活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

浄潔の病2

2016-12-10 04:56:00 | 坐禅

「仏には成りやすいけれども、魔には成りにくい」

というお言葉があります。

「六道(りくどう)の世界」、即ち

天上・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄のような世界に

入れないで、いつでも高い所にしかいられない人を

いいます。

 

先般同様、「平等一面に陥っている」 ということで

こういう 「病」 が一番治しにくいので注意しなければ

ならないところです。

 

昔は、牛や馬を使って田を耕して、稲を植えたものです。

ですから、とにかく

「木人石女(ぼくじんせきにょ)のようになって、ひたすらに

働く、務める」 ということが必要なのです。

 

「働く」 という字は、「人偏に動かす」 と書きます。

はたを楽にするということから 「はたらく」 なのです。

 

別の言葉で言えば、「菩提心を尽くす」 ということです。

人の為に働くほか、何もないのです。

 

とくに 「宗教者」 は、「衆生を導く」 という誰でもは

出来ない仕事をしている訳ですから、他のことに

余り気を回さないようにして、衆生を信仰に導くことに

精進していただきたく思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浄潔の病1 | トップ | 坐禅の意義1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

坐禅」カテゴリの最新記事