映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

イン・ザ・ヒーロー

2014年09月17日 | 邦画(14年)
 『イン・ザ・ヒーロー』を渋谷TOEIで見てきました。

(1)日曜日朝のトーク番組「ボクらの時代」に主演の唐沢寿明が出演していたこともあって(注2)、映画館に行ってきました。

 本作(注1)の主役は、ヒーローのスーツを着たり怪獣の着ぐるみを着たりして演じるスーツアクターとして25年活躍している本城唐沢寿明)。
 仕事に夢中の彼は、妻・凛子和久井映見)と娘・杉咲花)と3年前に別れて一人暮らし。
 その部屋の壁には、本城が憧れるブルース・リーの大きな写真が貼ってあったり、「我、ことにおいて後悔せず」と書かれた紙が貼ってあったりします(注3)。

 さて、彼が代表に就いている「下落合ヒーローアクションクラブ」に、日本で撮影が行われているハリウッド映画『ラストブレイド』のオーディションにぜひ受かりたいという一ノ瀬福士蒼汰)が入ってきます。



 さらに、そのハリウッド映画から本城に出演依頼が飛び込んできます。ですが、それは非常に危険なアクションのスタントなのです。
 さあ、一体どうなることでしょう、………?

 これまで映画では取り上げられたことがなかったスーツアクターを主役にし、それも過去にその経験があるという唐沢寿明をもってくるというのですから面白くない訳はないはずながら、やはり邦画特有の人情話が絡んだりして(注4)、せっかくの題材が十分に生かされなかったように感じました(注5)。

(2)本作のクライマックス・シーンを見ると、みなさんが指摘されているとはいえ、やっぱり『蒲田行進曲』(1982年)を思い起こさずにはおれません。
 なにしろ同作では、主役の銀四郎風間杜夫)を憧れる大部屋俳優のヤス平田満)が、結婚相手の女優・小夏松坂慶子)のお産の費用を捻出するために、死の危険が伴う「階段落ち」(高さ数十メートルの階段を落下)に挑むというのですから(注6)。
 本作でも、白忍者の本城が、本能寺2階から「ワイヤーなしCGなし」で8.5m下の地上に落下するシーン(注7)が設けられています。

 本城の白忍者が100人の黒忍者と対決する15分ものアクション場面は、クライマックス・シーンだけあってなかなか見事な出来栄えだと言えるでしょう。
 とはいえ、本城はハリウッド映画に出演できると大喜びながら(注8)、白忍者の装束では顔が白覆面で覆われてしまい、それではこれまでのスーツアクターの仕事と何ら変わりがないのではと思われ、そんなに大喜びする理由が不可解です(注9)。
 それに、このシーンの撮影のために本城は当分ベッドに寝たきりになってしまいましたから、以降の撮影は不可能のはずです。
 本城の出番がこのシーンだけであればそれで構わないものの、でも、劇場用パンフレットに掲載されている「What is Last Blade ?(ラストブレイド設定)」によれば、本作においてスタンリー・チャン監督が制作している映画『ラストブレイド』に登場する「白忍者」は「主人公(マット)の相棒」とされていますから、ワンシーンだけの登場ということはありえないのではないでしょうか?
 あるいは、そうしたシーンはすでに撮影済みかもしれないとはいえ(注10)、本作の中では何も説明されておりません。

(3)また、劇場用パンフレットには、本作の脚本を担当した水野敬也氏による別冊「「武士道」のすすめ」が付けられています。
 その最初のページに、主役の本城について、「殺陣の名手でもある彼は武士の生きざまと自分とを重ねており、『武士道』『葉隠』『五輪書』は全文を暗唱できるほど読み込んでいる」とあり、「はじめに」のところでも、「彼の根底に流れる「武士道」を理解することは、「イン・ザ・ヒーロー」を違った角度からも楽しませてくれると思います」として、「武士道とはなにか?」という問に迫っていき」ます。
 特に、その第1章は「「切腹」とは何か?」とのタイトルの下、『葉隠』の有名な「武士道とは、死ぬことと見つけたり」の箇所について説明し、「生か、死か、その二択を問われたとき迷わず死を選ぶこと。これが武士の美学でありました」が、「武士道は、決して命を軽視しているわけではありません。武士道が重視しているのは、他者のために自分の命を捨てられる「勇気」なのです」と述べています。
 その上で、「本城渉は『イン・ザ・ヒーロー』のラストシーンの大立ち回りに向かうとき、鏡の前で自らの身なりを丁寧に整えます。それは単に、映像のためのメイクではなく、死を覚悟し、死した後にも美しさを保とうとする武士の姿勢そのものだったのです」と解説しています。

 こうした「死の美学」的な解釈に対して、経済評論家でブロガーの池田信夫氏は、このサイトの記事で、「(『葉隠』を著した)山本常朝は「私も生きるほうが好きだ」といっている。不本意な生き方をするのは腰抜けだが、不本意に死ぬのは「犬死」だ。生への未練を捨てて死ぬ気になれば仕事も自由にできる、という実務的な心得を説いているのだ」と述べています。

 むろん、古典の解釈は様々なものがあり、どれが正解かという判断は難しいものの、『葉隠』の該当箇所の最後の「一生落度なく、家職を仕果すべきなり」という文章を見ると(注11)、水野氏の解釈が一般的だとはいえ、池田氏の解釈もありえないものではないとも思えます。
 そして、本城は、殺陣をやるときなどに侍の格好はするとはいえ、もとより武士ではありませんから、水野氏のような思い入れはなんだか場違いのようにも感じます。
 それに、本城が香港の俳優に代わってやることになる「8.5mの落下」は、いってみれば『ラストブレイド』を製作するチャン監督の単なる我儘によるものであり(注12)、スタッフがいうように「ワイヤーあり、CGあり」で十分なのではないでしょうか。そんなものになり手がいないからといって本城が引き受けるのは、義侠心の取り違えであり、もしもそれで死んだりしたらそれこそ「犬死」ではないかと思えてしまいます。
 確かに、山本常朝に言わせれば、そんな理屈は「上方風」であり、例え死んでも「気違い」というだけで「恥」ではないのかもしれませんが、実際にそんなことをしたら「一生落度なく家職を仕課(しおお)す」ことができなくなってしまいます(注13)。

(4)渡まち子氏は、「ヒーロー映画の裏方、スーツアクターの生き様を描くヒューマン・アクション「イン・ザ・ヒーロー」。スーツアクター出身の唐沢寿明の気合いがみなぎっている」、「本作は、スクリーンに映らないすべての“映画屋たち”のための応援歌なのだ」として70点をつけています。
 相木悟氏は、「ストーリーを聞いただけで胸が熱くなるも、色々とひっかかり、終始ノレず。実に惜しい一作であった」と述べています。



(注1)監督は武正晴。脚本には、エグゼクティブ・プロデューサーの李鳳宇が加わっています。

(注2)本作で本城の元妻・凛子のお見合い相手の西尾に扮する及川光博も、同じ番組に出演していました。

(注3)劇場用パンフレットに挟み込まれている別冊「「武士道」のすすめ」の「第四章 宮本武蔵の『独行道』と『五輪書』」によれば、『独行道』からの引用。

(注4)本作では、母親が3年前にアメリカに逃げ出してしまったために、一ノ瀬は幼い弟と妹の面倒を見ているという設定になっています。
 そして、彼がハリウッド映画に出演したいというのも、アカデミー賞の授賞式で、アメリカのどこかにいる母親に向かって「あんたのこと恨んでいない」というスピーチをしたいからだと本城に打ち明けます。
 でも、こんな取って付けたような人情話を本作にわざわざ持ってくる必要がどこにあるのでしょうか(そもそも、一の瀬が映画の撮影などで忙しい時に、幼い弟と妹は家でどうしているのでしょう)?

(注5)最近では、唐沢寿明はTVドラマ『ルーズベルト・ゲーム』、和久井映見は『ロボジー』、杉咲花はTVドラマ『MOZU』、寺島進は『清須会議』で、それぞれ見ています。

(注6)『蒲田行進曲』のあらすじは、例えばこちらで。

(注7)本作の劇場用パンフレット掲載の「Production Notes」より。

(注8)本城は、喜び勇んで元妻・凛子に「スタンリー・チャンの映画に出るんだ」と報告しに行きます(尤も、本城が「ワイヤーなしCGなし」と言うと、凛子に「馬鹿じゃないの、いつまで戦国時代を生きているの」と言われてしまいますが)。



(注9)本城がハリウッド映画に出演するという話を聞いた同僚の海野寺島進)は、「俺達は、自分の顔を大スクリーンに映してみたいと思って、この仕事を始めたんだ。いつか夢は叶うとして惚れたんだ」と言って本城の気持ちを理解します。



 また本城自身も一の瀬に「俺も誰かのヒーローになりたい。俺がやらなきゃ、アクションに夢があることを誰も信じなくなる」などと言ったりします。こういうところからすれば、本城も周りの人々も、顔出しがあるものと思っているのではないでしょうか?
 尤も、この場面の最後では付けていた白覆面が半ば脱げてしまい、本城の顔が映し出されますから、それで望みは達せられたのかもしれませんが。



(注10)おそらく、白忍者が登場する他のシーンは、降板した「香港在住の著名なアクション俳優フェン・ロン」を使って既に撮影済みであり、最後の本能寺のシーンだけ本城に代役を努めさせたのではないかと思われます。ただ、そうだとすると、クライマックス・シーンでの本城の顔出し(前記注9)はどういうことになるのでしょうか(著名なアクション俳優が他のシーンでも白覆面のママとは考えられませんから、いったいどのようにつなげるつもりなのでしょうか)?

(注11)『葉隠』の該当箇所の原文はこちら

(注12)チャン監督は、本作の最後にも映像が流れるように、「映画はあくまでも監督のものである」という信念の持ち主で、香港のアクションスターが降板しようと、スタッフがいくら説得しようと、「ワイヤーなし、CGなし」にこだわり続けます。

(注13)あるいは、本城は、「最終章」で水野氏が「武士道とは何か?」という問に対する「一つの明確な解答」だとする「義を見てせざるは勇なきなり」に従って、白忍者の代役を引き受けたのかもしれません。
 でも、『ラストブレイド』で「ワイヤーなし、CGなし」のアクションをすることが、本文でも申し上げましたように、とても「義」とは思えないのですが?



★★★☆☆☆



象のロケット:イン・ザ・ヒーロー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バルフィ! | トップ | るろうに剣心 伝説の最期編 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
顔出し (Kei)
2014-09-18 00:38:29
TBありがとうございました。
私も拙ブログに書きましたが、脚本の練りが足らないように思います。
「顔出し」と、「蒲田行進曲」と同工の危険なスタントチャレンジとがごっちゃになってる気がしますね。
しかし怒涛の15分のアクションが素晴らしいので、そうした難点もどうでもよくなって、感動してしまうのですね。

で、脚本の書き込み不足の点を私なりに補いますと…。
おそらく、加藤雅也扮する石橋プロデューサーは、実際にはフェン・ロンの演じた役の、危険なスタント・シーンのみの代役(当然顔は見えない)を本城に頼むつもりだったのでしょう。だがそれではOKしてもらえないと考え、「顔出しで出演出来るぞ」と嘘を言ったのでしょう。
そして本番直前、顔が出ない事に本城は気付きますが、それでも彼は、アクター冥利に尽きるこのスタントを是非やり通してみたい、顔が見えなくたっていい、と決意したのでしょう。
多分この危険スタントが評価され、本城はやがてアクション・スターとして売れて行くのかも知れませんね。
(ジャッキー・チェンも無名時代、危険な代役をこなして次第に頭角を現わしてゆきます)
その辺を、きっちり脚本に書いておけば辻褄も合うし、もっと面白くなったでしょう。ベテランの本職脚本家が参加しておれば、こうした難点もクリア出来たのではと悔やまれます。
まあ細かい事は考えず、「蒲田行進曲」の感動をもう一度、と楽しむのがいいかも知れませんね。
Unknown (クマネズミ)
2014-09-18 07:14:51
「Kei」さん、TB&コメントをありがとうございます。
確かに、「怒涛の15分のアクションが素晴らしい」と思いました。
また、『ラストブレイド』の白忍者の代役については、おっしゃるような書き込みがあれば「辻褄も合うし、もっと面白くなった」ことと思います。
とはいえ、本城は、アクションスターとしてこれから売れるには年を食っていすぎる感じがします。
またクマネズミには、なんとなく脚本の水野氏は、この作品に「武士道」精神を正面から盛り込むことを目指して、細かいことに頓着せずにあのような筋立てにしてしまったのではないか、とも思えるところです。
Unknown (ふじき78)
2014-10-12 22:34:16
要求が監督の我儘でも構わんのであって、ワイヤーやCGでは決して撮れない絵を撮れるなら、その監督の要求は正しい。同じ結果しか得られないならやる必要はないけど。

顔が見える見えないにかかわらず、「俺たちに日はあたらないがハリウッドに負けてる訳ではない」という気概が彼の出演を決めさせたのだ、と思ってます。
Unknown (クマネズミ)
2014-10-13 08:11:02
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
本城は、「、「俺たちに日はあたらないがハリウッドに負けてる訳ではない」という気概」を持っていたのは間違いないとしても、妻・凛子の元に報告に行ったのは、やはり顔が出る点を喜んでのことではないか、と思うのですが?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イン・ザ・ヒーロー  監督/武 正晴 (西京極 紫の館)
【出演】  唐沢 寿明  福士 蒼汰  寺島 進  和久井 映見 【ストーリー】 下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉。数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウという人気若手俳優と出会う。ヒー....
『イン・ザ・ヒーロー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イン・ザ・ヒーロー」□監督 武 正晴□脚本 水野敬也、李鳳宇□キャスト 唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島 進、草野 仁■鑑賞日 9月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<...
『イン・ザ・ヒーロー』 2014年8月28日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『イン・ザ・ヒーロー』 を試写会で鑑賞しました。 この映画はお勧め~ 前に公開した『女子ーズ』(これは観てない)の男子版かと思ってました。(スイマセン) 全然違う大真面目で泣ける映画でした。(反省) 【ストーリー】  下落合ヒーローアクションクラブの社長に...
イン・ザ・ヒーロー/唐沢寿明 (カノンな日々)
特撮作品などでヒーローや怪獣のスーツを着て演技をするスーツアクターたちの姿を描いたヒューマンドラマです。まだ無名だった頃に「仮面ライダー」のライダーマンのスーツアクタ ...
イン・ザ・ヒーロー (佐藤秀の徒然幻視録)
本物の撮影事故? 火が消えてない! 公式サイト。武正晴監督。唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、及川光博、杉咲花、イ・ジュニク、加藤雅也、松 ...
『イン・ザ・ヒーロー』 (2014) (相木悟の映画評)
夢をおう、熱き男の生き様に感涙したいのは山々なのだが…?! ストーリーを聞いただけで胸が熱くなるも、色々とひっかかり、終始ノレず。実に惜しい一作であった。 スーツアクターといえば、特撮ファンにとってはすっかりお馴染みの存在である。大野剣友会が回顧録で...
イン・ザ・ヒーロー (あーうぃ だにぇっと)
イン・ザ・ヒーロー@ニッショーホール
映画『イン・ザ・ヒーロー』★熱い!炎のヒーローたちへのオマージュ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/164468/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     映画『太秦ライムライト』で、斬られ役ひとすじのベテラン俳優を 地で行くように、福本清三さんが演じら...
イン・ザ・ヒーロー (花ごよみ)
  監督は武正晴。 主人公は唐沢寿明演じる本城渉。 アクション映画や着ぐるみを着て 特撮ヒーロー作品に出演する スーツアクターを熱演。 他に福士蒼汰、黒谷友香、 寺島進、和久井映見、加藤雅也らが出演。 終盤のアクションはほんと命がけ!! 殺陣もすばらしく....
イン・ザ・ヒーロー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
「イン・ザ・ヒーロー」(オリジナル・サウンドトラック) [CD]ヒーロー映画の裏方、スーツアクターの生き様を描くヒューマン・アクション「イン・ザ・ヒーロー」。スーツアクター出身 ...
「イン・ザ・ヒーロー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本/ガーデングループ=RESPECT配給:東映 監督:武 正晴脚本:水野敬也、李 鳳宇エグゼクティブプロデューサー:李 鳳宇撮影:木村信也アクション監督:柴原孝典特殊スーツに身を包み、映
イン・ザ・ヒーロー (to Heart)
オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ 夢は必ず叶うってことを 上映時間 124分 脚本 水野敬也/李鳳宇 監督 武正晴 出演 唐沢寿明/福士蒼汰/黒谷友香/寺島進/草野イニ/日向丈/小出恵介/及川光博/杉咲花/加藤雅也/和久井映見/松方弘樹 この道25年のスーツアクター本城渉(唐...
イン・ザ・ヒーロー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(P) 大手スタジオ側のことを「我がままな奴ら」発言する監督さん。
『 イン・ザ・ヒーロー 』やっぱ赤だよね (映画@見取り八段)
イン・ザ・ヒーロー      監督: 武正晴    キャスト: 唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、及川光博、杉咲花、加藤雅也、松方弘樹、和久井映見、角替和枝、片山景介、木下ほうか、小宮孝泰、山口大地、本多遼、白洲迅、小宮有紗...
イン・ザ・ヒーロー (映画好きパパの鑑賞日記)
 日ごろ表舞台に当たらないスーツアクターの世界を、若い頃、実際に下積みをしていた唐沢寿明主演で映画化。ウェルメイドな作品なのですが、同じようなプロットの「太秦ライムライト」が良かったので、相対的に評価が低くなってしまいました。  作品情報 2014年日本映...
映画『イン・ザ・ヒーロー』 観てきたよ~(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
いやぁ~めっちゃ面白かったよ~~~大満足 特撮ヒーローものの中に入ってる人をスーツアクターというそうです。 そんな彼らに焦点をあてた珍しい作品。 この道25年のスーツアクター本城渉(唐沢寿明)。゛顔出し゛で映画出演することを夢見ながらも、新...
『イン・ザ・ヒーロー』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
TVのヒーロー物のスーツアクターを務める本城渉は、この道25年のベテラン。ブルース・リーに憧れ、いつか誰かのヒーローになることを夢見ている。その劇場版で本城に役が付いたが、有耶無耶のうちに売り出し中の若手俳優・一ノ瀬リョウに奪われてしまう。落胆しながらも...
映画・イン・ザ・ヒーロー (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 主人公は、年季の入ったスーツアクター・本城渉(唐沢寿明)ブルース・リーに憧れこの世界に入った彼は、自ら第一線で活躍するかたわら下落合ヒーローアクションクラブ(HAC)という小さなプロダクションの代表者として新人を育成している観客に顔を知ら....
イン・ザ・ヒーロー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
映画のクレジットに名前が出るかもしれないけど、顔が出ることはない裏方が主役なのだ。裏方には彼らなりの美学があり、表舞台を歩む俳優とは違う自覚もある。そんな中で夢を持ち続けた男の決死の執念が最後の長回しの殺陣に集約されている。それを見て感動するしかない。
イン・ザ・ヒーロー(映画) (昼寝の時間)
2014年 日本 124分  公式サイト 監督:武正晴/脚本:水野敬也、李鳳宇/
イン・ザ・ヒーロー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/09/06公開(09/04試写) 日本 124分監督:武正晴出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、加藤雅也、和久井映見 オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ夢は必ず叶うってことを 下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道...
『イン・ザ・ヒーロー』 (こねたみっくす)
ヒーローとは孤独に戦うもの。ただし仲間からの助けの手は決して振り払わない。 スーツアクターもまたプロの役者。顔や名前が銀幕に出なくても、その鍛え上げられた肉体と計算し ...
熱い男たち。『イン・ザ・ヒーロー』 (水曜日のシネマ日記)
特撮作品などでヒーローや怪獣のスーツ、着ぐるみを着用し演技をするスーツアクターの物語です。
イン・ザ・ヒーロー (はるみのひとり言)
映画館で観ました。ブルース・リーを崇拝するこの道25年のベテラン・スーツアクター、本城渉。いつか“顔出し”で映画出演するという未だ叶わぬ夢を追い続け、愚直に鍛錬に励む日々。それでも、もはや身体は悲鳴をあげ、妻子にも愛想を尽かされ、おまけ...
イン・ザ・ヒーロー (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】武正晴 【出演】唐沢寿明/福士蒼汰/黒谷友香/寺島進/草野イニ/日向丈/小出恵介/及川光博/杉咲花/イ・ジュンイク/加藤雅也/松方弘樹/和久井映見 【公開日】2014年 9月6日 【製作】日本 【ストーリー】 この道25年のスーツアクター本城渉。゛顔出し゛で...
イン・ザ・ヒーロー (映画と本の『たんぽぽ館』)
あきらめない男のカッコ悪さ&カッコよさ * * * * * * * * * * ブルース・リーに憧れながら、25年間スーツアクターとして 作品に顔も名前も出ない裏方に徹してきた本城渉(唐沢寿明)。 しかしある日、ハリウッド映画のアクション大作からのオファ...
イン・ザ・ヒーロー (そーれりぽーと)
スーツアクターに焦点を当てた映画、『イン・ザ・ヒーロー』を観てきました。 ★★★★★ 想像してたのと違う、良い意味で。 もっとコメディー寄りなんだとばかり思っていたら、スーツアクターと映画の裏方さん達に本気で焦点を当てたリスペクト半端ない映画でした。 ス...
イン・ザ・ヒーロー (とりあえず、コメントです)
着ぐるみでアクションを行うスーツアクターが主人公にした物語を唐沢寿明主演で描いた作品です。 予告編を観た時、そう言えばスーツアクターってよく知らない世界だなあと気になっていました。 役者魂を感じる熱い物語に、これはアクション映画ファンで無くても泣けるなあ...
『イン・ザ・ヒーロー IN THE HERO』 (まっきいのつれづれあれこれ)
中の人などいない! などと、最近はゆるキャラなどが注目されていますね。 でも、皇
イン・ザ・ヒーロー ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
唐沢寿明が「20世紀少年」3部作完結以来5年ぶりに映画主演を務めたオリジナル作品。特殊スーツに身を包み、映画やドラマでヒーローや怪獣の役割を演じるスーツアクターの主人公・本城渉を、下積み時代に「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」シリーズでスーツアクターを務め...
映画『イン・ザ・ヒーロー』 (健康への長い道)
 ようやく今年の20本目。唐沢寿明さん主演の『イン・ザ・ヒーロー』を新宿バルト9で。映画サイトでの評価はわりと高めでしたので、そこそこ期待して行きました。 Story 下落合ヒーローアクションクラブの代表・本城渉(唐沢寿明)は、ヒーローや怪獣などの着ぐるみを着...
「イン・ザ・ヒーロー」 中の人 (はらやんの映画徒然草)
スーツアクターという言葉が使われるようになったのはいつくらいからだろうか。 この
イン・ザ・ヒーロー (ひびレビ)
「イン・ザ・ヒーロー」を見てきました。 下落合ヒーローアクションクラブのベテランスーツアクター、本城渉。特撮番組のスーツアクターとして活躍する一方、いつか自分の顔と名前を映画館の大スクリーンに映すことが夢だった。そんな夢がかなおうとしていた矢先、その役...
イン・ザ・ヒーロー (ダイターンクラッシュ!!)
2014年9月14日(日) 13:05~ TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン 料金:1100円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 映画愛に溢れる。 『イン・ザ・ヒーロー』公式サイト スーツ・アクターのチームワークは、プロレスラーの様だ。 受けが大事。リアクシ...
「イン・ザ・ヒーロー」:ああ、小池要之助 (大江戸時夫の東京温度)
映画『イン・ザ・ヒーロー』は東映版『蒲田行進曲』、つまり「大泉行進曲」なわけです
『イン・ザ・ヒーロー』 (キュートなバアサンになるために)
     公式サイト  人気アイドル一ノ瀬リョウが戦隊物の映画に出演することになった。しかし、彼はハリウッド進出を狙っていて戦隊物への出演は不承不承だった。  そんな彼を伝説のスーツアクター本郷渉に紹介したのはリョウのマネージャーだった。 最初はふてぶて...
「イン・ザ・ヒーロー」ラストチャンスに賭けた先にみた演技を積み重ねて実現できる最高の演技 (オールマイティにコメンテート)
「イン・ザ・ヒーロー」はアクション俳優を目指しながらスーツアクターを続けるベテラン俳優が危険なスタントとわかりながら一世一代の大作アクションに出演して大立ち回りを繰り ...
イン・ザ・ヒーロー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
イン・ザ・ヒーロー '14:日本 ◆監督:武正晴「EDEN」「モンゴル野球青春記 バクシャー」 ◆出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、日向丈、小出恵介、加藤雅也、及川光博、和久井映見、杉咲花、松方弘樹、草野イニ、イ・ジュニク ◆STORY◆下落合ヒーロー...
『イン・ザ・ヒーロー』を新宿バルト9-4で観て、順番間違えたふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★分かる、とても分かる】   こういうベタな話はとても好きなんだけど、 話の流れがかなり『太秦ライムライト』と被っている事もあって、 後から見たこっち ...
「イン・ザ・ヒーロー」 (ここなつ映画レビュー)
解せない。平成26年のこの時代に何故この作品なのか、このテーマなのか。面白くなかった訳ではない。でも、何故今この作品を作らなければならなかったのかが今ひとつ不明。ある種「蒲田行進曲」の焼き直しのようなものを。息子達(私自身も含む)が戦隊物に夢中になってい...
映画『イン・ザ・ヒーロー』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
何度か唐沢さんがテレビに出演されているのは 見てはいたのですが、すっかり公開を 失念してしまっていました。 たまたままだ
イン・ザ・ヒーロー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:武正晴 出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、及川光博、杉咲花、加藤雅也、松方弘樹、和久井映見 【解説】 特撮作品などで、ヒーローや怪獣のスーツ、着ぐるみを着用し演技をするスーツアクターを題材にしたヒューマンドラ....