Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

プレミアムドラマ そこをなんとか  第5回  *感想*

2012-11-20 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「嘘の中の真実」 *

ダメ親父の娘への不器用な愛と ダメ親父を心底嫌いにはなれない娘の想いが描かれた チョッといい話ね。
春菜(村川絵梨)の仕事や 楽子(本仮屋ユイカ)と春菜が出会うクダリに漂う無理矢理感や
幸喜(武田航平)が抱えているトラブルが パ~っと解決してしまう お気楽な展開など
少々突っ込みたくなるトコロもあるのだけれど 全体的には好きなストーリー。
30分で5,250円 (こういうリアルな数字って 初めて耳にした気が・・)という相談料を 
原田哲郎(伊武雅刀)から受け取る際に 楽子が見せる申し訳なさそ~うな様子だとか
イロイロと我慢できなくなって 「あ~っ! も~うっ!!」と しゃがみ込んでしまう様子など
冒頭から 楽子らしさが しっかり表現されているのが いいわぁ。
てっきり 原田のために補償金を獲得すべく 楽子が頑張っていくストーリーが展開されていくのかと思いきや
ストーリーは 思わぬ人情劇へと移っていくワケだけど 
その中にも しっかり 弁護士・楽子の想いが盛り込まれているアタリも良かったなぁ。
「本件は引き受けません。引き受けたくありません。」 などと依頼人に言ってしまう楽子は チョッと新鮮で面白い。 
あ~あ 相当怒ってるな~ と 楽子の感情がストレートに伝わってくるアタリが可愛いし。
私情を挟んで 依頼人に酷いことを言ってしまったと反省し 
菅原(大友康平)の教えのもと 初心にかえる様子も 爽やかで良かった。 
幸喜のエピソードとメインストーリーの絡ませ方や 楽子と春菜の重ね方なども いい感じだし
弁護士としてではなく 同じダメ親を持つ娘として行動する楽子の様子も これまた楽子らしさが感じられるし
花嫁の涙は やっぱりジーンとくるものがあるし・・ イロイロと楽しめるストーリーだった。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

そこをなんとか  第1回  *感想*
そこをなんとか  第2回  *感想*
そこをなんとか  第3回  *感想*
そこをなんとか  第4回  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PRICELESS~あるわけねぇだろ... | トップ | 遅咲きのヒマワリ~ボクの人... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL