お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

やっぱしライオンズ!其の15

2005-12-31 03:00:27 | ライオンズ
15回目になります。

28 岡本 篤志 投手 177cm 76kg プロ通算2年 右投右打
 登板数=3 勝利数=0 敗戦=1 セーブ=0 セーブポイント=0 
 投球回=5.1回 相手打者数=36 被安打=13 被本塁打=3
 奪三振=4 与四球=7 与死球=0 暴投=0 ボーク=0 失点=14
 自責点=12 防御率=20.25000

ルーキーイヤーの昨年に3試合先発登板したのですが、今年は先発が1試合、後は2試合
に中継ぎで登板した合計3試合のみの出場で終わってしまいました。
4月1日の楽天戦に先発し、打者7人に対して被本塁打2本の6失点(5自責点)で
つまづき、次は4月5日ロッテ戦に4回6失点(自責点6)、8月16日ロッテ戦に
1回2失点(自責点1)という結果でした。僕の中では初戦の楽天戦が印象が強く今年は
打たれた印象がものすごく強かったです。来年はきっちり立て直して欲しいと思います。


32 石井 義人 内野手 178cm 78kg プロ通算9年 右投左打
 打率=.31159 試合数=125 打席数=471 打数=414 得点=48
 安打=129 二塁打=25 三塁打=3 本塁打=6 塁打数=178
 打点=38 三振=74 四球=51 死球=4 犠打=1 犠飛=1
 盗塁=7 併殺打=9 出塁率=.391 長打率=.430

 得点圏  打率=.303 打数=99 安打=30 本塁打=0 打点=28
 の成績  三振=21 四球=17 死球=2 犠打=0 犠飛=1

活躍はお見事でした。ギリギリまで首位打者争いをして最後の最後に打率は下がって
しまいましたが、それでも3割1分は立派です。1試合に1本の安打を打った計算に
なる125試合出場で129安打、これも見事な成績です。よく頑張って頂きました。
が、欲を言えば打点が少な過ぎます!これは来年改善していただきたい。
それと、犠打や犠飛をもう少し増やすことが出来れば、首位打者も必ず獲れるはずです。
バットコントロールが抜群に上手く左打という特徴を活かして今年以上の成績をお願いします。


≪ラララ!ライオンズニュース≫
決まりました!2006年の我がライオンズのスローガンが!
伊東監督のもと日本一奪還を目指して『挑戦、あるのみ』です。
このスローガンを発表して伊東監督は、
「プロの世界にいる限り、勝負はやはり勝たなくてはつまらないということを、
今季つくづく感じました。来季は再び『挑戦』を掲げて勝負にこだわります。」
と来季の抱負を語ってくれたそうです。頑張って下さい。

その伊東監督は、12月29日に来季の8、9回を石井貴投手、小野寺力投手、張誌家投手
の3人を勝利の方程式にする構想を披露したそうです。
この3人の投手にはその意向をすでに伝えたそうで、後は実戦での結果待ちということです。
森・豊田両投手の抜けた穴はとてつもなくでかいですが、いつまでもいなくなった選手の
ことを言っても始まりませんから、新たな抑え候補の3人には期待しまくります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年に一度のオールザッツ漫才

2005-12-30 02:25:06 | その他
12月29日~30日にかけて5時間15分間生で放送されているオールザッツ漫才で、
先日のM-1の決勝戦に残ったコンビが最初の方に出演していました。

南海キャンディースは「イルカ(?)」のネタを、(ジョイトイ&トイジョイ付きで)
チュートリアルは「写真」のネタをやってました。やっぱり面白かったです。

しか~し、最近の僕のお気にはシャンプーハット(2回目なんですけどね)です。
今日もこいちゃんとてっちゃんはきっちり面白かったです。

他にも、イシバシハザマ、とろサーモン、ダイアン、青空、プラン9等々まだまだ出演しますが、
眠いのでビデオにとってゆっくり観ようと思います。
今年は2年ぶりに若手だけのネタのトーナメントも復活し、また楽しみです。
初めて観るコンビも結構いますが、ここから誰がブレイクするかも楽しみです。

こんな番組を観てると兵庫県に住んでて良かったなと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱしライオンズ!其の14

2005-12-29 01:14:52 | ライオンズ
14回目です。

26 星野 智樹 投手 179cm 73kg プロ通算7年 左投左打
 登板数=56 勝利数=1 敗戦=2 セーブ=1 セーブポイント=2
 投球回=37.2回 相手打者数=176 被安打=35 被本塁打=4
 奪三振=40 与四球=22 与死球=5 暴投=1 ボーク=0 失点=16
 自責点=13 防御率=3.10619

お疲れ様でした。ご苦労さまでした。左打者に対して絶対の投球を見せてもらいました。
感謝してます。登板数56試合が示すとおりワンポイントリリーフとして安定した投球
で数々のピンチをしのいでくれました。投球回を超える奪三振数、防御率も3.1。
出来不出来が激しかった今年の中継ぎ投手陣の中では抜群の成績で安心感を与えてくれました。
来季はセットアッパーを希望しているみたいですが、きっと期待に応えてくれると思います。


31 小関 達也 外野手 178cm 76kg プロ通算11年 左投左打
 打率=.19767 試合数=47 打席数=104 打数=86 得点=10
 安打=17 二塁打=3 三塁打=1 本塁打=0 塁打数=22
 打点=1 三振=16 四球=8 死球=4 犠打=6 犠飛=0
 盗塁=0 併殺打=1 出塁率=.296 長打率=.256

 得点圏  打率=.038 打数=26 安打=1 本塁打=0 打点=1
 の成績  三振=6 四球=3 死球=2 犠打=0 犠飛=0

出番が極点に少なく小関選手自信も納得いかない状況だったんだと思います。
が、打率が上がってこなかったことも事実ですので、本当に残念なんですが、
退団ということになってしまったようです。僕個人的には背番号が31番よりも
51番の時の方が活躍してたかなって印象があるんですが、とにかく退団は残念です。
次の球団が早く決まり活躍してくれることを願っています。
今までの渋い活躍ありがとうございました。


≪気になるニュース≫
なんかまだ本決まりじゃないみたいなんですが、オリックスがあのタフィ・ローズ選手
の獲得に乗りだしたそうです。契約はまだ年明けになる予定みたいですが、このまま
契約が成立してしまうと、3番ローズ、4番清原、5番中村か、4番中村、5番清原
って打順になってしまうかも?ヤバイッす。大阪弁をしゃべるローズ選手はほんまに
活躍しそうです。なんせ、近鉄時代に狼主(だったと思います)と書かれたバイクに
乗ってた映像を観た覚えがあります。お客さんを盛り上げるのも上手いし、巨人時代
は全く楽しそうでなかったローズ選手が復活するとなると、来季はオリックスを要チェックしないと!
と思いますが、やっぱりローズ選手がパ・リ-グに帰って来てくれることは嬉しいです。
カブレラ選手もきっと喜ぶことでしょうし、試合も面白くなってくれること間違い無し
だと今からワクワクします。ライオンズ戦ではあまり活躍してくれませんように。お願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あっ当たった!

2005-12-28 00:46:37 | DRAGON GATE
DRAGON GATE 「KING OF GATE 決勝戦」が後楽園ホールで
12月27日に行われました。

決勝戦は、なっなんと昨日の僕の予想が当たってしまいました。
KING OF GATE 決勝戦
斉藤了選手 VS 横須賀享選手
斉了がミレニアム・スープレックス(?)ミレニアム・ブリッジ(?)
(正式名称がわかりません。)で享を下して優勝しました。
やったね斉藤了選手!

斉藤了選手は鷹木信悟選手を、横須賀享選手はCIMA選手をそれぞれ準決勝戦で
下しての決勝戦も30分の熱闘だったみたいです、早く観たい!

後は、第3代オープン・ザ・ドリーム・ゲート王者であるマグニチュード岸和田選手に
挑戦してベルトを巻くことが斉藤了選手に対するファンの期待だと思います。

今回の大会に優勝したことで、ベルトに挑戦する権利を与えられるでしょうから、
そこで、斉藤了選手がそのチャンスを活かして戴冠することが出来れば、
言葉+実績でドラゴンゲートを引っ張って行くことが出来ると思いますので、
是非とも突っ走ってもらいたいと思います。

でも僕はマグナムTOKYO選手のファンなので、巻き返しもきっちりお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KING OF GATE 準々決勝

2005-12-27 02:13:49 | DRAGON GATE
12月26日にドラゴンゲートの優勝賞金500万円のトーナメント戦=
KING OF GATEの準々決勝が後楽園ホールで行われました。
GAORAでライブ放送をやってたので途中からですが観ました。
メチャ興奮しました。ええ感じでした。

準々決勝の対戦カードは、
Aブロック、ドラゴン・キッド選手 VS 横須賀享選手
Bブロック、CIMA選手 VS 新井健一郎選手
Cブロック、B×Bハルク選手 VS 鷹木信悟選手
Dブロック、斉藤了選手 VS 望月成晃選手

の試合でした。結果を知りたくない方はここまでで。


放送順は、Bブロック→Cブロック→Aブロック→Dブロックでした。

結論から言うと12月27日後楽園ホールでの準決勝の対戦カードは、
横須賀享選手 VS CIMA選手
鷹木信悟選手 VS 斉藤了選手
に決まりました。


今日の試合で1番ハマッタのは、キッド選手 VS 享選手でした。
キッド選手がエプロンの享選手にコルバダ系の技で場外に落としたり、
トップロープからの切り替えしのウラカンラナとか、
最後の最後でウラカンラナを享選手に回転してカウント3取られてしまいましたが、
言葉では表現しにくい展開でした。もしドラゴンラナが決まってれば勝ってたかも!
享選手は1回戦で戦って勝利した盟友のK-ness選手の技を使ったりして、
いろんな思いがこもった試合でした。面白かったです。

さあ、準決勝&決勝はどうなるのでしょう?そして優勝の栄誉&賞金500万円は誰の手に!
一応予想しておきますと、決勝の対戦カードは
≪横須賀享選手 VS 斉藤了選手≫で≪斉藤了選手≫の優勝になるんじゃないかなって思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加