お願いしますよ

お願いしたいことを思い付いた時に・・・。

2016年 クライマックスシリーズ ファイナルステージ 第3戦

2016-10-15 03:57:04 | ライオンズ 2016
 
  10月14日(金)にクライマックスシリーズのファイナルステージの第3戦
  が札幌ドームで行われ、北海道日本ハムファイターズが初回の4点を守り切り
  日本シリーズ進出へ王手を掛けました。
 
 
 
 
2016年 クライマックスシリーズ ファイナルステージ 第3戦
 
 
 2016年10月14日(金)  札幌ドーム  18時試合開始  観衆数:39,456人  試合時間:3時間17分
 
    
 Hawks   
 Fighters   
 
北海道日本ハムファイターズ
3 勝 0 分
 福岡ソフトバンクホークス
1 勝 0 分
Pos選 手 名責 任 投 手 / 本 塁 打 / バ ッ テ リ ー選 手 名Pos
 西川 遥輝勝利投手 有原(F)1勝0敗S中村 晃 
 中島 卓也セーブ バース(F)0勝0敗1S本多 雄一 
 大谷 翔平敗戦投手 千賀(H)0勝1敗0S柳田 悠岐 
 中田 翔本塁打 中村1号(3回ソロ、有原)内川 聖一 
 近藤 健介 レアード2号(1回3ラン、千賀)松田 宣浩 
 レアード 明石 健志 
 陽 岱鋼 福田 秀平 
 大野 奨太バッテリー 千賀、東浜、森福、スアレス - 細川、髙谷今宮 健太 
 田中 賢介 有原、石井、谷元、バース - 大野細川 亨 
先発 有原 航平審 判 球審:牧田、塁審:西本、飯塚、名幸、線審:佐々木、敷田千賀 滉大 先発

 
 
 
 
  今日のホークスも序盤のミスが痛かったです。
 
  1回裏の一死2塁から大谷選手を空振り三振に抑えるも、
  ワイルドピッチで振り逃げをされて一死3・1塁。
  中田選手は抑えるも、近藤選手に初球をタイムリーヒットで先制され、
  二死2・1塁からレアード選手にレフトスタンドへ3ランを叩き込まれました。
 
  言うならば、先頭の西川選手に粘られて出した四球も投手のエラー。
  大谷選手の振り逃げはバッテリーエラー。
  そして、千賀投手はマリーンズ戦に続いて2試合連続の初回の被弾・・・。
  この4点は大き過ぎました。
  せめて近藤選手に打たれたタイムリーの1点だけで凌げていれば、
  全く違った展開に持っていけたかも知れません。
 
 
  2回表に1点も奪えなかったのも大きな敗因でした。
 
  先頭の内川選手がライト前ヒット、松田選手が左中間へのツーベースヒットで無死3・2塁のチャンス。
  続く明石選手は2ボールからの3球目をショートファウルフライ。
  続く福田選手は2ボール2ストライクからの6球目を空振り三振。
  続く今宮選手は1ボール1ストライクからの3球目をセカンドゴロ。
 
  せっかくのチャンスで勿体ない凡打でした。
  何としても1点でも返してやろうという気持ちは全く伝わってきませんでした。
 
 
 
  泣いても笑ってもファイターズがあと1勝で日本シリーズ進出が決まります。
  ホークスは残り3連勝が絶対条件となってしまいました。
 
  ホークスは柳田選手と長谷川選手の不振がかなり辛いのですが、
  ファイターズも田中選手の不振と陽選手に元気がないのが気掛かりです。
 
  明日の試合で両監督がどんな策を打ってくるか、
  大詰めのクライマックスシリーズを楽しみたいと思います。
 
 
 
 
 
  明日10月15日の予告先発は、
 
  ファイターズが、高梨 裕稔 投手、
 
  ホークスが、バンデンハーク 投手、
 
  と発表されています。
 
 
  今日の結果でほぼほぼファイターズの勝ち抜けは決まったと思います。
  後は、ホークスがどれだけ意地をみせてくれるかです。
  明日が2016年のパシフィックリーグの最終戦となるんでしょうか?
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 クライマックス... | トップ | 2016年 クライマックス... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL