お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

アジアカップ代表発表

2014-12-17 02:40:13 | Jリーグ & 日本代表
2015年1月に行われるアジアカップに挑む
日本代表の召集メンバーが発表されましたので
確認しておきたいと思います。



日本代表
PosNo選手名所 属生年月日身長体重
GK 川島 永嗣
(カワシマ エイジ)
スタンダール・リエージュ
(ベルギー)
1983/3/2018582
 東口 順昭
(ヒガシグチ マサアキ)
ガンバ大阪1986/5/1218478
 西川 周作
(ニシカワ シュウサク)
浦和レッズ1986/6/1818381
DF 長友 佑都
(ナガトモ ユウト)
インテル
(イタリア)
1986/9/1217068
 森重 真人
(モリシゲ マサト)
FC東京1987/5/2118376
 太田 宏介
(オオタ コウスケ)
FC東京1987/7/2317878
 内田 篤人
(ウチダ アツト)
シャルケ04
(ドイツ)
1988/3/2717662
 吉田 麻也
(ヨシダ マヤ)
サウサンプトン
(イングランド)
1988/8/2418978
 塩谷 司
(シオタニ ツカサ)
サンフレッチェ広島1988/12/518280
 酒井 高徳
(サカイ ゴウトク)
シュツットガルト
(ドイツ)
1991/3/14176174
 昌子 源
(ショウジ ゲン)
鹿島アントラーズ1992/12/1118274
MF 遠藤 保仁
(エンドウ ヤスヒト)
ガンバ大阪1980/1/2817875
 今野 泰幸
(コンノ ヤスユキ)
ガンバ大阪1983/1/2517873
 長谷部 誠
(ハセベ マコト)
フランクフルト
(ドイツ)
1984/1/1818073
 香川 真司
(カガワ シンジ)
ドルトムント
(ドイツ)
1989/3/1717264
 清武 弘嗣
(キヨタケ ヒロシ)
ハノーファー96
(ドイツ
1989/11/1217266
 柴崎 岳
(シバサキ ガク)
鹿島アントラーズ1992/5/2817564
FW 豊田 陽平
(トヨダ ヨウヘイ)
サガン鳥栖1985/4/1118579
 岡崎 慎司
(オカザキ シンジ)
マインツ05
(ドイツ)
1986/4/1617476
 本田 圭佑
(ホンダ ケイスケ)
ACミラン
(イタリア)
1986/6/1318274
 小林 悠
(コバヤシ ユウ)
川崎フロンターレ1987/9/2317770
 乾 貴士
(イヌイ タカシ)
フランクフルト
(ドイツ)
1988/6/216959
 武藤 嘉紀
(ムトウ ヨシノリ)
FC東京1992/7/1517872



と発表されました。
また宇佐美選手は召集されませんでした。
川島選手が未だ召集されているのも・・・。

アギーレ監督もいろいろ大変そうですし、
他にも試して欲しい選手はいるのですが
もう一つ、現代表には興味が湧いてきません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年 J 1リーグ 最終結果

2014-12-09 02:06:03 | Jリーグ & 日本代表
2014年のJ1リーグの最終結果を確認します。


順位チーム名勝点試合数勝数引分敗数得点失点得失点
ガンバ大阪633419593128
 浦和レッズ623418523220
 鹿島アントラーズ60341810643925
 柏レイソル6034174840
 サガン鳥栖603419124133
 川崎フロンターレ55341611564313
 横浜F・マリノス513414113729
 サンフレッチェ広島50341311104437
 FC東京4834121210473314
10 名古屋グランパス483413124748-1
11 ヴィッセル神戸45341112114950-1
12 アルビレックス新潟443412143036-6
13 ヴァンフォーレ甲府413414112731-4
14 ベガルタ仙台383411143550-15
15 清水エスパルス363410184260-18
16 大宮アルディージャ3534174460-16
17 セレッソ大阪313410173648-12
18 徳島ヴォルティス1434261674-58



という最終結果になりました。

最終節は、
首位のガンバ大阪が勝てば優勝が決まる試合で、
降格の決まっていた最下位の徳島ヴォルティス相手にスコアレスドロー。

2位だった浦和は逆転の可能性もあったのに、
10位で上位争いにも降格争いにもよっていない中途半端な位置の
名古屋グランパス相手にホームで敗北。

3位で優勝の可能性もあった鹿島アントラーズは、
最終節の結果次第でACL出場権を獲得できる可能性のあった
4位の鳥栖に敗北。

結果的に、首位のガンバ大阪だけが勝ち点を上積みして優勝。
何とも言えない幕切れになってしまいました。


ガンバ大阪の優勝にケチをつけるつもりはありませんが、
Jリーグの現状をものがたった最終節だったと思います。


ついでなので、Jリーグに関する不満を言わせてもらえば、
浦和レッズは好きになれません。
浦和は日本屈指のビッグクラブですし、サポーターも多く、
観客数も圧倒的です。
いわゆる(資金力を)持つチームです。
ですから、他所のチームの主力を獲得することには何の文句もありません。
実際、鹿島から興梠選手を、広島から西川選手を、大宮から青木選手を
獲得したのは大成功だったと思いますし、
もう既に、来季に向けて仙台から武藤選手を、柏から橋本選手を獲得しました。

ただ、浦和はユースも充実していて、トップチームに上がってくる選手も
いるのに、その活躍の場が無いのはおかしいと思います。
特に、今季で言えば山田直輝選手が試合に出られなかったのが勿体ない!
怪我明けとは言えほぼ一年間を棒に振ってしまいました。

浦和で試合に出れない若手選手にはレンタル移籍をもっと活用して欲しいと
思います。
日本には才能ある若手選手が溢れかえっているわけではありません。
実力を伸ばすには試合に出ることが必要です。
そこを浦和レッズにはもっと考えて欲しいと思います。




最後に来季のJ1リーグについて不満を。



  2015年シーズンからJ1リーグは18クラブによる2ステージ制リーグ戦
  および、スーパーステージ(仮称)とチャンピオンシップ(仮称)制になります。

  リーグ戦は、
  各ステージ1回戦総当たりのリーグ戦。
  両ステージでホーム&アウェイとなります。



  スーパーステージ(仮称)は、

  各ステージの1位チーム及び年間勝ち点2位、3位チーム(合計4チーム)による
  ノックアウト方式のトーナメント戦(1回戦制)。

  1stステージ1位または2ndステージ1位のうち、年間勝ち点が上位のチームと
  年間勝ち点3位チーム、
  1stステージ1位または2ndステージ1位のうち、年間勝ち点が下位のチームと
  年間勝ち点2位チームによる1回戦を行い、
  1回戦の勝利チームが2回戦に進出し、スーパーステージの勝利チームを決定する。


  年間勝点1位チームと、スーパーステージ進出対象チームが重複した場合は、
  年間勝点1位チームはチャンピオンシップに進出し、スーパーステージには出場しない。
  各ステージの1位チームおよび年間勝点2位、3位チームが重複する場合は、
  各ステージ1位チームがシードされる。
  ただし、スーパーステージ出場権を持ったチームが降格対象となった場合は参加資格を失う。

  試合会場はステージ1位チームをホームとする。



  チャンピオンシップ(仮称)

  年間勝ち点1位のチームと、スーパーステージの勝利チームによる対戦。
  (試合方および試合数は検討中。決定次第発表。)



  年間順位の決定方法

  チャンピオンシップ勝者を年間優勝チームとし、敗者を2位とする。
  3位以下については、チャンピオンシップ出場チームを除く年間勝ち点の
  順位で決定する。
  (AFCチャンピオンズリーグには、上記年間順位上位3位が出場する。)



と今のところ発表されています。

では、1stステージと2ndステージを共に同一チームが制す完全優勝をした場合
(当然、年間勝ち点1位になるはず)も、チャンピオンシップをするんでしょうか?

それでなくともチーム数の増加でレベルの低下が著しいのに、
前後期にして、スーパーステージして、チャンピオンシップして
となったら、今季よりも試合数が増加して試合間隔が詰め込まれて
面白い試合が減っていきそうな気がします。

一時しのぎのトーナメント戦で観客数を増やそうとするんではなく、
J1リーグの価値を高める取り組みをするべきだと思います。
昨季の大分トリニータや今季の徳島ヴォルティスを見ても分かるように、
J2のトーナメントを上がってきた中位チームがJ1レベルに無いのは
明らかですし、残留を目標に戦うチームがシーズン前に、
「やるからには優勝を目指す。」
と言っていたのも違和感がありました。


J1だけでなく、J2をもっと魅力のあるリーグにしないと
Jリーグに未来は無いと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/14ホンジュラス戦、11/18オーストラリア戦 代表メンバー発表

2014-11-09 02:46:38 | Jリーグ & 日本代表
2014年11月14日のホンジュラス戦と、
11月18日のオーストラリア戦の日本代表の
召集メンバーが発表されましたので確認して
おきたいと思います。





日本代表
PosNo選手名所 属生年月日身長体重
GK川島 永嗣
(カワシマ エイジ)
スタンダール・リエージュ
(ベルギー)
1983/3/2018582
23東口 順昭
(ヒガシグチ マサアキ)
ガンバ大阪1986/5/1218478
12西川 周作
(ニシカワ シュウサク)
浦和レッズ1986/6/1818381
DF森重 真人
(モリシゲ マサト)
FC東京1987/5/2118376
21太田 宏介
(オオタ コウスケ)
FC東京1987/7/2317878
内田 篤人
(ウチダ アツト)
シャルケ04
(ドイツ)
1988/3/2717662
22吉田 麻也
(ヨシダ マヤ)
サウサンプトン
(イングランド)
1988/8/2418978
16塩谷 司
(シオタニ ツカサ)
サンフレッチェ広島1988/12/518280
酒井 高徳
(サカイ ゴウトク)
シュツットガルト
(ドイツ)
1991/3/14176174
18昌子 源
(ショウジ ゲン)
鹿島アントラーズ1992/12/1118274
松原 健
(マツバラ ケン)
アルビレックス新潟1993/2/1618070
MF遠藤 保仁
(エンドウ ヤスヒト)
ガンバ大阪1980/1/2817875
15今野 泰幸
(コンノ ヤスユキ)
ガンバ大阪1983/1/2517873
17長谷部 誠
(ハセベ マコト)
フランクフルト
(ドイツ)
1984/1/1818073
10香川 真司
(カガワ シンジ)
ドルトムント
(ドイツ)
1989/3/1717264
13田口 泰士
(タグチ タイシ)
名古屋グランパス1991/3/1617465
19森岡 亮太
(モリオカ リョウタ)
ヴィッセル神戸1991/4/1218070
20柴崎 岳
(シバサキ ガク)
鹿島アントラーズ1992/5/2817564
FW11豊田 陽平
(トヨダ ヨウヘイ)
サガン鳥栖1985/4/1118579
岡崎 慎司
(オカザキ シンジ)
マインツ05
(ドイツ)
1986/4/1617476
本田 圭佑
(ホンダ ケイスケ)
ACミラン
(イタリア)
1986/6/1318274
乾 貴士
(イヌイ タカシ)
フランクフルト
(ドイツ)
1988/6/216959
14武藤 嘉紀
(ムトウ ヨシノリ)
FC東京1992/7/1517872



ホンジュラス戦は勝って当たり前だと思います。
アジアカップに向けてはオーストラリア戦でどうかが重要だと思います。


僕の注目選手は、内田選手です。
内田選手の気の利いたプレーが好きです。

ようやく招集された豊田選手にも期待したいと思います。

後は、変なプレッシャーに押される形で招集された遠藤選手などの
経験値のある選手が出来るのは当然ですから、はじき出される形で
スタメンを外れるであろう柴崎選手にも期待したいと思います。

今回もなぜか宇佐美選手が招集されませんでした。
宇佐美選手が中心になってくると僕は勝手に思っているので納得
いきません。
監督が選ぶのでしょうがないとはいえ、宇佐美選手は代表に入るべきです。


毎回しつこく書いてますが、
代表の9番と10番は他の選手につけて欲しいと僕は思っています。

香川選手が必ずスタメンなのもどうかと思っています。
本来の実力を発揮出来たらスタメンに戻るくらいでないと、
前園選手のような期待に応えてくれなかった選手になってしまいそうで・・・。
僕的にはインサイドハーフとしては香川選手よりも清武選手の方がフィットしそう
な気もするんですが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10/10 ジャマイカ戦 & 10/14 ブラジル戦 日本代表

2014-10-07 02:21:43 | Jリーグ & 日本代表
2014年10月10日のジャマイカ戦と、
10月14日のブラジル戦の日本代表の
召集メンバーが発表されましたので確認して
おきたいと思います。



日本代表
PosNo選手名所 属生年月日身長体重
GK川島 永嗣
(カワシマ エイジ)
スタンダール・リエージュ
(ベルギー)
1983/3/2018582
12西川 周作
(ニシカワ シュウサク)
浦和レッズ1986/6/1818381
23権田 修一
(ゴンダ シュウイチ)
FC東京1989/3/318785
DF水本 裕貴
(ミズモト ヒロキ)
サンフレッチェ広島1985/9/1218374
長友 佑都
(ナガトモ ユウト)
インテル
(イタリア)
1986/9/1217068
21太田 宏介
(オオタ コウスケ)
FC東京1987/7/2317878
20西 大伍
(ニシ ダイゴ)
鹿島アントラーズ1987/8/2817673
16塩谷 司
(シオタニ ツカサ)
サンフレッチェ広島1988/12/518280
15鈴木 大輔
(スズキ ダイスケ)
柏レイソル1990/1/2918178
酒井 高徳
(サカイ ゴウトク)
シュツットガルト
(ドイツ)
1991/3/14176174
MF森重 真人
(モリシゲ マサト)
FC東京1987/5/2118376
13細貝 萌
(ホソガイ ハジメ)
ヘルタ・ベルリン
(ドイツ)
1986/6/1017668
田中 順也
(タナカ ジュンヤ)
スポルティング
(ポルトガル)
1987/7/1518075
10香川 真司
(カガワ シンジ)
ドルトムント
(ドイツ)
1989/3/1717264
17森岡 亮太
(モリオカ リョウタ)
ヴィッセル神戸1991/4/1218070
柴崎 岳
(シバサキ ガク)
鹿島アントラーズ1992/5/2817564
22田口 泰士
(タグチ タイシ)
名古屋グランパス1991/3/1617465
FW岡崎 慎司
(オカザキ シンジ)
マインツ05
(ドイツ)
1986/4/1617476
本田 圭佑
(ホンダ ケイスケ)
ACミラン
(イタリア)
1986/6/1318274
18ハーフナー・マイク
(ハーフナー・マイク)
コルドバ
(スペイン)
1987/5/2019485
19小林 悠
(コバヤシ ユウ)
川崎フロンターレ1987/9/2317770
11柿谷 曜一朗
(カキタニ ヨウイチロウ)
バーゼル
(スイス)
1990/1/317768
14武藤 嘉紀
(ムトウ ヨシノリ)
FC東京1992/7/1517872



ジャマイカ戦は勝つために組んだ試合のはずですから、
当然ホームでの勝利がノルマで、かつ、試合内容も重要です。

勝ったら拍手ではなく、厳しい要求を突きつけるのも
サポーター並びにマスコミ、解説者の務めだと思います。

決定機を外した選手にはブーイングかため息が出るような、
試合開始から終了までずっと同じように歌ってジャンプして
叫んでいるような応援形態が少しずつでも変わってくれば
いいのになと思います。

試合結果と試合後の反応を楽しみにしたいと思います。



ブラジル戦は負けない試合が出来るかどうか。
中立地で各上相手に引き分け、もしくは最少失点での敗戦、
ということが出来るかが目安になってくると思います。



注目選手は、香川選手になってくると思います。
代表の中心選手としているのか、いらんのか?

あの守備力とプレーの軽さでスタメンで使えるのか?
攻めにいくときの切り札として使うのか?


これからの代表は柴崎選手と、今回はなぜか招集されませんでしたが、
宇佐美選手が中心になってくると僕は勝手に思っています。


何回もしつこく書いてますが、
代表の9番と10番はほかの選手につけて欲しいと僕は思っています。

その考えが間違いだと思わせてくれる活躍をこの2連戦でみせて欲しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウルグアイ戦 & ベネズエラ戦

2014-09-10 01:29:52 | Jリーグ & 日本代表
9月5日(金)にウルグアイ戦、
9月9日(火)にベネズエラ戦、
がキリンチャレンジカップとして行われました。

2014年ブラジルワールドカップ後の初の代表戦。

アギーレ監督の初試合。

として注目されていたようですが、
この時期ではそれほど注目するような必要もないと僕は思いますので、
2試合まとめて簡単に確認しておきたいと思います。



 
日本 vs ウルグアイ
 
2014年9月5日(金) 19時25分キックオフ  札幌ドーム
 
日 本 代 表前 半ウルグアイ代表
後 半
 得 点 エディソン・カバーニ
   (前半34分)
 アベル・エルナンデス
   (後半25分)
 警 告 マルティン・カセレス
   (後半22分)


日本代表 ウルグアイ代表
出場選手名NoPosPosNo選手名出場
 川島 永嗣1GKGK1フェルナンド
 ・ムスレラ
 
 長友 佑都5DFDF2ホセ・マリア
 ・ヒメネス
 
 坂井 達弥15DFDF3ディエゴ
 ・ゴディン
 
87酒井 宏樹21DFDF16マキシミリアム
 ・ぺレイラ
76
⇒87酒井 高徳3DFDF13マティアス
 ・アギーレガライ
⇒76
 吉田 麻也22DFDF22マルティン
 ・カセレス
84
89森重 真人6MFMF5カミーロ
 ・マジャダ
⇒84
⇒89森岡 亮太10MFMF7クリスティアン
 ・ロドリゲス
73
76田中 順也8MFDF6アルバロ
 ・ペレイラ
⇒73
⇒76柿谷 曜一朗11FWMF14ニコラス
 ・ロデイロ
 
 細貝 萌13MFMF17エヒディオ
 ・アレバロ・リオス
 
 本田 圭佑4FWMF18マティアス
 ・コルホ
69
 岡崎 慎司9FWMF20アルバロ
 ・ゴンサレス
⇒69
58皆川 佑介19FWFW9ディエゴ
 ・ロラン
65
⇒58武藤 嘉紀14FWFW8アベル
 ・エルナンデス
⇒65
控え西川 周作12GKFW21エディンソン
 ・カバーニ
58
控え林 彰洋23GKFW11クリスティアン
 ・ストゥアニ
⇒58
控え水本 裕貴2DFGK12マルティン
 ・シルバ
控え
控え松原 健16DFMF10ヒオルヒアン
 ・デアラスカエタ
控え
控え柴崎 岳7MF 
 
 
 
 
 
控え扇原 貴宏20MF
控え大迫 勇也18FW






 
日本 vs ベネズエラ
 
2014年9月9日(火) 19時20分キックオフ  横浜国際総合競技場
 
日 本 代 表前 半ベネズエラ代表
後 半
武藤 嘉紀 
(後半6分) 
柴崎 岳 
(後半21分) 
得 点 マリオ・ロンドン
   (後半13分)
 ガブリエル・シチェロ
   (後半26分)
森重 真人 
(前半29分) 
水本 裕貴 
(後半12分) 
警 告 ルイス・マヌエル・セイハス
   (前半10分)
 
 


日本代表 エクアドル代表
出場選手名NoPosPosNo選手名出場
 川島 永嗣1GKGK12ダニエル
 ・エルナンデス
 
 水本 裕貴2DFDF4オスワルド
 ・ビスカロンド
 
 酒井 高徳3DFDF6ガブリエル
 ・シチェロ
 
 長友 佑都5DFDF20グレンディー
 ・ペロソ
76
 吉田 麻也22DFDF21アレクサンデル
 ・ゴンサレス
⇒76
 森重 真人6DFMF8トマス
 ・リンコン
 
 柴崎 岳7MFMF13ルイス・マヌエル
 ・セイハス
76
75細貝 萌13MFMF78フランコ
 ・シニョレリ
⇒76
⇒75田中 順也8MFMF14アレハンドロ
 ・ゲラ
66
 本田 圭佑4MFFW7ニコラス
 ・フェドル
⇒66
45柿谷 曜一朗11FWMF16ロベルト
 ・ロサレス
 
⇒45武藤 嘉紀14FWFW15マリオ
 ・ロンドン
89
45大迫 勇也18FWFW11ファン
 ・ファルコン
⇒89
⇒45岡崎 慎司9FWFW23サロモン
 ・ロンドン
81
控え西川 周作12GKFW17ホセフ
 ・マルティネス
⇒81
控え林 彰洋23GKGK1レニー
 ・ベガ
控え
控え坂井 達弥15GKDF3ルベルト
 ・キハダ
控え
控え松原 健16DFMF19エドハル
 ・ヒメネス
控え
控え酒井 宏樹21DFFW10ペドロ
 ・ラミレス
控え
控え森岡 亮太10DF 
 
 
 
 
 
控え扇原 貴宏20MF
控え皆川 佑介19FW



正直、観るべきものは何もなかったと思います。
強いて言えば、
ウルグアイ代表に2対0でホームで負けても、
ベネズエラ代表に2対2で引き分けても、
試合終了後にブーイングの1つも聞こえず、
拍手で出迎えているサポーターはどうかと思います。


川島選手の言い訳のきかないファンブルで失点しての
同点も酷いもんでした。
あのプレーにブーイングが出ないのも驚きでした。
あのプレーを浦和やFC東京の選手としてやっていたら、
何も反応はなかったんでしょうか?


解説者があのプレーに関して何も言わないのも困ります。
致命的なミスを1試合に1度はしてしまうのは、
川崎フロンターレ時代から変わらずです。
バックパスの処理等を考えても西川選手を正ゴールキーパー
にするべきだと思います。
ファインセーブもするけど凡ミスもするキーパーは如何なもんかと。



武藤選手と柴崎選手が得点を奪ったのはいいことだったと思いますが、
イージーミスが多く期待外れでがっかりしました。

ワールドカップで結果を残せなかった日本代表の再スタート
としてはしょぼい試合だったと思います。
観た限り、本田選手も長友選手も絶対の存在ではないと思います。
香川選手がいても同じような気もします。

他の選手もアピールしているようにはみえませんでした。



1つだけ感想を書かせてもらえば、
遠藤選手の後継者は本田選手がベストではないかと
改めて感じさせてくれた2試合でした。

来年のアジアカップまで試行錯誤が続くでしょうが、
アギーレ監督には期待していいんでしょうか?
2年くらいは与えないといけないとは思いますが、
ザッケローニ監督のように、ピークの持って行き方を
間違えて、下り坂でワールドカップに挑まれては困ります。
協会もアギーレ監督にはきっちりとノルマを課して、
それをクリア出来なければ監督交代を考えて欲しいと思います。

最後に、アギーレ監督には、試合に出ている選手を選んで欲しいと思います。
少なくとも、ビッグチームの控えの選手よりもJリーグのレギュラー選手の
方がコンディションも良く戦えます。
自チームで試合に出られないのに1年間を棒に振るような残念な選手が
減る様にして欲しいと思います。
日本はまだそこまで選手層が厚くありません。
海外に行くような選手が試合にも出んと伸び悩んでるような環境を
改善するきっかけになって欲しいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加