Cafe987・ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・ジャパン・バリスタ・サプライ、JBS

三重県桑名市のPre-washed珈琲自家焙煎店。定休は水曜、電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

エスプレッソマシンのしくみ プレッシャースタット。

2017-01-04 | ◆エスプレッソマシンのしくみ

 

この黒色のカバーを外せば

スクリューの下は、バネによる圧力調整だとスグに判りますね。

これでボイラーの圧を制御します。単純なプロセス制御ですが、各社ボイラーに関して何重もの安全対策をしております。通常は1,2気圧程度で安全なのですが、高くなると危険。

次に、1.5気圧で放出する安全弁(safety Valve)がボイラーに付いてます。これボイラーのテッペンにリングが付いてありますからスグに判ります。リングを引くと蒸気が出てきます。当然ヤケドをします。(笑)

どのメーカーでも使ってる部品は同じです。LA MARZOCCOが高いのは経営がアメリカ人だから、、、。どこのメーカーでも、この程度はやってます。 大事なことは、世界で通用する視野をバリスタとして、持つことです。それはラテアートではありません。 それはシアトル系。 もっとグローバルな視野(考え)を、、、。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エスプレッソマシンのしくみ | トップ | 受講者様からのコメント・・ »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL