映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

日本インターネット映画大賞―2013年度日本映画投票

2014年01月06日 | その他
 新年明けましておめでとうございます。
 本年も、昨年同様よろしくお願いいたします。

 以下、これまでと同様に書き進めても構わないのですが、それではマンネリが過ぎる感じがし、合わせて昨年末に日本インターネット映画大賞運営委員会からお誘いを受けたこともあり、本年は趣向を変えて、第18回日本インターネット映画大賞への投票内容をここに掲載することといたします。

 本日はまず日本映画についてです。

 (なお、投票するにあたり、選出できるのは3~10作品、持ち点の合計は30点以下、1作品に投票できる最大は10点、とされています)

------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「演劇1、2   」   7 点
  「さよなら渓谷 」   5 点
  「舟を編む   」   4 点
  「そして父になる」   4 点
  「台湾アイデンティティー」  3 点
  「凶悪     」   2 点
  「Short Peace  」    2 点
  「ルームメイト 」   1 点
  「地獄でなぜ悪い」   1 点
  「ももいろそらを」   1 点
【コメント】
 映画に関する昨年の大きな出来事は、なんといっても、実際には一昨年後半に公開された『演劇1,2』を映画館で見たことでした。上で挙げた他にも『駄作の中にだけ俺がいる』があり、昨年はドキュメンタリー作品に優れたものが多かったように思います。

------------------------------------------

【監督賞】         作品名
   [ 想田和弘 ] (「演劇1、2」)
【コメント】
 その「観察映画」という方法論にはいろいろ問題があるものの、総計約6時間もの作品を制作し、見る者を最後まで画面に惹きつけたことは絶賛に値すると思います。

【主演男優賞】
   [ 福山雅治 ] (「真夏の方程式」「そして父になる」)
【コメント】
 昨年は、この2作だけでなく、TVドラマ『ガリレオ』第2シーズンとか年末のカウントダウンライブ中継など、映像面で八面六臂の大活躍でした。

【主演女優賞】
   [ 真木よう子 ] (「さよなら渓谷」)
【コメント】
 本作での体当たりの演技を見れば、彼女が本物の女優であることがよくわかります。

【助演男優賞】
   [ リリー・フランキー ] (「凶悪」「そして父になる」)
【コメント】
 同じ年にこのように対照的な演技を見ることができるなんて驚き以外の何物でもありません!

【助演女優賞】
   [ 二階堂ふみ ]  (「地獄でなぜ悪い」「四十九日のレシピ」)
【コメント】
 この女優も、同じ年にアクション系と癒し系という違ったジャンルの作品で大活躍しました。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [ 池田愛 ] (「ももいろそらを」)
【コメント】
 残念ながら、学業専念のため芸能活動を停止しているとのことですが。

【音楽賞】
  「カノジョは嘘を愛しすぎてる」
【コメント】
 音楽プロデューサーの亀田誠治氏が全作詞・作曲を担当していますが、映画の内容とピッタリです。

------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [ 脚本賞 ] (「ルームメイト」)
  「 古澤健 」
【コメント】
 大層複雑に書かれている今邑彩の小説を、よくあそこまでまとめあげて映画化したものだと感心いたしました。

------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カノジョは嘘を愛しすぎてる | トップ | 日本インターネット映画大賞―... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この度投票受付できなかった事お詫び申し上げます (日本インターネット映画大賞運営委員会)
2014-01-06 21:31:37
日本インターネット映画大賞運営委員会です。

この度投票ありがとうございます。

この度投票頂いたのですがこちらのブログシステムの不備によりgooブログからのトラックバックが受け付けられない状態となっており承認制だったため投票者が受け付けられたのかその場で確認できない状態となっていました。
こちらの不備により受け付けられなかったこと謹んでお詫び申し上げます。
なお今回の投票についてですがこちらの不備という事でこれ以上投票者の負担を掛ける事はできませんのでこの記事を当日本インターネット映画大賞運営委員会Twitterで記事ボタンをツイートしてそのツイートをもって受理と致します。
投票内容について修正箇所がある場合は再度修正のお願いをこちらのコメントに求める場合はありますのでよろしくお願い致します。
ご投票につきまして (日本インターネット映画大賞運営委員会)
2014-01-08 05:09:27
いつもお世話になっております。
日本インターネット映画大賞へ投票いただきありがとうございました。
作品賞に「演劇1、2」を投票されていますが、当賞では前後編やシリーズものはシリーズ全体での投票は不可としております。
申しわけありませんが、第1部・第2部いずれか片方あるいは両作を別個にご投票いただくようお願いします。
また監督賞についても同様に、いずれの作品か(あるいは両作共か)をご明示願います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2013年度日本インターネット映画大賞日本映画部門に投票します (オールマイティにコメンテート)
2005、2006、2007、2008、2009、2010、2011、2012年度に 続き今年で9年連続となる 2013年度日本インターネット映画大賞日本映画部門 ...
2013 My Favorite Movie 日本映画 (カノンな日々)
毎年恒例、今年私が鑑賞した新作公開映画のお気に入りを選出する2013年マイベスト10の日本映画部門です。今年鑑賞した新作日本映画は138作品でした。そのうち二度目を観に行ったのが4 ...
2013年 映画 ベスト10 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
2013年も残り僅かとなりました。 少し早いですが、今年の...個人的な...映画ベスト10を発表します 今年の鑑賞は、218本でした 2013年の映画鑑賞一覧 2013年は、良作が多くベスト10から漏れた作品でもかなり良い作品があります。 今回は敢えて10本に絞ったという感じです...
2013年辛口映画ベストテン【邦画編】 (新・辛口映画館)
 今年一年間「新・辛口映画館」にご訪問頂きありがとうございます。  「2013年辛口映画ベスト10【洋画編】」に引き続き邦画編の発表です。こちらも諸事情があり、ブログにレビューを書いていない作品のオンパレードです。「風立ちぬ」など未見に終わった作品も多...
2013年日本映画ベスト10 (佐藤秀の徒然幻視録)
昨年に引き続き、今年も日本インターネット映画大賞の2013年度日本映画投票に応募を兼ねて基本的に劇場新作公開118邦画作品から。今年は色々な秀作があったけれど、最終的には年初公 ...
日本インターネット映画大賞 日本映画部門 (ようこそMr.G)
日本インターネット映画大賞 日本映画部門
2013年度 日本インターネット映画大賞 日本映画部門 (だらだら無気力ブログ!)
今年は邦画は69本を鑑賞。
2013年度・日本インターネット映画大賞 日本映画部門 投票 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
今年もお誘いが来てるので、「日本インターネット映画大賞」に投票いたします。 [作品賞投票ルール(抄)] 選出作品は3作品以上10作品まで 持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(1
2013年ベストシネマ15(邦画編) (京の昼寝~♪)
2013年ベストシネマ15(邦画編)      昨年は年間125本(邦画66本、洋画59本)の映画を劇場で鑑賞しました   邦画では、うち『真夏の方程式』と『風立ちぬ』は2回観ましたので、   邦画は64タイトルですね。 で、2年連続で100本超でした...
§2013年マイベスト映画§ 2:日本映画 (~青いそよ風が吹く街角~)
2:日本映画の作品賞・部門賞。
[ナカデミー賞 2014´ キューブリックとスタローンのハイブリッドな時代] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆はいはい、遅ればせながら、私の映画賞を発表させて頂きます。  先ず、最優秀作品賞の候補を挙げておきます。  昨年は、まっだまだ、いい作品がいっぱいありました!      『横道世之介』・・・どうぞ、世之介を好きになって下さい。            ...
2013年を振り返って (映画の話でコーヒーブレイク)
昨年2013年の映画総決算です。 昨年は映画館で49本、DVDで81本の計130本の映画を鑑賞しました。 旅行に行ったり、父の死で大阪へ何度か帰ったりしていたので、劇場鑑賞本数は大幅に減ったのでは と思っていたのですが、映画館に足を運んだ回数は意外にも昨年...
2013年を振り返って<映画>  (はらやんの映画徒然草)
はい、恒例の今年観賞した作品の振り返りを行います。 今年劇場に観に行った本数は1
2013年日本インターネット映画大賞 日本映画部門 (まてぃの徒然映画+雑記)
今年もやってきましたこの季節、まだブログにアップできていない作品も多いのですが、締切があるのでとりあえず。 今年観た日本映画はドキュメンタリー含めて10本、少な! [作品賞投票ルール(抄)] 選出作品は3作品以上10作品まで 持ち点合計は30点以下。ただし投票本数....
【日本インターネット映画大賞】日本映画部門・2013年映画ランキング (映画@見取り八段)
2013年の映画総評(邦画部門)です。 今年も「日本インターネット映画大賞」さんの投票テンプレを使わせていただいてランキングさせていただきます。ランキングと言っても、映画の出来がうんぬんとかではなく、あくまでも1個人ブログとしての好みのランキングですのでご了...
そして父になる (もののはじめblog)
シネ・アーツ イオンシネマがセレクトした、隠れた名作や秀作を限定上映したので観てきた。 愛情を注いで育てた子どもは「実の子」ではなく、病院で取り違えられたことを知らされ、それから夫婦の苦悩がはじまる。 福山雅治たちが、血のつながりか過ごした時間かの選択...