映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

Dr.パルナサスの鏡

2010年02月10日 | 洋画(10年)
 『Dr.パルナサスの鏡』をTOHOシネマズ六本木で見ました。

 『ダークナイト』のジョーカー役が忘れられないヒース・レジャーとか、『パブリック・エネミーズ』で活躍したばかりのジョニー・デップなどが出演するとあって、公開されてから1週間もたってはいませんでしたが、見に行ってきました。

 この作品の物語は、設定が現在で舞台はロンドン。ただ、そこに登場するのは、「Imaginarium」という幻想世界を見させてくれる道具を操る見世物一座で、それは馬が牽いて移動したりしますから、どうしても19世紀以前の感じが付きまといます。
 加えて、その座長・パルナサス博士の年齢が1000歳だとか、さらには悪魔も登場しますから、マア現代のお伽話でしょう。

 この映画の特徴は3点あると思います。
・まず、かってない豪華メンバーが登場すること。
 すなわち、主役のヒース・レジャーは、この旅芸人一座の客寄せ人を演じますが、撮影途中で亡くなってしまい、ジョニーデップ、ジュード・ロウ、そしてコリン・ファレルがその代役を務めています。
 と言うと、継ぎ接ぎのかなり変な映画だと思われかねませんが、「Imaginarium」に設けられている鏡の向こう側の世界にヒース・レジャーが飛び込むと、この3人になり替わるというように描かれていますので、全く違和感なく受け止めることができます。
・次に、その鏡の向こう側の幻想世界が、常識では考えられないくらい突拍子もないものに描かれているということ。
 まあCGの世界ですからどんなものでも描けるのでしょうが、デズニー映画とはまた質の違った面白さがあると思いました(あるいは『チャーリーとチョコレート工場』の世界に類似しているのでしょうか?)。
 ただ、そのファンタジックな世界で、3人が縦横に活躍すると、この映画の本来の主役であるヒース・レジャーの影がかすんでしまう結果ともなりかねないのですが。
・最後に、パルナサス博士の娘役で登場するリリ-・コールです。
 この女優は、1月下旬の『週刊文春』のグラビアにも登場しています。それによれば、ケンブリッジ大で学ぶ才媛である一方で、スーパーモデルでもあるとのこと。秋川リサによく似た感じの顔つき(「ドール顔」というそうです)で、まだ21歳ですからこれから活躍することでしょう!

 こういう映画は見ていると、なぜか無性に嬉しくなってきてしまいます。

 無論、問題がないわけではないでしょう。
 現代のお伽話とはいえ、どうしてこんな話を今しなければならないのか、いきなりうらぶれた見世物一座が現れても、唐突過ぎてなかなか物語に入っていけないではないか、悪魔がマジで登場するにはもう少し何等かの手続きが必要なのでは、などなどです。

 とはいえ、やはり、鏡の世界の素晴らしさの前には何を言ってみても始まりません。ただただ、その幻想の比類なさを楽しむべきでしょう。

 評論家の皆さんも、おおむねそんな感じでいるようです。
 おすぎは、「「ところがどうでしょう。オープニングからこれはスゴイ!!何時もと違う、いや、そんなことよりスクリーンに目が釘付けになってしまいました」と高く評価します。
 渡まち子氏も、「複数一役は他の映画でも時折みかけるが、ルックスの変化を人間の欲望の多様性として用いると、物語と絶妙にシンクロする。苦肉の策とはいえ、結果的にこれが本作のエッセンスになった」などとして65点と、マズマズの評点です。
 ですが、前田有一氏は、「鏡の中の世界は、まさにテリー・ギリアムワールドで、本作最大の見所。よくこんなものを思いつくなと思わせる、不思議なファンタジー世界の具現化には、誰もが驚かされるに違いない」としながらも、ジョニー・デップらについて、「彼らが出てくるたびにかなりの違和感というか、ヒースの死という現実に戻されてしまう」として55点氏か与えません。
 さらに、福本次郎氏となると、「パルナサスがいざなう空間は、目を見張るような色彩やめくるめくようなスリルを味わせる映像とは程遠く、絵本に描かれているような控え目な描写」となっているが、「撮影途中で亡くなったヒース・レジャーの役をジョニーデップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルといったスターが演じることで、CGに回す予算がなくなったのかと変な勘ぐりをしてしまうのだが。。。」と、相変わらずピンが1本はずれたような論評をして50点です。


★★★☆☆

象のロケット:Dr.パルナサスの鏡
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (78)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミレニアム | トップ | おとうと »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに! (vic)
2010-02-10 08:17:17
ジョニー・デップ達見るたびに、ヒースの死を思い出しました。

幻想的な世界に浸っているはずが、しっかり現実に引き戻されましたね。

そこも含めてヒース・レジャーを記念する映画だな~と思いました。
博士の想像の限界はどこまでか (両面ヤヌス)
2010-02-10 23:15:27
 映画「脳内ニューヨーク」的な臭いも感じて、避け気味にみていたのですが、映画を観てみると、好い印象のほうに、ちょっと違っていました。
 「Imaginarium」という装置を「鏡」に置き換える題名には、疑問もあるように思います。この装置に入る人の希望的な環境をあらわす世界を楽しめばよいのでしょうが、装置としてのパルナサス博士の想像の世界がどこまで拡がって柔軟なのかということで、お客の満足度が違うのでしょう。入場するお客をもっと取らないと、経営も厳しそうだし、入場者や興業場所の選択など、その運営指針もあまりよく分かりません。
  この辺の説明不足があるようであり、どうも背景の時代が一貫していないようでもあり、悪魔との取引などでもストーリー的にはやや物足りないところがありました。この辺は、クマネズミさんの感覚に通じそうです。しかし、この映画は、そうしたことを論っても意味がないのでしょう。
  登場する美女はあまりタイプではなかったのですが、映画の雰囲気には合っていたように思います。CGも含めて幻想的な世界を楽しみ、時代的な情緒を楽しむのがよいのでしょう。イギリスの映画は、総じて画面が綺麗でがあっていいですね。だから、あまり理屈をいわずに、おとぎの不思議世界の雰囲気を楽しみましょう。
Unknown (玖堂 シキ)
2010-02-10 23:47:46
初めまして!!
玖堂シキと申します^^

私も観てきました!!

大好きなヒース・レジャーの遺作ということで
公開と同時に映画館へ直行。
ヒースのことを思うとすごく複雑な気持ちです。

この映画は観終わった後にスッキリ!!という感じではありませんでした;
むしろ考えれば考えるほど謎は深まるばかり。
そこがテリー・ギリアム監督の良さなのかもしれませんね^^

乱文失礼しました~
不思議の世界 (クマネズミ)
2010-02-11 15:05:30
 「両面ヤヌス」さん、コメントをありがとうございます。
 この映画は詰めていくとよく分からない点だらけですが、おっしゃるように「理屈をいわずに、おとぎの不思議世界の雰囲気を楽し」むべきなのでしょう!
Unknown (かからないエンジン)
2010-02-13 11:35:23
トラックバックありがとうございます。
この監督にありがちな説明不足や唐突な展開はありつつも、その独特な世界に圧倒されました。
しかし、福本氏の批評は全く以って的を得ていないというか、別の映画を観ていたとしか思えないような・・・
ヒースの遺作 (de-nory)
2010-03-18 20:21:12
クマネズミさん。こんにちは。

テリー・ギリアム監督作品というよりは、ヒース・レジャーの遺作という印象が深いです。
ギリアム監督作品にしては、ごちゃごちゃ感が弱かったように感じました。
豪華俳優陣が飾り立ててくれたのも、正にヒースを偲ぶからにほかなりませんものね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

78 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Dr.パルナサスの鏡 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE IMAGINARIUM OF DR.PARNASSUS) 【2009年・イギリス/カナダ】完成披露試写で鑑賞(★★★★☆) 悪魔から「不死」を手に入れるために娘を差し出す約束を交わしたパルナサス博士 が、欲望を映す鏡の中の幻想世界で悪魔と最後の賭けに出るファンタジー映画。 ...
劇場鑑賞「Dr.パルナサスの鏡」 (日々“是”精進!)
ImaginariumOfDoctorParnassus輸入盤【CD】「Dr.パルナサスの鏡」を鑑賞してきました「未来世紀ブラジル」「バロン」のテリー・ギリアム監督が贈るミステリアス・ファンタジー・アドベンチャー。主演は「ダークナイト」のジョーカー役で鮮烈なインパクトを残したヒース・....
Dr.パルナサスの鏡 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『鏡の中は、すべての願いが叶うパラレルワールド しかし、そこは大切なひとを奪う迷宮だった─』  コチラの「Dr.パルナサスの鏡」は、あの衝撃からちょうど2年、ヒース・レジャーの命日の翌日である本日1/23に公開となったPG12指定のファンタジー・ミステリーなの...
Dr.パルナサスの鏡 (2009) 125分 (極私的映画論+α)
原題は「THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS」です。
Dr.パルナサスの鏡 (あーうぃ だにぇっと)
1月15日(金)@なかのZEROホールで観劇。 東西線に茅場町から中野まで乗る。 空いていて座って行ける。 ラッキー。 なかのZERO大ホールには18時10分到着。 行列の最後尾は建物の外。 今日もまた回りは女だらけだ。 通路で若者がダンスの練習をしているのは...
Dr.パルナサスの鏡/The Imaginarium of Dr.Parnassus (いい加減社長の日記)
「ダークナイト」でその演技に魅了されたものの、急逝してしまったヒース・レジャー。 そのヒース・レジャーの死によって中断されていた撮影を、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルといった、名だたる俳優たちがあとを引き継いで完成。 こ...
「Dr.パルナサスの鏡」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
光速度必至な公式サイト物語のベースは、現代のロンドン。 其処に、違和感有りまくりな、旅芸人たちがやって来るのですが、その辺の描写が、サイバーパンク(死語)っぽくあり、まずそのアーティステックで個性的な風景描写に心を奪われ。何か、退廃的、って単語がぴったり...
Dr.パルナサスの鏡 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
言わずと知れたヒース・レジャーの遺作にして、映画撮影途中でのヒースの急逝を受け、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがヒースの役を引き継いだ“Dr.パルナサスの鏡”。3人が亡きヒースの幼い娘に出演料を贈った―という美談も相まって、結構話題にな...
□『Dr.パルナサスの鏡』□ (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:イギリス+カナダ合作映画、テリー・ギリアム監督、ヒース・レジャー、 クリストファー・プラマー、ヴァーン・トロイヤー、アンドリュー・ガーフィールド、 ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウ出演。
Dr.パルナサスの鏡 (映画道)
数世紀前に悪魔との賭けにより不死の命を手に入れたパルナサス博士は、自分の娘を16歳の誕生日に悪魔に引き渡さねばならなくなり、苦悩していた。彼は自身の率いる、他人の想像の世界を垣間見る鏡の見世物を巡り、パーシーら古くからの仲間とともに興行を続けながら、何と...
映画 ■■Dr.パルナサスの鏡■■ (Playing the Piano is ME.)
映画撮影途中で、主要登場人物を演じていたヒース・レジャーが急死。 彼の遺志を継ぐために、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが出演。 ヒース・レジャーの遺作は、未完のまま消えてしまうことなく、公開されました。
「 Dr.パルナサスの鏡 」 THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS (俺の明日はどっちだ)
・ 「ハッピーエンドなの?」 「ゴメン、それは保証できないんだ」 舞台は現代のロンドン。パルナサス博士(クリストファー・プラマー)を座長とする旅芸人一座のウリは、本物の別世界へとつながる鏡。そこに入る人の心により、鏡の中の世界は鮮やかな変化を見せるのだっ...
幻想館へようこそ~『Dr.パルナサスの鏡』 (真紅のthinkingdays)
 THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS  英国、ロンドン。パルナサス博士(クリストファー・プラマー)が率いる大道芸 一座は、ある夜橋に吊る...
『Dr.パルナサスの鏡』 (Matthewの映画日記?)
故ヒース・レジャーの遺作『Dr.パルナサスの鏡』を観てきました。 あらすじは、 現代のロンドンに奇妙な舞台と旅芸人の一座が現れる。1000歳以上という老人のパルナサス博士、娘のヴァレンティナ、曲芸師のアントン、そして小人のパーシーが一座のメンバーだ。あ...
「Dr.パルナサスの鏡」 (今日という一日。)
「Dr.パルナサスの鏡」の試写会に行ってきました。『ダークナイト』のジョーカー役の印象が強いヒース・レジャーの遺作。彼が演じた青年トニーは、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人が加わり、4人1役となっています。 映画はファンタジーら...
Dr.パルナサスの鏡 /The Imaginarium of Doctor Parnassus (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ヒース・レジャーの遺作となってしまった本作、 鬼才テリー・ギリアム監督最新作はジョニー・デップ、コリン・ファレル、 そしてジュード・ロウが同一人物トム...
『Dr. パルナサスの鏡』 (ラムの大通り)
(原題:The Imaginarium of dr. Parnassus) ----おおおっ。これは噂の映画だニャ。 テリー・ギリアム監督の新作と言うよりも。 ヒース・レジャーの遺作ということで話題に。 確か、撮影途中でヒース・レジャーは亡くなったんだよね。 よく完成したよね。 「そうだね。 ...
Dr.パルナサスの鏡 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS公開:2010/01/23製作国:イギリス/カナダPG12上映時間:124分監督・製作・脚本:テリー・ギリアム出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール、...
Dr.パルナサスの鏡見てきた【ネタバレ】 (映画、小説、ゲームなんでもネタバレレビュー)
亡きヒース・レジャーに代わってジョニー・デップが出演した、Dr.パルナサスの鏡を六本木ヒルズのTOHOシネマズで見てきました。 スタッフロールの直前にも「ヒース・レジャーとその仲間たちより、みなさまに」とテロップが。
「Dr.パルナサスの鏡」ヒース・レジャー渾身の遺作。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[Dr.パルナサスの鏡] ブログ村キーワード  “鬼才・テリー・ギリアム監督、待望の新作”「Dr.パルナサスの鏡」(ショウゲート)。本作は、「ダークナイト」でオスカーを受賞した、ヒース・レジャーの遺作でもあります。撮影期間中に急逝してしまったヒース。製作中止の危...
欲望の代償。『Dr.パルナサスの鏡』 (水曜日のシネマ日記)
2008年に急逝したヒース・レジャーの遺作。幻想の世界へ誘う鏡の世界を使った大道芸人たちに秘められた想いを描いた作品です。
Dr.パルナサスの鏡 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ヒース・レンジャーの死後、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが役を引き継いで完成させた毒々しいファンタジーだ。テリー・ギリアム監督が、人間の欲望や醜さや弱さを暴いていく様子は観客を引き付けて離さない。鏡の向こう側を見るには、好奇心と勇気...
Dr.パルナサスの鏡 (だめ男のだめ日記)
「Dr.パルナサスの鏡」監督テリー・ギリアム出演*ヒース・レジャー(トニー)*クリストファー・プラマー(パルナサス博士)*ジョニー・デップ(鏡の向こうのトニー#1)*ジュード・ロウ(鏡の向こうのトニー#2)*コリン・ファレル(鏡の向こうのトニー#3)*リリー・コール....
Dr.パルナサスの鏡 (まさとの素人映画レビュー)
ヒース・レジャーの遺作になってしまった作品、Dr.パルナサスの鏡。 この作品の撮影中に急逝してしまったそうです。 でも、親交があったジョニー・デップやジュード・ロウ、コリン・ファレルが代役に。 その事意外の予備知識を持たないまま、劇場へ足を運びました。 ...
Dr.パルナサスの鏡 (Recommend Movies)
鏡の中はクセになる 【感想】 先日亡くなったヒース・レジャー追悼という事もあり、ズバッと劇場鑑賞♪ 一人娘を16歳の誕生日に悪魔に...
Dr.パルナサスの鏡 (2009) (肩ログ)
THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS イギリス/カナダ 監督:テリー・ギリアム 出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール、トム・ウェイツ、他 ヒース・レジャーの本当の遺作というこ...
「Dr.パルナサスの鏡」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「Dr.パルナサスの鏡」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・テリー・ギリアム ネタバレあります! 物語りの舞台は2007年のロンドン・・。 年齢1000歳を超えるというパルナサス博士(クリストファー・プ...
「Dr.パルナサスの鏡」みた。 (たいむのひとりごと)
おもいっきりダークファンタジーだったのね?・・いや、必要最低限の前知識しか入れて行かないのはいつもの事とはいえ、それなりにダークであろうことは分かっていたつもりだけど、なんだか世界観を掴むのにとても苦
映画「Dr.パルナサスの鏡」(1月23日) (Flour of Life)
レイトのみにならないうちに、とっとと見てきました。
「Dr.パルナサスの鏡」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「12モンキーズ」「ブラザーズ・グリム」の鬼才・テリー・ギリアム監督最新作にして、28歳の若さで急逝した名優・ヒース・レジャーの遺作となった本作。一時は制作中止かとも噂されながら、ヒースの親友であるジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウの...
Drパルナサスの鏡☆THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS (銅版画制作の日々)
 これが本当のヒース・レジャーの遺作です。 テリー・ギリアム監督最高傑作と呼び声も高い「Drパルナサスの鏡」を鑑賞してきました。すでに鑑賞された方から聞いてましたが、結構ヒースの出番は多いです。撮影半ばで逝ってしまったヒースと3人がどんな風に繋げられてい...
映画感想『Dr.パルナサスの鏡』 らしい作品ですね (レベル999のマニアな講義)
内容2007年。ロンドン。とある酒場前に馬車が止まる。すると馬車が引っ張っていた大きなモノが開きだし、現れた大きな舞台。そこには座長パルナサス博士とその娘・ヴァレンティナそして、彼女を想うアントンに、口うるさい小人パーシーが現れる。鏡に入れば、入った者...
「Dr.パルナサスの鏡」:浅草一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}「新仲見世」?見世物小屋でもあるのかな。 {/hiyo_en2/}浅草だから、アミューズメント施設があっても不思議じゃないけど、いまどき、さすがに見世物小屋はないんじゃないの。 {/kaeru_en4/}ロンドンにはあるのにな。 {/hiyo_en2/}映画の「Dr.パルナサス...
「Dr.パルナサスの鏡」 (首都クロム)
 まるで見世物小屋に入ったかのような錯覚。夢を見ているかの如き、めくるめく妄想の世界。強烈だったのは、ヒース演じるトニーに誘(いざな)われるままに飛び込む鏡の世界の描写でした。御伽噺の挿絵のように優しく、豊かな色彩の中に散りばめられた毒気が堪りません。...
Dr.パルナサスの鏡 (海辺のランナー、もぐらのブログ)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ジョギング・マラソン blogramランキング参加中 今、ロードショー中の映画。 昨日観た。 ジョニーデップや急死したヒースレジャーが出演している。 ジョニーデップが出ているので、たぶんそうだと思っ...
「Dr.パルナサスの鏡」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:The Imaginarium of Doctor Parnassus)テリー・ギリアム監督の映像センスが大好きな人にとっては堪えられない映画だが、それ以外の観客にはオススメできない。舞台は現代のロンドンだが、パルナサス博士(クリストファー・プラマー)をリーダーとする旅芸人一...
Dr.パルナサスの鏡 (LOVE Cinemas 調布)
『未来世紀ブラジル』の鬼才テリー・ギリアム監督が送るファンタジー映画。というより故ヒース・レジャーの遺作と言った方が良いだろう。本作の撮影中に急逝したヒースの後を、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人のハリウッドの名優が演じること...
Dr.パルナサスの鏡 (キノ2)
 ヒース・レジャーの遺作となった作品。  撮影途中でのかれの死により、完成が絶望視されたものの、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがヒースの代役を務めることで完成。  と聞くだけで泣きますね(>_<)。  悪魔と契約を交わし、不死を手に入...
Dr.パルナサスの鏡 (むんみーの落書き)
ヒース・レジャーの未完の遺作をジョニー・デップ、ジュード・ロウ、 コリン・ファレルが継いだ作品。{/m_0167/} 鏡の中は、テリー・ギリアムの独特の世界。 脚本や編集を変えたようですが、とても上手に変えられていました。 元はどんなだったのかしら。 思ったよりヒー...
★Dr.パルナサスの鏡(2009)★ (CinemaCollection)
THEIMAGINARIUMOFDOCTORPARNASSUS鏡の中はクセになるメディア映画上映時間124分製作国イギリス/カナダ公開情報劇場公開(ショウゲート)初公開年月2010/01/23ジャンルファンタジー/ミステリー映倫PG12【解説】「未来世紀ブラジル」「バロン」のテリー・ギリアム監督が贈る...
『Dr.パルナサスの鏡』 ('10初鑑賞9・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:40の回を鑑賞。
Dr.パルナサスの鏡 (犬・ときどき映画)
Dr.パルナサスの鏡[The Imaginarium of Doctor Parnassus] ヒース・レジャーの遺作、ということで観に行きました。 3週目だけど、満席。 テリー・ギリアム監督の作品は癖があるとは思っていたけど、やっぱりクセだらけ(笑) <Story> 鏡の中に入ると、本当の願望を映...
Dr.パルナサスの鏡 (だらだら無気力ブログ)
『12モンキーズ』や『ブラザーズ・グリム』のテリー・ギリアム監督が 送る、悪魔と契約した男を取り巻く人々の運命を描いた幻想的なファンタジー 映画。パルナサス博士のもとへ現れる謎の青年を『ダークナイト』で ジョーカー役を演じたヒース・レジャー。本作撮影中...
Dr.パルナサスの鏡/The Imaginarium of Doctor Parnassus(映画/劇場鑑賞) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[Dr.??????泣?鴻?㍼? ???㏍?井???㏍?若??若??Dr.??????泣?鴻?㍼???蕁?鐚?The Imaginarium of Doctor Parnassus鐚??㏍?c?????潟???種??<?賢???????障?障?⒨????с???c?宴?????㍽新絎??????紊у???⒢?蚊??????????...
Dr.パルナサスの鏡 (映画と蛙と…お気楽PINGE)
Dr.パルナサスの鏡を検索!2009年【英/加】TheImaginariumofDoctorParnassusテリーギリアム監督(「ブラザーズグリム」「12モンキーズ」「バロン」)《PG-12》『2007年、ロンドン。パルナサス博士(クリストファープラマー)率いる旅芸人一座がやって来る。出し物は、心の中...
映画レビュー「Dr.パルナサスの鏡」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
オリジナル・サウンドトラック『Dr.パルナサスの鏡』◆プチレビュー◆鬼才ギリアムが描く摩訶不思議ワールド。ヒース・レジャー急逝の大ピンチを乗り切る必殺技が見事だ。 【65点】 現代のロンドン。悪魔との契約で不死になったパルナサス博士が率いる移動式劇場は、鏡...
★「Dr.パルナサスの鏡」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは川崎のシネコンをはしごして、3本観てきました。 その1本目は、ヒース・レジャーの遺作で、 奇才テリー・ギリアム監督作。 ヒースの取り残し部分をジョニデとジュード・ロウとコリン・ファレルが演じて完成させた、 涙ぐましい作品として、世に語り...
【Dr.パルナサスの鏡】神様のような悪魔 (映画@見取り八段)
Dr.パルナサスの鏡~THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS~ 監督: テリー・ギリアム    出演: チャールズ・マッケオン、ヒース・レジャー、ジ...
映画「Dr.パルナサスの鏡」 (Andre's Review)
  the imaginarium of doctor Parnassaus イギリス 2009 10年1月公開 劇場鑑賞 大好きなテリー・ギリアム監督の新作。予告の雰囲気が『バロン』っぽかったこともあり、とっても楽しみにしていた作品です。 舞台はロンドン。悪魔(トム・ウェイツ)との賭けに勝ち不死とな...
映画「Dr.パルナサスの鏡」 ~ギリアムって鈴木清順?~ (井上もやしの日常)
 今年最初の映画鑑賞をしました。月曜の夕方、観客は7人。23日(土)から始まった「Dr.パルナサスの鏡」です。  粗筋はwikipediaより引用します。  *** 引用始め ***  数世紀前に悪魔との賭けにより不死の命を手に入れたパルナサス博士は、自分の娘を16...
Dr.パルナサスの鏡 (そーれりぽーと)
ヒース・レジャーの不幸によって未完に終わるかと思われたテリー・ギリアム監督最新作が、3人のスター俳優達の代役によって完成した! 『Dr.パルナサスの鏡』を観てきました。 ★★★ テリー・ギリアムの映画としては、久しぶりに『バロン』を彷彿とするイマジネーション...
【Dr.パルナサスの鏡】★ヒース・レジャー (猫とHidamariで)
鏡の中は、わがままな願望がいっぱいこの迷宮から、大切な人を救えるのか―?Dr.パルナサスの鏡HPジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル3人の熱い思いが、ヒース・レジャーの夢を引き継いだ―華麗なる鏡の迷宮へ!Dr.パルナサスの鏡のHPで欲望を...
Dr.パルナサスの鏡 (映画情報良いとこ撮り!)
Dr.パルナサスの鏡 パルナサス博士は、不老不死という願いの引き換えに娘(ヴァレンティナ)を16歳になったら差し出すと、悪魔と約束する。 その約束の時期が近づいてきた。 旅芸人の一座の座長でもあるパルナサスは、各地を回っていたのだ。 そんなある日、ヴァ...
「Dr.パルナサスの鏡」 テリー・ギリアムの物語の作り方 (はらやんの映画徒然草)
主演のヒース・レジャーの突然の死によって完成が危ぶまれていた本作ですが、鏡の世界
Dr.パルナサスの鏡 (迷宮映画館)
再見。。。ヒース。
Dr.パルナサスの鏡 (心のままに映画の風景)
2007年、ロンドン。 自分が思い描く想像の世界へと誘うパルナサス博士(クリストファー・プラマー)ら旅芸人の一座は、 橋の下に吊されてい...
Dr.パルナサスの鏡 (りらの感想日記♪)
【Dr.パルナサスの鏡】 ★★★★ 映画(3) エンドロール後に ”音” ありストーリー 2007年、ロンドン。パルナサス博士率いる旅芸人一
Dr.パルナサスの鏡 (★ Shaberiba )
鏡の中も。作品も。私にはパラレルワールド!難解でした~!!
Dr.パルナサスの鏡 (メルブロ)
Dr.パルナサスの鏡 (原題: THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS) 299本目 2010-3 上映時間 2時間4分 監督 テリー・ギリアム 出演 ヒース・レジャー(トニー)     クリストファー・プラマー(パルナサス博士)     ジョニー・デップ(鏡の向こうのト...
Dr.パルナサスの鏡 (セガール気分で逢いましょう)
どんな偉大な才能も、完璧であるよりは、予定コースを大幅に迂回し、大波を渡ってボロボロになって辿りついた究極の終着地であるほうが、よっぽど輝いて見えるときがある。 ことテリー・ギリアムにいたっては、彼に
Dr.パルナサスの鏡 (C note)
撮影半ばでヒース・レジャーが急逝し、一時は完成が危ぶまれたものの、ヒースの役をジ
Dr.パルナサスの鏡 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
08年1月にヒース・レジャーがが亡くなったという衝撃的なニュースが伝わってきた時、彼が撮影中の映画として上げられていたのが本作品だった。監督はテリー・ギリアムで、彼は製作中にトラブルが起きることで知られる映画人。 主演男優不在では製作続行は不可能では、...
Drパルナサスの鏡 第143回映画レビュー トチ狂ったかギリアム (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
ヒース・レジャーの死というトラブルに見舞われながらも ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの救援により 見事完成したテ...
Drパルナサスの鏡 第143回映画レビュー トチ狂ったかギリアム (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
ヒース・レジャーの死というトラブルに見舞われながらも ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの救援により 見事完成したテ...
「Dr.パルナサスの鏡」 (prisoner's BLOG)
ヒース・レジャーが撮影中に亡くなったので、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの三人が代役をかって出て完成したという世にも変則的な作りだが、もともとイメージが鏡の中で乱反射して増殖していくような構造なので気にならない、どころか奇想感が強ま...
『Dr.パルナサスの鏡』 鏡の向こうは極楽? (Days of Books, Films )
ヒース・レジャーが死んだという電話を受けたとき、テリー・ギリアム監督は、「これで
Dr.パルナサスの鏡 (とりあえず、コメントです)
テリー・ギリアムが描いた不思議で幻想的なファンタジーです。 ヒース・レジャーの最後の演技を観なくては!と公開前から待っていました。 幻想の世界と人間の心の罪深さが散りばめられていて、 監督の目指したものはそれだったのかなと、いつの間にかワクワクしながら観...
映画:「Dr.パルナサスの鏡」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年2月15日(月)&#63649;/&#63648;。 映画:「Dr.パルナサスの鏡」。 監督:テリー・ギリアム 出演 ヒース・レジャー クリストファー・プラマー ヴァーン・トロイヤー アンドリュー・ガーフィールド ジョニー・デップ コリン・ファレル...
Dr.パルナサスの鏡 あか~んっわからんかった~ (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=6 -3-】 日曜日にダブルで鑑賞、先に見たラブリーボーンがちと「うぐぐ・・・」だったので、今度は素直に楽しめるかなと思っていたのだが。  現代のロンドンに奇妙な舞台と旅芸人の一座が現れる。1000歳以上という老人のパルナサス博士、娘のヴァレンテ...
Dr.パルナサスの鏡☆鏡の中は、わがままな願望でいっぱい (☆お気楽♪電影生活☆)
この迷宮から、 大切なひとを救えるのか──?
『Dr.パルナサスの鏡』は亀なのか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『Dr.パルナサスの鏡』の主人公は、テリー・ギリアム監督である。  なにしろテリー・ギリアム自身が「僕自身に関す...
Dr.パルナサスの鏡 (愛猫レオンとシネマな毎日)
「ブラザーズ・グリム」のテリー・ギリアム監督の最新作です。 撮影中に急死したヒース・レジャーの代役を、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、 コリン・ファレルの3人が演じることによって完成させた注目作です。 これは、現実世界の部分が撮影済みだったので、鏡の中...
Dr.パルナサスの鏡 (墨映画(BOKUEIGA))
「鏡の中は迷宮」 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 『ブラザーズ・グリム』などの鬼才、テリー・ギリアム監督による幻想的なファンタジー。悪魔との契約で不死身を望んだ男を取り巻く人々の皮肉な運命を豪華キャストで描く。謎めい...
Dr.パルナサスの鏡 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
ヒース・レジャーの遺作となった作品。 彼が撮影中に亡くなった為仲良しやった ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがよっしゃ続き撮ったるで って事で 途中からトニー役(鏡の中の世界の)をやったんですなダークだけどファンタジー鏡の中の世界は欲...
Dr.パルナサスの鏡 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:Dr.パルナサスの鏡 制作:2009年・イギリス/カナダ 監督:テリー・ギリアム 出演:ヒース・レジャー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド あらすじ: 鏡で人々を別世界に誘う見せ...
【映画】Dr.パルナサスの鏡…一人だけはアンハンサム (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_rain/}{/kaeru_fine/} これも先日少しだけ書いた話ですが… 今度は壊れたHDDレコーダーのお話{/face_hekomu/} うちにあった機種はシャープのDV-HRD20という機種。 いつごろ買ったのかというと…ブログ読み返しても書いていないし{/face_ase2/}、仮面ライダー響鬼...
『Dr.パルナサスの鏡』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 Dr.パルナサスの鏡 』 (2009)  監  督 :テリー・ギリアムキャスト :ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、 コリン・ファレル、トム・ウェイツ、リ...
映画 Dr.パルナサスの鏡 (こみち)
JUGEMテーマ:洋画&nbsp; &nbsp;  鏡?の中に入ると、自分の理想の世界? &nbsp; それとも自我の欲望の世界に入る? &nbsp; 悪魔と賭けをして弄ばれるパルナサス博士。 &nbsp; 不死身の命を得たとしてもこんな人生なら...