お願いしますよ

お願いしたいことを思い付いた時に・・・。

2016年 クライマックスシリーズ ファイナルステージ 第4戦

2016-10-16 04:28:14 | ライオンズ 2016
 
 10月15日(土)にクライマックスシリーズのファイナルステージの第4戦
 が札幌ドームで行われ、福岡ソフトバンクホークスが踏ん張って2勝目となりました。
 
 
 
 
2016年 クライマックスシリーズ ファイナルステージ 第4戦
 
 
 2016年10月15日(土)  札幌ドーム  14時試合開始  観衆数:41,138人  試合時間:3時間7分
 
    
 Hawks   12
 Fighters   
 
北海道日本ハムファイターズ
3 勝 0 分
 福岡ソフトバンクホークス
2 勝 0 分
Pos選 手 名責 任 投 手 / 本 塁 打 / バ ッ テ リ ー選 手 名Pos
 西川 遥輝勝利投手 バンデンハーク(H)1勝0敗S中村 晃 
 中島 卓也セーブ サファテ(H)0勝0敗2S本多 雄一 
 大谷 翔平敗戦投手 高梨(F)0勝1敗0S柳田 悠岐 
 中田 翔本塁打 長谷川1号(2回ソロ、高梨)内川 聖一 
 近藤 健介 今宮1号(4回2ラン、高梨)長谷川 勇也 
 レアード 松田2号(6回ソロ、白村)松田 宣浩 
 陽 岱鋼 明石 健志 
 大野 奨太バッテリー バンデンハーク、岩嵜、森福、スアレス、サファテ
   - 髙谷、細川
今宮 健太 
 田中 賢介 高梨、鍵谷、白村、井村 - 大野髙谷 裕亮 
先発 高梨 裕稔審 判 球審:名幸、塁審:飯塚、佐々木、敷田、線審:土山、西本バンデンハーク 先発

 
 
 
 
  今日は、もう、バンデンハーク投手の好投に尽きると思います。
 
  あとは、このシリーズではミスした方が負けるようです。
 
  崖っぷちのホークスが開き直ったかのような強さがありました。
 
  3回表の二死からの本多選手のヒット、柳田選手の初球に2盗、
  大野捕手の2塁への悪送球で一気に3塁へ進塁、
  柳田選手がタイムリーで奪った2点目はかなり大きかったと思いますし、
  その後に、内川選手の4球目に2盗を決め、
  高梨投手のワイルドピッチで一気に3塁へ進塁、
  内川選手が空振り三振で追加点は奪えなかったものの、
  ホークスの機動力がファイターズを上回っています。
 
 
  ただ、今日はバンデンハーク投手が良過ぎました。
  ので、ファイターズにとっては諦めの付けやすい敗戦になったと思います。
  それに、良過ぎたバンデンハーク投手からでも大谷選手がしっかりと
  タイムリーを打って、2点を奪って完封負けはしっかりと阻止しました。
 
 
  ファイターズにとっては田中選手の不振が大誤算だとは思いますが、
  西川選手と近藤選手が好調なのが目に付きます。
 
  逆にホークスは不調だった長谷川選手に一発が出たものの、
  柳田選手はまだまだですし、下位打線は皆目でした。
  ファーストステージで活躍した今宮選手に当たりが出たのは大きいと思います。
 
 
  結局、強いチーム同士の対戦なので、ミスをした方が負けるようです。
  特に、キャッチャーのエラーが大きく勝敗に関わってくるような気がします。
 
  大野捕手にとっては盗塁を刺せない苦しい展開が続いていますし、
  両チームの捕手共に、ランナーがいる時にワイルドピッチやパスボールが出ると
  かなりの確率で失点しているように思います。
 
 
  両チーム共に走れる選手が複数いるだけに、
  バッテリーエラーが勝敗を大きく左右するシリーズになりそうです。
 
 
 
 
 
  明日10月16日の予告先発は、
 
  ファイターズが、加藤 貴之 投手、
 
  ホークスが、攝津 正 投手、
 
  と発表されています。
 
 
  ホークスは負けたら終わりは一緒ですから、
  あと2試合勝つのみです。
  今シーズンは活躍できなかった攝津投手が意地をみせるか?
 
  ファイターズは明日で決めたいところでしょうが・・・。
  ファイターズの方が先発投手が苦しいような気がします。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 クライマックス... | トップ | 2016年 クライマックス... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL