お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

4/29 福岡ソフトバンクホークス戦 5回戦

2016-04-30 03:55:49 | ライオンズ 2016
  4月29日(金)に行われた対ホークス5回戦は、
 
  十亀投手がようやく今季初勝利を挙げてくれました!
 
 
 
  2016/04/29  vs 福岡ソフトバンクホークス 5回戦  対戦成績:2勝3敗0分
   14時試合開始  試合時間:3時間19分  ヤフオクドーム  観衆:35,622人
 
TEAM101112
Lions   
Hawks   
勝利投手 十亀(L)1勝1敗0S
セーブ 
敗戦投手 中田(H)0勝1敗0S
本塁打 メヒア9号(2回ソロ)、栗山1号(7回ソロ)
 
盗 塁 浅村1個
 
バッテリー 十亀、武隈、牧田、増田 - 岡田、炭谷
 中田、東浜、岡本、飯田 - 高谷、斐紹



 
埼玉西武ライオンズ 打者出場成績
 
Pos選 手 名
 











(中) 秋山 翔吾.2984001300000
(二) 浅村 栄斗.2124010210100
(左) 栗山 巧.2834111210001
  外崎 修汰.1670000000000
(指) 中村 剛也.3002100120000
(一) メヒア.3213111010001
(右) 坂田 遼.2504111000010
 右左 熊代 聖人.2500000000000
(三) 渡辺 直人.3854110000000
(捕) 岡田 雅利.2734110300000
  炭谷 銀仁朗.2410000000000
(遊)右 金子 侑司.2444113000000
合 計.268337771150122



 
埼玉西武ライオンズ 投手登板成績
 
勝 敗
セーブ
投 手 名防御率投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
 十亀 剣6.15726120303210
  武隈 祥太2.510.1/3416200122
  牧田 和久1.930.2/3210001000
  増田 達至2.891314002000

 
 
 
  という結果でした。
 
 
  4回表の一挙5点で結果的には大勝と言える勝利でしたが、
  小さくないミスがまたもや出てしまい、
  1回裏で勝負が決まってしまう可能性もありました。
 
  先発の十亀投手は7回を被安打3、与四球2、失点1、自責点0、
  と、立ち上がりはどうなるかと思いましたが、粘り強く投げ続け、
  尻上がりに調子を上げて、ようやく今季初勝利を飾ってくれました。
  本当に長い間待った1勝でした。
  待たされた分これからは連勝していって欲しいと思います。
 
 
 
  1回裏の失点はひどかったです。
  先頭の福田選手の痛烈なピッチャーライナーを十亀投手が良く捕って一死。
  続く今宮選手をショートフライに抑えて二死。
  続く柳田選手もピッチャーゴロに抑えるも十亀投手がまさかの悪送球で二死1塁。
  続く内川選手にライト前ヒットを打たれました。
  まさかの坂田選手が後逸する間に柳田選手がホームインして0対1に。
  続く松田選手には四球を選ばれて二死2・1塁。
  続く中村選手を見逃し三振に抑えてチェンジに。 
 
 
  十亀投手は今年良く見た1塁への牽制悪送球と同じような悪送球でした。
  坂田選手は不注意としか言えない軽率なミスでした。
  正直、草野球か!と言ってしまうほどの拙い守備でした。
 
  ただ、ラッキーだったと思うのは、内川選手が2塁へ行けなかったこと。
  ここで2塁まで進塁されていれば、どうなったか分からなかったと思います。
 
  で、結局、十亀投手はこの回だけで35球投げました。
  2回で57球、3回で72球、・・・。
  よく7回まで投げて120球で済んだなぁというのが素直な感想です。
  どうも、十亀投手はファーストへ少し抜いて投げるのが苦手なようです。
  ですが、自身のピンチを招くことにもなりますし、こればっかりは練習して
  もらわないとしょうがないと思います。
 
  それと2回表のメヒア選手のホームランですぐさま同点に追い付けたことが
  1回裏の嫌な感じの失点を帳消しにしてくれました。
 
 
  攻撃で言えば4回表によく5点奪えたなと思います。

  先頭の中村選手が四球を選び無死1塁。
  続くメヒア選手が死球を受けて無死2・1塁。
  続く坂田選手がライト前へタイムリーヒットで1対2に、
  自身のエラーをバッティングで返してくれました。
  なお無死2・1塁。
  続く渡辺選手が送りバントを試みるも、キャッチャーゴロとなり、
  送りバント失敗で三塁封殺され一死2・1塁。
  続く岡田捕手がライト前ヒットで一死満塁。
  続く金子侑選手がライトへ走者一掃の3点タイムリースリーベースで1対5、
  なお一死3塁。
  続く秋山選手がセンターへきっちり犠牲フライを放ち1対6。
  続く浅村選手が見逃し三振でチェンジに。
 
  今シーズン渡辺選手は送りバントの失敗の印象が強いです。
  あんまりバントが得意ではないのかなと。
  ちなみに、僕が観る限りでは金子侑選手も送りバントは上手くありません。
  セーフティバントは結構するんですが・・・。
 
  しかしながら、その後の選手がよく繋いでくれました。
  ここ最近では珍しく打線が繋がったイニングだったと思います。
  ですが、やはり送りバントが決まっていれば、もう少し楽に追加点も
  奪えていたように思います。
  ホークスのような強いチーム相手では、後から考えてみればあの場面で
  あと1点取れていればという場面が多々出てきますので、
  防げるミスは減らしていきましょう。
 
 
 
  最後に1つだけ、9回裏の選手交代は守備固めになってません。
  文句ばっかり書いて申し訳ないんですが・・・。
  キャッチャーを炭谷捕手に。
  8回裏からライトに入っていた熊代選手をレフトに。
  ここまでは分かるんです。
 
  金子侑選手に代えて外崎選手をショートに。
  金子侑選手をショートからライトに。
  これでは守備固めとは言えないでしょう?
  残っていた野手を確認すると、
  捕手が、上本捕手、
  内野手が、木村昇選手と外崎選手、
  外野手が、大選手と竹原選手、
  終盤になると特に外野手を交代させることが多くなるので、
  ベンチ入りメンバーももう少し考えないといけないような気がしました。
  勝てたから余計にそう思ってしまいました。
 
 
 
  では、試合後の田邊監督のコメントを。
 
  「十亀は序盤ボールが先行したが、5点を取ってから変化球でストライクがとれ、
   ストライク先行でいけた。
   岡田のリードがインサイド攻めだったため、ソフトバンク打線が嫌がっていたと思う。
   打つべき人が打ってつないでくれた。
   メヒアも流れを変えてくれる1本を打ってくれた。
   カードの初戦をとれたのは大きい。
   勝ち越したい。」
 
 
 
  最後に次戦の予定と予告先発を確認します。
 
 
 
4月30日(土) vs 福岡ソフトバンクホークス 6回戦   ヤフオクドーム  13時試合開始
 
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ
対 L   3 勝 2 敗 0 分対 H   2 勝 3 敗 0 分
 
予告先発41千 賀  滉 大右投 予告先発17高 橋  光 成右投
 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ
今季成績2.90今季成績
vs L 成績2.87vs H 成績

 
 
  と、発表されております。
 
  今季初登板の高橋光投手が先発です。
  思いっ切り期待を込めたいと思います。

  5カードぶりのカードの初戦をものにしました。
  ホークス相手に3連勝を目指して、
  高橋光投手が今季初先発で初勝利を挙げられるように、
  打撃陣の奮起に期待します。
  中村選手、メヒア選手よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出場登録選手・抹消 4/28

2016-04-29 03:53:12 | ライオンズ 2016
  本日4月28日は試合がありませんでしたので、
 
  今日までの出場選手登録&抹消の情報を確認したいと思います。
 
 
 




 
登   録
 
 
日   付
 
 
抹   消
 
投 手12 郭 俊麟3月23日(水) 
14 増田 達至
16 菊池 雄星
21 十亀 剣
30 岡本 洋介
35 牧田 和久
43 高橋 朋己
47 バンヘッケン
48 武隈 祥太
54 C.C.リー
捕 手10 森 友哉
27 炭谷 銀仁朗
37 岡田 雅利
49 上本 達之
内野手00 水口 大地
 鬼 裕司
 渡辺 直人
32 浅村 栄斗
33 山川 穂高
44 外崎 修汰
60 中村 剛也
99 メヒア
外野手 栗山 巧 
55 秋山 翔吾
58 熊代 聖人
61 田代 将太郎
88 坂田 遼 
投 手11 岸 孝之3月29日(火) 
投 手20 野上 亮磨3月30日(水)内野手33 山川 穂高
 
 
登   録
 
 
日   付
 
 
抹   消
 
投 手29 小石 博孝4月3日(日)投 手30 岡本 洋介
 4月4日(月)内野手00 水口 大地
内野手 金子 侑司4月5日(火) 
外野手 竹原 直隆4月22日(金)投 手43 高橋 朋己
 大 雄太朗外野手61 田代 将太郎
投 手63 佐藤 勇4月23日(土)捕 手10 森 友哉
内野手 木村 昇吾内野手 鬼 裕司
投 手30 岡本 洋介4月24日(日)投 手47 バンヘッケン
 4月25日(月)投 手11 岸 孝之
30 岡本 洋介
投 手36 南川 忠亮4月26(火) 

 
 
 
  となっておりました。
 
 
 
  最後に次戦の予定と予告先発を確認します。
 
 
 
4月28日(金) vs 福岡ソフトバンクホークス 5回戦   ヤフオクドーム  14時試合開始
 
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ
対 L   3 勝 1 敗 0 分対 H   1 勝 3 敗 0 分
 
予告先発11中 田  賢 一右投 予告先発21十 亀  剣右投
 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ
今季成績今季成績8.38
vs L 成績vs H 成績

 
 
  と、発表されております。
 
  目下2連敗中の上、対ホークスで言えば3連敗中です。
  十亀投手もそろそろ結果を残してもらわないと、
  正直、あれだけ打たれてきたのでもっと負けててもおかしくないのに、
  十亀投手の成績が1敗のみというのは、
  好調な打撃陣やリリーフ陣(特に牧田投手)に救われてきたからだと思います。
 
  十亀投手は1試合ずつ確実に良くはなってきていますが、
  それも、最初がひどすぎたからです。
  明日は今季初登板の中田投手相手ですから、気持ちの余裕は十亀投手の方が
  あると思いますし、あるはずです。
 
  明日こそ十亀投手の今季初勝利をよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/27 千葉ロッテマリーンズ戦 5回戦

2016-04-28 04:45:00 | ライオンズ 2016
  4月27日(水)に行われた対マリーンズ5回戦は、
 
  菊池投手で負けてしまいました。
 
 
 
  2016/04/27  vs 千葉ロッテマリーンズ 5回戦  対戦成績:2勝3敗0分
   18時試合開始  試合時間:3時間25分  西武プリンスドーム  観衆:12,940人
 
TEAM101112
Marines   10
Lions   
勝利投手 二木(M)2勝2敗0S
セーブ 
敗戦投手 菊池(L)1勝4敗0S
本塁打 
 浅村3号(6回ソロ)
盗 塁 
 
バッテリー 二木、益田、南、香月良 - 田村
 菊池、牧田、C.C.リー、小石、南川 - 炭谷、岡田



 
埼玉西武ライオンズ 打者出場成績
 
Pos選 手 名
 











(中) 秋山 翔吾.3104010000000
(二) 浅村 栄斗.2114121000001
(左) 栗山 巧.2844010100000
(一) メヒア.3204000000000
(右) 坂田 遼.2504000000000
(指) 上本 達之.3813000110000
(三) 渡辺 直人.4004130000000
(捕) 炭谷 銀仁朗.2412000100000
  大 雄太朗.0001000000000
  岡田 雅利.2861010000000
(遊) 金子 侑司.2444010000000
合 計.27135291310001



 
埼玉西武ライオンズ 投手登板成績
 
勝 敗
セーブ
投 手 名防御率投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
 菊池 雄星3.575.0/326102604555
  牧田 和久1.99139000000
  C.C.リー6.301522201000
  小石 博孝4.821518100222
  南川 忠亮0.001520100100

 
 
 
  という結果でした。
 
 
  1回裏のチャンスに先制出来なかったこと、
  6回表に5失点してしまったこと、
  残念ながらマリーンズには力負けしていました。
 
  先発の菊池投手は5回0/3を被安打6、与四球5、失点5、自責点5、
  と、6回持たずにノックアウトされてしまいました。
  6回表に突然崩れ、一死も取れずに交代してしまった菊池投手ですが、
  その後で牧田投手を投げさせるなら、もう少し早く交代させても良かった
  ような気がします。
 
 
 
  勿体無かったのは1回裏。
  先頭の秋山選手がレフトへのツーベースヒットで出塁。
  続く浅村選手がサードゴロで一死2塁。
  続く栗山選手がピッチャーゴロで二死2塁。
  続くメヒア選手の打席で二木投手が暴投して二死3塁。
  メヒア選手はサードゴロでチェンジに。
 
  今のチーム状況を考えれば、浅村選手で送るべきでした。
  一番頼りになるメヒア選手の前で、いかに得点チャンスを作るか、
  それから逆算していくべきでは?
  それが出来ないのなら浅村選手を2番に置いたのは失敗です。
 
 
 
  6回表に菊池投手は突然滅多打ちを喰らってしまいました。
  先頭の中村選手にはショートへの内野安打。
  続く清田選手にセンター前ヒットで無死3・1塁。
  続くデスパイネ選手にセンターへタイムリーツーベースヒットを打たれ0対1、
  なお無死3・2塁。
  続くナバーロ選手に四球を選ばれ無死満塁。
  続く角中選手にはセンターへ2点タイムリーヒットを打たれ0対3、
  なお無死2・1塁。
  続く井口選手に四球を選ばれ無死満塁。
  続く鈴木選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ0対5、
  なお無死2・1塁。
 
  ここで投手交代、菊池投手に代わり牧田投手が登板。
 
  2塁走者の井口選手に代わり代走細谷選手。
 
  続く田村選手をセカンドゴロに抑えて一死3・1塁。
  続く荻野貴選手をファーストへのファウルフライに抑えて二死3・1塁。
  続く中村選手をショートゴロに抑えてチェンジに。
 
  菊池投手は四球を2つ挟んで5連打で5失点。
  その間に投手コーチがマウンドへ行くことも無く、
  内野陣がマウンドへ行くことも無く、
  ただバタバタとヒットを打たれるという悪循環でした。
  コーチも捕手も内野手も何やっとんねんという気がしました。
 
  この回の失点をせめて3点で防げていればまだまだ望みはあったんですが、
  結局、この回の5点で勝敗は決してしまいました。
  もう少し、ベンチワークを考えなければ簡単には勝てません。
 
 
 
  マリーンズ戦見事に2連敗で終わってしまいました。
  とにかく、好守に雑さが目立ちます。
  このままでは上位チームに勝つのは難しいと思ってしまいました。
 
 
 
  では、試合後の田邊監督のコメントを。
 
  「(菊池について)
   連打、連打でつながれてしまった。
   序盤に点を取っていれば良かったんだけど、ちょっと雄星もこらえられずにつかまってしまったかな。
   6回の雄星はやはり甘かった。
   ボールが高かったところを痛打されたし、清田の場面で追い込んだところで真っ直ぐを芯で捉えられてしまった。
   あのようなところは余裕がないと感じた。
   悪循環だったけど、そこで止めるだけの球威を持っているのに制球の甘さでね。
   フォアボールを出したくないという気持ちがあるのだろうか。
   そこでボールがまとまってしまう。
   不思議と雄星が投げる試合は点が取れない。
   次回は点を取ってあげたい。
 
   (相手先発・二木に対して)
   フォークと真っ直ぐにてこずってしまった。
   特に追い込まれると意表を突いて真っ直ぐを投げてきていた。
   各バッターが差し込まれていたね。
   オープン戦で当たっていたけど初対戦みたいなもの。
   ウチはどちらかと言うと初物に弱いので、もうちょっと工夫が必要になってくる。
   チャンスでも有効打が出ないので、点数も入っていない。
   もうちょっとチャンスで出していかないと、1点や2点で終わってしまう。
   その点も考えないといけないね。

   (1回の攻撃について)
   1点を取りに行こうと思ったんだけど、チャンスを広げるために2点、3点と考えていた。
   浅村には打てのサインを出したけど、2番打者としてつなぎ、
   球種やコースなどを考えてバッティングしてほしい。」
 
 
 
  明日4月28日(木)はパ・リーグは試合がありません。
  切り替えて次節に臨んでください。
 
  次節は4月29日(金)~5月1日(日)にかけて、
  ヤフオクドームでの福岡ソフトバンクホークス3連戦です。
  正直、このタイミングでホークスと試合をしたくなかったんですが、
  強い相手に挑んでチームの調子を少しでも上げましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/26 千葉ロッテマリーンズ戦 4回戦

2016-04-27 04:36:23 | ライオンズ 2016
  4月26日(火)に行われた対マリーンズ4回戦は、
 
  攻守共にミスが出て、苦手の石川投手に抑えられてしまいました。
 
 
 
  2016/04/26  vs 千葉ロッテマリーンズ 4回戦  対戦成績:2勝2敗0分
   18時試合開始  試合時間:2時間41分  西武プリンスドーム  観衆:12,843人
 
TEAM101112
Marines   
Lions   
勝利投手 石川(M)2勝1敗0S
セーブ 西野(M)2勝0敗7S
敗戦投手 野上(L)2勝3敗0S
本塁打 デスパイネ5号(4回2ラン)
 
盗 塁 荻野1個
 
バッテリー 石川、内、西野 - 田村
 野上、南川、佐藤 - 炭谷



 
埼玉西武ライオンズ 打者出場成績
 
Pos選 手 名
 











(中) 秋山 翔吾.3134120000000
(三) 渡辺 直人.3552000001000
  上本 達之.4441001000000
  木村 昇吾.5000000000000
(左) 栗山 巧.2864000100000
(一) メヒア.3334000100000
(右) 坂田 遼.2614110100000
(指) 竹原 直隆.3334010000000
(二) 浅村 栄斗.1984021100000
(捕) 炭谷 銀仁朗.2474020000000
(遊) 金子 侑司.2433000000000
合 計.27134282401000



 
埼玉西武ライオンズ 投手登板成績
 
勝 敗
セーブ
投 手 名防御率投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
 野上 亮磨3.26729106814155
  南川 忠亮0.00138000000
  佐藤 勇0.001417100100

 
 
 
  という結果でした。
 
 
  まず初めに、
  南川投手と佐藤投手がプロ入り初登板を無失点で抑えてくれました。
  両投手共にナイスピッチングでした。
 
  南川忠亮投手は清田選手、デスパイネ選手、角中選手というマリーンズの
  クリーンアップ相手にわずか8球と見事に三者凡退に抑えてくれました。
 
  佐藤勇投手はヒットと四球で走者を許すも、細谷選手をピッチャーゴロに抑え、
  1-6-3の併殺打できっちりと無失点で乗り切ってくれました。
 
  しばらくはリリーフ登板が続くと思いますので、
  開幕から中継ぎ投手が登板過多になりつつある中で貴重な戦力になってください。
  よろしくお願いします。
 
 
  先発の野上投手は7回を被安打8、被本塁打1、与四球1、失点5、自責点5、
  と、合格点と言える投球はみせてもらえませんでした。
  立ち上がりは調子が良さそうだっただけに、突然崩れた4回表だけが非常に悔やまれます。
  ただ、悪い中でも7回まで投げてくれたのは良かったと思います。
 
 
 
  好守共に記録に残らないミスがまたありました。
 
  大きかったのは攻撃面では2回裏。
  先頭の坂田選手がライトへのツーベースで無死2塁。
  続く竹原選手の一二塁間を抜けそうな打球が
  ナバーロ選手の好守に阻まれセカンドゴロで一死3塁。
  続く浅村選手が右中間へのタイムリーヒットで先制!
  なお、一死1塁。
  続く炭谷捕手が詰まりながらもライト前ヒットで一死3・1塁。
  続く金子侑選手がセーフティスクイズを試みるも失敗して、
  キャッチャーフライで二死3・1塁。
  続く秋山選手がショートゴロでチェンジに。
 
  金子侑選手は初球にセーフティスクイズ失敗でファウル。
  2球目は見逃してボール。
  3球目を再度セーフティスクイズを試みるも失敗してキャッチャーフライ。
 
  2回もセーフティスクイズをする必要は無かったような気がします。
  恐らく金子侑選手の初球も3球目も見逃せばボールだったと思います。
  1塁走者が炭谷捕手だったとは言え、左打席だった金子侑選手の足を考えると
  ダブルプレーになる確率も少ないと思いますし、初球のセーフティスクイズ失敗の後は、
  自由に打たせた方が良かったような気がします。
  やるなら中途半端なセーフティスクイズじゃなく、カウントを整えてからスクイズで
  勝負するべきでした。
  この回にあと1点でも奪えていれば、違った試合展開になったような気がしただけに、
  勿体なかった2度のスクイズ失敗でした。
 
 
  守備のミスは4回表。
  先頭の清田選手にがライト前ヒットを打たれ無死1塁。
  続くデスパイネ選手にがライトスタンドへ逆転となる2ランホームランを叩き込まれました。
  続く角中選手にセンター前ヒットを打たれて無死1塁。
  続くナバーロ選手にセンターへタイムリーツーベースヒットを打たれ1対3に。
  なお無死2塁。
  続く鈴木選手をセカンドゴロに抑えて一死3塁。
  続く田村選手の詰まり気味の打球を金子侑選手が背走してナイスキャッチをするも、
  捕球態勢が悪く、3塁走者のナバーロ選手にタッチアップされて1対4に。
  続く根元選手を空振り三振でチェンジに。
 
  この回の4点目、田村選手の犠牲フライで奪われた1点が痛かったです。
  僕が観た限り、センターの秋山選手は十分間に合ってました。
  なのに、金子侑選手に任せたように途中で止まってしまいました。
  あの位置で秋山選手が捕球したなら、タッチアップはあり得ませんでした。
  金子侑選手が悪いわけでは無く、声での連携不足だったというのが1つと、
  優先順位は外野手の方にあるわけですし、ましてや秋山選手だっただけに、
  金子侑選手に打球処理を譲ったのは判断ミスでした。
 
  守備範囲、肩の強さとパ・リーグで1、2を争うセンターと言える秋山選手だけに、
  この4点目を防げなかったのは大きなミスだと思いました。
 
 
 
  これで5カード続けて連戦の初戦を落としてしまいました。
  5カード連続で勝ち越せていません。
  一週間で1つずつ借金が増えていっています。
  4月は23試合が予定されていて、
  今日で20試合終了して8勝11敗1分となっています。
  あと1つでも負ければ4月は負け越しが決まってしまいます。
  先発投手陣が苦しくなってきましたが、あと3試合を全部勝って、
  借金を1つでも減らして5月の連戦へ挑んでください。
 
 
 
  では、試合後の田邊監督のコメントを。
 
  「(4点を失った4回表について)
   もったいなかったな。
   あの回だけは制球が甘かった。
   4回だけなんだけどな・・・。
   4番のデスパイネを警戒するのは分かるけれど、
   ボールじゃなくてストライクを取りに行かなきゃね。
   塁も出したくないのだから。
 
  (石川に対して6連敗)
   今日は立ち上がりだよね。
   向こうも手探りのピッチングだった。
   序盤で攻めたかったけど、こっちにミスもあって立ち直らせてしまった。
 
  (ショートフライで生還されたことについて)
   あの場面は外野が取らないと。
   背走しているショートが捕ってしまってはあのような結果になってしまう。
   秋山が落下点まで届いてないことも大いに考えられる。
   なるべくなら外野が捕らなきゃいけないよね。
 
  (プロ初登板の南川、佐藤について)
   まずまずだよね。
   緊張しただろうし、その割には1イニング抑えてくれた。
   そこは明るい材料ですね。
   試合前には「しっかり自分の力を出してくれ。」と声を掛けたよ。
 
  ( カード初戦が取れないことについて)
   早いこと勢いをつけたいけれど相手もいることなので、我慢して行きたいと思います。」
 
 
 
  最後に次戦の予定と予告先発を確認します。
 
 
 
4月27日(火) vs 千葉ロッテマリーンズ 5回戦   西武プリンスドーム  18時試合開始
 
埼玉西武ライオンズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
対 E  2 勝 2 敗 0 分対 L   2 勝 2 敗 0 分
 
予告先発16菊 池  雄 星左投 予告先発64二 木  康 太右投
 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ
今季成績2.67今季成績3.60
vs M 成績3.00vs L 成績

 
 
  と、発表されております。
 
  岸投手が登録抹消された状態で、
  菊池投手で負けるわけはいきません。
  2位のマリーンズに離されないためにも、
  次節のホークス戦の前に借金を増やさないためにも、
  菊池投手が完投勝利するくらいの活躍をみせて欲しいです。
  連敗阻止、よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 順位表 4回目

2016-04-26 02:42:48 | ライオンズ 2016
4月25日(月)は試合がありませんでしたので、
今年4回目となる順位表を確認したいと思います。


4月25日終了時点でのパ・リーグの順位表です。

順位チ  ー  ム  名


 

 



 

 

 

 



 

 




 
1位
 
 福岡ソフトバンクホークス21 12 7 2 .632 104 78 15 23 .267 3.37 122
 
2位
 
 千葉ロッテマリーンズ24 13 10 1 .565 1.0 107 94 15 21 .256 3.40 119
 
3位
 
 埼玉西武ライオンズ24 11 12 1 .478 2.0 113 109 16 14 .273 3.88 119
 
4位
 
 東北楽天ゴールデンイーグルス23 10 11 2 .476 0.0 111 109 8 18 .263 4.25 120
 
5位
 
 北海道日本ハムファイターズ24 11 13 0 .458 0.5 96 90 15 16 .253 3.54 119
 
6位
 
 オリックス・バファローズ22 9 13 0 .409 1.0 67 118 8 13 .238 4.90121



  勝率5割を切って借金1です。
  予想以上に早く息切れしてしまいました。
 
  とうとう本命ホークスが首位に・・・。
  出だしあんなに躓いたのに・・・。
  貯金が早くも5つに・・・。
  まあ、今年も優勝はホークスだと思っていましたので、
  予想通りだと言えばそれまでですが、
  3位以下のチームが早くも借金生活。
  昨シーズン以上の独走を許さないためにも、
  開幕直後のようなホークス戦での精一杯の戦いを心がけて欲しいと思いますが、
  その他の対戦カードで潰し合いしてしまっても困りますし・・・。
  図抜けて強いチームがあると難しいものです。
 
 
  
  取り敢えずは我がライオンズは勝率5割をキープして30試合を乗り切って欲しいと思います。
 
 
 
 
 
 対戦成績も。(昨シーズンの順位で)

 
チ ー ム 名
 
vs Hvs Fvs Mvs Lvs Bvs E
 ホークス2-3
(0)
2-2
(1)
3-1
(0)
2-0
(0)
3-1
(1)
 ファイターズ3-2
(0)
3-3
(0)
2-3
(0)
2-3
(0)
1-2
(0)
 マリーンズ2-2
(1)
3-3
(0)
1-2
(0)
3-2
(0)
4-1
(0)
 ライオンズ1-3
(0)
3-2
(0)
2-1
(0)
3-3
(0)
2-3
(1)
 バファローズ0-2
(0)
3-2
(0)
2-3
(0)
3-3
(0)
1-3
(0)
 イーグルス1-3
(1)
2-1
(0)
1-4
(0)
3-2
(1)
3-1
(0)



  という成績でした。
 
 
  まだ対戦数が少ないので微妙なところですが、
  徐々にホークスが勝ち越しを増やしてきています。
  絶不調だったバファローズがどれくらいで立ち直るか?
  不調の時期のチーム相手に取りこぼしをどれだけ減らせるか?
  ずっと書いてますが、同一カード3連敗だけは阻止して下さい。
 
 
 
 
 
  最後に次戦の予定と予告先発を確認します。
 
 
 
4月26日(火) vs 千葉ロッテマリーンズ 4回戦   西武プリンスドーム  18時試合開始
 
埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
対 M   2 勝 1 敗 0 分対 L   1 勝 2 敗 0 分
 
予告先発20野 上  亮 磨右投 予告先発12石 川  歩右投
 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ
今季成績2.31今季成績1.88
vs M 成績vs L 成績

 
 
  と、発表されております。
 
  僕の一押しの野上投手はここ3試合安定した投球をしてくれています。
  明日の試合も7回を2~3失点くらいで凌いでもらえれば、
  十分勝ち投手になるチャンスはあると思います。
  マリーンズ戦は2連戦ですので初戦必勝で、悪くても1勝1敗でよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加