映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

カノジョは嘘を愛しすぎてる

2013年12月27日 | 邦画(13年)
 『カノジョは嘘を愛しすぎてる』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。

(1)友人の紹介で見に行ったのですが、映画館が女子高生であふれていたのには驚きました。でも、原作がベストセラー漫画(青木琴美作)で、映画の主人公を人気の佐藤健が演じ、ヒロイン役がオーディションで選ばれた女子高生なのですから当然かもしれません。

 本作の冒頭では、渋谷にあるビルの屋上にいる主人公・アキ佐藤健)のところに、ヘリコプターが空から舞い降りてきて、中から大人気のバンドCRUDE PLAY(通称クリプレ)の4人が出てきます。



 中の一人が、「リーダーを迎えに来た」と言うと、アキは「ヘリで来るなよ、タクシーでよかった」と答えます。そして、バンドのベーシスト・シンヤ窪田正孝)が、「僕はここで。先にパーティー会場に行っている。後は、昔の4人で楽しんで」といってその場を離れます。残った4人は、「アルバムV3達成!」とシャンパンで乾杯します。

 この場面は、アキがどういった位置にいるのかを暗に示しています。すなわち、アキは、クリプレの影のリーダー的な存在であり、またシンヤを除くメンバーと昔は仲良しだったようなのです(注1)。



 ただ、冒頭のシーンの最後に、「あの頃の僕は大体が不機嫌だった。しかし、その理由ははっきりわからなかった」というアキの音声が被って、タイトルクレジットが流れます。

 続いて、アキは音楽スタジオでキーボードに向かいますが、「何も持っていなかった頃より、僕は空っぽだ。本当に欲しかったものを何一つ持っていないからかもしれない」と彼の喋る音声が流れます。
 そして、自分の部屋に戻ると、そこには恋人の茉莉相武紗季)がベッドにいて、「できた?あたしの曲」と尋ねるので、アキは「もう高樹(音楽プロデューサー:反町隆史)のゴーストはやらないって言ったよね」、「モウこれ以上は無理だ。高樹とお前が寝ているところを想像すると、頭が狂いそうになる」、「鍵は置いていって」と答えて部屋を飛び出してしまいます。

 そんなアキが、自分の部屋のソバの隅田川の川べりで手すりに持たれながら鼻歌を口ずさんでいると、青果店の娘で高校生のリコ大原櫻子)が、押してきた自転車を倒してしまい、荷台にあった箱から果物や野菜が転がり落ちてしまいます。



 それを拾ってあげるアキが、唐突に「一目惚れって信じますか?」と尋ねると、リコは、「信じます。だって、一目惚れしちゃった。今の鼻歌に鳥肌が立った。名前を教えてください」と答えます。 それに対してアキは、なぜか「シンヤ」と嘘を答えてしまうのです(注2)。



 そんな出会いからアキとリコとのラブストーリーが始まるわけですが、はたして二人は上手くゴールに到達できるのでしょうか、………?

 本作では、酷く屈折した心の持ち主の主人公と、純真そのもののヒロインとの組み合わせが物語の展開をなかなか面白くしています。さらに、その背景として渋谷とウォーターフロント周辺というのもよくマッチしています。最近のラブストーリーとしてはまずまずの出来栄えだと思いました(注3)。

(2)アキとリコとが初めて出会うまでの経緯などは実に手際よく描かれていて感心します。
 飛躍の多い展開も見られるところ(注4)、本作は台詞の多い(歌の少ない)ミュージカルではないかと思えば、それらに一々突っ込まずに楽しく見ることが出来そうです。

 でも、最後のアキとリコによる「ちっぽけな愛のうた」で大きく盛り上がるのですから(注5)、その後のシーンやエンドロール後のおまけシーンはなくもがなという感じがするところです。

 もう一つ残念だったのは、クリプレの演奏のTV録画収録風景をリコたちが見るときに、彼らが実際には演奏していないこと(あるいはCDで聞く演奏とだいぶ違うな)に気がついて、おかしいな、自分たちもああなるのかな、嫌だなと思うシーンがあれば、その後違った展開になるかもしれないと思える点です(注6)。

 とはいえ、本作に登場するクリプレや「MUSH&Co.」(リコとその仲間の2人)のように、ライブ活動をするバンドがスタジオ・ミュージシャンにまるきり依存してしまうのかどうか、よくわからないところです(注7)。

(3)渡まち子氏は、「人気俳優の佐藤健と、オーディションで選ばれたシンデレラ・ガールの大原櫻子の相性がよく、3回登場するキス・シーンは原作ファンならずともうっとりするはず。加えて、大原櫻子のびやかな歌声と素朴な笑顔が大きな魅力だ」として55点をつけています。
 ただ、柳下毅一郎氏は、「例によってセリフですべて心情を説明する副音声映画であるうえに、物語も別に起伏がないので本当につまらない。俳優は平凡。演奏は口パク。単純につまらない」と酷評しています(注8)。
 とはいえ、例えば、柳下氏は、「ゴージャスな美形ばっかり出てくる少女漫画の映画化にしてはびっくりするほど高級感がない下町人情話が展開する」と述べていますが、確かにヒロインは「青果店」の娘(柳下氏は「八百屋の娘」としていますが)ながら、「下町人情話」に特有の人の良い一族郎党とか近所の八つぁん熊さんなどは一切登場しないのですから、ちょっと言い過ぎではないかと思いますが。



(注1)さらに主人公・アキは、時間が空くと隅田川の川べりで、ラジコンヘリを飛ばすのが趣味でもあります。リコとの初めての出会いの前にもラジコンヘリを飛ばしていましたが、酷く苛ついて墜落させ、壊してしまいます。

(注2)このシーンの最後には、「付き合い始めたあの頃は、これっぽっちも好きじゃなかった」とか、「全部嘘。でも、彼女は僕のことを正直な人と言うんだ」といったアキの音声が流れます。

(注3)佐藤健は、最近では、『リアル~完全なる首長竜の日~』を見ました。
 なお、佐藤健は、これまた青春音楽映画である『BECK』に出演していて、同作でもギターを弾くものの、むしろ「天才的な歌手」であることが前面に出され、さらにまたラブストーリー絡みでもありませんから、本作と比較しても仕方がないでしょう〔ただ、本作の主人公アキは「天才サウンドクリエーター」とされ、また、音楽プロデューサー・高樹はリコについて「天才を見つけちゃった」と言ったりして(同じ言葉を、高樹は茉莉にも以前言ったことがあるようです)、両作で「天才」という言葉が大安売りとなっています。音楽畑では「天才」があちこちでみかけられるようです!〕。

(注4)なにしろ、例えば、アキがリコと出会うのと時を同じくして、高樹が、川べりで歌うリコの歌声を聴いて、すぐにデビューさせようとするのですから!
 その上、リコとその仲間2人とのバンド「MUSH&Co.」のプロデューサーにシンヤが名乗りを上げるのです。

(注5)アキは、茉莉の言う条件を飲んでリコと別れることにしたのですから、さらにはリコがシンヤの曲を歌っている姿を見て感じるところ(リコは、もう蛹からかえったアゲハチョウのように一人で飛び立てる)があったのですから、最後の「ちっぽけな愛のうた」は2人の別れの最終仕上げであって(♪……/手のひらに掴んだ夢を/今は追い続けていこう/一人でもきっと越えてゆける/……♪)、それ以降の展開は考えられないのではないでしょうか?たとえアキがロンドンから戻ってきてリコを再度愛するようになるにしても、それは別の物語でしょう。

(注6)「MUSH&Co.」のデビュー・ライブ演奏をリコとその仲間がすっぽかして、リコはアキと一緒にロンドンに旅立つというのはどうでしょう(でも、これだと茉莉との約束をアキは破ってしまうことになってしまい、またリコの独り立ちもご破算になってしまいますが)。

(注7)クリプレがスタジオで練習をしている時に高樹が現れたので、メンバーが「今度の曲は自分たちで演奏してみたい」と言うと、高樹は「冗談言うな。誰が素人の演奏に金など払うか。だが、練習するのは悪くない。弾くふりがうまくなるからな」と言い放ちます。
 これに対してメンバーは怒り狂いますが、リーダーのシュン三浦翔平)は、「クソみたいな演奏しか出来ない俺達が悪いんだ」と宥めます(なお、クリプレの場合に問題となるのは、後から加わったベーシストのシンヤはプロですから、ドラマーのテッペイと、ギタリストのカオルでしょう)。

 とはいえ、CDやTV等では、スタジオ・ミュージシャンを使った演奏で済ますことが出来ますから、問題はライブ演奏ではないかと思われます。

 「MUSH&Co.」の場合、高樹から「デビュー決定、おめでとう」と言われて、仲間の一人が「自分たちは演奏を始めて少ししか経っていない」と言うと、高樹は「演奏なんか出来なくても関係ない。後ろでプロがやってくれる」と答えます。
 実際にも「MUSH&Co.」のデビュー・ライブ演奏では、仲間の2人の他に、バックに2人ほどスタジオ・ミュージシャンが立っています。

 ただ、何人もギタリストがステージに立っていてもそれほどおかしくないかもしれませんが、ドラムスの場合、ライブではどうするのでしょうか?
 現実の話として、下手くそな演奏しか出来ないバンドがメジャー・デビューすることはそんなに多くないのではとも思えるのですが。

(注8)つまらないことながら、クリプレや「MUSH&Co.」が広い意味で「口パク」であることは映画の中で言われていることですから、ことさら非難するに値しないと思われますが(元々、映画における演奏シーンが「口パク」ではなくリアルなものだとは、一般に思われていないのではないでしょうか)。


★★★☆☆



象のロケット:カノジョは嘘を愛しすぎてる
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・コール 緊急通報指令室 | トップ | 日本インターネット映画大賞―201... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-12-28 23:51:33
> 問題はライブ演奏ではないかと思われます。

最初のCDが作られた時、「耳のいいお前だけは気づかれると思っていた」と高樹が言ってたので、実際にはそれほど大きな差はないかもしれません。もともとライブは歓声などで音や歌が聞こえづらくなるので、水を打ったようなシーンとした中での演奏でもない限り、気づかれはしないのではないでしょうか。ライブ盤は出さなければいいし、素人録音は普通させないから、スタジオ収録CDとの違いを証明するのも難しいとも思います(ライブの時でも演奏の全てではないにしても、プロがサポートするでしょうから)。
Unknown (クマネズミ)
2013-12-29 05:32:36
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
ただ、拙エントリで「ライブ演奏」と書いたのは、ライブ演奏を録音したCD(ライブ盤)のことではなく、ライブ会場でバンドが演奏する場合のことを指しているつもりだったのですが、表現が曖昧でした。
よくわからなかったのは、ドラマーが未熟のバンドの場合、もう一人ドラマーをたててライブに臨むのかという点です。そして、たとえ演奏者を複数にしてスタジオ・プレーヤーを参加させるにしても、ギターの場合なら電気的に未熟者の音を処理できるでしょうが、ドラムスの場合音量が大きく、電気的処理によって未熟者の音を消すことは難しいのではないかと思ったわけです。
また、外見からも、ドラムスの場合、演奏が未熟かどうかは判別がつきやすいのではないかと思われます。
日本インターネット映画大賞運営委員会と申します (日本インターネット映画大賞運営委員会)
2013-12-29 21:48:32
日本インターネット映画大賞運営委員会と申します。当方では第18回日本インターネット映画大賞を開催しております。もし宜しければ概要(http://www.movieawards.jp/)を読んで頂きまして投票(締切1月16日)のほど宜しくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 大原櫻子さんを知ったきっかけ (映画のブログ)
 映画を知ったのは洋菓子店でのことだった。  店頭でケーキを選んでいたとき、三人の男女の写真が気になった。  「当店がテレビで紹介されました」と書き添えて、テレビの画像を貼り出す店はしばしばみかける。  だが、これはそういうことではないらしい。芸能人ら...
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 2013年12月5日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 を試写会で鑑賞しました。 歌はかなり良い感じでした 【ストーリー】  人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューする前に抜けた小笠原秋(佐藤健)。サウンドクリエイターとしてバンドに楽曲を作ってきたが、ビジネス優...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (あーうぃ だにぇっと)
カノジョは嘘を愛しすぎてる@有楽町朝日ホール
カノジョは嘘を愛しすぎてる/佐藤健 (カノンな日々)
青木琴美さんの同名コミックを『タイヨウのうた』の小泉徳宏監督がメガホンをとり佐藤健さんを主演に描いた音楽青春ラブストーリーです。小泉徳宏監督にとっては原点回帰と言える ...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (佐藤秀の徒然幻視録)
鼻歌は嘘をつかない 公式サイト。青木琴美原作、亀田誠治音楽プロデュース、小泉徳宏監督。佐藤健、大原櫻子、窪田正孝、反町隆史、三浦翔平、相武紗季、水田航生、浅香航大、吉 ...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」~オリジナルサウンドトラック~ [CD]音楽業界を舞台にした切ないラブストーリー「カノジョは嘘を愛しすぎてる。嘘が嘘を呼び、真実になる。人気バ ...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (はるみのひとり言)
試写会で観ました。予告は何度か観てたんですが、またおばちゃん置いてけぼり~な若い子向け恋愛物と思って期待してなかったんですが、入り込みましたよ。すごく良かったです。今年観たコミック映画化の中で一番好きかも。若干コミック的な描写もあるんだけど・・・気にし...
「カノジョは嘘を愛しすぎている」 理子役がオーディションで選ばれた意味 (はらやんの映画徒然草)
人気少女漫画の映画化作品ですが、予告を観るまでまったくその存在を知らず。 最近、
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「カノジョは嘘を愛しすぎてる」□監督 小泉徳宏□脚本 吉田智子□原作 青木琴美□キャスト 佐藤 健、大原櫻子、三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大、      吉沢 亮、森永悠希、谷村美月、勝村政信、相武紗季、反町隆史■鑑...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆ 製作:2013年 日本 上映時間:117分 監督:小泉徳宏  原作は青木琴美の漫画しいうことで、館内は女子高校生たちの群れで超満員。まだお昼の12時だというのに、彼女たちは真面目に高校へ行っているのだろうかと余計な心配をしてしまう。いずれにせよ
カノジョは嘘を愛しすぎてる ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
「僕は妹に恋をする」「僕の初恋をキミに捧ぐ」の青木琴美による同名人気コミックを、佐藤健主演で実写映画化。音楽業界を舞台に孤高のサウンドクリエイター・小笠原秋と、才能を見出され劇的なデビューを飾る女子高生・小枝理子の恋模様を描く。 23歳の若さでサウンドク....
甘くてビター。『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 (水曜日のシネマ日記)
ベストセラーになった青木琴美のコミックを実写化したラブストーリー映画です。
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』をトーホーシネマズ六本木5で観て、弩少女マンガ展開にキュンふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★少女マンガのセオリー】 原作は映画館配布お試しマンガだけ試し読み。 かーいらしーのー。 ナイーブ男を演じさせたら今、誰よりもブイブイな佐藤健に、 ...
「カノジョは嘘を愛しすぎてる」嘘を愛し過ぎた先にみた夢の現実を続ける苦悩と続ける為に見つけた正直な彼女の天性の歌声 (オールマイティにコメンテート)
「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の映画は青木琴美原作の漫画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」を映画化した作品で、サウンドクリエーターが音楽制作に行き詰っているところに突然現 ...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (とりあえず、コメントです)
青木琴美著の同名コミックを小泉徳宏監督が佐藤健主演で映画化した青春ドラマです。 予告編を観てうわーっと思ったのですけど、ついピュアな気持ちに触れたくてチャレンジしてみました。 予想以上にストレートで真剣な心のやり取りと歌の魔力に、もうやられましたと思うよ...
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』('13初鑑賞110・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 12月29日(日) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン6にて 15:30の回を鑑賞。
カノジョは嘘を愛しすぎてる (単館系)
カノジョは嘘を愛しすぎてる MOVIXさいたま 2013/12/14公開 人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューする前に抜けた小笠原秋(佐藤健)。 サウンドクリエイターとしてバンドに楽曲を作ってきたが、ビジネス優先な音楽業界に うんざりしていた。 そん...
カノジョは嘘を愛しすぎてる 女子中高生に囲まれて鑑賞 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【2】 昨日から2014年の仕事始動、昨日は中央執行委員会と旗開きだったので、本格的には本日から。 午後からさっそく鳥取県へ出張です、さ~っ、春闘だ!(けど、記事は映画です)  人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューする前に抜けた小笠原秋...
映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-3.カノジョは嘘を愛しすぎている■配給:東宝■製作年、国:2013年、日本■上映時間:117分■料金:0円(1カ月FP10本目)■観賞日:1月4日、TOHOシネマズ錦糸町(錦糸町) □監督:小泉徳宏◆佐藤健◆大原櫻子◆窪田正孝◆三浦翔平◆反町隆史◆谷村美...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
カノジョは嘘を愛しすぎてる '13:日本 ◆監督:小泉徳宏「タイヨウのうた」 ◆主演:佐藤健、三浦翔平、田正孝、水田航生、浅香航大、大原櫻子、吉沢亮、森永悠希、谷村美月、相武紗季、反町隆史 ◆STORY◆人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューす...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (2013日本) (エンタメ ウェブロッジ SunHero)
お目当ての映画2本の合間に、本当に軽い気持ちで「カノ嘘」を見た。音楽業界を舞台にしたラブ・ストーリーはなかなか面白かった。CD欲しいーっ!