来ました。中には奉納された鬼の面が並びます。


元日も相変わらず朝から晩までせっせと湯めぐりです。温泉マニアはこうでなくっちゃ。


夜は元旦だというのに、侘しく「道の駅いかりがせき」にて車中泊。ここは広さもあり温泉も併設、その他もろもろ使い勝手よく、かなりお気に入りの車中泊ポイントです。さすがに元日からの侘しい車中泊組は他にいなかったな~。



5日目

この日はマイホーム(!?)の「道の駅いかりがせき」でお正月のお振る舞いが行われていました。我家もちゃっかり、けの汁とお汁粉をいただきました。おいしかったなぁー。



この日も津軽を湯めぐりしつつウロウロ。



・・それにしても毎日毎日よく雪が降りますナァ。



積雪の走行は気をつかいます。何がって、マンホールに。マンホールの上だけは雪が融けているので、ちょっとした落とし穴状態なのです。何も考えずに走行していると、突然ボコン!とマンホール穴にタイヤが落ちて、かなりの衝撃をくらいます。どちら様もマンホールには御用心。(画像の色が変わっている部分がマンホール)


夜は再び「道の駅いかりがせき」にて車中泊。二連チャン利用です。どんだけ好きなんだか。



6日目


いよいよ最終日。


朝、「パプぅーパプぅー」という鳴き声に誘われて近くの川にいた白鳥を見て来ました。


餌の自販機(?)があったけれど、肝心の餌はありませんでした。餌ボックスの近くに立つと、白鳥達が熱い視線で見つめてきます。(餌がなくてゴメンよ~っっ)


その後、津軽を離れ秋田県へ。



お昼頃、東北道に乗り帰宅。帰りは当然のように渋滞・渋滞・・・。それにしても今回は行く先々で積雪にチョットだけ苦労したなぁー。北東北の旅は、やっぱり夏場がいいかもしれません。