Cafe987・ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・ジャパン・バリスタ・サプライ、JBS

三重県桑名市のPre-washed珈琲自家焙煎店。定休は水曜、電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

R-101におけるインバーター装置の考察

2016-11-24 | ◇フジーローヤル 珈琲焙煎機 R-101

風力を増大、可変させる装置について・・



FUJIーROYAL R-101 旧型の改造について

 

多くの方が、「現行型のメインノズル」の交換だけで対処されているようですが、実はその通りで良いと、現時点では私は思います。

そもそも、関東地方(50HZ)で本格的な焙煎をやったことがないので、どれだけ影響があるのか判らないことが出発点です。

それは、つまり、インバーターで各周波数で駆動出来るし、ノズル交換により総合的な焙煎能力もUP出来るのではないか?ということです。

上記の、三相200Vモーターを昨日数焙煎だけ20~120HZで駆動させましたが、その必要性を強くは感じませんでした

但しこの120HZで回すと、あっという間に【冷却】されます。(送風量はスゴイです。)

現在の結論としての下記、

----------------------------------------

まず「排気ダンパー」なんて要らない。ということが第一です。

ノズルに関しては

旧型をお持ちの方でも、その焙煎量によって、かなり考え方が違うと思います。

繁盛店では常に一度に800g~1000g以上(それ以上)煎るとすれば、、「現行のメインノズル」への交換だけでOKです。(多分)

それでも最初は、かなり戸惑うことでしょう。

常に500G以下の焙煎では、ガス圧計(より微圧計)をもっと細かなものに交換すれな良いと思いますが、(そこまでしている人はいますか?)ガスレバーにストッバーも必要です。。

考え方の基本として、まず、まず自分自身の焙煎が判っていて、

Aの部品を変えたら、B.Cの部品(例 、圧力計)も対処して考えないと、

「現行型のノズル」はダメだという単純なアホになります。(ダメなわけがありませんよ。)

私の知る範囲では、皆さん、もっと大きな自作スペシャル・ノズルで、火力の余裕を持って焙煎しています。

これは、馴れの問題、焙煎量でもあります。焙煎機を使いこなければ充分出来ます。

まあ、「排気ダンパー」弄ってる人は基本的に「焙煎が全く出来てない」ので無理、無理、(笑)それでも充分煎れます。焙煎なんて単純なものです。

上記写真のインバーター制御装置で単相100Vで三相200Vモーターを駆動させ、120HZまで回さなくても、60HZで回せば関西と同じ焙煎が出来ます。ということですが、それだけの金額を出す必要は感じません。これは遊び。こういう遊びを毎日すれば焙煎機が多少解る気がします。0000

(送風能力は2割違う)

「排気ダンパー」を言及するのなら、この「違い」の方が何倍も影響しているという常識です。

書けば、それだけです。 さて、現状のモーター軸径は14MMです、それで同じ大きさの3相モーターを探してください。それでも加工(軸にネジ穴)は必要ですよ。

私の写真のモーターは日立ですが、これは11mm軸軽で、FUJIに最後の在庫のファン(11mm軸穴)が合ったので、これを選択致しました。

--------------------------------------

今後も「スペシャル・ノズル」にすれば、この装置の必要が出てくる可能性もありますが、それをかなり偏った1キロ(あるいは以上)だけ焙煎のような時でしょうか? 実験数が足りません。

【インバーター特有の音】がします。そう、電車のアレです。私はキライ。

 

----------------【売却します。】--------------------------------------

この写真の装置、一式(中古) 実験に使っただけです。 モーターを交換するだけです。 (これで3台目ですが)

台座に合わない場合は返品可能です。

モーター(日立)三相200V 軸加工済み

インバーター(三菱)

リモコン(三菱)

45000円 (通常80000円)

条件:勿論、当店に関わりが有る方のみです。勿論

--------------------------------------------------------

 【まとめとして】

旧型をお持ちの方は「現行型ノズル」に変更も良いでしょう。但し、焙煎が出来ている人に限ります。

「排気ダンパー」弄ってるような人は正直、絶対に無理です。基本がありませんから煎れません。

 屁理屈ばかりで文句を言うのが関の山です。

私達は「火力」で煎ってます。ガス圧は指標に過ぎません。ノズル替えれば、全て変わります。しかし

大は小を兼ねませんか?

自動車で言えば、BENZのCクラスには同じボディーに1800ccも有れば、6300cc(C63)もあります。それで馬力が大きければ困りますか?乗れませんか?運転しずらいですか? 反対ですね。

焙煎機も同じです。いや、モノ事は全て同じだと思います。だから5キロ機の方が断然煎りやすい(3キロ比較して)

焙煎機は火力も風力も強い方が良い。それが調整出来れば尚更良いのです。そんな単純なことさえ判らない人が「排気ダンパー」で調節することを職人芸だと勘違いしています。

「排気ダンパー」で一体何が変わります?

温度が変化します? まさか!そんな動きを信じているのですか?アホです。

申し訳ないですが、無茶っアホ1です。 

「常識」ってモノがない。ダンパーで味が変われば世の中が引っくり返るのです。そう見せかけてるだけ。

アホにつける薬はありません。アホ~~~。こんな結論?あり?

 

---------------------------------------------------------

 

 

 さて

 

------------------------------------------------------------


パヴォーニ(PAVONI)のエスプレッソ・マシンです。LA PAVONI DIAIMONDO

世界で一番綺麗でエレガントなマシンです。 創業100周年で製作されました。

ほとんど知られてないところが良い。

感性のある若者が購入しました。

私も欲しい。

何度も書きますが、どこのメーカー買おうと、使ってる部品は同じです。知ってる人は知ってます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R-101用 特製キャスター台 19... | トップ | 世界一エレガントなエスプレ... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL