Cafe987・ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・ジャパン・バリスタ・サプライ、JBS

三重県桑名市のPre-washed珈琲自家焙煎店。定休は水曜、電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

結論は判りません。

2016-02-29 | ◆正法焙煎眼蔵

「ある見解」を紹介する。

電気魚焼きグリル と ガスコンロに付属グリルの比較の問題です。

魚に関しては電気に軍配ではないかという意味です。ガスは燃焼時に水分が出ます。これが魚をぱりっとこんがり炙れない一因ではないか?という話。

**********************************

優劣・真偽は判らない、装置の性能差で逆転することも容易だと想像します。

コーヒー焙煎機も電気方式は一般的で優れたモノは海外にも沢山あります。

電気 対 ガス というハッキリした構図ではない気がします。そして、コーヒーだけが特別でもない。コーヒー焙煎機に大豆を入れても普通に炒れます。代用コーヒーです。大豆焙煎士です。

コントロール性の問題でしょうか?

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

焙煎機のガスはレバー式が使い易い

2016-02-29 | ◇フジーローヤル 珈琲焙煎機 R-101

現在機はガス調整がダイヤル式になってます。旧来のレバーの方が一発で操作出来て、よりプロ向けかもしれません。プロ焙煎では、そういう操作が必要です。

温度計も0、1刻みは常に動いていて疲れます。1℃刻みが良いという感覚は慣れの問題なのでしょうか。

ご希望が有れば、遠慮なく申込み下さいませ。
仕様変更します。が、部品在庫がある限りですね。

先日、工場で新型プロトタイプもチラ見しました。

基本は昔も、今も何も変わっていません。

但し、現代機は過去よりも使いやすくなってるのです。

それは、今後も発展してゆくのでしょう。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

プロパン燃焼時の水分の影響は?

2016-02-27 | ◆正法焙煎眼蔵

プロパン焙煎の方が、マイルドな焙煎進行のような気がする。よく言われることです。

これが、プロパンと都市ガスとどれほど違い、どれほど影響するのかは不勉強でまだ判らないです。第1そんなこと言い出したら、もう何でも有りです。

【下記、ほとんどコピペ】

■プロパン1KGを燃焼すると、どのくらいの水分が出るのか。

 1Lのプロパンが完全燃焼するには、5Lの酸素(空気換算すると24L、実際にはさらに多くの空気が必要)が必要で、3LのCOと4Lの水蒸気を生成します。

全ての気体は,0度C 1気圧で22.4Lの体積を占めるめるというアボガドロの法則でC3H8のプロパンガス1モルは44g,体積22.4L,その中に6.022x10の23乗の分子がある。

プロパンの燃焼式はC3H8+5O2=3CO2+4H2O 

44gのプロパンと160gの酸素の燃焼で132gの炭酸ガスと72gの水蒸気が出来る。
仮に1m3すなわち1000L/22.4L=44.6モルのプロパンガスを燃焼したとすると
72gX44.6モルで 3211gの水蒸気が部屋の中に拡散されていることになる。
プロパンの真発熱量は21,800kcal/m3,2180kcal=2.5kWのファンヒーターがあるとすば
運転時は,毎時 320gの水蒸気を放出していることになる。

 
◆都市ガスの主成分は90%がメタンCH4から出来ています。
化学反応式は
 CH4 + 2O2 → CO2 + 2H2O

http://faq01.mitsubishielectric.co.jp/faq/show/510?category_id=253

 

************************* 

この違いが、どれほど影響し、どれほど関わりがあるのか判らない。 

私が、個人の感覚を言えば都市ガスで焙煎した経験が少ないが難しい。慣れの問題かもしれません。

しかし当店の講習(LPG)を受け、実際に自分で焙煎を開始して「戸惑っている人」の多くは「都市ガス」派であることも考慮する必要も出ています。

それが修正の範囲で済むのか?どうか?

もう一度書きます。

カロリーは、

都市ガスは11,000Kcal/m3

LPガスは2400Kcal/m3で、

LPガスの方が都市ガスに比べ、約2.18倍高いのです。そして「都市ガス」の供給圧は2.0(圧力)と狭い

多少の問題ではありませんか?

 

「ダンパー半絞り」なんて、とろ~~いレベルの話ではありませんね。

 


 

 


この記事をはてなブックマークに追加

基本的には、LPG(プロパン)ガスを・・・②

2016-02-26 | ◇フジーローヤル 珈琲焙煎機 R-101

現実の重み

日本全国から焙煎講座にお越しに見える方々の中で、ここで習得したような焙煎が出来ない方がいます。残念ながら、その現場まで行くことは出来ませんので、電話でのやりとりに終始しますが、まず、目の前の現実をよく考えれば良いわけです。

当店の「プロパン」ではガス圧は2.8まで上がる。多くの「都市ガス」は2.0迄が多いとすれば、その制御の目盛り範囲は2.8:2.0と大きく(幅で4割)違いますから、「ダンパーを半絞り」云々抜かされておられる方には非常に厳しい現実が目の前にあるわけです。

そんな微妙なダンパー操作しても、火力でブレブレですね。

この差を埋めるものは残念ながら無い。

 

 

ここで大きく話題を逸らします。もうこの日本でも「蒸らし」なんていう方はほとんどいなくなりました。これは幽霊と同じで、誰も「蒸れた」状態を見たことがないから当然の帰結です。また、ハリオV60で「ネルドリップ」の味が出るという記事を鵜吞みにする前に、自ら検証として本物のネルドリップを実際に行うべきなのは、基本中の基本であります。一方だけで答えを出している人が多いです。

SCAAでも推薦しています。だけどアメリカで一体だれだけの方が、店でV60を使っているのでしょうか?

要は柔軟なスタンスを取り、どんな球にも対応出来る精神があれば、何が本当であるかは自然と理解出来る筈です。

「ダンパー」は単なる空調資材でしかありません。一般の部材名です。筒の中でバタフライで流れる量を制御するのですが、これで味が変われば、こんな安い投資はありません。私もダンパーを電動にして電子制御させるでしょう。しかーし、 これでタンザニアをマンデリンに変えることは絶対に不可能です。何にも変えることは出来きないのです。

ハンドピックするような駄豆は多少変化するかもしれません。原付50ccを改造するようなものですが、所詮、90ccの敵にはなりません。

より良い商品をお客様に届けたいなら、最初の材料(生豆)を吟味をしない限り、何を言おうと、

 

チャンチャラ可笑しいのです。

現実を見ることです。

一度でも「蒸れた」写真を見てみたいものです。

この珈琲焙煎の分野に常識というものがあるとするなら、私はそれが私達が営む普通の生活の中でも立派に通じるものであって欲しい。

「ダンパー」で味が変わるメカニズムを教示してほしい。そう思いませんか?

 

「1」  これが一般的なダンパーです。あなたは本当にこれを焙煎機に付けただけでコーヒーの味が変わると思いますか?何か心に引っかかりませんか?

************************************

「2」  お風呂に毎日一定時間内に水を張るとします。これで例えます。

私の焙煎は、上からの水道の流入量だけで調整します。

「ダンパー」を使うということは、水道を同じように調整しながら、下側の「排出栓」の開けたり閉じたりしながら流出しながら調整していると同じです。結果は、安定しません。(半分開いたり、1分間全開なんて得意げにしているわけです。) 大笑いですね。

**********************************

「3」  これで、美味しくなったり、渋みが出たり、酸味が・・、甘みが出たり・・・・します。

「わースゴイ、味が全然ちがうわっ」と素人は思います。 

何故なら、焙煎豆の見た目(色目)は同じだからです

前回も同じことを書いてますが、ここが手品のタネです

色目は同じですが、焙煎度合は全く違うわけです。

(当然ながら味は大きく違う)

しかしダンパーが「無くても」同じように出来ます。 

*****************************

「4」 ガテマラ SHBを使っての講座・・・

色目で判断する限り焙煎は永遠に判らない・・・・何故なら色はだからです。

このSHBなら2ハゼのずっと前から、2ハゼ入って30秒後も同じ色で推移します。(もちろん、火力にも拠りますが) だから、この範囲の味はバラエティーに富んでいます。

まるで「ダンパー」が味を変えたように錯覚しますが、「ダンパー無し」でも同じことは簡単に出来ます。

もう、お分かりですね、焙煎は色(幅)判断するという前提そのものが実は「?」なのです。

**************************

「5」 私共の焙煎の基準は「点」です。それが焙煎講座の眼目です。

「点」を目指して焙煎するだけが珈琲焙煎ですから、技術や勘は必要ありません。

だから、よく言われるように、中煎りでは「フルーティーな酸味が云々」、2ハゼ以後では「ナッツを連想させる香り云々」「コクが・・」なんて当り前のことを尤もらしく語ることも、同じ豆を焙煎度合いを変えてお客様の選択に委ねることもほとんどありません。

 

 **************************

 「6」 どんな豆も同じ温度で1ハゼ、2ハゼが来るのなら「点」も同じ温度です。そして、その点を任意で動かせる範囲が違うのです。

丁度、5両編成の電車を運転していて、ある駅はプラットフォームが15両分ある長い駅、5両分しかないギリギリの駅のような違いと書けば判りやすいと思います。

5両編成で5両分なら余裕がありません、「ブルマン」はそんな感じの豆で、ピンポイントで煎ります。マンデリンSGなら何処で停めてもOK。

こういうことも実は、色で煎り分けている限りは、出来ないのです。基準が無いからです。

 

  **************************

  「7」 結局、近所の同業者は肝心のことは教えてくれないのです。

これは本当ですね。自分が苦労したものを「はい、どうぞ」と渡したくはありませんが、それ以前に、言ってもわからないと思いもあります。特に、あちこちで聞いている人は、支離滅裂なことを平気で言ってくるので辟易します。

聞く準備も出来てない人ですから、根本的に相手にされません。

聞く前に自分で全部試した方だけが判るのです。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

基本的には、LPG(プロパン)ガスを推薦しています。

2016-02-26 | ◇フジーローヤル 珈琲焙煎機 R-101

LPG(プロパン)と都市ガス

基本的なこと(プロパンと都市ガスの違い)を、ネット検索でもいいですからとも是非勉強して下さい。

ここでは面倒だし、意味はないので書きません。

大事なのは現実にはどうなのか?です。

ネットでは載ってない情報ですね。

 

個人的にはプロパンの方をお勧めしてます。

たとえ、お店に「都市ガス」が来ていても、焙煎用には「プロパン」をお勧めしています。

色々な理由はありますが、一番はガス圧の安定です。 都市ガスは夕飯時や朝や夜の風呂タイムなどでガス圧がブレる地域もあります。勿論、ブレない地域もあるでしょう。

そして、その肝心要の【ガス圧】の最大値は2.0だったり、2.5だったりと差があります。

当然ながら、そこで煎り方の違いは出ます。

当店の講座を受講されても、それが100%生かせない方も出るわけです。

 

もし「プロパン」なら出張焙煎講座や野外焙煎が出来ますから、事業の発展性も充分にあります。

そして、直火式より、半熱風式です。

選択はもちろん自由ですが、私は半熱風式を勧めています。それには理由があるからです。

私は焙煎機の安定と仕上がりの良さを重視しています。

色々な事を何度も書いている事項ですので、クドイですが・・

関東と関西では電気の周波数も違う、焙煎方式も違えば、その方法も変わってきます。どっちが正当でも、優劣が大きくあるわけでもありません。

それでも、もし選択出来るなら「半熱風式でプロパン」です。

 

プロパンは都市ガスの2.2倍のカロリーがあります。その不足を補う分、都市ガス用はノズル径が大きいわけですが、それを現実に置き換え比較してみると当然ながら数値以上に感覚が違ってきます。

ガスが完全燃焼すればCO2と水に変化します。この辺りの「アヤ」は調べてください。

「都市ガス」に固守する意味もありません。

これは経験知ですので、参考にして下さい。そして最初の選択を間違っても、いつでも交換出来ますので安心下さい。

 


この記事をはてなブックマークに追加

「道」を作らないことが第一・・・

2016-02-23 | ◆日記・エッセイ・コラム

風と道は、違う

「エスプレッソ」にみたいなものはありません。

どうしても日本人は「道」を作りたがります。以前にも書きましたが「道」には、お金が落ちているからです。

イタリアで観察していると・・・・

それもイタリアで一番忙しいミラノ駅で、その中の一番忙しい店で観察しても、

どのバリスタの「タンパー」は持ってません。有っても、黒いプラスチック製の付属品、ほとんどの方は、グラインダーに付いているタンパーで押してるだけです。

ドーサーに一杯コーヒー粉を貯めてあり、オーダーが入ると(まあ、5秒に一杯)カチャとするだけです。

お客さんも「グいっ」と飲んでスグ消えます。

一杯、1ユーロです。

全てが日本と違います。つまりカルチャーが違います。

ですから、日本独自の「こうでなければならない」という「道」は意外に危険です。

所詮、それは狭い道なのです。

排他的な狭い道では、一定の人間だけが大きな顔をして、金を取りながら「道」を説きます。

そんなものの全てに意味はありません。

もちろんイタリア人のバリスタには到底通用しないのです。本物に通用しない精神なんて意味はありません。

空手道・柔道・剣道・・・すべて「道」がつくのもは、精神的な道をその基本とします。

茶道でも同じ、礼に始まり、礼に終わるとすれば、単純な下記の技術の展開ではありません。

つまり

ペーパードリップ

サイホン

イブリック

プレス

エスプレッソ

全てコーヒーを抽出する手段に過ぎません

手段を目的化する幼稚な精神が「道」を作るのではなく、そこのある「金」を集めようとする【金銭欲】が「道」ようなものをつくります。

ようなものです。ニセ物です。

見えないものは解りにくい、だからイタリアに行けば良い。行かなくとも解るけれど

本物はイタリアにあります。「道」はない。

角々に「BAR」があるだけです。

 

日本にあるのは

 【風】なのだ

 

広島お好みがあるのではなく。

広島お好み焼、があるだけなのだ。

つまり、言い換えれば、既に日本に広範囲にお好み焼という文化が定着しているからに他ならない。

日本風エスプレッソ文化は既にある。

韓国も、香港も、世界中にそれぞれ固有のエスプレッソ文化は存在していますが「道」ではありません。

「道」だと思ってる人が、通行料を取る。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ブルーマウンテン入荷しました。

2016-02-23 | ◆日記・エッセイ・コラム

新しいブルーマウンテンが入荷しました。高いです。4割程値上がっています。

味は以前と同じです。(笑)

まあ、何でもそうですが、軽自動車でも、ランボルギーニでも市内を走っていれば到着時間は同じです。

そんな屁理屈言ってる人でも、自分の軽自動車の色でさえ、やはり選択するのです。

さて、ブルーマウンテンを買える人は「幸せ」です。

しかし、その香りを知らずに死んでも、それほど残念なこともありません。

別に、自家用ジェット機も持ってなくても、不幸ではないのと同じです。

個人の問題です。

最低なのは、本物を飲んだことがないのにアレコレ抜かすことです。

聞いた風な事抜かす「アホ」です。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

イタリア語は一切必要ありません。

2016-02-22 | ◆日記・エッセイ・コラム

イタリア、特にミラノは、各分野の見本市などで世界中のバイヤーが常時流入している国際都市だと思います。

私のイタリタ語能力は「ゼロ」です。言えるのは 「ボンジョルノ」だけです。

実際、何を話せるかは全く関係ありません。

あなたが、何を持ってるか?話せる内容を持っているか、否かです。

流暢なイタリア語で商品を褒めようが、美辞麗句を並べても、

それを10個、100個を買うか、買わないかが、現実に先方様が知りたいことなのだ。

幾らイタリア語が話せようが、基本の日本語でもコミュニケーション能力や会話の内容がなければ何も役に経ちません。だから当然ですが、イタリア語が話せるイタリア人中学生では、イタリアでは商談は出来ません。

実際、仕事上でイタリア語で困ったことはないのは、ほとんど仕事上では英語が通じるからです。

これは、私の少ないイタリア滞在の中での話です。ここ半年で3回です。

今回も週中の5日間、一日1社の訪問です。

全て「ボンジョルノ」だけです。

ただし、その一言で全てを込めます。それしか手がありません。

工場に入ったら大きな声で「ボンジョルノ」だけです。これだけです。

行く前から、当方の腹は決っている。それは以心伝心で先方には通じる。

先方の出方は対応で分かります。

現場だからです。メールでは分かりません。その為に、飛行機や高速鉄道が必要なのです。

Eメールで解り合えれば、とっくにこの世に戦争は無い筈です。

以心伝心

それでも上手くいかないので、わざわざ出向きます。

ファイスブックで1000人と繋がっていようが

あなたが本当に助けが必要な時に、実際に来てくれる人は何人いますか?

500万円、1000万円何も言わずに貸してくれる人は何人ですか?

1万円でもいいです。

現実とはそういうことです。

現実に商売(ビジネス)をすることは大変ですね。

誰でも頭の中では何でも出来ます。大儲けです。

100万円のものを10万円の利益上乗せれば、10万円も儲かります。

しかし、10個購入して、1個売れ残れば、利益はありません。

それどころか、倉庫代はどんどん嵩みます。笑。

イタリアではイタリア語は一切必要ありません。

言葉なんて通じない方が楽しい。

相手が拳銃持って何か言っているとすれば「手を上げろ」だということは想像がつく。

特にスモール・ビジネスの場では

買うか?買わないか?の選択しかない。それから先はどうにでもなる。

英語も必要ないか?

半分できればOKです。

私、22歳の時にロンドンに着いた時はスグに会話できて以来、ほとんど英会話などしていません。

それでも、なんとかなるのではなりません。

そんなことは全く気にしていないのです。

大事なのは、語学ではないからです。

語学が出来れば、ビジネスが出来るかは全く関係ありません。

商いの基本は、昔シルクロードを渡った商人という話や、大航海に出た人々も同じですが、この商品が売れるから持って行くというマーケット有りきではありませんでした。最初そんなことは誰も判らないのです。膨大なリスクを掛けで未知の世界から未知のモノを運んだのです。

そこに在るのは、情熱だけです。

 

それは今も昔も、本来は変わらないのです。

難しいことは誰でも出来ます。少しづつ進めば他人が出来ることはほとんど出来ます。

単純なことは難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

帰ってきました。

2016-02-21 | ◆日記・エッセイ・コラム

今回の目的はほとんど達成しました。

月曜日~金曜日まで、ミラノを中心に地方に四方八方に毎日出張でしたので、駅前ホテルと「ミラノ駅」の約100Mの直線しか歩いていませんので、イタリアへ行ったといっても、何処へも行ってません。

地方都市も、駅からお迎えの車か、タクシーに乗るのが殆どですから、何も見ていません。

さて、ビジネスは、その場では上手く行きましたが、本体はこれからです。

これからが大事です。

ここからが勝負です。

全開の5倍のスピードUP感で行きたいと思います。

店に直接帰ってきましちゃので、たった今の本日(日曜日)から営業してます。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ミラノ中央駅からコネリーノという街迄、

2016-02-19 | ◆日記・エッセイ・コラム




片道3時間半の日帰りです。
現場では、10時から4時迄、みっちりミーティング。
昼はその街の小高い丘のお城のレストランで、、、
そこの社長・重役の皆さまからプレッシャー掛けられまくり。

押して来る数字がケタ違い。なんと2桁違います。

2桁違います。

こういう時は、ユーモアのセンスだけです。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

価格は随時更新しています。最新記事が現在値です。

2016-02-18 | ◇フジーローヤル 珈琲焙煎機 R-101

Rー101は、新型に代わりました。2015年9月1日以前のタイプは、既に存在しません。製造中止です。
価格は直近の記事のものが、現在値です。

新聞の株式値と同じです。

昔の価格で購入出来れば、今売って大儲けできますが・・


当然ながら、2014年の記事は、通用しません。現在の買取価格の説明の為に遺してましたが、本日、削除しました。

紛らわしいので・・・・


この記事をはてなブックマークに追加

ミラノ中央駅から、九段まで

2016-02-18 | ◆日記・エッセイ・コラム







仕事は仕事。
真夜中過ぎの書類作成と朝イチの電車で、、、。

朝6:35分のUDINE行き(写真)

既に書類を作る段階で頭の中で、問答集を完了してます。ので、実際に渡すこと殆どないです。
大事なポイントは、アポイントメントの時の説得で送ってあります。

[結局、現場力しかありません。]

 

これを5日間繰り返します。訪問先はバラバラです。

毎日、日替わりで一人だけお供を連れてゆきますが、

最終日は誰も希望者無しでした。(実はこの日が一番の山場です)





部屋からの眺めです。ミラノ中央駅の真ん前です。この間を毎日往復しただけで、何処にも行ってない。まあ、行くたくもありませんが、

あの味気の無さ・・・が仕事。


 



 


この記事をはてなブックマークに追加

WIHI遅く、王将唄えず

2016-02-16 | ◇「イタリア」へ行くしかないのだの巻






ミラノ駅前広場に整列し、国歌とも言える村田先生の王将を歌う筈が野郎のレンタルWIHIが遅くYOUTUBEが動きません。

独り寂しく鶴田先生の「赤と黒のブルース」を口ずさみながら、ホテルに帰りました。


この記事をはてなブックマークに追加

客観性を持つこと

2016-02-15 | ◆正法焙煎眼蔵

物事の多くは「問題」として捉えると、客観的に眺めて解決の糸口を発見出来ます、多くのそれは技術的なノウハウで解決出来る次元です。

だから、勘仕事、長年の経験というレベルは、もっともっと上の次元の話です。それを勘違いしてはいけないのです。

珈琲焙煎に関しては、殆ど、それ以前の話です。
水も無いのに「蒸れる。」なんてないわけです。誰もその写真を見た人はいない。

皆がスマホ持ってる時代にも拘わらずです。

客観性以前に、心構えとしては目の前の現実を受け容れることです。

それを見ることなく、嘘で固めれた基本の土台を信じれば、全ての辻褄は合ってるように思えるのです。STARWARSの時代でも、まだ棒切れ振り回して戦っていても平気で見ていられるのはSFだからです。

「釜が窒息している。」なんて言う理論(?)もある様です。これはタダのアホに近い。

料理からのイメージが強い、味を逃がさない、味を閉じ込めるという「言い回し」からだと容易に連想出来る「ダンパーを絞る」=「味を閉じ込める」という操作も同じです。

ユーモアとしては、とてもいいです。

実際は、空気の流れる道を塞いでいるだけです。



★焙煎の判断はは色では絶対に出来ないのです。胆に銘じて下さいませ。これが嘘で固めた土台の1つです。

 







 


この記事をはてなブックマークに追加

コーヒー袋のサンブルの配布のことなど

2016-02-13 | ◇コーヒー・プロ焙煎講座・教室・セミナー

プロ焙煎受講者の方で、近々に【開業希望の方】へのみコーヒー袋のサンプルセットを無料配布させていただきます。

ご希望の方はお知らせ下さい。業者さんの好意で送って頂きました。

「特別価格」です。

一度見て、購入するのは、勿論、自由で御座います。当店は一切金銭関与はしませんぜ!

 

焙煎講座時は、忙しく、他のことは時間がない場合が多くあります。

開業される方は、色々な情報が必要です。出来る限りはサポートさせていただきます

 

① 生豆の仕入先は 将来に渡り金額では言えない価値があります。

 

大変多くの方々が、「買ってはいけない」商社から購入されています。それを自慢されている方もいます。(これは救いようがない馬鹿です。)

また「有名店から・・・」も多いですが、当り前ですが有名焙煎店が生豆を輸入しているわけではありませんから、そこから購入することは、有名焙煎店自体の「買いコスト」を下げているだけです。だから親切ですよ。喜んで分けてくれます。(勿体ぶりながら・・)

中には「買いコスト」がマイナスの店もあるでしょう。つまり、その店が店頭で1000円分焙煎豆を販売すれば1500円の純利益が出るようなものです。買いコストが(-500円)の場合。

まるで、山崎種二さん(山種証券)の「海上」の売り戦略のようなものです。これが一番儲かるのです

市場は「売り」が有利なのですが、「小売り」は買う側です。勿論、最終消費者は一番の損です。(売ることが出来ない)

相場は「売り」しかないのです。

だから先物相場の勧誘は反対の「今が底だから買え」と誘います。まあそんあ事はどうでもいいです。

当焙煎講座にお見えになる既焙煎業店は全て生豆業者選択が間違っています。そのダメがなんとなく気が付いてるからお見えになりました。生豆の仕入先は 将来に渡り金額では言えない価値があります。

 

 

② 焙煎を難しく言う人は、焙煎機を売りたい人かもしれません。

当焙煎講座では、そういう営業はしておりません。だから生徒さんの住所もこちらから聞いていません。

焙煎店様でも名刺を出される方、出さない方も自由です。敢えてお聞きしない。

反対に、その後、当方から何か価値のある情報が有っても当方から知らせることもないわけです。

つまり金銭で取引する部分(焙煎講座)だけのお付き合いになります。

そうでない部分、【冥利】の部分を得ることはない。

半年後にお電話いただいても、実際ほとんど記憶にありません。それで良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加