はしご湯別館

晴れたら山、雨なら温泉。さぁ、きょうはどっち!?

GW青森湯めぐり・4 -津軽と県境とおまけ-

2009年05月11日 | 《温泉・旅》青森
5日目
本日も、良いお天気です!
朝、最終日の我家に岩木山からの素敵なプレゼントがありました。

プレゼントはコレ!水田にうつる鏡岩木。




朝風呂は、いつの間にやら改装していた館田温泉(再)で。
その後、少しばかり湯めぐり。



そしてお昼は大鰐温泉のママショップでオニギリや丼物を買い込み、
温泉街の上にある公園で花見。大鰐の公園は桜満開で綺麗でした。



ちなみにママショップ、お昼に行くと惣菜類がズラリと並び、
その場で熱々のオニギリも握ってくれる。料金も手頃でお気に入りなのだ。



さて桜といえば、この旅一番の心配事だった弘前の桜祭り。
いや・・ソメイの開花状況ではなく(桜祭りには一切興味無し!)
何が心配かって、そりゃアンタ・・
祭りに絡む市内の渋滞以外にないでしょ。
が、ラッキーな事に訪問時は既にメインのソメイは旬を過ぎ、
おかげで市内渋滞は一切なし。

というのも、ドンピシャで祭りに当たった数年前、
弘前へ至る7号は大鰐付近から、笑っちゃう程の大渋滞だったからであります。


そして〆は県境にある、矢立ハイツと日景温泉。
矢立ハイツは温泉を掘り、内湯、露天風呂とも
オレンジ色の湯を楽しめるようになりました。
日景温泉は久々の訪問、相変わらず雰囲気良いな。ぜひ宿泊したい。


その後、碇ヶ関インターより帰路へ。
心配していた高速の渋滞は、思っていたより酷くなかった。
普段の休日より車は随分多い印象があったものの、
本格的な渋滞は栃木県に入ってから。帰りもキッチリ1000円でした。

「想像絶する地獄の渋滞」なんて予想があったもんだから、
仙台前からピタ止まりで、PAにも入られず
泣きながらウンコ漏らす予定だったんだけど。




そして、おまけ


マルシチ味噌。
大鰐の味噌蔵で作られているもの。前々から一度試してみたかった。
「口に合わなかったらどうしよう」と心配しつつ、
小より大の方がお得なのでこのサイズにした。
結果は、なかなか美味しかった。
スタミナ源たれ。TVですっかり有名となった焼肉などのタレ。
普通タイプとソフトタイプを購入。
両方食したけれど、どちらか一方は全国区の有名焼肉タレに近い味、
もう一方はリンゴ感が強いサラッとした味。
2回くらいは美味しく食べられたが、3回目くらいで飽きてきたよ~。
リンゴジュースは新岡温泉で生産されたリンゴのもの。
新岡ブランドって事で購入。
酒は黒石の中村亀吉で購入。その他はスーパーで。
海峡ところてん。下北の天草使用だってさ。
温泉なっとう、「TVで話題」とのスーパーのポップに釣られて購入。
豆がデカく柔らかめ。タレが甘い。
太子なっとう、粒小さめ。平均的なパック納豆。
玉子とうふ、以前から車中泊のたびにスーパーのレンジでチンして食べていた。
ところが今回、スーパーのポップに「青森限定」と書かれているのを見つけた!
知らなかった・・青森限定だったんだ・・。
玉子とうふという名前ですが、具沢山で茶碗蒸しみたいな感じ。
しょうゆコンブ、パッケージの妙なイラストに惹かれて購入。


「GW青森湯めぐり」おわり


帰宅後追記
スタミナ源タレは家のすぐ近くのスーパーでも普通に売られていたー。
なんだよ~、わざわざ青森で買わなくてもよかった。
でも・・まぁ、青森で特売価格の198円で買ったからまぁいいか・・と、
自分に言い聞かせる。
ちなみに家の近所のスーパー、売られている納豆の主力商品は「おはよう納豆」、
野菜売り場には「とんぶり」も常時安値で売られている。
もしかして店長は北東北の人間か!?
マルシチ味噌の容器は、その後「ぬか床」として使用しています。
サイズが丁度いいんだよね~。

はしご湯のすすめ(ホーム)